2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

イベント

2019年4月29日 (月)

あすと長町 賑わうGW その2 駐車場軒並み値上げ中!

引き続き,GWのあすと長町情報です。

 

キュリオスの開催に伴い,駐車場不足が切実なあすと長町。過去に市立病院予定地で開催した際には1600円/台 の駐車場が敷地内に設置されましたが,地区内の開発が進展し,駐車場として活用されてきた空き地が少なくなりつつあります。今回の開催地は1.5haありながらも,敷地内の駐車場はなしで,公共交通機関や周辺駐車場の利用がPRされています。

普段あすと長町の相場は30分100円程度(1日上限料金は1000円未満)の料金であれば,泉中央が1時間100円,街中が1時間3~400円であることを考えると中間程度ですし,立地条件を考えると適切と思われます。

しかし,キュリオス開催のため,100台以上のリパークの駐車スペースが減少している上,イベント来場者向けの駐車場需要増があり,5月末までの1か月はあすと長町での駐車場利用には気を付けた方がよさそうです。

その1で言及した駐車場状況が気になったので,散歩がてらに回ってみました。

 

商業施設の駐車場情報

各商業施設の駐車場は迷惑駐車対策のために,軒並み特別料金を設定中です。

既にゼビオアリーナでのイベント時限定で,スーパースポーツゼビオあすと長町店は超過分30分500円の料金設定,またヨークタウンあすと長町は,普段から無料時間超過分は30分500円の設定であることから,あすと長町でのイベント時でのスタンダードが30分500円になってしまいました。

Img_7573

他に,キュリオス対策で駐車料金の値上げを図っている商業施設は,

〇マクドナルドあすと長町店  30分(?)500円(うろ覚え)

〇ツルハドラッグあすと長町店 基本料金60分300円,最大料金を3000円に

Img_7557

また,tekuteながまちの提携駐車場であるリパークも,超過分は30分500円です。

その中で,キュリオスから交差点向かいのイケアは,普段は3時間無料,それ以上は少額でも購入すれば終日無料(購入なしの場合は超過分30分500円)でしたが,5月末までは1時間無料で終日無料条件も1000円以上の購入が条件となっています(レストランやフードマーケットは対象外)。それでも他の施設と比べると条件は格段に緩いので,迷惑駐車とそれに伴う駐車場や周辺道路混雑が心配ではあります。

Img_7562

コインパーキングまでも。。。

 商業施設の駐車場(提携コインパーキングを含む)の特別料金設定は,自分の店舗に来るお客さんのためにも必要なことです。

ただ,一般のコインパーキングまでが,便乗的に値上げしてしまうのは,非常に違和感を感じます。キュリオスは一時的なイベントであって,通常この街や長町駅を利用する方にとってみると,単なる迷惑でしかない。また,5/2~6開催のラーメンフェスタへの客足にも影響がありそう。

それも,キュリオス目の前にある,長町駅利用者も日常的に使うであろうコインパーキングが,信じられない価格設定をしており,目を疑いました。先日で上限平日2000円,土日祝2500円の表示だったのが,今日通ったら,なんと平日上限3000円!(それも12時間)。ということは,休日は上限設定なしで,30分500円で,キュリオスの公演時間の間停めると3000円を超えそうです。歯科提携部分は一定程度確保する必要はあるけど,一般向けのコインパーキングでこういうことをやってしまうと,日常的な利用者からは反発を招くし,今日も入ろうとした車がびっくりしてなのかUターンしていったのを目撃しました。駐車場自体も半分程度の入りでも,通常の設定と比べると大儲けなんでしょうが,ここの駐車場は5年程度で駐車場経営主体が3社目だし,最大料金もコロコロ変えており(5年前のIKEAオープン時も),長町駅目の前の立地条件良い駐車場が一見さん狙いのこんな商売をしているのは,残念です。

Img_7564

第一,ベガルタ開催時の泉中央駅周辺や,楽天開催時の東口近辺のコインパーキングで,こんなあからさまにカルテルを結ぶように,コインパーキングが料金を上げているというのは聞いたことはないし,いくら駐車場不足で,近年流行っている”ダイナミックプライシング”を実施するといっても,印象が悪すぎます。

なお,前回トーテムの会場となったKHB本社予定地は,臨時駐車場として稼働していましたが,ここも2000円の設定。それもTwitter発信では4時間までとのことで1時間500円というのは仙台駅前より高い。それで激安という表示はどうなのかと思ってしまいました。

Img_7572 Img_7571

なお,ラーメンフェスタ時には,同じ2000円でも,ラーメン1杯分の券が付いてくるとのこと。大人数で乗り合わせてであれば良いけど,1~2人ではちょっと微妙な料金設定。以前は確か同じ場所の臨時駐車場で500円だったはず。なので,こんな価格設定というのは本当に疑問を感じます。GWで警備員料金が高騰しているとはいえ。。。

西口がお勧め

もちろん,すべての時間貸パーキングがこんな商売をしている訳ではなく,西口に行けば通常料金で営業中です。長町駅徒歩5分圏内で1日550円とか600円で営業しているコインパーキングもありました(公演中の昼間でも余裕で空きあり)。地元の方はあすと側のぼったくりには引っかからず,西口のコインパーキングに停めるんでしょうし,もちろん駅近なのでJRや地下鉄で行くのが吉でしょうね。

 なお,商業施設や医療施設駐車場への迷惑駐車はやめましょう。

Img_7574

 あすと長町の商業施設は,無料駐車場と有料駐車場が混在していて,ただでさえ分かりにくい状態のところですが,遠方から来られる方に嫌な思いをして欲しくなく,情報提供でした。

スポンサーリンク

2019年4月28日 (日)

あすと長町 賑わうGW その1 キュリオス開催中

忙しいわけではなかったんですが,ちょっとした理由で家でPCに向かう気持ちが起こらなかったところ。幸いながらもGWの10連休に入り平成も終わるので,久々の更新です。

 

 

キュリオス開催中

 まずは,GW前から5月29日までの約40日間開催される,恒例のシルク・ドゥ・ソレイユ日本公演のラスト。

5大都市を回り,東京→名古屋→大阪→福岡→仙台 という,いつもの回り方で,一番後回しといえば言葉が悪いですが,日本で見れるのもラストという言い方もできる。

会場の推移

 あすと長町では,ドラリオン→コルテオ→クーザ(震災で中止)→オーヴォ→トーテム ときて,5回目です。ダイハツが協賛に入ってから,仙台を含む5大都市公演のスキームとなっています。2~3年毎に開催され,仙台ではこれまであすと長町の未利用地を転々としてきて,市立病院予定地で2回,日通所有地(→KHB予定地)+杜の広場で2回でしたが,今回は,イオンタウンが絶賛塩漬け中の長町駅東口駅前の12街区1.5haに開催場所が移りました。

 Photo_3

 前回のKHB予定地は,着工が今秋予定なので,まだ今回は使えるかなとも思いましたが,いかんせん課題は敷地が0.5ha程度しかなく,杜の広場のタイルや植栽をはがして無理やり開催している形でした。GWの書き入れ時に杜の広場がほぼ使えないことで,ゼビオアリーナ仙台のイベントやライブ誘致にも影響するし,そもそも杜の広場がほぼ4か月利用できなくなるのはやっぱり問題だったんでしょう。

 そのおかげ?で,5/2-6のGW後半に,杜の広場で「仙台ラーメンフェスタ」が開催です。4回目ですが初のGW開催でかなりの集客が見込めそうだし,4/27-28はゼビオアリーナでアイマスとやらのライブ2daysが開催されていました。

 職場で,「KHBは仙台放送のライバル会社だから場所変わったんだ」とドヤ顔で説明しているヒトがいたんですが,前回開催時もKHBが土地取得後で,同じ在仙テレビ局同士で協力していたし,理由としてはまた別かなと思っています。

イオンタウン予定地での開催
 今回の開催地は,イオンタウン予定地ですが,平成24年の年末に土地取得が発表されてから,早6年半になりつつあります。17街区南半分を同時取得の住友不動産は約0.6haをシティタワー長町新都心として分譲中で,そろそろ売り切る状態ですが,残る12街区の1.5haと17街区北半分の0.6haは未だ方向性が見えません。リパークで活用中の部分の中央部を除き,屋根付き駐車場のガレージというか自転車駐輪場のような構造物がH29年末から作られてましたが,今回は12街区の駐車場屋根は撤去され,リパークも閉鎖で,12街区全体をシルク・ドゥ・ソレイユに貸出中です。

 イオンタウン自体は,モールに対して勝ち目のないことから,あえて急いで着手するようなことはないんでしょう。今回イオンモール名取が増床となり,利府イオンも着々と進んでおり,一方雨宮は遅れ気味のようで,既に優位を保っている仙台周辺での店舗展開は急ぐことはないとのことでしょう。だからこその,土地の利活用であり,また商業施設予定地の看板で一応アピールする感じかなと。

 ただし,今回の場所は,新幹線や在来線からの視認性も高く,イケアともハシゴしやすい場所。キュリオス自体もだし,あすと長町のアピールとしても,悪くない場所ではなります。

コインパーキングの価格が高騰!

 ただ,懸念していたのは,開催地にあったリパークが閉鎖となりただでさえ駐車場の供給不足の中,駅前のデンタルクリニックのところをはじめ,周辺のtekute提携リパークも含め,軒並み30分500円とか,1日2000円とかの料金となっています。他都市でも野球場やサッカー場隣接の商業施設では,目的外駐車からは3000円以上の料金を取っているところもありますが(浦和美園,ナゴヤドーム,EXPOCITYなど),駐車場単独と考えると,超観光地の横浜みなとみらい並み(以上)の駐車料金で,ちょっと吹っ掛けすぎでは?と感じます。地元民であれば,ちょっと離れて長町駅西口とか太子堂駅の方に停めれば5~600円/日 のところはゴロゴロあるし,地下鉄やJRで来るという選択肢も取りやすいけど,他県から家族連れでくる場合などは,停める場所は近いところを選びたくなるだろうし,一見さん狙いの商売で何とも複雑です。商業施設併設駐車場であれば,迷惑駐車防止のためにやむを得ないでしょうが。

 

 なお,今回は財政難のため,見に行けなさそうです。近くを通って,雰囲気だけ楽しむかな~。

 

スポンサーリンク

 

 

2019年2月16日 (土)

ダイハツ キュリオス 仙台ビックトップの準備工事

 4月19日から,再度あすと長町で開催される,シルク・ドゥ・ソレイユのダイハツキュリオス。前回のトーテムからちょうど2年が経ちますが,今回は杜の広場横のKHB予定地から,長町駅東口真正面のイオンタウン予定地1.5haで開催です。

 

Map

 

 今回のキュリオス開催地となることで,そのガレージ風の構造物も撤去され,リパーク部分も営業中止となり,先週位から準備工事が始まりました。
Img_6921_2
 KHB新社屋は2021年の移転を目指して,今年の秋から工事着手の予定で,使おうとすれば使えないことはなかったのかもしれませんが,開催の都度杜の広場のタイルを2/3もはがして,植栽も一時撤去してという面倒なことになっていたし,ゼビオアリーナのイベントも開催しづらくなっていたので,どちらにしても具体的な計画が定まっていないイオンタウン予定地での開催の方が,良いのかもしれない。今年はGWにその杜の広場でラーメンフェスタが3度目の開催とのことで,ゼビアリのイベント開催にも影響を与えないしね。写真は前回開催のもの。
20171014_222154

 

20171014_222154_2

 

スポンサーリンク

 

  イオンタウン予定地も,2012年末に住友不動産と共同で保留地取得したものの,南側の住不部分0.6haはシティタワー長町新都心としてとっくに完成済で,そろそろ完売に近づいているという状況なのに,肝心のイオンタウンは取得後5年以内の建築という,URからの保留地取得時の条件をあいまいにし,自転車置き場のような駐車場ガレージを作ってお茶を濁している状況でした。

 

Img_6257
 現地を見る限りでは,ビップトップが設置されるのは,南側のリパークがあった辺りで,北側は付属テントか。リパーク閉鎖であすと長町の駐車場不足に拍車がかかりそうなので,来場者駐車場を設けた方がいいだろうけど設置はしないようなので,いつものように,周辺商業施設駐車場にいろいろしわ寄せがありそう。
 まさか,キュリオス終わったら,ガレージ復活なのかなーと。良くも悪くもあすと長町の行く末を左右する商業施設プロジェクトなのに,そういう社会的な責任を感じる企業グループではないしなぁ。ある意味ドライ。仙台でのイオンスタイル卸町⇒イオンモール名取増床⇒イオンモール雨宮(仮)⇒イオンモール利府増床 と,大きな案件が続いているから,優先順位としてはその後なんだろうけどね。単に他社の出店を防ぐための陣取りなのかと思わざるを得ない状況。
 よくある都市開発地での暫定的なイベント開催においては,その街のアピールも目的ではありますが,今回のキュリオス予定地でも「商業施設予定地」のでかでかとした看板でアピールしているので,この暫定利用の後に,計画が動くことを望みます。

 

 というか,別に撤退してもいいけど,この道路条件に優れたあすと長町12街区が確保された経緯・重要性からすると,マンション用地として譲渡するのは問題外。しかし,同業他社にやすやすと転売するわけもなく,飼い殺し状態というのが非常に腹が立つ。あすと長町内では,仮設住宅跡地の38街区以外は,長町駅東口を除いて計画も含めて全て土地利用は固まっているだけに,デンタルクリニックの場所(14街区)と,イオンタウン予定地(12,17街区)の行く末にやきもきしている今日この頃です。

 

 なお,キュリオスには行けるかどうか。これまではドラリオン,トーテムには行ってたけど,チケット価格もシャレにならないので,検討中です。おそらくあすと長町で開催されるのは最後と思われるので,行きたいところですが。

 

 

2018年2月 4日 (日)

NHK仙台放送局移転オープン!

今日,NHK仙台放送局が,錦町公園隣の旧仙台プラザホテル跡地に移転オープンし,放送開始しました。

Img_5072_2

今日からということは,すっかり頭になく,休日出勤帰りにふと思い出して,前を通ってみるかなと思い,まずは定禅寺通り向かいより。

Img_5068_3

ガラス張りの建物が,街路樹や錦町公園の木々とうまくマッチしています。土地の形状から,道路と斜めに建てられているのが,良いアクセントになっていますね。

Img_5070_2

錦町公園側を向いて,観客席にも使えそうな階段が。名称は「杜の階段広場」とのこと。待望されたホール等の併設はなりませんでしたが,イベント等で公園の連携が図れそうで,良かったのかなと。そういえば,市民会館の建て替えのコンサートホールがここにという可能性もありそうと思ってたけど,NHKが隣に出来たし,相性はばっちりなのでは。

 こういう,イベント広場と隣接して放送局が立地するというのは,移転が予定されているKHB東日本放送も同じですね。あすと長町の杜の広場隣接地ですし。

Img_5071_3

正面エントランスには,大型ビジョンが。何か人が入っていってますよ!?

もしかして入れるかな?と係員の人に聞いてみたら,18時までOKとのこと。資料ももらいました。

Img_5073

1階と2階の配置図はこちら。メディアステーションとして活用されますが,スタジオ等がある2階へに入れるのは17時まで。残念!

Img_5074

1階正面には,8Kの大型ビジョンが鎮座していました。平昌オリンピックの放送で大活躍か?

Img_5077

Eテレでおなじみのワンワンなどのキャラクターががこんなところに。

Img_5075

こっちは良く知らないな。

Img_5076

明日から本格的に稼働でしょうか。NHKの地元ニュースは新放送局一色になるでしょうね。

跡地利用は?

あとは,錦町の跡地の活用が気になります。あまり広くは見えないにしても,新放送局敷地と同じ5000平米規模とのことで,マンションには大きすぎるし。。。と考えると,ホール敷地としてもあり?仙台市はわざわざ新たな土地を買う必要はないですが,県民会館の移転地として,現県民会館敷地の売却と併せてというのであれば,可能性はあるかも。新年度予算で,県も県民会館の建て替え検討の予算を付けるようなので,結局市とは別々に進むことになりそう。まぁ,グランディみたいに不便なところに建てなければいいやと。

関連記事

音楽ホールを巡る県・仙台市の連携なるか!?(1/22)

2017年8月20日 (日)

セルバテラスと泉中央の変化

今シーズンはほとんどベガルタの試合に行けていないので、けっこうご無沙汰になってしまっているけど、泉中央は相変わらず好きな街。

その泉中央に昨年11月にオープンしたのがセルバテラス。アリオ、セルバ、駅ビルスウィングに続いて駅前で4つ目となる商業施設で、遅ればせながらオープン後初めての来訪。
それも、先月のベガルタ戦で来訪した時のもの。

Img_4106_2

感想としては、
1)コンパクトながらも、現在泉中央にない機能をうまく補完してきたこと
2)デッキレベル、地上レベルで既存のアリオ、セルバとの連携を重視した開放的な配置
1)は1階、2階でセルバのスウィーツ販売・飲食機能を補完した上、3階には郊外型店であるニトリでも日用雑貨を中心に取り扱うニトリデコホームとしまむらという、泉中央の近隣にはあれども、駅利用者や周辺マンション居住者が気軽に使えるような機能を導入してきました。

Img_4097

ただし、3階については、テナントリーシングでいろいろあったようですが、アリオ・セルバである程度満たされている部分の穴埋めなので、目玉としては弱いのは仕方ない。
2)は、アリオ前の円形らせん階段を撤去して設けた円形イベント広場を囲む形で、住友商事が運営する3つの商業施設をつなぎ合わせることに。

Img_4098



セルバテラスとの接続は、セルバとアリオのように上層階での連絡通路こそないけれど、セルバテラスの商業機能は3階までだし、1階のイベント広場、2階のデッキ経由でスムーズに行き来できるように。

Img_4095

201602181750_1

※住友商事HPから引用

また、セルバテラスの2階には、プロントと「ウエストコーストダイナーバーアンドグリル」というレストランがデッキに面した場所で開放的なつくりとなっています。

Img_4108_3

こういう外に向けたつくりは、同じ仙台の副都心でも長町南のモール&ララガーデンでは見られないところ。箱に囲い込み型のモール&ララと違った魅力ではある。
イベント広場では、いず・ちゅう祭が行われていました。
円形イベント広場と2階デッキの数か所でミニステージでのライブなどが行われていたり、ベガルタの試合とも相まって、それなりの賑わい。下の写真はイベント終了後です。

Img_4102

病院機能の導入

セルバテラスとしてオープンしたこの78街区は、結果的に半分を仙台循環器呼吸器センターが市名坂から移転するためのスペースとして使われたので、商業機能的には小規模なものになったけど、泉中央という副都心の機能の多様化、また高齢社会を見据えた病院機能の駅近くへの移転というのは望ましいこと(一方、JCHO仙台病院がパークタウンに移転するというのは、三菱地所というデベロッパーの強さ故にといっても、将来的にはどうなのかなと思ってしまいます)。

今後の泉中央の行く末

今後、商業機能の拡充は泉中央駅勢圏の人口高齢化及び東北学院大泉キャンパスの五橋移転に伴う若者利用者の減少が確実な中、また相変わらずロードサイドの大型店・郊外店の勢いが強い泉・富谷エリアの状況からすると、現実的な展開になってしまうのはやむをえないんでしょうね。一時はシネコンの導入ともいわれていましたが、富谷イオンや市名坂のコロナ(震災で閉鎖)と、北部エリアには郊外型シネコンが導入され立ち消えになるなど、紆余曲折がありました。

泉中央駅前では、セルバの南側の平面駐車場として使われている街区の活用がラストになり、バスターミナルの拡充も含めて検討が行われているようですが、泉中央自体の開発は駅開業後25年でようやく完成に向かうという長期的な視野に立った開発が行われてきました。

あすと長町との比較

一方、北の副都心の泉中央に対し、南の副都心の一角を占めるあすと長町。

中心の長町駅前は、2006年の街びらきからまだ10年。その中で、泉中央の住友商事を核とした第三セクター「泉新都心」が街づくりのコーディネート機能をはたしていた(2010年に仙台市保有分の全株を住商に売却済み)、のに対し、あすと長町では駅前など主要な街区が区画整理の保留地や旧国鉄清算本部への換地でまとめられ、まとまった土地活用を意図したのに、その処分にあたりうまく機能誘導ができず、現状のような中途半端な状況になっています。

都市の役割は概ね20年スパンで変わるので、地区内で定期借地権で立地している暫定商業施設等については、活用方法を再検討し、街が生まれ変わる種地として使われることも想定すると、ヨークやコーナン、ゼビオ付近の街区については、現在の活用方法はやむをえないかなと思いながらも(杜の広場中心のエリアなど、先に開発が進んだ地区北側は、KHBが進出予定であることを含め、成功として良いかと思います)、例の高層マンション群の過度な集中や、中心駅である長町駅前のサービス・商業機能が不足している現状と、その受け皿となる土地活用が各地権者に左右されるというのは、やっぱり好ましくないんでしょうね。

その点、右肩上がりの時代の開発手法とはいえ、駅前の主要な土地の所有権を三セクが持ち、全体を見ながら長期的に開発に関わることができた泉中央の成功事例を、同じ仙台市として、うまくあすと長町の開発に生かすことができなかったのかなという気持ちにもなります。

まぁ、まちびらきの11年前から震災前までの絶望的な状況からすると、よくここまで開発が進んだという側面もあるけど。

2017年2月11日 (土)

あすと長町 トーテム会場工事着工

あすと長町の杜の広場及びKHBが本社移転用地として取得した土地にて、4月6日から仙台公演が始まるシルク・ドゥ・ソレイユ トーテムを公演する仮設テント「ビックトップ」の建設が始まりました。大通り側と北側のSHIPビル側が高い壁に囲まれつつあります。

P1180281

P1180288_2

現在、トーテムは福岡で公演中で、公演用仮設テントも現在福岡にあるけど、この約2か月前のタイミングで準備工事が開始です。
仙台では「ドラリオン」「コルテオ」「オーヴォ」に続き、4回目のロングラン公演(東日本大震災の影響で、「クーザ」は中止)。

P1180285

最初の2回は、現市立病院の土地にて、後の2回は杜の広場も含めた活用。
前回も思ったけど、5月の絶好のイベント日和のこの時期に、杜の広場の2/3はテント用地として活用されるので、ゼビオアリーナでのイベントが開催し辛くなるのでは。
Bリーグ初年度で大苦戦している89ersのゼビアリでの最終試合はアルバルク東京との4月29日と30日。両日では合わせてビックトップで4公演実施ですが、時間帯を微妙にずらしているのが分かります。
89ers    4/29 18:00~  、4/30  13:30~
トーテム  4/29  12:00~,16:00~ ,4/30 11:30~,15:30~
89ersであればそれほど広場は活用しないけど、ライブだと、通常は広場をグッズ売り場や列整理に使用しているので、どのように対応するのか。4/9にNORAH JONES(完売)、5/13にmiwaと開催されるけど、ライブの際は時間帯が時間差で微妙に被るよう。まぁ、このエリアがにぎわうことは嬉しいこと。

P1180290

ここでは最後の開催?
概ね2~3年に1度のペースで開催されていますが、次回は2019~20年にかけて?
そうなると、この土地ではKHBの新社屋の建設が2019年度には開始されるようなので、あすと長町では仮設住宅跡地も追って土地処分が行われ、開催可能な空き地がなくなります。
なので、次回は荒井?とかの開発途上の地区での開催になるのでしょうか。

2016年11月26日 (土)

仙台ラーメンフェスタ

18日から23日まで、あすと長町の杜の広場で、2回目の仙台ラーメンフェスタが開催。前回は3日間で6店舗構成で、激混みでチケット購入も店舗に並ぶのも長蛇の列で、食べるのは諦めました。

今回はいけそうなのが、初日の18日金曜日だったので、夕方に寄ってきました。




初日ということもあり、はっきりいってガラガラ。そりゃ平日から大混雑だったらそりゃ問題だし、オペレーションの確認には丁度良い。




近くの方々がフラッと寄ってきているイメージです。

10店舗のなかから選ぶのは難儀しましたが、前回開催時の目玉で今回も出店していた富山ブラックの店に。


最近はまっている青森煮干し系にも引かれたんですが。

券売機でチケットを購入。1杯750円。前回と同じ。




待ち時間なしで注文ブースに。2分くらいでラーメンが出てきました。前評判通りの真っ黒なスープ。ごろごろした分厚いチャーシュー煮卵がまるごと1個。







トッピングが別に500円というので、それはさすがにやめました。1杯1250円のラーメンってどんな高級ラーメンだよ。だったらあんな芋煮会のようなペラペラ容器で食べる気はしない。

スープはどぎつい黒とは裏腹に、魚介系で意外にすっきり。チャーシューも食べ応えがあり。麺は若干太めでスープに絡む感じで悪くない。ただ、量は少ないなー。こういうフェスタはハシゴ前提だからしょうがないんだけど。

で、最後に仕上げに口に含んだ煮卵に罠が。何か味が微妙。作り置きだからなのか。で後味悪く会場を去りました。腹は壊さなかったけど、屋台系だとこういうこともあるんですね。勉強になりました。

久々に田中そば店
後日久しぶりにこの有名店に行ってきました。
らーフェスのリベンジというか。

普通の700円のラーメンを。やっぱ高いなぁ。でも小さめの丼に凝縮されていて完成度は高い。久々に行ったので、前の味を忘れていたけど、あっさり目を頼んだら塩ラーメン系の味。こってりでもよかったなぁと。




麺は若干縮れ目のプリプリ系。チャーシューもトロトロ。味は物足りなかったので、オススメの唐辛子を入れてスープまで完食。

個人的には、長町ラーメンの麺とスープのなじみの方が好みかな。








2016年10月16日 (日)

パークタワーあすと長町詳細発表

今週末は、長町駅東口の三井不動産のタワーマンション予定地で、5月に続いて東北サファリーパークの移動動物園が開催されています。前回よりはライオンがいないとかちょっと規模は小さいながらも、無料だし、そもそも、三井不動産レジデンシャルが主催でマンション予定地のPRを兼ねての開催なので、文句は言えない。今回はボーネルンドの遊具(仙台港のアウトレットにあるようなもの)も体験できるようで、力が入っています。

このタイミングに合わせて、マンションのホームページの公開と、新聞チラシ配布により、大々的にPRを始めてきました。

分譲開始はほぼ1年後の平成29年夏で、完成は平成31年度と3年後ですが、分譲中の住友シティタワーと野村ワールド連合のワンパークの合計800戸がまだまだ分譲中の状況で、長町駅前の最高の立地条件の場所での分譲をアピール開始ですか。

1476624933304.jpg

28階建てのコの字型のタワーマンションは、北側(KHB東日本放送ぐりりパーク側)に寄せて、南側は、低層(平屋?)の商業棟とのことです。既報の通りですが、南側に28階建てが建ってしまうと、スポーツパーク飲食店街のソーラーパネルが使い物にならなくなるだろうなー。

南側の商業棟の影になる部分は共用部分として活用するため、マンションの分譲部分は3階以上で、1階と2階はエントランスとゲストルーム、スタディルーム、駐輪場などが設置されます。

商業棟の部分とは敷地分割するようで、JR長町駅へはその商業棟の敷地を通って徒歩2分。地下鉄駅までは徒歩3分と、申し分のない立地条件。敷地内に小規模な商業施設がオープンし(現在すでに建設着手中と思われ、鉄骨が組まれています)、高架下のtekute長町や北側のスポーツパーク飲食店街もほど近く、なにより仙台駅までJRを利用すると家から10分で到着という立地条件は仙台駅周辺と遜色ないですね。

1476624933852.jpg

敷地の分割の仕方が、今年12月引き渡し部分の6600平米が西で、昨年引き渡し済み部分の2000平米がヤナセ側の東と思っていましたが、6600が平米が北(マンション部分)、2000平米部分が南側のようです。そうすると、すでに南側の商業棟が先行して着工したのも納得。

そうすると、JRの子会社が運営するリパーク(tekuteの短時間向け駐車場としても活用されています)を挟んで、tekuteとの連続性がそれなりに保てそうだし、小規模な商業施設となり残念に思っていましたが、まぁ良かったかなとも。

将来的には、上記のリパーク部分も、駅前広場や線路沿いの歩行者専用通路沿いに、低層の商業施設として活用される可能性はあるかも。

1476624934359.jpg


駅前の一番目立つ13街区の計画がほぼ見えてきて、あとは今週から解体が始まる仮設住宅の跡地に注目ですね。保留地と旧精算事業団所有地を合わせて2haほどで、さすがにまたまたマンションというのは、大手のデベがそれなりに勢揃いしている現状で、考えたくはないですが、SCという選択肢も太子堂駅徒歩数分で、長町駅から8分程度と駅からのアクセスは及第点ですが、道路条件はそれほど良くないし、2haという面積はモールやララガーデンと対抗するには厳しい。そうすると、郊外型大型専門店の集積というあまり面白くない使い方になってしまう。

12街区のイオンタウンは、イオンの業績悪化もあり、先が見通せない状況ですから、期待できるのはこの仮設住宅跡地のみ。

どちらかというと、中央資本で仙台で新しいことを手がけようとする実験的な企業に買われて欲しい。100億~150億規模になると、地元企業は無理でしょうし。


    パークタワーあすと長町



2016年10月10日 (月)

あすと長町近況(H28.10)

恒例のあすと長町近況。

住友不動産のシティタワー長町新都心に続き、野村・ワールド連合のワンパークタワーも徐々に4~5階あたりまで組み上がり、災害公営住宅が影になってきました。




最近は恒例の秋のイベントの季節。


長町駅西口広場や、ゼビアリ前の杜の広場などでいろいろやってますね。



この3連休は、みちよさが長町駅西口広場で、ゼビアリ4周年のスポーツフェスタも。


土曜日はあいにくの冷たい雨で、得にスポーツフェスタは開店休業状態でした。ただ、ゼビアリ内でフットサルのオールスターが行われ,2000人以上の観客を集めたようです。


みちよさは、マンネリ感を感じるところで、また、踊りが揃ってない見ていて美しくない演舞も多いので、最近あまり興味を持てなくなってますが、たまたま見た名古屋の夜宵は、傘を使った一糸乱れぬ演舞に釘ずけでした。独特のノリで観客も盛り上がってました。


Img_1716
昨年度の大会で入賞した団体とか。なるほど納得。

YouTube 勾当台公園での演舞



先々週の9月25日は、同じく長町駅西口広場で、長町ビッグバンドフェスタが。
先週はたいはっくるの楽楽楽ホールで「せんくら(仙台クラシックフェスティバル)」もありました。

さて、来週の10月14日から16日までの3日間は、5月にも開催された移動動物園が、三井不動産レジデンシャルのマンション予定地で開催です。




このマンション予定地では、南側に仮囲いがなされ、駅前広場側が先行して工事中です。
既存情報によると、平屋の商業施設が整備されるとか。その工事なのかな。


ヤナセ側の土地2千平米は今年末に引き渡し予定でしたが、工事の動きとあっていないので、早めの引き渡しになっているのかも。看板では工事期間は来年までなので、住民向け+αのtekuteを補完するような商業施設に期待です。


KHBぐりりスポーツパーク

2021年にあすと長町の杜の広場隣接地に移転するKHB東日本放送ですが、タカミヤスポーツパークの命名権を取得し、電車からも見える場所に新施設名を表示させ、移転をアピールしています。


KHB東日本放送 H33年にあすと長町へ
(H28/03/07)








2016年8月12日 (金)

あすと長町の近況(H28.8)

住友と野村・ワールドのマンションが着々と建設中以外は、目に見える動きは少ないあすと長町。



Img_1167



その中で2つのトピックを。




シルク・ドゥ・ソレイユ<トーテム>公演




来春に仙台で開催される、恒例のシルク・ドゥ・ソレイユの時期公演<トーテム>の開催地が、前回と同様、あすと長町の杜の広場とその隣接地に決まりました。




開催時期は、平成29年4月6日から5月21日と、いつも通り約1カ月半です。


ホームページはこちら

Map



アクセス手段として、新たに長町一丁目駅が明記されています。混雑分散のためには良いこと。


会場について、杜の広場は良いにしても、その隣接地は、KHBが旧所有者の日通から購入し、H21年度までに放送局の本社移転を行う場所。








 当分の間は、活用策を練るために寝かしておく場所ではありながらも、シルク・ドゥ・ソレイユは、在仙のライバル局仙台放送のキー局「フジテレビ」が絡んでいることから、もしかしたら、他の場所に?とも思っていましたが、その辺の調整がうまくいったみたいで、引き続き同じ場所で開催となります。最初の2回は現市立病院敷地で、次の2回は杜の広場周辺でと、あすと長町では4回目の開催となりますが、次の2019年度開催の際は、同じ場所では難しいかもしれませんね。



Img_1274







 また、前回と同様、杜の広場の2/3はテント設置用地として占用されるので、ゼビアリ側のイベント開催に大きな制約が生じることになります。特にライブでの列整理などをどうするか。

オーヴォ仙台公演間もなく!(H27/4/19)



駅前三井のタワーマンション




長町駅前13街区に計画されている、三井不動産レジデンシャルが手掛ける大規模タワーマンション。

5月末に設置された建築予定の看板からすると、地上28階建て、個数が468戸と、仙台圏で過去最大規模のマンションです。

ふと先日東口に行った際、新寺のJR社宅跡地の三井不動産レジデンシャルが手掛けたミッドプレイス仙台タワー&レジデンスを見上げて、これ以上の圧迫感になるのかと改めて規模感を認識。


ミッドプレイスは、地上31階で306戸ですが、タワーといっても、最近はやり?の横長の壁型。高さは多少低いですが、戸数は1.5倍なので、これ以上なんだなぁと。


その三井のマンション。頂いた情報を含め、いろんなところの情報を総合すると、




○南向きが12戸、東と西向きがそれぞれ2戸というコの字型マンション。


○南側に平屋の商業施設。


○北側は、立体駐車場




とのこと。

駅前広場側となる、南側。ちょっと前からフェンス囲いがされ、なにやら土壌調査でもやっているのかなとも思ってました。北側はフェンスが設置されていないので、丸見えです。


Img_1271





Img_1272



この土地は、今年末に引き渡し予定でしたが、既に土壌調査か何やらやっているのは、引き渡しが早まったのか?また、商業施設部分のみの先行着工もあるのか?

なお、建築看板の修正がありました。





Img_1270_2



敷地面積は変わらないまでも、建築面積と延べ床面積が約2,000平米ずつ下方修正に。

以前の延床面積では、5万平米以上となり、アセス対象になってしまうのではと思っていましたが、マンション開発でわざわざアセスを通す訳もなく、といってもその分の面積はどこにいったの?という不思議。



敷地面積は変わらないので、その分は別建物として、南側の平屋商業施設分にしたのか?延床2000平米であれば、tekuteよりも一回り小さい規模かな。

まぁ、駅前広場に面する部分が平屋と言っても商業施設とのことで、上に1000~1500人の人口を有し、コンビニやカフェなど、生活を補完する機能が入ってくるんでしょう。近隣にtekuteもあるから、無理にかぶる機能を持ってこなくてもいいし、三井不動産側で保有中(引き渡し済)のヤナセ側の2000平米の土地との連携活用も考えられるから、平屋とはいえ、悪い話ではないと思いました。



tekute他、長町駅前の動き



 利久が7月から大幅減量&値上げとなり、ランチで1480+税となりましたが、長町店においては、良い話もありました。



 もともと、開店以来、この店は仙台駅の牛タン通り店と同様に、何と”ランチタイム”設定なし。で、一日中よると同じ価格だったので、我が家はランチにしかいかないから、わざわざ富沢店などに行ってました。

それが、この値上げを機に、長町店でもランチタイムを開始するとのことなので、量は少なく、値段は高くはなるけど、昼間帯に訪れるには値下げとなっています。





Img_1155



また、様々な限定メニューもあるようなので、今度行ってみようかなと思ってます。

それにしても、tekuteは使える!北辰やジュピターなど、何もなくてもふらっと寄りたくなる店の集まりで、本当に重宝してます。望むのは、現在リパークに利用しているJR敷地に、第二tekute?を作ってもらえれば。JR側でも高架下店舗の拡大を考えているとのことで、次にやるとしたら、IKEAと森民ビルの間の高架下でしょうが、このJR敷地のリパークへの店舗拡大があれば、歩行者通路の両側に店が立ち並ぶ形となり、三井マンション敷地内の商業施設と併せて、駅前の賑わい拡大につながります。

最後に、駅前の歯科クリニックと保育所を併設している、あすと長町デンタルクリニックがリートに転売されたようですが、経営法人とこれまで関係があったリートへの転売で、今後も運営主体は変わらない模様。



ユナイテッド・アーバン投資法人公表資料



 転売土地は歯科クリニック部分のみで、リパークとして活用されている部分は含まれないようですが、このリパーク部分も活用方針を見極めているところでしょうね。三井側の13街区のイメージが固まってきたので、14街区のこのリパークが駅前では最後の活用に。この駐車場がなくなるとイベント時の受け皿として痛いですが、今後は泉中央駅西側みたいに、駐車場の立体化も進んでいくでしょうか。