2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2019年4月29日 (月)

あすと長町 賑わうGW その2 駐車場軒並み値上げ中!

引き続き,GWのあすと長町情報です。

 

キュリオスの開催に伴い,駐車場不足が切実なあすと長町。過去に市立病院予定地で開催した際には1600円/台 の駐車場が敷地内に設置されましたが,地区内の開発が進展し,駐車場として活用されてきた空き地が少なくなりつつあります。今回の開催地は1.5haありながらも,敷地内の駐車場はなしで,公共交通機関や周辺駐車場の利用がPRされています。

普段あすと長町の相場は30分100円程度(1日上限料金は1000円未満)の料金であれば,泉中央が1時間100円,街中が1時間3~400円であることを考えると中間程度ですし,立地条件を考えると適切と思われます。

しかし,キュリオス開催のため,100台以上のリパークの駐車スペースが減少している上,イベント来場者向けの駐車場需要増があり,5月末までの1か月はあすと長町での駐車場利用には気を付けた方がよさそうです。

その1で言及した駐車場状況が気になったので,散歩がてらに回ってみました。

 

商業施設の駐車場情報

各商業施設の駐車場は迷惑駐車対策のために,軒並み特別料金を設定中です。

既にゼビオアリーナでのイベント時限定で,スーパースポーツゼビオあすと長町店は超過分30分500円の料金設定,またヨークタウンあすと長町は,普段から無料時間超過分は30分500円の設定であることから,あすと長町でのイベント時でのスタンダードが30分500円になってしまいました。

Img_7573

他に,キュリオス対策で駐車料金の値上げを図っている商業施設は,

〇マクドナルドあすと長町店  30分(?)500円(うろ覚え)

〇ツルハドラッグあすと長町店 基本料金60分300円,最大料金を3000円に

Img_7557

また,tekuteながまちの提携駐車場であるリパークも,超過分は30分500円です。

その中で,キュリオスから交差点向かいのイケアは,普段は3時間無料,それ以上は少額でも購入すれば終日無料(購入なしの場合は超過分30分500円)でしたが,5月末までは1時間無料で終日無料条件も1000円以上の購入が条件となっています(レストランやフードマーケットは対象外)。それでも他の施設と比べると条件は格段に緩いので,迷惑駐車とそれに伴う駐車場や周辺道路混雑が心配ではあります。

Img_7562

コインパーキングまでも。。。

 商業施設の駐車場(提携コインパーキングを含む)の特別料金設定は,自分の店舗に来るお客さんのためにも必要なことです。

ただ,一般のコインパーキングまでが,便乗的に値上げしてしまうのは,非常に違和感を感じます。キュリオスは一時的なイベントであって,通常この街や長町駅を利用する方にとってみると,単なる迷惑でしかない。また,5/2~6開催のラーメンフェスタへの客足にも影響がありそう。

それも,キュリオス目の前にある,長町駅利用者も日常的に使うであろうコインパーキングが,信じられない価格設定をしており,目を疑いました。先日で上限平日2000円,土日祝2500円の表示だったのが,今日通ったら,なんと平日上限3000円!(それも12時間)。ということは,休日は上限設定なしで,30分500円で,キュリオスの公演時間の間停めると3000円を超えそうです。歯科提携部分は一定程度確保する必要はあるけど,一般向けのコインパーキングでこういうことをやってしまうと,日常的な利用者からは反発を招くし,今日も入ろうとした車がびっくりしてなのかUターンしていったのを目撃しました。駐車場自体も半分程度の入りでも,通常の設定と比べると大儲けなんでしょうが,ここの駐車場は5年程度で駐車場経営主体が3社目だし,最大料金もコロコロ変えており(5年前のIKEAオープン時も),長町駅目の前の立地条件良い駐車場が一見さん狙いのこんな商売をしているのは,残念です。

Img_7564

第一,ベガルタ開催時の泉中央駅周辺や,楽天開催時の東口近辺のコインパーキングで,こんなあからさまにカルテルを結ぶように,コインパーキングが料金を上げているというのは聞いたことはないし,いくら駐車場不足で,近年流行っている”ダイナミックプライシング”を実施するといっても,印象が悪すぎます。

なお,前回トーテムの会場となったKHB本社予定地は,臨時駐車場として稼働していましたが,ここも2000円の設定。それもTwitter発信では4時間までとのことで1時間500円というのは仙台駅前より高い。それで激安という表示はどうなのかと思ってしまいました。

Img_7572 Img_7571

なお,ラーメンフェスタ時には,同じ2000円でも,ラーメン1杯分の券が付いてくるとのこと。大人数で乗り合わせてであれば良いけど,1~2人ではちょっと微妙な料金設定。以前は確か同じ場所の臨時駐車場で500円だったはず。なので,こんな価格設定というのは本当に疑問を感じます。GWで警備員料金が高騰しているとはいえ。。。

西口がお勧め

もちろん,すべての時間貸パーキングがこんな商売をしている訳ではなく,西口に行けば通常料金で営業中です。長町駅徒歩5分圏内で1日550円とか600円で営業しているコインパーキングもありました(公演中の昼間でも余裕で空きあり)。地元の方はあすと側のぼったくりには引っかからず,西口のコインパーキングに停めるんでしょうし,もちろん駅近なのでJRや地下鉄で行くのが吉でしょうね。

 なお,商業施設や医療施設駐車場への迷惑駐車はやめましょう。

Img_7574

 あすと長町の商業施設は,無料駐車場と有料駐車場が混在していて,ただでさえ分かりにくい状態のところですが,遠方から来られる方に嫌な思いをして欲しくなく,情報提供でした。

スポンサーリンク

2019年3月10日 (日)

名取市図書館に行ってきました その1

昨年末の12月19日に,名取駅東口の再開発ビルの目玉施設としてオープンした新・名取市図書館。

 

亘理町,大河原町,太白区,岩沼市に続き,仙南ではもはや珍しくない駅前(駅近)図書館ですが,多賀城なども含めた他の図書館を参考にして,コンパクトながら魅力的な施設に仕上げてきた印象です。
スポンサーリンク

 

 再開発ビルは,アクセス鉄道開業に向けて,橋上駅として2006年頃に改築された名取駅に,ペデストリアンデッキで直結しています。ペデストリアンデッキで直結した図書館は,亘理駅⇔亘理町図書館はありますが,亘理は駅東口にある図書館から自由通路を経由して西口の地上に降りてから駅に入る形になりますので,実質的に直結する形態は県内では初めてで,駅からの利便性は高いです。

 

 正直,駅を橋上化しただけでは,東西からの利便性が高まること位で,もったいない感がありましたが,東口にデッキをつなげたことで,平面部分の車両と歩行者の歩車分離が行われ,機能的になりましたし,名取市の玄関口として,マンションが林立し生協やシンボル的なサッポロビールが位置する西口と合わせて立派になりましたね。

 

 

Img_7212
Img_7210

 

再開発ビルはセコムホームライフの分譲マンションを核とし,名取市図書館と増田公民館の公共部門,小規模の商業テナントの民間部門が合わさった,身の丈に合った施設です。
Img_7193

 

Img_7204

 

商業店舗としては,名取市に大々的に店舗展開しているイオングループが協力し,1階にイオンエクスプレスが県内では仙台市以外で初めての出店です。駅前にはコンビニもなかったので(近くは旧太陽デパートの場所),コンパクトな店内ながらも,駅利用者が帰宅時にささっと購入できる小型店なので,街にとってはプラスになりますね。
Img_7206

 

また,ドラッグストアで,デッキに直結する2階にココカラファインが出店しています。

 

Img_7191

 

スーパーとドラッグストアのコンビであれば,最低限の利便性は確保されるし,足りないものがあれば西口の生協に行けば良いし,増田の旧市街地の住民や名取北高の生徒の利用も見込めるし,長く利用される店舗になればいいですね。

 

次回に続きます。

 

 

2019年2月24日 (日)

仙台場外市場 杜の市場レポ

卸町の中央卸売市場の場外的な形で,震災後の2011年にオープンした杜の市場。

 

いつでも行けると思いながら,なかなか行く機会がありませんでしたが,昨年の夏に初めて行ってから,4~5回は行っています。卸売市場のすぐ近くということでのモノは間違いないし,バイパス沿いでついでに寄ることもしやすいし,また買い回りしやすいサイズがちょうどよい感じで,ファンになっています。

 

 

 

Img_6979

 

いついっても,駐車場が混雑していて,賑わっているのが分かります。地元民にとっても,観光客にとっても使い勝手が良い商業施設です。

 

夏に行ったときは,バーベキュー用の海産物を買いに行きましたが,夏なのに牡蠣の品ぞろえも良く,また旬のホヤも大ぶりの新鮮なのがゴロゴロ並んでおり,見るだけでもウキウキする場所です。

 

Img_6987

 

Img_6981

 

 

Img_6982

 

その時には,ウニのシーズンで,片倉商店のウニ丼に惹かれ,食しましたが,某浜の商店街で食べるよりも安くお得というのが不思議なもので。

 

 

 

Photo

 

 

 

Img_6984

 

テナントも,片倉商店のほかにも,タマゴヤや利久,ラーメンの山神山人,北辰のどん辰などの飲食店が入っており,どこも外れがないです。テークアウトも,凍み天とか,空揚げとか手軽に食べれるのも充実しており,キーボードに向かいながらも,また行きたくなってきました。

 

Img_6988_2

 

 

Img_6983

 

値段としては,野菜とかあまり安くないものもあるので,そこは注意。それを含めても,食のテーマパークとして十分楽しむことができます。

 

Img_6986

 

仙台圏では,常設型の競合施設は今のところないし,10年位前に名取美田園にオープンしてあっという間に閉店しただてもん市場とコンセプトは似ているものの,なにより立地条件も中身も違うなぁと。

 

スポンサーリンク

(番外編)閖上の動き

 

なお,そのだてもん市場のあった場所から北にクルマで10分もかからない閖上には,休日限定でのゆりあげ朝市があり,コンセプトとしては,杜の市場を豪快にした感じで,こちらも好きな市場ですが,なかなか休日の朝に早起きできません。特にこの季節は。あのキムチ水餃子を食べたくなるんですが。

 

ゆりあげ港朝市へ リターンズ(2016/1/17)

 

ゆりあげ港朝市へ&復興に向けての雑感(2015/1/13)

 

閖上といえば,GW直前の4月25日に,名取川に面した商業施設「かわまちテラス」がオープンし,休日だけの朝市を補完する日常型の商店街が復活します。飲食も浜やが出店するようだし,ここも期待です。

 

 

2018年6月21日 (木)

あすと長町の近況(H30.6)

公私ともに低調ムードで,2週間に一度の温泉で多少持ち直している状況で,パソコンになかなか向かう気力が沸かず,こんなペースです。
 

 加えて,パソコンのスペックの低さで,ストレスがたまるのもあり。震災前に買ったノーパソがwin10に強制アップグレードされてから,ソフト起動や入力の遅さに余計ストレスがたまるようになり,だましだまし使ってきましたが,もう限界かも。しかし,パソコンに5万出すのもと思ってしまうほど,パソコンの重要度が低くなってますね。

 そんな状況なので,久々のあすと長町近況にて,お茶を濁しますが,まずは,着々と進む高層マンション3棟の建設状況から。

パークタワーあすと長町
 JR長町駅前に三井不動産が建設中の地上28階全468戸の仙台圏最大規模のタワーマンション。クレーンが2基建ち並び,凹型の巨大な建物があっという間にどんどん伸び,現在12階位まで建ち上がっています。

Img_5964

現在の状況でも,杜の広場方面からもすっかり長町駅が隠れてしまっていますが,さらに2.5倍近くの高さになるとは。タワーマンションと言っても凹型の巨大なデブビルであり,景観的にはどうかなというところですが,(南東側マンション群のどうしようもない眺望の潰し合いとは異なり)幸いにも単一マンションでの建設であることが救い。

Img_5954

 入居開始のH31年秋まであと1年数か月。早いものです。

 あと,現在の興味としては,モデルルームとして利用されている商業棟の活用方向性と,西側のJR所有地(現在リパーク:テクテ提携駐車場等として活用中)の動向が気になるところ。

Img_5958

 JR所有地は,テクテの拡張としての方向性が出され,JRの子会社で現在プランニングの最中のようですね。敷地内の南北4か所程度でボーリング調査も実施済で,そうなると,現在の4,000㎡程度の敷地を全部建物として活用し,低層部を商業,上層部を立体駐車場として活用する形とすると。売場面積はせいぜい2層で3,000㎡程度になるのかな。

(JR東日本東北総合サービス株式会社ホームページより,イメージイラストを引用)

 理想は泉中央のセルバテラス並みの3層で4~5,000㎡だけど,そこまで敷地規模が大きくないし,既存テクテ部分の駐車場確保も必要。容積率は600%なので,駐車場を含めて2万㎡以上の床面は確保できるけど,そこまで無理はしないか。

Img_5960

 なお,現在のテクテの売り場面積は1,600㎡からすると,合わせて3倍程度にはなりそう。

 1階が不足している飲食店機能,2階が物販という感じであれば,モールやララガーデンを補完する,長町駅前としての最低限の商業機能は確保されるから良しとしなければ。

 三井パークタワーの商業棟もカフェ+αになりそうで,うまく調整を図って欲しいもの。
 
 
シティタワーあすとレジデンシャル

こっちも,三井と同時期の完成予定ですが,そもそもシティタワー1も売れ残っているのに,無理して進めている印象があります。

Img_5777

Img_5945

同じ建設会社で切れ目なく建設を進めることでの効率化があるんでしょうが。個人的には住友のコンセプトは好きだっただけに,今回の進め方はちょっと残念。

Img_5949

 シティタワーの1が南向きが多いのと比較し,今回の第2弾は東向きを多めにして,相互の圧迫感を少しでも軽減する配置となっていますが,東側の戸建て街やバイパス以東の田んぼを眺める光景にどれだけ価値を見出せるか?。高層階では太平洋まで見えるのかな。
プレシスあすと長町エクレール
 上記の三つ巴の無意味な陣取り合戦から一歩引いた場所に建設中かつ分譲中の一建設の約140戸弱で15階建ての高層マンション。駐車場がタワー型ということを除くと,駅へのアクセスやヨークへの動線など,実をとるには良いかもという物件。価格設定も多少買いやすい部屋もあり。

Img_5950

1,000戸の分譲が一気に!

 いずれにしても,現在建設中の3件を合わせると468戸+391戸+139戸=998戸!それにシティタワー1の売れ残り分もあるから,どうなるんでしょうね(シティタワー1とワンパークで合計759戸)

 ワンパークを含めた三つ巴(住不・ワールド・野村)自社競合でのこの密集ぶり。首都圏のターミナル駅近であればありだけど,ここは仙台。それも都心部ではない隣駅の再開発でここまで無理をする必要があったのか。

Img_5940


Img_5943

 なお,最近,地下鉄長町駅の混雑を感じることが増えました。首都圏で同じようにタワーマンションが林立し,例えられることがある武蔵小杉駅ほどではないですが。自動改札機数が少ない地下鉄長町駅では特に夕方の降車客が集中する時間帯での混雑が目立ちます。H29年度の駅利用者数には,シティタワー1とワンパーク分の利用者増が反映されるので,JRと合わせて500~1,000人程度の乗車客の増が見込めそうですね。
クリニックも建設中(かさはらLクリニック)
  プレミストやフォルクスワーゲンの東側,既存のニューサンハイツの南側に中層の7階程度のビルが建設中で,下層部をクリニック,上層部を賃貸マンションとして活用するようです。ここも,H26年度中の着工が予定されていたのが,ようやく年内には完成しそうです。

 精神科としては,市立病院近辺のメディカルビルに2箇所入っているのに加え,近隣の長町南からの移転とはいえ,集中するかたちになります。

その他の動き
 
 コメントでも頂いておりましたが,長町駅構内の居酒屋がサカナの家からちょーすけに変わっています。以前と比べて普通の居酒屋風の店になった印象です。まだ行ったことはないので,機会があればと。

Img_5956


他,広瀬河畔通り沿いで,国税局宿舎跡地(コスモス〆木保育園やシティハウスルサンクコート近く)で,飲食店と賃貸マンションの中層ビルが年内完成で建設中です。この辺は飲食店が少ないので,期待したいところです。

 

2018年3月 4日 (日)

あすと長町の近況(H30.3)

ネタがなく,しばらく空きました。続けて無理して記事書くとその反動が来るなぁ。コンスタントに書かないとと思っているので,3月になりまずは,ネタがないときの近所情報。

シティタワーあすとレジデンシャル

 今日,地下鉄の仙台駅で改札外の円柱広告で宣伝してましたが,一瞬”野村&ワールド連合のワンパークの宣伝まだやってんの?”と思い,よく見たら,微妙に名称が違う!ということで,気づきました。仮称が,「仙台素敵プロジェクト」とびっくりする名称だっただけに,正式名称をさっさと決めたことは良かったと思いますが,やっぱりワールドが土地の共有者だけに,野村とのコラボと同じように,住友の”シティタワー”とワールドの”レジデンシャル”のコラボで名称も決定してきました。しかし,”あすと長町”でなく,”あすと”だけを抜き出して使うとなんか違和感を感じます。通称ではよく使うけど,正式名称では略さない方が。当該マンションは,タワークレーン(上の写真の右側,下の写真の)も2本建っています。

Img_5106

Img_5105

 建物自体は,駅前三井と同時期の完成ですが,住友1期の「シティタワー長町新都心」も野村とのコラボの「ワンパークレジデンシャル」ともに完売していない中,日当たりも良くない第2期に突き進むというのはある意味凄い。まぁ自業自得ですが。

 なお,このマンションが集中する街区を見ていて思い出したのが,卸町駅とパイパスとの間のエリアのこと。地下鉄なんて計画にもない時期に林立したこのマンション群。子供のころの記憶では80年代半ばには既にあったような。一気に同じエリアに集中して林立すると,30年後にはこんな感じになるということ。ここは,幸いにも地下鉄駅が近隣に設置され,入ってくるチラシを見る限りでは賃貸やリノベーションも活況のようですが,都市としてストックとなるか負の遺産になるかはわからない。

Img_5221

Img_5223

三井の「パークタワーあすと長町」

 写真は1月末のもので,現在はもう少し工事が進んでいます。長町駅前という交通至便な場所ながらも,狭めの部屋は3千万円前半からと意外に安い部屋もあり,また西側のJR駐車場のテクテを補完する商業開発の情報もあり,ここは販売には苦労しないだろうなと思います。南側を別のマンションに抑えられることもなく,日当たりの心配もないし。

Img_5050

トーキン工場跡地にアマゾン流通センター

これは正式発表ではないですが,各方面から情報は入っており,建物の建築も進んでいます。結構大きいですね。最近は買い物に行く暇がなく,Amazonプライム会員になりついつい癖になってしまっています。正直ヤバいっす。リアル店舗にあるものはなるべくAmazonを使わないようにはしていますが,流通センターが太子堂に出来たら,数時間で配達?リアル店舗に結構大きな影響があるように思えます。
Img_5150

サカナの家に

ずっと気になっていながらも,入りづらく,昼のランチで行ってみました。

JR長町駅の高架下の店舗(テクテではない方)。

Img_5039

980円のノーマル海鮮丼を頼みましたが,盛り付けも含め,結構豪華に見えます。ごはんの量を含め十分です。海鮮丼はご飯の量が少ない場合があるけど,ここは大丈夫でした。

Img_5034

メニューは豊富です。

休日の昼でしたが,他にはお客さんは1組のみ。夜はにぎわっている印象ですが。

Img_5037

なお,飲食店としては,ぐりりスポーツパークのCafe Astyが2月4日を以って閉店していました。ケーキの販売がメインながらも,カフェ併設で,パンケーキのランチパスポートで知名度が上がり,最近は結構にぎわっている印象でしたので,突然の閉店に驚きました。

 あすと長町は,まだまだ飲食店が少ないながら,マンションへの入居が進み人口も増えるので,前途は明るいとは思うのですが,いかんせん家賃等が高いというのが理由としてあるのかな。なかなか出店が進まないところも。

2017年10月14日 (土)

あすと長町の近況(H29.10)

秋の気持ち良い季節で、いろんなところでイベントが行われているこの頃。あっという間に寒々しい季節になってしまうので、この季節を楽しまなくちゃ。


仙台ラーメンフェスタ


 毎年恒例、3回目の開催です。昨年度と同じ規模。昨年は11月の中下旬に開催でしたが、気候の良い時期に移してきました。

 今回はどうしようかなと迷いながらも、結局会場を通っただけで食べずでしたが、その日は午前中の雨も上がり、臨時駐車場を含め、それなりに賑わっていました。ただし、3回連続出店の某店は閑古鳥。目新しさが薄れたのか。







前回も思ったけど、遠征・宿泊費用などのコストがかかるのは分かるけど、1杯800円(前回750円)は高いなーとの感想。それにあの芋煮のような容器だし、あっという間に平らげてしまう。なので、ハシゴ前提の量だったら、5~600円/杯にして、複数店舗を回るようにとのしかけがあるといいなぁと。

今週末、国際センター駅北側広場で開催していた、仙台マーボー焼きそばサミットでは、ハーフ300円という設定もあったとのことで、同じようなイメージ。マーボー焼きそば自体は嫌いではなくアリだとは思うけど、あまり店ごとの工夫って出しづらいイメージなので、「フェア形式」で食べ比べる気にはならないけど。


なお、みちのくよさこいも長町駅西口広場でやってましたね。今さら感ありありで近年は全くスル―ですが。


KHBぐりりスポーツパークのところの中古車店(ストリートライフ)が閉店し、なんやらエステ系のお店に。歩行者専用通路沿いにクルマ店は厳しいのは、向かい側のレンタカー・リース車のコアラクラブ→整骨院 も同様か。

洋服の青山出店&仮設住宅跡地の保留地最終分譲

 ヨークタウンあすと長町とコーナンとの間にオープンで、工事は終了です。

地区内ではアオキに続いて紳士服店は2店目だけど、貴重な手頃サイズの空き区画が日常使いではない店舗で埋められてしまうのは、残念ではあります。


 なお、仮設住宅跡地のUR保留地の分譲は今月27日が入札で、既に決まっている旧清算事業団部分は積水ハウスが落札済ですが、UR保留地は線路側の0.7ha強の土地。積水は一体開発をもくろみ間違いなく狙ってくるでしょう。

ただし、0.7ha単独だと、南北に長い線路沿いの土地になるので、地区計画最低敷地面積の緩和で、あすと長町環状線(パチンコ側)以外は165平米まで細分化できるとはいえ、戸建てとしては高額すぎるし、区画道路を新設する場合はその分ロスになるので、この地区計画変更で何を意図しているのかが分かりません。


既分譲分1.6haを積水ハウスが落札した時点で、戸建てだけでなく、賃貸住宅、クリニックなども含めた開発が想定されます。一応土地の用途は近隣商業区域で容積率は300%なので、17&26街区の住友、ワールドアイシティ、野村、ナイス、一建設などによる【結果的に分譲マンションが過度に集まった区画】のようなことにはならないでしょう。


ワンパークレジデンシャルタワー 入居間近
ちょっと前の写真ですが、住友のシティタワーに続いて竣工したようで、まもなく入居開始のようです。まだ完売はしていないようですが、300世帯が売れているとして7~800人の住人が増加することに。地下鉄やJRの混み具合にも多少は影響するレベルかな。


 大通りや公園側からの外観はL字団地型の住友のシティタワーよりは高級感や重厚感はありますが、裏からみるとある意味メリハリをつけているなーと。しかし、T型の配置は、外廊下から西側のバルコニーに面した部屋が丸見えなど、この敷地条件で無理やり戸数を積み上げたような、設計に疑問を感じざるを得ない部分も。それで安めの部屋もあるのか。北側の復興公営住宅への影響も気にしないような設計でしょうから、せっかくの公園に面した良好な敷地条件なのに、住宅のストックとしては残念。

なお、東側の住友シティタワー2期も工事が始まっていますね。これが完成したらどうなるんだろうな―。


 一建設のプレシスあすと長町の工事も進んでいます。ここは南側の災害公営住宅までガソリンスタンドやツルハを挟んでいるので、意外に圧迫感が少ないし、駅への近さは人気を集めるかな。大規模なタワーを避ける選択肢としては。大手ではないこと、駐車場がタワー型というデメリットはあれど。


イオンタウンの看板設置(追記)


 前回記事でも取り上げていますが、12街区のリパーク付近と、17街区の月ぎめ駐車場付近を合わせ4か所にアピール看板を設置していました。

 「商業施設建設予定地」 管理:イオンタウン株式会社
とのことで、そっけない内容。この内容では判断し辛いですが、なぜこの時期にという疑問も。土地落札からこの12月でまもなく5年が経過しますが、コラボを組んで落札した住友不動産のシティタワーも入居済だし、ワンパークも竣工、商業施設の計画を先延ばしするような環境でもないような。まぁさすがに丸5年を迎える年内には方向性が出てくるでしょう。


2017年9月30日 (土)

THE MALL仙台長町 20年目のリニューアル 

仙台を代表する大型SCのTHE MALL仙台長町がオープン20周年を迎え、この度大規模リニューアルを図っています。すべてのリニューアルが終了するのが10月19日で、7月位から徐々に(さくらのから移転した)H&Mなどのオープンが行われているものの、リニューアル中の白いパネルに覆われている割合も高く、ガチャガチャしていますが、あと20日間の辛抱です。

Img_4508

Img_4512_2

 
 
本館3階が大変身
何といっても、変わるのは本館3階の西友直営売り場→目玉テナント導入!

1)おもちゃ売り場は、テナントで入る、ミニサイズのトイザらスに変更です。
これまで名取にはあるものの、仙台市内では泉大沢にあるのみで、市内有数のSCに出店です。アメリカの本体は経営不振で破たんしたところですが、日本の現地法人はまだ大丈夫そう。

Img_4504

2)フランフランがパート2の2階から移動
 雑貨系をonesと無印良品とともに集積させていましたが、そのうちフランフランのみが本館に移動です。雑貨を見比べてという買い方にとっては効率は悪くなるけど、行きやすくはなります。
3)ひつじのショーン テーマパーク
 これについては、単に勉強不足で知らないので何ともイメージがつきませんが、国内2か所目の導入とか。長続きすればいいですね。

Img_4503

あと、気づいたのは、床が以前は殺風景なタイルだったのが、泉PTのタピオのような、じゅうたん風タイルに模様替えされています。ポップな柄で良いのでは。

 
欠点の解消
そもそもTHE MALL仙台長町は、本館(&アウトドア館含)に続いて北側に別棟のパート2を増床し、競争力のあるテナントを集めた時点では、順風満帆でしたが、パート2とを結ぶ通路が3階のみというのは、かなり回遊性の観点からはネックになっている気がします。
さらに北側の宮交自動車学校跡地(現在の住宅展示場、三井のマンション)にパート3との構想がかつてありました。サンシティが跡地を購入し、ヨークベニマルの導入と言われていたのが、経営破たんし、この土地は現在の状態に。
 逆に、音楽堂構想が撤回された南西側の市有地は、平成18年頃に20年定借前提のコンペにて三井不動産と東特エステート(THE MALL仙台長町の地権者)他、89ersの本拠地アリーナ計画などと争い、三井不動産が選定され、THE MALLと連携した「ララガーデン長町」となり、モール本館との連絡通路が2・3階に設置された点、THE MALLに弱かったファッション機能や飲食機能を補完し、トータルとしてより魅力的な商業施設になった反面、
ララガーデン~モール本館~パート2
という、回遊のし辛い動線の冗長さ、モール本館3階の直営部分の殺風景さで完全に分断されているところが、(立地条件の良さ、規模の大きさに隠されているところですが、THE MALLの最大の欠点と思っていました。
 ララガーデンがバランスのとれた商業施設(三井不動産運営だし、当然なのですが)であるのに対し、THE MALL(西友)運営部分の相対的な見劣りが顕著であること。
本館&ララ もしくは 本館&パート2 という使い方になってしまう。
それを、本館の3階の分断を解消する方向での競争力のあるテナント誘致を図っていることは良い方向性だと思います。

Img_4515

あとは、パート2との連絡通路の拡幅や2階部分の連絡があれば申し分ないけど、抜本的な改修となるので、難しいだろうな。

1階の改装は
 フードコートの改装で、幸楽苑の新業態や、どん辰、ビーフポートなどが入るようで、後者の2者については、三井アウトレット仙台港のフードコートでおなじみで、三井との協力でリーシングしたのかなと。
 あと、(生鮮を中心に)安いけれどイマイチ魅力がない食料品売り場周辺にもメスを入れてくるようで、サンクゼールやチーズタルト店など、高感度な主婦層にアピールするような(そもそもララガーデン1階のセゾンファクトリーやスイーツ店と競合するような)テナント構成です。
改装の理由
 もちろん20年を経過したことでの陳腐さの解消もあり、外観も落ち着いた茶色系に改装し、ララガーデンやパート2で行っているような、テナント紹介看板の壁面掲示を行うなど、最近の商業施設風にリニューアルを行う他、屋内・屋外双方の広場などの設置にも力を入れています。

20170905_seiyu_01

 それに、仙台駅周辺の商業施設の集積、およびイオンモール名取の2万平米規模の大規模増床(杜せきのした駅とモールをつなぐデッキ部分を店舗に改装)への対抗ということがあります。
 利府の巨大イオンは商圏が異なるけど、巨大イオンに南北から挟まれる状況になると、仙台市東部(若林区・宮城野区)からの集客が落ちてしまう。立地にあぐらをかかずに魅力を高めていかなければ生き残れないという厳しい状況もありますね。
 
(おまけ)あすと長町のイオンタウンに動き?
 今日10時頃に近くを通ったら、「商業施設予定地 イオンタウン」というような看板が、リパーク側の12街区3か所と、マックや住友シティタワー側の17街区に1か所設置されていました。

 土地の取得(決定時期)が平成24年12月であり、まもなく5年を経過します。入札にあたり都市計画以上の制限のない清算事業団の土地とは異なり、URの区画整理事業保留地の購入で事業計画を踏まえての選定であるので、単なる転売は制限されていたような記憶もあり、簡単にはヤマザワみたいにはできないかと。土地の購入価格も最低価格ではなく、それなりの価格で入札しています。
個人的には、イオンの商業施設に魅力は感じないので、どっちでもいいですが、進むにせよ退くにせよ、あすと長町のためには方向性を早めに決定して欲しいところ。
一応、あすと長町の顔となる街区ですので、作るんだったら卸町クラスの規模にはしてくれよ。
 
募集要項 (12街区、17街区募集当時)

2017年9月11日 (月)

仙台国際空港の今

先日、久々に仙台空港を利用して、西の方に飛びました。
仙台空港が民営化してから早1年になるけど、それから初めての利用。

P9020022

P9050716

就航路線については、国内線はスカイマーク神戸便と、今月下旬のピーチ札幌便各2往復/日 の増、国際線は台湾系の就航が相次ぎ、ピーチも参入することが挙げられますが、東北地方の利用者の行動を変えるような、大きな目玉的な増便や参入は見当たらず。

国際線の出発案内を見ると、国際空港という名前負けしているよなぁと。

P9020035

ピーチも、親会社ANAの路線に大きな影響を与える沖縄や福岡便には現時点で参入せず、空港滑走路利用時間延長を模索中の現在、夜間駐機にもメリットがなく、LCC向けエプロンが整備される時期に動きがあるでしょうか。

目立った変化といえば、1階部分の改装。観光案内も含め、動きがあります。かなり良くなったとは思います。

P9050706

P9020043

時刻表案内電光掲示板の設置

到着時の鉄道・バスなどの公共交通機関を案内する電光掲示板が設置されました。アクセス鉄道開業当時は、分かりやすい表示がなく、小さく鉄道の時刻表が記載されたボードが設置されていたのみ。当時2社が参入したリムジンバスは、しょっちゅう時刻が変わり、その変更が追い付いていない案内版しかなかったことを考えると、1つの電光掲示板で飛行機の離発着を含めすべての時刻がリアルタイムに分かるようになったのは、改善とみて良いかと。

蚊帳の外だった岩沼駅行市民バスも掲載されてますが、館腰駅(および岩沼駅)、工業団地を経由する臨空循環バス(仙台バス)は掲載されていないのはなぜか?

なお、8月1日より、正式運行になるに伴い、運賃が200円→300円/回に変更になっています。確かに、200円は破格すぎるので、適正な運賃になるのかな。実質工業団地勤務者向けのバスだし、2枚回数券利用で500円なので、良心的な運賃ではあります。

P9050704

アクセス鉄道の利用雑感

 行きは20分間隔の時間帯、帰りは30分間隔の時間帯に乗車。両方とも幸いに4両編成だったので、おおむね座れましたが、帰りの17時23分発は、杜せきのしたから立ち客がでる程度の混み具合。ほとんど待ち時間がなく乗車できたので良かったけど、これを逃すと35分待ちという若干のプレッシャーはありました。

P9050720

行きの9~10時台のように、20分間隔だと安心できる反面、2両編成にあたる可能性が高く、途中駅からの利用だとなおさら座れず、子ども連れだときついなぁという感じ。

また、往復で家族で3千円というのは(長町から)、駐車場と比較するとトントンながらも、安くはないなぁ。さらに、地下鉄に乗り継ぐとか、バス乗り継ぎの方にとっては、直接空港に乗り付けたくなる価格ではあります。

食事事情

 昼時だったので、空弁を購入してと思ったけど、手荷物検査前に購入できる売場の選択肢があまりにも少なく、また冷めてしまうので、中で購入と思ったら、中で売っているのは稲荷弁当と牛タン弁当程度。本当に選択肢が少なく、しょうがなく購入したけど、値段も当然高めで、ガックリ感があり。

民営化により、制限エリア内での店舗の充実をうたっていましたが、前と比べての進化は?これからなんでしょうが、手荷物検査も相変わらずの混雑で安心して過ごすことができず。制限エリア内の買い物エリアの貧弱さの改善を含め、今後に期待したいところ。

時間があれば、1階のプロントで食べれば良かったとも。

ここは雰囲気良く改装され、価格帯もほどほどでした。

P9020041

P9020042

まぁ、何事もスタートが肝心なわけで、スロースターターぶりは否めないものの、方向性は間違っていないわけで、滑走路運用時間延長による夜間駐機、路線拡充、商業機能の充実など、期待したいところです。

同じ方面に以前行ったときには、ツアー価格の安さに負けて羽田から飛びましたが、やっぱり仙台空港から出かけられるメリットは精神的にも大きいです。今後はなるべく仙台空港を使うように心がけて。使って育てていかないとね。

 

2017年7月31日 (月)

S-PAL東館増床から2か月

仙台駅周辺の人の流れを変えた、仙台駅東口再開発。その中心のエスパル仙台東館が増床され、早2か月。東口のメトロポリタンイーストの低層階に17店舗が入居しました。

メトロポリタンイーストはやや遅く6月中旬のオープンに。
遅ればせながら、記録もかねて記事にしておきます。

Img_3656_2

Img_3657

何よりも、駅裏と呼ばれたこの東口がこんなに綺麗に生まれ変わり、シンボル的な駅ビルが完成したことは喜ばしいこと。

VIBI方面へのエスカレータも設置されました。

Img_3653_2

一階には、岩切に本店があるラーメン有名店本竃。本店は行こうとしたときに行列で断念したことがあるので、ぜひ行ってみたいと思っているところ。

Img_3654_2

楽天イーグルスのショップの横には、スポーツバーを兼ねたアメリカンなピザ&ビールのレストラン。ここに行くにはカロリーは気にしない♪行ったときには、頼みすぎて食べきれず、飲み切れずで、結構なお値段に。。。

Img_3652

Img_3778_2

エスカレータを上がった2階には、噂の成城石井が。お値段もそれなりだけど、売っている調味料系は、Jupiterやカルディでも買えそうなものも多い。でも話題性でにぎわっていました。

Img_3907

東西自由通路に面した一角には、「青葉の風デイリーマーケット」という名称で、総菜系のお店が並んでいました。

Img_3909

東口の駅ビルの核店舗としては、メトロポリタンイースト。

Img_3896

高級感抜群です。

Img_3897

Img_3899

Img_3900

最近、街中に買い物に来るときには、仙台駅前だけで用が足り、一番町方面には足を延ばさなくなってしまいました。

他都市だと、名古屋で最近百貨店の売上高が名駅>栄 になったのがニュースになっていました。長年一番を誇ってきた栄の松坂屋を名駅の高島屋が上回り、エリアとしても逆転してしまったと。 仙台の場合、駅前に百貨店こそありませんが、傾向としては、JRが商業開発した駅ビルがけん引役になり、中心駅前に商業機能が集中する傾向にあります(札幌、名古屋、京都、福岡等)。

Img_3895

Img_3894

自分のように、行く店が家電、雑貨、本(+多少のファッション)となると、ヨドバシ&LABI、ハンズ&ロフト、くまざわ書店&ジュンク堂&丸善で、アーケード方面に足を延ばすのもめんどくさくなってしまう。

雑貨だとおおまちのSALUTあたりも以前は良く行ってたけど、最近はご無沙汰。

所謂藤崎&三越のデパートには用はないし、年齢層によって普段使いのエリアが分かれてしまう傾向にあるかもしれません。仙台駅前をうろうろするだけで疲れ果ててしまい、体力不足を感じるところです。週末には、上記の店をうろうろした結果、パルコ(1&2)にもたどり着かなかったし。

地下鉄沿線の方であれば、一応一番町の両端と中間(勾当台公園駅&広瀬通駅&青葉通一番町駅)のどちらかには乗り換えなしで行けるので、行きやすさは仙台駅前とは変わらないけれど、仙台駅前は、エリアとして集積し効率的に用が足せるのは大きいなぁと思った次第。

2017年1月 8日 (日)

今年も始まりました

今年も慌ただしく始まりました。



初売りで掘り出し物の電化製品を見つけ衝動買いしてしまい、配達されるのが楽しみな今日この頃。ストレスを物欲で晴らしているような。。。


とりあえず、短かった正月休み明けの仕事をクールダウンするこの3連休は有り難い。


あすと長町の近況


 あすと長町では、三井のパークタワーに隣接する平屋の商業棟の外観が現れてきました。






ガラス張りの外観で、スタイリッシュ。5つの入り口のドアが設けられているので、店舗5区画分でしょうね。

この立地で考えられるのは、マンション住民向けのコンビニ、カフェとかベーカリーとかが王道でしょうが、tekuteの中にすでに入っているから、競合してしまう。でも、昼はカフェで夜はバルのような、VISCHIOREのような業態は多少差別化できるかな。コンビニも東口に欲しい。




マンションの完成まではあと2年半あるので、早期に商業棟に着手するとは思っておらず、とりあえずはマンションのモデルルームとして使うのかなと思っていました。だけど最初からガラス張りですぐに店舗として使えるようなつくりなので、この建物をモデルルームとして使うことは想定されていないかも。





 また、杜の広場に隣接する東日本放送予定地に、看板が設置されていました。




こちらは、今年の4月6日から、シルク・ドゥ・ソレイユのトーテムの公演があります。仙台放送55周年記念イベントとの冠もついているこの催事を、ライバルのKHBが協力するというのはほほえましいというか。せっかく定着したあすと長町でのシルク・ドゥ・ソレイユ公演が続いてよかった。




温泉でリフレッシュ


 さて、昨日は泉の竜泉寺の湯まで、体をオーバーホールに行ってきました。

夜なので長町から車で30分ほど。以前は西多賀のベガロポリスの極楽湯を愛用していたのが、11月末に閉店。都市計画道路の建設の関係で露天風呂部分がかかってしまうためと言われていますが、近い温泉つきスーパー銭湯が、仙台港手前のコロナの大江戸温泉物語か、泉方面(竜泉寺、とみや湯ったり苑)になってしまったので、ちょっと残念。名取の極楽湯は沸かし湯だし、秋保などの本格温泉は昼しかやっていないし、マッサージ機のアメニティが弱いので、消去法でそのような選択肢に。仙南は昼であれば鳥の海か大河原のいい湯まで行くこともあるけど、夜遅くなので。

先月行ったコロナは、マンガ本が読めること、休憩スペースが充実しているのはプラスポイントだったけど、マッサージ機が15分300円の高級の割にはソフト系で、ゴリゴリ系じゃないと効かない自分には不満だったので、今回は1年ぶりの竜泉寺の湯に。

しかし、21時過ぎに着いたのに、駐車場がほぼ立駐の途中まで満車の混み具合。ここが混んでることは織り込み済とはいえ、道路条件がいい場所なので、東西南北から集まってくるというのもあるのかな。また、蔦屋書店もすぐ近くだし、イオンなどのSCもあるから、クルマ派が多いこのエリアには使いやすいんだろうな。

内湯は基本沸かし湯と思われながらも、炭酸泉を売りにしていて、結構温まる。しかし、浴槽の淵も人がぐるっといっぱいで、その中の方にもうじゃうじゃ。本当に芋洗い状態で、覚悟していったけれど、この大繁盛ぶりはすごいなーと。そのほか大好きなジェットバスが大混雑でなかなか空かないし、さっさと温泉の露天の方に。露天風呂にはテレビも設置されているし、内湯ほどは混んでいなかったので、壺風呂とあわせてゆっくりできました。

あとはマッサージ機をハシゴして自分に合うタイプを探す。10台以上あるのに、ほとんど埋まっているというのはすごいなぁと思いましたが、いつも使っているタイプが、酷使されているのかタタキがグラグラしていていた外れがあったり、3つ試した割りにはちょっと不満。


繁盛しすぎるのも、利用者にとっては微妙。


でも、朝6時から夜中の3時までやっているので(そんな時間に行くことはないけど)、そんな施設が太白区にも復活して欲しいなと思いました。




帰りには、小腹がすいたので、バイパスで24時間営業の家系ラーメン「山岡家」に。通るたびに寄らずにいられない太麺味噌トンコツこってりの不健康ソウルフードを堪能。






より以前の記事一覧