« イオンモール仙台雨宮 ようやく始動 | トップページ | 続々と再開発のニュースが(その2)仙台第一生命ビル建て替え決定 »

2023年12月12日 (火)

続々と再開発のニュースが(その1)オリックス再開発始動か?

最近、続々と再開発絡みを含めて、良いニュースが続いています。

まずは、仙台駅前の仙台ホテル跡暫定利用商業施設のEDENが来年1月末に閉鎖されるというニュース。発表から半月以上経ちましたが、記録として整理します。

EDEN2024年1月にも閉店へ 

 JR仙台駅西口の商業施設EDENについて、運営会社が2024年1月にもテナント契約を終える方向で店側と交渉していることが分かりました。テナント契約終了後は閉店するとみられ、仙台駅西口の再開発が進んでいく可能性があります。

 21日、仙台市の郡市長が定例会見で明らかにしました。郡市長は、閉店後の計画については「決まっていない」と聞いたとし、次のように述べました。
スポンサーリンク

|

« イオンモール仙台雨宮 ようやく始動 | トップページ | 続々と再開発のニュースが(その2)仙台第一生命ビル建て替え決定 »

市政」カテゴリの記事

交通」カテゴリの記事

まちづくり」カテゴリの記事

商業」カテゴリの記事

震災」カテゴリの記事

コメント

さくら野は隣接する1階スーツセレクトのビルにカラオケまねき猫が最近オープンしたこともあって、まだまだ解体されないんだろうなとがっかりしています。
今新規店がオープンするということは1~2年以上は続かないわけがないですもんね、したがってさくら野も再開発は大幅に遅れそうだと予想できます。残念でなりません。

投稿: | 2023年12月13日 (水) 21時15分

駅の真正面・ド真ん中に鎮座するこの区画の一体再開発が成功すれば西口は今より相当垢抜けた印象になるでしょうし、都市の玄関口である仙台駅西口の洗練化はそのまま仙台自体のイメージアップにも繋がると思います
ヒューモスの耐震補強やロフトの外壁修繕のタイミングを考えると地権者交渉に不安は残りますが、EDENとGSビル跡地の所有者は梅田で大規模再開発を手掛けているオリックス不動産なので期待値は大きいです
今のところ再開発の噂を聞かないイービーンズやTRビルの区画でも水面下で何かしらの動きが進行中なら嬉しいですがどうなんでしょうね

投稿: | 2023年12月13日 (水) 22時46分

>さくら野再開発の件
 コメントありがとうございます。
角の新東北ビルの件ですよね。あそこは再開発には参加しない方向と聞いていましたので、空きスペースにテナントを入れないと死活問題なのでしょうね。立地は仙台駅側の角地で最高ですから。逆にPPIHの再開発としては、この角を押さえておきたかったところ。これもヒューモス5と同様ですが、大どんでん返しを期待します。

投稿: SENDAI Watcher! | 2023年12月13日 (水) 23時19分

>オリックス不動産側の件
 コメントありがとうございます。
こちらも、本当に今後これ以上の立地条件は出てこない、是非一体開発を成功させたい街区なのですが、本当にせめて駅側角のヒューモス5だけは取り込みたいところですね。オリックスが手がける開発案件のうち、うめきたはスケールが違いすぎるので、参考になるのは金沢の高級ホテルを入れた開発かなぁと思ってました。イービーンズやTRビルは検討中の域を出ない印象です。特にイービーンズはテナントもほぼ埋まっており、独自路線で集客も好調なので、積極的に動く理由がないのでは。とはいえ、もう築60年になり、仙台経済界特集号によると一応検討は行なっているようです。TRビルはすでにマツキヨなど角地のビルがめいめいに建て替えが進んでいるので、単独開発にならざるをえず、却ってそれほど障害はないですが、建て替え後の用途が悩ましく(商業ビルでは厳しい?)、なかなか決められないのではと。ここもB1と1階がほぼ空きフロアと末期症状で、このままではジリ貧ですね。

投稿: SENDAI Watcher! | 2023年12月13日 (水) 23時31分

>新東北ビルの件

仙台の旧さくら野百貨店、パンパシHDが再開発へ
2020年3月20日 2:00 日本経済新聞
ttps://www.nikkei.com/article/DGXMZO57027620Z10C20A3L01000/

開発計画公表当初にリリースされたこちらの日経記事では“ PPIHの計画では、旧さくら野百貨店に隣接した「新東北ビル」も再開発の対象に含まれている。PPIHの担当者らは同ビルの担当者へも再開発計画を説明し、理解を求めたもようだ。”との記載がありましたがその後結局理解は得られなかったということですか?だとしたら残念でなりません。
24年度の着工開始後もさくら野跡地の廃ビル解体には一定の期間を要するかと思いますので、その期間だけ営業を続けるため現在テナント募集しているという状況ならいいのですが…

投稿: | 2023年12月14日 (木) 01時35分

新東北ビルの件、そうだったんですか?
何かの記事で新東北ビルも再開発計画に含まれていると読んだ覚えがあったのですが、
もしそうならあそこだけ残されると本当に迷惑なことになりますね・・・
あそこを含めずにツインタワーとなるとかなり無理があるように思えます。

投稿: | 2023年12月14日 (木) 21時19分

現時点で、新東北ビルの再開発への参加は厳しいと聞いています。可能性はゼロではないとは思いたいですが。
------------------------------------
>さん
>
>>新東北ビルの件
>
>仙台の旧さくら野百貨店、パンパシHDが再開発へ
>2020年3月20日 2:00 日本経済新聞
>ttps://www.nikkei.com/article/DGXMZO57027620Z10C20A3L01000/
>
>開発計画公表当初にリリースされたこちらの日経記事では“ PPIHの計画では、旧さくら野百貨店に隣接した「新東北ビル」も再開発の対象に含まれている。PPIHの担当者らは同ビルの担当者へも再開発計画を説明し、理解を求めたもようだ。”との記載がありましたがその後結局理解は得られなかったということですか?だとしたら残念でなりません。
>24年度の着工開始後もさくら野跡地の廃ビル解体には一定の期間を要するかと思いますので、その期間だけ営業を続けるため現在テナント募集しているという状況ならいいのですが…

投稿: SENDAI Watcher! | 2023年12月20日 (水) 23時15分

あの角地を含めなければ、かなりの計画変更を強いられるでしょうね。再開発ではよくある話です。エンタツもですが、角地の所有者は強気です。
-----------------------------------------------
>さん
>
>新東北ビルの件、そうだったんですか?
>何かの記事で新東北ビルも再開発計画に含まれていると読んだ覚えがあったのですが、
>もしそうならあそこだけ残されると本当に迷惑なことになりますね・・・
>あそこを含めずにツインタワーとなるとかなり無理があるように思えます。

投稿: SENDAI Watcher! | 2023年12月20日 (水) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イオンモール仙台雨宮 ようやく始動 | トップページ | 続々と再開発のニュースが(その2)仙台第一生命ビル建て替え決定 »