« ミヤテレ 泉中央へ移転か? | トップページ | ヤマダ電機あすと長町店建設中! »

2021年11月14日 (日)

仙台工業団地跡地再開発 大規模SC進出か

 地下鉄東西線の卸町駅から東側は,卸商団地,仙台工業団地,印刷団地などの中小企業の事務所や工場が集積した一帯を通るルートであり,地下鉄の建設中から,この一帯の再整備,再開発の計画が進んでいましたが,最も計画が具体的に進んでいた仙台工業団地の移転再開発記事が河北にありました。

仙台工業団地、仙台東IC付近に移転 23年秋まで 跡地に商業施設

 仙台工業団地(仙台市若林区)が2023年秋ごろまでに、仙台東部道路の仙台東インターチェンジ(IC)付近に移転することが決まり、移転先で造成工事が進んでいる。市地下鉄東西線六丁の目駅に近い跡地には、大型商業施設やマンションの建設が計画されており、再開発による市街地の活性化に期待がかかる。

 仙台工業団地協同組合によると、移転先は若林区六丁目南の農地。現在地から東に約2・5キロ先にある。敷地面積は9・7ヘクタール。昨年8月に始まった造成工事は7割ほどが終わり、来年3月までに完了するという。

 移転の総事業費は約118億円。協同組合に加盟する機械器具や金属製品などの製造業者19社のうち、16社が来年7月から順次移転する。新たな企業も複数進出する予定となっている。

 現在の工業団地は移転完了後に跡地の造成工事に着手する。六丁の目駅の南西に広がる6・9ヘクタールの敷地に、26年3月までに商業施設やマンションが相次ぎ完成する見通し。駅周辺の街並みは大きく姿を変える。

 仙台工業団地は1963年に造成された。市内に点在する中小企業が協同組合を設立し、64年に操業を開始した。半世紀が経過し、工場や設備が老朽化したほか、2015年の東西線開業で周辺開発が進むとみられたため、協同組合が02年に移転の検討を始めた。

 08年に移転準備委員会が発足。複数の移転先が挙がり、現在地に近く東部道路に隣接し、交通アクセスに優れた農地が有力候補になった。だが、リーマン・ショックや東日本大震災が発生し、一時中断となった。

 震災後、農地は国の大規模圃場整備の対象に含まれた。市は除外するよう国に働き掛け、18年5月に市街化区域に編入した。協同組合は18年6月に農地を買い取り、市は20年5月に移転計画を正式に認可した。

 協同組合の梶原功理事長(77)は「老朽化が課題だったため、移転先が決まってよかった。新工業団地では環境に配慮した取り組みを進めたい。跡地は地域に喜んでもらえるような場所になればいい」と話した。(11/14河北)

Map_20211114211901

 

移転先は,仙台東インターの東側

 だいぶ前から移転に向けた動きを知っていましたが,来年春にようやく造成が終わり,夏ころから移転が始まります。

震災でのスケジュールの遅れも大きく,農地エリアを苦労して市街化区域に変更したとのことで,これで六丁の目駅付近の再整備が進行します。

六丁の目駅近くの好立地

 跡地は6.9ha。近隣だと,南側のなないろの里のクロスモール仙台荒井の合計敷地面積(3区画で約5ha)よりは広く,仙台港のカインズやケーズデンキが出店している区画より多少狭い位ですが,既存市街地での再開発地としては貴重。

クロスモール仙台荒井と周辺の商業開発(2016/1/12)

 郊外型の低層商業施設であれば,それだけで終わってしまいますが,地下鉄六丁の目駅近くで比較的高度利用が見込まれる土地なので,期待できます。

 ちなみに,4号バイパスを挟み東側にほど近い卸町イオンの敷地面積(約1.9ha)と比較すると,約3.5倍の面積で,2026年3月までに商業施設とマンションが完成するとのこと。

 地図上では,六丁の目駅至近に見えますが,歩いて5~10分圏で,卸町イオンのように駅前という感じではありません。

 現在は工業専用地域で容積率200%ですが,六丁の目駅周辺と同じく近隣商業地域(容積率300%)に都市計画変更されることが想定されます。

商業施設のイメージ

 商業施設について,進出する具体のデベロッパー名は聞こえてきています。イオンの寡占化が進むこの仙台エリアに風穴を開けることができるデべが進出するようで,ホッとしています。イオンモール富谷ーイオンタウン南大沢のように1kmの距離で同一グループが出店するようなことがあるとがっかりなので。

 敷地面積は商業施設で約4~5ha,マンション約1~1.5ha,他区画道路や広場というところか。

 商業施設部分は,長町モール(ララガーデン除く)より一回り小さい敷地面積なので,店舗面積で4万平米程度が想定されます。

 仙台市内の郊外型商業施設としては大きい方で,近隣の卸町イオンの2倍程度の規模にはなりますが,イオンモール新利府や名取と比較すると,やはりこじんまりという印象に。

 南北を既存大規模SCで抑えられているので遠くからの集客は見込みづらく,商圏は若林区と宮城野区南部で,せいぜい15万人程度かと。

 近隣の卸町イオンは飲食店や専門店の厳しい状況が聞こえてきますが,この小さな商圏を西の卸町イオン,そして南のクロスモール荒井と奪い合うことになりそうで,東西線沿線を中心とする周辺の人口増に期待することに。

 交通アクセスは,メインの入り口は産業道路側の現「白山工業団地交差点」から。4号バイパス上り線からも入れるようにする場合は,現在ある側道を活用して,バイパスの流れに影響しないようにするはず。地下鉄を使って来る割合は低いにせよ,地下鉄沿線の大規模SCは,人口増を誘発するので大歓迎。

マンションのイメージ

 マンションも商業施設と同じデべが手掛けるかどうかは決まっていないにせよ,そのノウハウを持っているところなので,その可能性が高いと読んでいます。

 上杉や長町のようにイオンのSCが計画を遅らせたために,住友等のマンションが先行して建設・分譲されたという風にはならず,うまく調整してくるでしょう。

 敷地の北西側に商業施設,南側にマンションとなると,駅から徒歩10分近くになるので,タワー型ではなく,15階程度のL字型2~3棟で,多くとも5~600戸程度と読んでいます。杜せきのした駅や長町モール近隣のように,駅と大規模SCに近いマンションは人気が出るに違いない。

 現敷地の立地企業の移転後の建物撤去・敷地再整備もあるので,順調に行っても5年後でスケジュールは遅れるかもしれず,気長に待つことになりそうですが,コロナで乗客数が激減した東西線沿線の魅力アップのためには必要なプロジェクトなので,期待しています。

スポンサーリンク

|

« ミヤテレ 泉中央へ移転か? | トップページ | ヤマダ電機あすと長町店建設中! »

市政」カテゴリの記事

交通」カテゴリの記事

まちづくり」カテゴリの記事

商業」カテゴリの記事

コメント

初めまして、いつもブログ楽しみにしています。

実は昨年、建設系の新聞で「三井不動産が仙台市東部に大型商業施設を計画」という情報がありました。

三井不動産というと「三井アウトレットパーク」と「ららぽーと」を運営していますが、アウトレットは既に仙台港がありますので「ららぽーと」になる可能性が高いのではないかと個人的に予想しています。
三井不動産は卸町に高層マンションを建設予定ですし、今後東西線沿線の開発に積極的に関わってくるかもしれません。

それから、「ららぽーと」といえば豊洲と甲子園、今後開業する名古屋と福岡に「キッザニア」が併設されています。人口規模が違うので誘致出来るかは分かりませんが、もし出来れば仙台東ICにも近く、東北中からファミリー層を集客できると思いますし、「アンパンマンミュージアム」や八木山エリアなどの東西線沿線のレジャー施設との相乗効果で東西線利用者の増加や仙台の都市としての求心力アップに期待したいです。

敷地面積も福岡市の青果市場跡地と同じくらいあるので、福岡に開業する「ららぽーと」のように、屋外スポーツ施設や広大な広場などを設けて従来の郊外の大きな箱物に閉じ込めるのではなく、都心からは少し離れていますが、街に開かれた施設になって東西線沿線の開発を促進し、イオンの寡占化に対抗してほしいと思います。

投稿: ともとも | 2021年11月15日 (月) 02時59分

>ともともさん

コメントありがとうございます。
 進出するデべは,ご指摘のところと聞いていましたが,メディアで出ていないと思っていたので,
あえて,固有名詞はだしませんでした。仙台では商業施設もマンションも積極的に展開しているし,
まちづくり面でも安心できるデべと思っています。

 博多の青果市場跡地プロジェクトは知っていましたが,敷地面積はもっと大きいので,同等の機能は厳しいと思っていました。
でも,仙台には比較的力を入れているこのデベロッパーの開発なので,ご指摘のキッザニアなどの機能も導入できれば良いなぁと思っています。

 やはり,特定のデべで寡占が進んでいる現状から,様々なデべが競争し消費者としても選択肢が広がるような展開が望ましいので,このデべには期待しています。
 

投稿: SENDAI Watcher! | 2021年11月15日 (月) 23時32分

お久しぶりです。
東口開発もヨドバシを残すのみとなり、西口開発の新情報もないところで、久々に面白い情報だと思います。
他の方のコメントでキッザニアの可能性も言及されており、実現すればかなり面白いですね。六丁の目駅周辺は元々民家が少ないので、地下鉄利用の起爆剤になることを期待しております。
別件ですが、卸町駅向かいの元ゲーセンビルに囲いが出来て、足場も組まれています。車で通るので詳細は不明ですが、ご存知でしたらお教えください。
向かいがイオン系ホームセンターとスポーツクラブで、個人的に消化不良なので、こちらに期待しております。

投稿: ボンジ | 2021年12月 3日 (金) 23時53分

>ボンジさん

 コメントありがとうございます。
返信が遅くなりすみません。

 仙台工業団地跡地再開発については,東西線沿線での最大規模再開発なので,有力なSCを中心としたマンション開発は当然ながら,荒井地区の住民にとっては魅力がさらに高まるのではと思います。現時点でも産業道路沿いとクロスモールなど,郊外型店舗の充実度は段違いで,それに大規模SCが加わり,長町南に近い利便性になってきます。
 卸町駅向かいのゲーセン跡地は,マンションなど住居系ではとの話があります。
卸町駅の南北ではイオン系の現在進行形の商業開発,従来からのスーパーなどで既に飽和状態なので,駅真上の交差点角立地としてはもったいないですが,やむを得ないのかなとも。パークタワーが中々好調のようなので,続くマンション開発というのは自然なのかなと思います。

投稿: SENDAI Watcher! | 2021年12月13日 (月) 06時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミヤテレ 泉中央へ移転か? | トップページ | ヤマダ電機あすと長町店建設中! »