2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 仙台市地下鉄 コロナでの利用減大きく | トップページ | あすと長町の近況(R2.5) »

2020年4月28日 (火)

宮交バスもGW明け減便へ

 こちらもある程度予想は出来ていましたが,減便はGW明けからですか。

 GW中の平日からやっても良さそうですが,各バス停に張り紙するのが結構大変そう。年末年始やお盆,マラソン時のダイヤ変更の対応をみても。

宮城交通、路線バスを日祝ダイヤ運行 5月7日から

 宮城交通(仙台市)は27日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、平日・土曜の路線バスを大型連休明けの5月7日から当面の間、日祝ダイヤで運行すると発表した。1日当たりの便数は、平日ダイヤの約7割となる。
 新型コロナ拡大を受け、同社は高速バスの減便や運休を実施してきたが、路線バスでも事実上の減便に踏み切ることになる。
 対象は宮城交通全線とミヤコーバス吉岡線。「ながまちくん」「東北工大線」「郡山富田線」「秋保快速」は通常ダイヤで運行する。混雑が予測される一部路線、時間帯は臨時便などを運行する場合がある。
 同社によると、テレワークの拡大や小中高校の休校などの影響で利用者数が落ち込み、4月に入り平日は前年同期比で約6割減少、週末は7割以上減少した。
 同社は「利用者には不便をおかけするが、時差通勤・通学に協力をお願いする」と話す(4/28河北朝刊より引用)。

朝ラッシュ時は大変

 昼間は問題ないでしょうが,朝ラッシュ時の本数に影響が。特に比較的利用者が多い泉中央駅結節の富谷や泉PTなどの便に。あと,ながまちくんや富沢駅乗り入れの路線など一部平日のみ運行の路線は平日ダイヤのままですが,その他にも中央郵便局前など確か平日のみ運行のバス停もあり,細かいところをみるとそれなりに影響が。

 利用者減で3密状態が解消していたところで本数が日祝ダイヤになると。有効本数も激減するし,混雑状況から自家用車に逃げることも予想されます。ある程度は臨時便を出すとのことですが,市バスにもこの流れは続きそう。

終バスも早まることに

 また,夜の飲食需要がなくなり,市地下鉄では22時以降の利用者が激減しているとのことで,当然バスも同じでしょう。

 日祝ダイヤはほとんど22時以降の運行がないので,現在の状況に対応することになりますが,自動的に富谷方面の23時半発深夜バスも運休になるのをはじめ,終バスが1時間以上早まるところが続出で,こちらも通勤利用者には頭が痛いところか。

 全く新しいダイヤを組みなおすよりも,既存の日祝ダイヤを活用というのが運行パターンの新たな検討をする必要もなく,最も効率的なんでしょう。仙台市地下鉄のGWダイヤも,年末年始ダイヤの間引きダイヤを流用できたのは好都合だったのかと。

今後の展開は

 週末の利用客の落ち込みからすると,更なる間引きダイヤが存在しないバスは日祝ダイヤからさらに減便するパターンも検討しなければならない状況も考えられます。 地下鉄はGW減便ダイヤを通常の土日祝日にも適用とか。

 鉄道と異なり,バスは労働集約型産業なので,一時的な経費節減のためには減便は効果的ながらも,そのしわ寄せは運転手の給料(特に残業代)にも跳ね返ってきます。それ以前に,公営はともかく宮城交通のような民間会社はドル箱の高速バスも軒並み利用者減と減便に苦しみ日銭が入ってこない中で,企業としても耐久戦に入ってきている状況。

 路線バスを中心とする 公共交通が壊滅的な状態になり,コロナ後でも運行が元に戻らないことも十分に考えられるので,この部分にも国からの補助が求められますが,本当の予断を許さない状況です。

スポンサーリンク

« 仙台市地下鉄 コロナでの利用減大きく | トップページ | あすと長町の近況(R2.5) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 仙台市地下鉄 コロナでの利用減大きく | トップページ | あすと長町の近況(R2.5) »