2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 仙台駅前 地下街の可能性 | トップページ | 混雑激化 東北線の課題 (その2)利用者増なのに,進む短編成化 »

2019年7月 1日 (月)

混雑激化 東北線の課題 (その1)利便性向上と利用者増

 仙台駅から岩沼駅までは東北線と常磐線,名取駅まではアクセス線も合わせた3線が利用できる,東北本線仙台以南の区間。

下の写真は,夕方時間帯の仙台駅地下南口改札の時刻表示ですが,6系統のうち,上半分の3系統が利用できます。

Img_7791

 県内では,仙台市地下鉄には本数も利用客も及びませんが,JR区間では仙石線を超えて随一の本数と利用客を誇る区間です。

 この18時台は4~12分間隔とばらつきがありながらも8本で,仙石線・東北本線下りの各6本(ただし,本線下りは,うち利府行きが2本,仙石東北ラインの快速が1本で陸前山王以北は実質3本),仙山線の3本に比べ本数としての利便性は高い状況にあります。

 なお,市営地下鉄は,富沢行が11本,泉中央・荒井・動物公園行が10本で,この東北本線上り方面は地下鉄とそん色ない運行本数です。

スポンサーリンク

 

新型車両の導入と減車,震災後の利用者激増

 その東北本線,12年前のアクセス線開業前は利用客が横ばいまたは漸減しており,それと同時期にあった新型車両の導入で9両→6両,6両→4両,3両→2両 を原則とした減車置き換えがあり,またアクセス線の昼間は基本的に2両編成であることから,混雑に関する批判はあったにしても,国鉄時代からのボロ車両から快適な新型車両に置き換えてくれたし,将来的に利用客が減っているのだから経営的にしょうがないかなという見方もできました。

Img_4278

 しかし,アクセス線相互乗り入れによる本数増による利便性の高まりとアクセス線各駅との新規需要もあり,当然ながら請願駅として開業した太子堂を含む名取以北の各駅は利用者が微増に転じました。

 一方,岩沼駅と館腰駅は,微減傾向が続きます。岩沼はベッドタウンとしての需要の低下と少子高齢化による通勤・通学利用者の減少が一気にきて,館腰駅利用客はピークがH17年とアクセス線開業直前だったのが, 空港シャトルバスの減便→廃止により5年間で一気に3/4まで利用客が落ち込みました。なお,岩沼以南の本線・常磐線の各駅も同傾向でさらに減少傾向でした。

Photo_20190701220002

Photo_20190701220001

 しかし,その後震災が起き,被災地を通る常磐線の亘理駅以南が長期間不通となった反面,その沿線や沿岸部集落から仙台への通勤通学の利便性を求め,岩沼~仙台間を中心として,亘理駅・逢隈駅・船岡駅・槻木駅・角田駅・美田園駅周辺も加えたエリアへの(みなし)仮設住宅や,住宅再建などでの人口移動が起こり,震災以前は取り残されていた館腰以南の駅でも,ピーク時には及ばないまでも利用客が増加に転じ,微増傾向が続いています。

 震災前から続く名取以北の増について,名取駅の急増はアクセス線乗り入れによる利用者増加分の影響が大きいにしても,イベント利用者とタワーマンション林立で激増の長町,一万人突破目前の南仙台など,県内でも利用客が多い方の各駅の伸びが止まらない状況です。

 長町駅周辺では,今年400戸クラスのタワーマンション2棟が入居開始になるので,さらに来年にかけて利用者増加は続き,南仙台に追いつく勢いが続くでしょう。

 アクセス線車両については,過去記事のように混雑が問題となっていますが,本線や常磐線についてもアクセス線に隠れながらも4両編成中心になっていることで,混雑が激化しています。

アクセス鉄道の車両増備実現か? (4/4)

 このような利用者が増えている話であれば,単に景気の良いグッドニュースとしたいところですが,この利用者増で,朝はもとより夜の仙台駅発時点で4両編成の上りの電車はけっこうぎゅうぎゅう状態になることも多くなりました。 利用者増にもかかわらず,それに対する混雑対策が講じられていないのが問題です。特に新型車両の導入時から続く減車の影響は大きくなっています。

 次回は,その点に焦点をあてた記事を。

 

 

« 仙台駅前 地下街の可能性 | トップページ | 混雑激化 東北線の課題 (その2)利用者増なのに,進む短編成化 »

交通」カテゴリの記事

仙台いろいろ」カテゴリの記事

震災」カテゴリの記事

コメント

岩沼~長町間でJRを利用していますが、記事のとおり震災後は車両数の減った影響で朝も夜もぎゅうぎゅう詰めです。朝は我慢できても仕事で疲れて帰る電車内がそれだと気が滅入ります。
あと、20時台の本数が少ないのが改善されないのも気になります。

>岩沼の人さん

コメントありがとうございます。

 岩沼は本線と常磐線の両方が利用できますし,岩沼始発もあり便利な印象ですが,減車で座れないだけでなくギュウギュウ詰めの中の通勤お疲れ様です。仙台駅の夕方も座りたい利用者が到着前から長蛇の列を作っているし,並んで待つのも大変ですよね。
 20時台の岩沼までの本数が少ないのはもう20年以上前から変わらずで,常磐線が20時台は1本しかないので,本線2本と合わせて3本だし,21時頃の電車まで30分近く開いてしまうのも変わらずというのが何とも。。。20時台の3本が20分間隔だったらまだ岩沼までは使いやすいですが,本線の白石方面にとっては不便になるし,難しいんでしょう。20時台にもう1本欲しいところです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 仙台駅前 地下街の可能性 | トップページ | 混雑激化 東北線の課題 (その2)利用者増なのに,進む短編成化 »