2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ダイハツ キュリオス 仙台ビックトップの準備工事 | トップページ | 仙台場外市場 杜の市場レポ »

2019年2月19日 (火)

仙台市地下鉄 ようやく発車時刻表示開始へ

昨年の11月頃から工事が始まり,3月末にようやく開始される地下鉄の発車時刻表示。

ホームの接近表示機更新によるLCD化・発車時刻表示に加え,改札口正面への発車時刻表示が実現します。


Img_6967




 個人的には10年前に記事にした内容がようやく実現した感が。
 過去記事   仙台のなぜ?(2008/8/19)


 詳しくは過去記事参照ですが,これまで,ホームに設置されている表示機では,頑なに「前(々)の駅を出ました」「間もなく来ます」など,大まかな位置表示にとどまっており,10年前の表示機更新の際には,電車が駅間にいることも分かるようにはなったけど,何でJRでも,他都市の地下鉄でも普通に行われている時刻表示がないのか,本当に謎でした。

<開業~2008年まで>
Img821
                 

<2008~2018>
Img817


 さらに,泉中央や富沢駅などの始発駅では,既にホームに電車が止まっていても,
いつ発車するかすぐにわからないので,あまり意味がない。

 両ホームを発着に活用している泉中央駅では,どちらが先発・次発かは分かりますが,
ベガルタの試合後に,先発の電車が大混雑で次発を待とうか判断するにも,
先発・次発の電車がそれぞれどの程度待たなければならないかわからないのが本当に不便。
ベガルタの試合終了後の運行間隔は7~8分間隔だから,次発で下手したら15分待つことになる。
平日朝ラッシュ時で3分おきに出ている時間帯だったら良いけど。

 ホームに小さく掲示されている時刻表を見るのも大変だし,スマホをいちいち見なければという状況から,
改善されるのは,本当に待ち遠しいところ。

 また,3年前の東西線の開業で,すくなくとも東西線は時刻表示があるのかなと思ってたけど,
南北線と格差が生じるのを避けたのか,肩透かしを食らったし,ようやくです。
Img_1245_2

新しいホーム案内表示 
ホームの表示板は,現時点ではあまり表示内容は変わらず,東西線と同様に多言語化されただけです


Img_6969

これが,3月末から発車時刻表示開始とのことです。




改札前の時刻表示
 
以前は,この何とも使えない,やる気のないアナログ時計。改札前にさりげなくぶら下がっています。


Img903_2

 JRなど他線区のダイヤ乱れなどを案内するとの触れ込みで登場したのに,その目的で使用されたのを見たことがなく,地下鉄自身の遅れ案内にもあまり活用されていない始末。

 さすがに,先日あった電気系統のトラブルでの五橋駅以南での遅れの際には,表示自体はされていたものの,あのアナログ時計以外のスペースで,デカデカ文字のスクロールでトラブル表示をしていたので,一目で読みづらく,結局ホームに行ってことの顛末を知る始末。

それが,新たに導入されるのは,非常にオーソドックスな感じの,時刻表示器です。


Img_6968

 通常は,先発・次発の2本の電車の時刻を案内し,非常時には下段でテロップ案内をという,当たり前の情報提供が始まります。

 これがあるだけで,改札通る際に電車が入ってくる音がして,焦って階段を駆け下りると,反対行きの電車でしたというオチがなくなるし,利用者にとっても余裕をもって利用できるから,安心になります。

 なお,東西線開業までは,昼間や休日は7分間隔だったため,毎時同じ時刻での発車にならなかったのが,
東西線開業時より,7分半間隔になったおかげで,毎時の発車時刻が統一され,時刻表示がなくとも,パターンを覚えていれば分かりやすくはなっていますが,

例)勾当台公園駅発富沢行 02 10 17 25 32 40 47 55


それでも,夕ラッシュ時などは5分半間隔で毎時微妙に時間がずれるので,特に助かります。

東西線の改札前では,従来のちっこい液晶モニターを活用して時刻表示する模様。小さくても,LCDモニターだから,一目で分かりやすいのではと思います。そもそも,これまでの活用方法って何?と苦笑してしまいますが。



Pc061662

スポンサーリンク

なお,南北線と東西線が交差する仙台駅の改札前の表示板は新設されるようだけど,両線の案内をどのように行うのかが気になります。なお,札幌の地下鉄3線6方面が通る大通駅の表示は,twitterから拾い物の写真ですが,こんな見やすいです。これでも6年以上前に導入された(それまでは,仙台のような不親切な表示だったよう)ようなので,地下鉄仙台駅の改札前でも南北線と東西線の4方面の発車時刻が一目で見やすい表示を望みます。また,下段の写真は同じく札幌市地下鉄の拾い物ですが,トラブル時の影響範囲が一目瞭然。東西線改札のようなモニター導入であれば,通常の時刻表示からトラブル時に切り替え可能なので,この方法が分かりやすいなぁと思います。

155760956_624v1547254864


Cyps1lpvaaajxhl

 開始まであと1か月ですね。このように,仙台の謎めいた不便なところが解消されるのが地味に嬉しいです。


« ダイハツ キュリオス 仙台ビックトップの準備工事 | トップページ | 仙台場外市場 杜の市場レポ »

市政」カテゴリの記事

交通」カテゴリの記事

コメント

あのさ、何様なの
時刻なくて不便だった!っていうのは分かるけど「他では当たり前なのに」とか「謎めいた」とか「始末」とか「肩透かし」など他人が一生懸命やってる仕事なのに暴言がひど過ぎる。何様なんですか?ただの利用者ですよね。なんでそこまで上からモノを言えるのですか

少し批判的な内容書き込まれたら承認しないとか・・・

>>ニシコーエンさん

二つ目のコメント、心当たりなく何のこと?と思い、確認したら、厳しいコメントを頂いていたのに気づきました。別に、上から目線のつもりはなく、単に、利用者としての感想です。仙台では、ちょっとした気が利かない思いをすることが多いので、つい文字にしてしまいました。基本的に今回の改善は良かったというスタンスで書いたつもりでしたが、近い関係者で批判的に感じた部分があれば、気分を害して済みません。

なお、別に批判的なコメントを承認しないというわけではないので、ケースバイケースで公開します。ただ、個人が運営しているブログに対し、「何様」とか喧嘩腰でコメントされれば、あまり気持ちが良いものではありませんので、ご留意頂ければと思います。

初めまして。。

南北線の発車標は、これまでのままでも時刻表示できそうな品だと思うのですが、新品の導入にびっくりしました。

東西線については、私が見た際には、仙台駅の東西線の改札前に南北線の時刻表示機を設置していて、東西線の方はLCDディスプレイのようで、南北線の方が目立っていて初見の人には紛らわしくないのかな?と感じました。

sendaiwatcherさんの他にはない独自の視点の記事をいつも楽しみに拝見しております
sendaiwatcherさんの指摘はとても的確だと思います。
今後もがんばってください。

>>kpapaさん

 励ましのコメントありがとうございます。
kpapaさんのブログ拝見しましたよ。
食のレポートが特に参考になります。
また,更新頻度もマメで,すごいです!

南北線の発車標は,10年しかたっていないので,そのまま使えそうでしたね。
その点,もったいないような気がします。改札口のディスプレーとセットでないと,
導入できなかったのかもしれません。

なお,仙台駅改札の表示も他駅と同じ感じなんですね。
東西線で新設された改札も南北線の時刻表示機が目立つ感じになっているとは。
特に,JR仙台駅からの近道の東改札では,南北線も東西線も両方の利用者がいるから,
公平に表示される方がいいのですけどね。また,西改札は南北線の利用者はまずいないし,
そこはちょっと残念ですね。
地下鉄は毎日使うけど仙台駅は最近通るだけだったので,
教えていただいてありがとうございます。


いつも貴ブログを楽しく拝読させていただいております。
コメント欄を見て驚きました。

立場によっては耳の痛い話を書かれているかもしれませんが、こちらのブログでは事実以上のことは書かれていませんし、事実、仙台地下鉄がIC乗車券の導入の遅れなど他都市の地下鉄や鉄道事業者と比較して先進性がなかったことは事実だと思います。
(東西線の建設を優先したことが背景にあるかと思いますが。)

今回の機器更新について、関係者する方々の様々な御苦労の上に実現できていることは、皆(ここを訪れる方)理解していると思います。ただ、仙台が他都市と比較しても良い都市となるためには、多くの方が事実を淡々と理解すべきと思います。
これはJRやバスなどについてもS-Watcher!さんがリポートされているとおりと思います。
今後もS-Watcher!さんの寄稿を楽しみにしております。

昨夜地下鉄仙台駅の東改札付近を通ったのですが、時刻表示機は南北・東西線それぞれ2機ずつ、計4機取り付けてあったかと思います。

>>shikenoさん
 コメントありがとうございます。
また,励ましのお言葉ありがとうございます。
 気持ちとしては,いただいたコメントのような気持で,投稿しているところですが,多くの方々に読んでいただいているので,
多少,言葉遣い等に配慮をしていくよう,気を付けたいと思います。
 
 開業から30年経った南北線のリニューアルが進んでおり,バリアフリートイレ,下りエスカレータという地味な修繕も進んでいますが,このような案内表示や車両の更新など,利便性を高める方向での施策が着実に進んでいるので,今後とも楽しみにしていきたいと思っています。

>>もふねこさん
 情報提供ありがとうございます。
東改札が南北線と東西線それぞれ計4機とのイメージがわかなかったので,
見に行ってきました。横に1~4番線と分かりやすく一列に並ぶ形式なんですね。
写真をブログの方に追記したいと思います。感謝です☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ダイハツ キュリオス 仙台ビックトップの準備工事 | トップページ | 仙台場外市場 杜の市場レポ »