2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 八木山動物公園駅でバス乗継体験 | トップページ | 久しぶりです »

2018年8月 3日 (金)

KHB東日本放送 あすと長町移転の続報

 2年前の春にあすと長町への移転が発表されたKHB東日本放送ですが,予定通り2019年の秋の着工に向けて,新社屋の設計・施工が竹中工務店に決定したようです。

 

過去記事

KHB東日本放送 H33年にあすと長町へ  (2016/3/12)

東日本放送の移転先は? (2016/3/5)

 竹中工務店に決定/東日本放送 新社屋設計・施工

東日本放送(仙台市、佐藤吉雄社長)は、同市太白区のあすと長町に移築する新社屋の設計・施工業務を竹中工務店に一括発注した。2019年秋に着工し、20年度の完成、21年10月の放送開始を目指す。
 1991年に同市青葉区双葉ヶ丘に建設された現社屋(SRC造5階建て延べ5888㎡)の老朽・狭あい化を解消するとともに、最新の放送設備機器に更新するため、あすと長町の敷地約6600㎡に移築する。
 新社屋の構造や規模、導入機能などは「検討中」(新社屋プロジェクト室)としている。基本構想・計画策定や設計・施工者の選定支援などを含むCM業務は、山下PMCが担当した。
 また、同社は新社屋建設地の一部(2000㎡程度)を有効活用する事業提案の公募を実施しているが「複数の応募があったが、現時点では採用に至っていない。継続して検討する」(同)としている(建設通信新聞8/2)。

新しい情報としては,6600㎡の敷地面積のうち,放送局の建物部分として使用するのは約7割の4,600㎡で,残り3割の2,000㎡は放送局以外の活用のために,提案を募集しているとのこと。もともと全体を放送局として活用するには広すぎる敷地なので,三井不動産コンサルでの放送局以外の活用は元々想定されていましたが,一体型の建物ではなく,別棟になることが分かりました。

 ただ,現時点では採用する提案は決まっていないとのことで,この残る敷地を杜の広場に面した条件を生かした放送局と相乗効果を図ることができる機能というと,単なる郊外型の商業機能は難しい。スーパーとか導入する場所ではないし。

 南隣のゼビオスポーツもそうだけど,交差点間の中央分離帯が長く,クルマの転回が面倒な立地なので,あまりクルマでの来訪が多い施設は考え辛い(駐車場もそれほど確保できないから)。

杜の広場との相乗効果

 なお,向かい側のゼビオアリーナ仙台の広場に面する1階部分に,ヤマハの音楽教室がテナントとして工事中でした。

 広場を活かすことができる機能だと,気候が良い時期にはオープンカフェが設置できる飲食店とかは考えられるんでしょう。ただし,気候が良い時期は結構限られる。需要は減っていくにしても立地条件からするとウェディング施設なども加えると相性が良いと思うけど,どうなるかな。 

« 八木山動物公園駅でバス乗継体験 | トップページ | 久しぶりです »

あすと長町」カテゴリの記事

コメント

KHB東日本放送の新社屋建設により、同地で開催されている、OX仙台放送等主催の Cirque du Soleil の仙台公演は将来どうなるのでしょう?

毎回10万人以上を集客し、なおかつ客単価も高いイベントだけに、KHB進出後にどこで開催するのか気になります。

かつての「サーカス」開催地で現存しているサイトとしては、グランディ21のリフレッシュプラザの隣で開催していたキグレニューサーカスの例とか、三井アウトレットパーク仙台港の隣で開催していたポップサーカスの例がありますが…

Cirque du Soleil の仙台公演は、北海道・東北の1道6県のフジテレビ系列で大量CMを流す広域集客イベントなので、宮城県内での集客を見込む上記のサーカスのような立地は不適…

すると、鉄道駅に近い榴岡公園とか、未だ数軒が残る追廻住宅が完全解決する前提で地下鉄東西線でのアクセスができる追廻住宅跡地(青葉山公園)とかになりそう…

従前の Cirque du Soleil 仙台公演の開催地を奪う形になった KHB は、長町の終わりの始まりにならないよう、長町副都心を盛り上げる仕掛けを次々発信する使命があると思う。

>>Tomさん
 返信遅くなりました。
KHBが奪う形というよりは,ご承知かと思いますが,
同じあすと長町のイオン予定地での開催なので,
少なくともあと1回は近隣での開催になります。
それに,シルク・ドゥ・ソレイユの開催場所が市立病院→日通所有地だったのが,KHBがその土地を購入しながら,ライバルの仙台放送に協力してコルテオを開催できたというのは,KHBは非常に紳士的だったと思います。あくまでもシルクのビックトップ設置場所は,空き地活用ですので。それに,あの杜の広場に面した立地に新社屋ですので,広場を活用した形の施策はいろいろ検討しているかと思います。

ただ,イオン予定地がずっとこのままということも考えづらいので,次々回の開催場所は難しいですね。積水が購入した仮設住宅跡地も可能性はあるかもしれませんが,そろそろ動き始めそうです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KHB東日本放送 あすと長町移転の続報:

« 八木山動物公園駅でバス乗継体験 | トップページ | 久しぶりです »