« 仙台市地下鉄&市バスの新しい動き(1)100円パッ区等値上げ | トップページ | 仙台市地下鉄&市バスの新しい動き(3)地下鉄利用者の増続く »

2017年10月24日 (火)

仙台市地下鉄&市バスの新しい動き(2)地下鉄南北線ダイヤ改正

金曜日の100円パッ区の値上げ記事の最後に、地下鉄のダイヤ変更についても言及されていました。
また、市は12月3日、地下鉄南北線のダイヤを改正し、仙台駅での東西線との乗り換えをスムーズにする。午前9時~午後4時の全列車の出発時刻を1分30秒ずつ繰り下げる。乗り換え客から「目前で電車が行ってしまう」といった苦情があり、検討していた。
 平日午前8時台には南北線を1往復増便し、朝の混雑解消を図る。8時台の平均混雑率は現在の151%から142%に改善される見込み(10/20河北再掲)
1)朝の南北線1往復増便
東西線開業時の「昼間&休日パターン化による減便」についてはかえって便利になり、また、朝の2往復増便で特に泉中央発のピーク時運転間隔が短くなった効果はありました(7時台の5分間隔→4分間隔の時間帯拡大)。
一方、朝の富沢発は、8時半頃の運転間隔が5分→4分になった反面、最混雑時間帯の8時前後が4分間隔だったのが、5分間隔になって、 富沢周辺やあすと長町開発での乗降客数増、仙台駅での東西線やJR線からの乗り換え客での混雑を含め、1~2分の遅れが常態化していました。
●富沢駅発の運転間隔
東西線開業前
7時25分頃~7時55分頃発 3分間隔
7時55分頃~8時5分頃発  4分間隔
8時5分頃~8時55分頃発  5分間隔
東西線開業後
7時24分~7時49分発 概ね3分間隔
7時49分~7時57分頃発   4分間隔
7時57~8時7分発       5分間隔(仙台駅~勾当台公園到着が8時半前)
8時7分~36分頃発   概ね4分間隔
8時41分~  7~8分間隔
最近はその混んでいる時間帯を避けて前倒しで乗るようにしていましたが、1往復増により5分間隔→4分間隔になれば多少混雑は解消されそう。
(現在)7時57分・8時2分・7分・11分・16分・20分発(6本)
                 ↓
(予想)7時57分・8時1分・5分・9分・13分・17分・20分(7本)
そうすると、泉中央発でも7時20分~7時40分頃発で4~5分間隔が混在しているところが4分間隔に統一されればいいのですが、増発は8時台とのことなので、8時半過ぎの5分間隔→4分間隔になりそう。
2)南北線と東西線の乗り継ぎ改善?
 南北線の昼間の発車時間を1分30秒遅らせるとのことですが、これは休日ほぼ終日にも適用とのことでしょうね。そうでないと、せっかく時刻表パターンを統一したのに意味がない。
現在の仙台駅出発時刻(平日昼間・休日ほぼ終日)は
 泉中央行が 毎時0分・8分・15分~
 富沢行が   毎時4分・11分・19分~
 八木山行が  毎時6分・13分・21分~
 荒井行が  毎時1分・8分・16分~
主に乗り換えが多い向きは、
 南北線北側⇔東西線両方向
 南北線南側→東西線西側 
かなと。
 南北線南側→東西線東側はあまり多くはなさそう。
でも、目の前で電車が行ってしまうと苦情を言うのはおそらく「高齢者や乗り慣れない方」で、若者や乗り慣れた人はちょうど良く乗り換えができていたりする可能性が。
(急げば2分、普通に移動しても3分あれば余裕で乗り換えができる)。どのような立場の方の意見なのかというのが分からないとなんとも。
 
例えば、
〇泉中央行→八木山行きが現在5~6分の乗り換え時間が、2~3分になってしまうと、乗り慣れた方にとっては待ち時間なしとなり改善、乗り慣れない方には待ち時間増で改悪になります。
〇富沢行→荒井行も、現在の4~5分が、2~3分程度になってしまえば、同様のことが起こる。
〇逆に、八木山行→泉中央行だと2分→3~4分になり、慣れた方には余裕がでてきて、乗り慣れない方には、いずれにせよ間に合わず次の電車にとなると10分以上の待ち時間に。
〇泉中央行→荒井行 は現在ほぼ同時発車なので7~8分→6~7分に多少改善(この方向の乗り換え客は少ないでしょうが)
●問題は荒井行→泉中央行で、現在の7分→8~9分(ほぼ同時発車)になってしまい、結局誰にとっても乗り換え時間は増える。
分かりやすさと公平さの理想からいうと、南北線両方向及び東西線両方向の仙台駅発車時刻を交互になるよう統合することが乗り換え時間が概ね4分程度となり望ましいけれど
例  南北線 両方向0分発  8分発   15分発
    東西線 両方向4分発  12分発  19分発
特に南北線は乗降客数が多いので、混雑で乗り換えのし辛さというデメリットも出てくるので、難しいですね。結局立場によって最適解はなく、こちらを立てればあちらが立たずという感じになりそうなのが辛いところ。
<10/31追記>
市交通局より、正式なプレスリリースが行われました(以下引用)。各駅の新時刻表もリンク参照。
(1)南北線の混雑緩和
           ①平日の8:00~9:00の時間帯に1往復増便します。
           ②ダイヤを調整し,比較的混雑率の高い時間帯(7:45~8:00)に,それ以前の時間帯から1便をシフトします。

  (2)南北線・東西線の乗り継ぎ時間の改善
           日中時間帯(9:00~16:00)の南北線の出車時刻を現行より1分30秒繰り下げます。
ダイヤ改正の概要
ダイヤ改正概要
          ※地下鉄からバスの乗り継ぎに際しては乗り継ぎ時刻を改めてご確認ください。
平日朝の増発はおおむね予想通りで、少しでも混雑緩和につながるといいですね。6両化が見送られたのちの乗客急増に対応するためには、朝の運転間隔を縮めるしかないし。
平日昼や休日ほぼ終日、
仙台駅発で 富沢行が毎時4分発→5分発
         泉中央行が0分発→1分発
 
繰り下げは1分半ずつなので、厳密には、30秒単位を便宜上1分単位に表示しているのでしょうが、上記記事でも記載のとおり、万人に対し改善されるわけではないので、試行錯誤していくしかないのかな。
 
 

|

« 仙台市地下鉄&市バスの新しい動き(1)100円パッ区等値上げ | トップページ | 仙台市地下鉄&市バスの新しい動き(3)地下鉄利用者の増続く »

市政」カテゴリの記事

交通」カテゴリの記事

コメント

 いつも拝見しています。色々知らないことが知れてありがたく思っています。でも地下鉄の南北線泉方面から東西線八木山方面の乗り換えですが,現状の2分では,ほとんど乗り換えられないです。南北線で前寄りで降りてエスカレーター上りと下りをすべて歩いて何とか間に合うタイミングです。乗り慣れているなら乗り換えられるとおっしゃいますが,公共交通機関ですから普通にエスカレーターは立ち止まる乗り換えで考えてもらわないと。私もせっかちでエスカレータ良く歩きますが,迷惑だし,やはり危ないと思いますよ。今回のダイヤ変更は賛成。私60歳です。

投稿: 伊達者 | 2017年10月28日 (土) 20時19分

>>伊達者さん
いつもありがとうございます。
 確かに、2分というのは、南北線の南階段近くにスタンバイして、最短距離・時間で乗り換えする場合なので、慣れていれば3分程度が適切ですね。

なお市交通局では標準乗り換え時間を5分と設定していますが、これは余裕を持たせすぎているし、どの方向でも5分の乗り換え時間を確保するのは東西線と南北線のそれぞれ7分半の運転間隔から、完全に確保するのは難しいです。

泉中央方面は毎時0分発→2分発になり、八木山行きが6分発だったので、この方面の乗り継ぎは改善されますね。

投稿: S-Watcher! | 2017年10月31日 (火) 05時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仙台市地下鉄&市バスの新しい動き(2)地下鉄南北線ダイヤ改正:

« 仙台市地下鉄&市バスの新しい動き(1)100円パッ区等値上げ | トップページ | 仙台市地下鉄&市バスの新しい動き(3)地下鉄利用者の増続く »