2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« あすと長町 トーテム会場工事着工 | トップページ | 荒井にライブホール”仙台ギグス” 5月開業 »

2017年2月12日 (日)

ベガルタ2017シーズンの展望

渡邉晋監督の4シーズン目となる、2017シーズン。

成績的には、辛うじて降格を免れているような中の下が定位置ながらも、テグ時代にはなかった新人など若手の台頭が見られ、また長崎からMF奥埜、松本山雅からGKシュミットなどJ2チームにレンタル移籍で経験を積ませていた若手を戻してチームの柱として活用するとのサイクルも回りつつあります。

一時期のベガルタの代名詞?だった、”借りパク”をさせずに、若手の育成に活用できているのは、本来のレンタル移籍の趣旨からしてもいい流れ。
ただ、松本山雅での大活躍から一旦戻った山本大貴は結局山雅に完全移籍となったり、鳴り物入りで入団しロングスローが武器の二見がチャンスをつかめずに清水エスパルスに移籍になったりというのは、チーム内の競争が高まっているということで、悪い面ではないのかと。

4-4-2から3-4-3に
 このフォーメーション変更は驚き。ベガルタといったらこれまでほとんど4-2-2を採用してきただけに(2006年のボルジェス・ロペス・チアゴネービスのブラジル人3トップ以来?)、全く予想がつかなかったけど、4バックの両サイドの上がり下がりをサイドハーフが担うことで、臨機応変に3バックにも5バックにもなり得るこのフォーメーションは面白そう。
 右の菅井は昨年度からケガもありさすがに衰えが見えているけど、やはり菅井がこのポジションに入るとオールドベガルタサポ的にはワクワクする。(下図は練習試合甲府戦の布陣)


FWは
 何といっても、柏レイソルに引き抜かれたハモンロペス、ケガがちのウイルソンの契約満了(のちに甲府に加入)で、一気に柱の2人がいなくなり、その分実績十分の元代表平山!がFC東京から、石原がレッズからと、ベテランだけの補強とはいえ、二人とも期待が持てそう。若手の2年目西村も、3トップであれば実践で使いやすそう。外国人のクリスランは開幕はケガで厳しそうだけど、出てきてもらわないと困る。
MFは
ボランチは主将の富田と、レンタルから完全移籍した三田で不動。梁もそろそろ厳しいので、奥埜と藤村、茂木あたりが争って欲しい。パブロ・ジオゴはかつてのハモンロペスのような感じで徐々に慣れさせていくしかないのだろうが、MF登録とはいえ実際はFW的な使い方だろうな。あとはサブとして野沢の経験値と変態プレイにも期待。
そいえば、金久保もいた。それに川崎からの中野もサイドハーフとしては良さそうなので、一番競争が熾烈なポジションになりそう。


DFは
 石川、平岡、大岩あたりでほぼ固定で、蜂須賀がサポートか。選手層が薄い気が。柏からの(ハモンロペスのお礼?)元日本代表増嶋は名前は良く聞くけど良くわからん。

GKは
 正GKの関も、脅かす存在のシュミットも、生え抜きでJ2レンタルからの出戻り苦労人なので、二人とも頑張ってほしいが、将来を考えると長身で日本代表候補に選ばれたシュミットが正GKを奪った方が良いのか。関も身長のハンデを読みと反応の速さでうまくカバーしてきているから、判官びいきをしてしまうが。
スタジアムもバックスタンド最前列への「復興きづなビジョン」(ネーミングは・・・)というLEDで横70mのビジョンの新設

Photo

LED照明の新設

Photo_2

など、スタジアム自体の魅力や演出UPへの投資を行っています。

それも、DAZN効果なのか、億単位の収入増が見込めるためどのチームも積極的ですね。

そのDAZNに、アウェイ中継を見るために加入しなければと思いながらも、スマホやタブレットはともかく、自宅のTVで見る方法が面倒で、どうしようか思案中。月額は2000円弱なので、スカパー時代よりも安くなるのは有り難いけど、まともに見れるのかどうかも分からない。ただ入るしかないんだろうな。

今シーズンの目標
 トップ5を目指すとのことだけど、FWの迫力はちょっと足りない感が。いつものようにスタートダッシュは大切なので、開幕戦の昇格組コンサドーレ札幌戦は確実に取っていきたい。一桁順位は保っていくことを望むところ。しかし、2月開幕。。。NHK中継もあるしとヘタレな気分の自分。。。今年は月1はスタジアムに行きたい!低い目標ながらも、それでも昨年の倍近く。

« あすと長町 トーテム会場工事着工 | トップページ | 荒井にライブホール”仙台ギグス” 5月開業 »

ベガルタ」カテゴリの記事

コメント

こう言ってはなんですが、私的にJリーグって、上位争いより残留争いの方が必死さがある分、面白いです。なのでリーグの最終盤の下位争いしか観ないです。気分悪くされたら、ごめんなさい。

>>ゼロさん
コメントありがとうございます。
まぁ、サッカーの見所って難しいですね。
優勝争いよりも残留争いが注目されるマスコミ報道をみても、
そのようにお感じになられるのは無理はないかと。

プロ野球と違って、降格・昇格のダイナミズムがJリーグの良いところでありながら、
ベガルタみたいに優勝争いは期待できず、残留が現実的な目標のチームの
モチベーションは、選手もサポーターも難しいところはあります。

ただ、今年からDAZNマネーが入り、上位に入ると分配金が格段にアップするなど、
優勝争いのモチベーションがあがり、変化が見られるかと思いますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あすと長町 トーテム会場工事着工 | トップページ | 荒井にライブホール”仙台ギグス” 5月開業 »