« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月29日 (日)

気仙沼線BRT初体験! その3

久々の続き(前回はこちら)。

BRTはかさ上げ工事真っ最中で土埃が舞う志津川市街地に入り、ポータルセンターやさんさん商店街に隣接する志津川駅へ。

P4092581


寄りたい気持ちはあれども、ここで降りてしまうと1時間後というのは、気仙沼での滞在時間を考えると、無理に近いため、あきらめました。

P4092583

志津川では、最近県有化のための保存工事のため、近くに寄れなくなっていた、防災対策庁舎も近くを通りました。

P4092584

周りを地盤かさ上げ用の盛土にかこまれ、存在感が小さくなっています。

志津川駅の次には、ベイサイドアリーナを経由するのですが、それが非常に遠回り。20分以上ロスしたように感じました。

P4092589

震災後から町の拠点機能が設置され、仮設住宅や災害公営住宅が集まる重要な場所ではありますが、乗り降りしたのは1名で休日だと利用者がいないようです。BRTは気仙沼への速達性・定時制を重視するものとはいえ、利用者を増やすためにこまめに迂回して駅を設置することは可能だし、その辺のバランスが難しいなぁと。

よく覚えてませんが歌津駅?付近から再度専用道に。駅跡地が後ろに見えます。

P4092591



流石に眠くなってきて、ものすごい振動の中でもうとうとしていたら、あっという間に気づいたら最知駅の手前に。専用道区間ですが、幅が狭く乗り心地は良いとは言えない。ここから海が見えてました。

まもなく、唐突に専用道区間が終わり、路線バスが通れるとは思えないような工事現場の中の細い荒れた道を経由し、平行する県道を通ります。結構交通量が多く、信号待ちとかで多少遅れ気味。こういう市街地こそ、専用道が有益ですね。

旧鼎ケ浦高の跡地に移転新築された気仙沼警察署。隣接地に県の気仙沼合同庁舎が移転するなど、気仙沼も行政機能が内陸に移っています。

P4092592

南気仙沼駅は、鉄道時代は内ノ脇にありましたが、市立病院近くの旧国道45号(県道)沿いに設置されています。今の気仙沼の中心地が津波被災を受けなかった田中前に完全に移ってしまっているので、実態に合っているというべきか。

気仙沼高の最寄り駅である不動の沢駅から再度専用道に入ります。このBRTも気高生のためにあるようなものだし、学校から近いところに駅があったのはBRT化にあたっても、最低限の需要確保の面で良かったというべきか。

ようやく、大船渡線と合流し、終点の気仙沼駅へ

P4092594

P4092608

駅構内にBRTが乗り入れている不思議な光景です。

P4092602

それにしても、到着は11時半過ぎ。もうヘロヘロでした。

また同じルートを帰らなければと思うとブルーになりましたが、ひとまず街の方へ出ました。まだ続く予定。

| | コメント (0)

2016年5月28日 (土)

国際センター駅&カフェモーツアルトMETRO

ちょっと前ですが、動物公園に行った帰りに、地下鉄東西線の国際センター駅に初下車してみました。

これで、宮城野通駅から西側の駅は川内駅を除いて利用済。一方、東側の駅には、開業前の試乗会時に荒井に行ったのみ。厳密には改札は通っていないので、カウントすべきではないか。

国際センター駅は、荒井駅と並んでの駅舎が地上駅でデザインに凝っています。広瀬川や国際センター、駅前広場とのデザインの調和を図り、ガラス張りでクールなつくり。

P5033189

当然目の前は、仙台のコンベンション機能の中心である国際センター。しかし、メインの本館は駅に背を向けており、昨年の国連防災会議で供用開始された展示棟が駅の真正面に入り口があるものの、やはりコストダウンのためか、安普請さは否めない。バブル期建築の本館と比べるとなおさら。中にはいるとそんなことはないので、外見より中身をとったということなのでしょう。

P5033173

改札の真正面には、ガラス越しに緑豊かな光景が。良いですねー。

P5033156

この駅は、何といっても、二階のオープンスペースが売り。一階から吹き抜け経由で二階を見上げます。

P5033155

二階は、広々とした休憩スペースが。緑や広瀬川に囲まれ贅沢な空間です。

P5033182

二階の一角に、仙台のカフェの代名詞であるカフェモーツアルトの支店。その名も「メトロ」がオープンしています。

P5033175

テークアウト形式で、二階の休憩スペースで自由に飲食できます。コーヒーを入れているところもこのようにガラス越しに見ることが。

P5033174

カフェモーツアルトといえば、本店のほか、片平の緑豊かな半地下室の「アトリエ」が有名ですが、宮城県美術館の中庭に面した「フィガロ」「、奥のカウンターの「パパゲーノ」、東北大の川内萩ホールの「クレーズコーヒー」と近年広瀬川沿いに次々に展開しています。

どの店も、個性的な椅子や家具が並び、次はどの席で楽しもうかというワクワク感がありますね。

コーヒー好きではありますが、雰囲気を含めてあまり考えずに感覚で楽しむようにしているニワカだったりします。

東西線と広瀬川を一望

有名なデッキです。写真では良く見てましたが、やっと気候が良い時期に訪れることができました。

P5033161

広瀬川と東西線。行ったときは夕方でちょっと肌寒かったですが、緑に囲まれ気持ち良い。つーか、地下鉄なのに、中心駅の仙台駅からたった4分の場所なのに、こんな自然に恵まれているというのが仙台の良さでしょうね。逆にこんなところに地下鉄を通してしまったというのがある意味すごい。その先に大お得意様の東北大キャンパスが広がっているとはいえ。

P5033169

自分は、長町付近から街中の完全地下区間しか普段使わないので、地下鉄なのに外が見える区間というのはちょっと新鮮。泉中央からの通勤者は、八乙女~黒松の真美沢の緑豊かな光景や、旭ヶ丘駅からの台原森林公園など、変化に富んだ車窓が楽しめて、ほっと一息アクセントになるのはいいなぁと思いました。

| | コメント (0)

2016年5月21日 (土)

蕎麦処 初代伝五郎へ

GW中、山形からの帰りに大雨で天気も悪かったので、山形そばをあきらめ、山形道→東北道で一気に帰ってきたのですが、結局どこかで昼食をとらなければということで、天気も回復してきたので、ふと思いついてこの286旧道沿いで鈎取にある山形蕎麦店へ。

P5013061

 わざわざ、”山形帰り”にいつでも行ける仙台の山形そば屋に行くというのが、引っかかるものがありながらも、目の前をいつも通っていて気になっていたので、せっかくなのでチャレンジしてみました。

P5013063_2

古民家風ということと、ベーカリーを併設(ベーカリーが先のようですが)ということは知ってたけど、いざ入ってみると、結構本格的な古民家で、味があります。

この写真はベーカリー部分。

P5013065

駐車場は未舗装で、雨の後で水たまりがあちこちにできていたけど、味がある建物に対し、駐車場を舗装してしまうと雰囲気が変わってしまうので、これでいいのかも。

P5013058



こんな雰囲気の良いソバ屋とは思わず。それに大人気で、1時前で駐車場はほぼ満車。自分達の前に5組位の待ち客が。外に一列に座って並んでいるところが、岩出山のいろはを思い出す。建物の古さも含め。一応建物の中にも5名ほどの待ち席もあります。

P5013056

メニューはこんな感じです。概ね一人1000円で安心して食べられ、思ったよりは高くはありません。

P5013062

P5013035

P5013036

20分ちょい待って呼ばれ、座敷ではなく奥のテーブル席へ。

陶磁器などが飾ってあり、落ち着くスペース。子供を連れてったのがもったいないくらい

P5013051

P5013054

食したのは、おすすめの冷たい肉そば。単品だと、750円+税。鶏飯セットだと1000円+税。せっかくなので、セットを頼みました。

冷たい肉そばは、これまで仙台ではあまり食べられなかったけど、最近提供する店が増えていますね。

正月に行った、名取のATALATAの餡蔵もだけど、仙台近郊にいてもおいしい店が増えているなぁと。

これで、わざわざ山形の河北町(一寸亭)に足を延ばさなくとも済む。こういうのって、牛タンの利久が東京駅や博多駅など、全国各地に出店しているのと同じで、名物を持つ都市としてはその都市にわざわざ行って食するという希少価値が少なくなり、好ましいことではないのかなと思いながらも、いずれは本場にという意欲を掻き立てられる面もあるので、悪いことだけではないか。


冷たい肉そばの味は、鳥ベースの油がほんのり浮いていながらも、さっぱり系の透明感があり、本場の味とくらべて若干あっさり目かな。でも蕎麦も程よい風味と硬さで当然スープまで完食。

P5013037



鶏飯も、あっさり目の味付けで、そばの合間に食べるも肉そばのスープと合っていて、上にまぶしてあるゴマの風味も良く、満足でした。肉そば大盛単品も1000円+税。

その後、予定通り子供が残したざるそばを食し、満腹で店を出ました。

最近いろいろなメディアに取り上げられているようで、人気店となっていますが、雰囲気とアクセス、味を含めて、それも納得のお店です。

| | コメント (0)

2016年5月14日 (土)

近場でGW その(5) 七北田公園へ

先週のGW最終日ですが、今シーズン初めて、やっとベガルタ観戦に行ってきました。

今日の大宮戦は無理そうだったので、行けそうな時に行っておかないと。

例のごとく、子どもを連れてだったので、ユアスタがメインというよりは、その前段でどっか遊ばせるのを優先にと考え、勾当台公園のハーフマラソンイベントでいろいろ食べてからとか、台原森林公園もいいかなと考えながらも、子ども連れだと地下鉄の途中下車が面倒で、結局終点の泉中央まで一気に行って、ヨーカドーで弁当を買い、七北田公園でゆっくりしました。

P5080244


七北田公園はベガルタで仙スタ―ユアスタにおそらく百回以上は行っていながら、純粋な公園側目的で行ったのは、ガキの頃の1989年のグリーンフェア仙台(かなり記憶がおぼろげ)と昨秋、そして今回と3回目。

昨年気候が良い時期に行って、気持ちが良い素晴らしい公園というのを認識しました。
こんな駅の近くに充実した公園があるというのは、やはり泉中央の魅力にもつながってきます。
あすと長町の中央公園も広いけど、スケールが段違い。
七北田川沿いを散策もできるし、噴水もある。やっぱ親水空間っていうのは魅力的。仙台ではウォーターフロントはもともとないし、大震災でさらに海が遠くなってしまったので、こういった川沿いの空間が整備されているのはうれしい。

P9200292_2

P5080251_2

広々とした芝生広場。スケールが違う。

P5080261

ムーミンの遊具が設置されている「キートス広場」。震災後、フィンランドからの支援により3年位前に設置された遊具とのこと。

P9200297

P9200281

撮った写真は、子どもが入り込んでいるので、あんまり使えませんでした。

キートス広場の北側にも、従来型の様々な遊具があり、多くの子供たちが遊んでいました。

P9200051

入り口付近の花いっぱいの空間。

P5080260

都市緑化ホール。これはグリーンフェア仙台の置き土産。イベント用に公園内に暫定ではない恒久施設を作ったというのが、合併当時に仙台市が旧泉市を手に入れようとした必死さを感じます。体育館は分かるけどね。

P5080275

噴水の向こう側には、ちらっと地下鉄が見えます。

P5080272

ふとスタジアムの方に目を向け、そろそろ試合いかないとなーと試合開始15分前にスタジアム方面に向かいました。

P5080253

ユアスタへ

予想通りというのが悲しいですが、アビスパ福岡戦ということで、ガラガラだろうなぁとおもったら、サポ自のゴール裏端っこは試合開始直前でも余裕で確保できました。ちなみに12千人。

Img_0944


一応GWの最終日なんですけどね。GW前半のサガン鳥栖戦も14千人で、J2時代でもGWだと満員近く入っていたものですが、ヤバいよなぁと。この素晴らしいスタジアムも来年でオープン20年。市民にとっては当たり前になっているし、有名カード(鹿島、ガンバ、浦和、広島)以外は相手選手も知らないし、そもそもコアなサポーターが集まるはずのサポ自バックも空席が目立つ。サポ自+500円というのもあるだろうけど。
観覧車がオープンした楽天コボスタに完全に注目を奪われています。チーム状況は同じようなもんなんだけど。

まぁ、個人的には、昨年8月の松本山雅戦以来の生勝利を味わいました。チーム状況は上向きかなぁと思いましたが、相手の決定力不足にも助けられというところもあり。でも安心してみていられました。ひとまず降格圏を脱することが出来て一安心。今日の大宮戦で負けて、最下位から勝ち点3差になってしまいましたが、次の最下位湘南戦は当然重要に。

| | コメント (0)

あすと長町の近況(H28.5)

恒例のあすと長町近況。



着々とシティタワーが24階建ての半分程度まで組みあがり、かなりの存在感を出してきました。

Img_0937_2



これでもまだ半分か。。という感じ。H29年1月完成、4月入居予定。まだまだだと思っていたら、あと1年ですね。

そのとなりのプレシスはH30年春、中央公園前のワンパークはH29年秋入居と、計900戸程度のマンション開発は順調に進んでいます。販売競争も熾烈。

(追記:プレシスは販売が中止され、ホームページも消えてしまいました。一時的なものか分かりませんが)

地下鉄仙台駅では、東西線へのエスカレータにもシティハウスの広告が。地下鉄長町駅やザ・モール長町3階新星堂にはワンパークが広告を。

ヤナセあすと長町

Img_0733

6月3日オープンと、1か月を切りました。医者他高所得者が集まってくる街に高級車ディーラー集積と。レクサスとフォルクスワーゲンもインパクトはありましたが、ベンツは格が違う。

Img_0739

Img_0737

青空ヨガ@あすと長町

5月28日~29日の週末2日間。ゼビアリ前の杜の広場でこんなイベントがあるようです。

Home_image_2

青空ヨガ@あすと長町 HP

田中律子がヨガインストラクターやっているんですね。嫁が興味を示しそうなイベント。

あと、ヤナセ東北も協力している「青空どうぶつえんwithボーネルンド」は、ヤナセ裏というか、三井不動産マンション予定地で開催です。

既に引き渡し済で、マンション予定地看板が立っている方ではなく、まだヤマザワが保有していて今年の年末に三井不動産に引き渡しされる方の土地で開催のよう。それで、ヤマザワも枠組みに入ってます。東北サファリ―パークから動物を連れてくるとのことで、時間があれば、近くだし行ってみたい。

タカミヤスポーツパークにテナント入居

市立病院オープンに合わせて入居したおしどり薬局が3か月て撤退し、それから1年以上空き状態のままだった、旅のレシピ向かい側のテナントスペースが埋まりました。

この車道に接道していない場所で、クルマ専門店です。向かい側もクルマリースのコアラクラブだし、不思議な感じ。

Img_0755

ストリートライフという、車買取専門店

Img_0754

tekuteのオープンで、周辺の飲食店環境はだいぶ改善されたので、この奥まった立地で夜遅くまで営業する飲食店は厳しい。並びの飲食店の状況を見るにつれ、夜間帯の人通りが少ないし、このような飲食以外の店舗で良かったのかも。

新しい話題はこんな程度。12街区イオンタウン予定地の動きが良い意味でも悪い意味でも注目されていますが、あすと長町の将来は、このイオンタウンと駅前13街区三井不動産開発で決まってしまう。

周辺のマンション入居の状況も見えつつあり、イオンタウンについてはそろそろ計画の状況が明らかになる予定でしたが、引き続き状況を注視していきます。

| | コメント (0)

近場でGW その(4)仙台うみの杜水族館へ

さて、子どもの日は、混んでいることを承知で、王道のうみの杜水族館へ。

P5050117



個人的には、1月の駆け足30分以来の2回目。まともに見るのは初めてのようなもん。

自分も、子どももパスポートがありながらも、なんとか元をとれるレベルの活用具合。

午前中は所要があり、昼食をとってから出かけたので、うまく混雑を避けることができたのかも。
公共交通機関でアクセス

例のごとく、渋滞嫌いなんで、試しに電車とシャトルバスで行ってきました。

長町駅から本線で仙台、地下ホームに潜り仙石線。昼間帯は15分おきの仙石線。乗り継ぎが悪く、仙台駅で約10分待ち、中野栄まで20分揺られながら、地下から地上に上がり、新興住宅地あり、田んぼあり、高砂の高層マンション群など、変化に富んだ仙石線は退屈しない。これで30分以上の所要時間で240円。地下鉄だったら仙台駅までで10分も乗らずに250円なので、JRはやっぱ安いのはありがたい。
車内から高砂駅前にイオンのスーパーが見えていたような。
高砂駅前は、西友、生協に続いて、ザ・ビッグエクスプレスが出来ていたようです。
これらのスーパーの中では、最も駅に近い立地。街中に展開し、五橋のツルハ跡にも出店したイオンエクスプレスとの違いが分からんけど、西友とかとうまく棲み分けできそうな感じ。

国内で30数年ぶりに新設された、東北医科薬科大学の附属病院が立地し、学生や職員の居住増が見込まれるので、将来性は高いといえるかな。
中野栄でもシャトルバスは30分間隔で、毎時15分・45分。約20分待ちながらも、歩いていくよりはいいかとのんびり待ちました。子ども2人だと歩くのはきつい。
シャトルバス到着

途中でにわか雨が降ってきたり、微妙な天気。

次の電車が到着し、一気に待ち客が増えました。午後の遅い時間なのに、さすがGW。

それでも余裕で座れる位でした。
水族館からのシャトルバスが到着すると、わんさか降りてきました。おそらく満員?というくらい降車に時間がかかり。

P5050010

P5050012_3

やっぱ、公共交通機関だと、荒井駅ではなく、最寄りは中野栄駅だよなぁと。
そいえば、いつの間にかに、エレベータが新設され、バリアフリー化されました。エレベータの設置位置が駅舎から離れているので、2階レベルに通路が新設され、駅自体が立派に見えます。相変わらずエスカレータはないのが、子ども連れにはつらいですが。

うみの杜水族館到着

P5050228_2

にわか雨も上がり、良い天気。バスはちょっと遠回りしながらも10分弱で到着。

入場待ちもパスポート待ちもなく、この遅い時間の入場はありだなぁと。

この大水槽。やっぱり、自分みたいなにわかにはこういうのは見ごたえがあります。

P5050021

P5050053

アマモリウム

P5050078

二人の子どもが、上手に絵をかいて、魚を泳がせていました。

P5050065

こういうのは、ララガーデンでも以前やってたなぁ。

そのほかは、普通に見れる位の混雑ながら、ここだけは、大盛況・大混雑でした。

またまた、写真の練習。

P5050080

熱帯魚もそうだけど、こういう鮮やかな色のものが目に止まります。

P5050141

うみの杜スタジアム

途中で疲れたので、何気に椅子に座ると、イルカ&アシカショーは30分後。微妙な時間だなぁと思いながらも、せっかくだから見ることに。

なお、シャトルバスは16時最終で、駅まで歩くの覚悟だなぁと思いながら。

まばらだったお客さんが、開始前にはこんな大盛況。1度で1000人強の収容人数のようです。

P5050114

相変わらず、背景の臨時砂利駐車場が目につきますが、イルカやアシカの演技自体は見事なもの。これを見るのは震災前に沖縄の美ら海水族館に行って以来だなぁと。

P5050208

P5050166

この時点で満足したし、疲れたので、出口方面へ直行。クラゲは今回は見ず。

フードコートも今風。松島の貝焼きとかが懐かしい。

P5050216

荒井駅行バス

シャトルバスの最終が行った後なので、やむを得ず中野栄駅まで徒歩で歩く。

下の子どもが予想通り歩かない。。。抱っこでひたすら歩く。

途中で荒井駅行きのバス停があり、3~4人が待っているなぁと思ったら、そのすぐ先で、乗客ゼロの宮交バスとすれ違う。

P5050231

中野栄駅行きの無料シャトルバスがない時間帯なので、ある程度乗客が見込めるかなと思いながら、やっぱり厳しい。それも待っていたのは子ども連れの高齢者。敬老パスで1割負担相当39円だったらタダみたいなもんだよなぁと。70歳以上の割合は仙台市でも全体の2割に迫りつつあり、子供でも荒井駅まで約200円負担なのに、理不尽さを感じたり。

自分も子供が小学生になり、交通機関もだけど、ベガルタも有料になり、連れて行くのに懐に影響するように。結局自分の小遣いから出さなければならず。まだ下の子はいいけど。

宮交(及び市交通局)に仙台市から補てんはあるから、交通事業者としては利益は上がりますが、仙台市の負担はうなぎのぼりに。敬老パスのさらなる見直しは必須のものになるでしょうね。自分が70歳になるころには、そんな制度はなくなっているだろうな。
で、敬老パスは小学生と一緒で半額負担でいいんじゃない?って、タダから1割負担になるのでも、あれだけの猛反対があったし、お年寄りの社会参加や健康維持の面から、地下鉄やバスで出かける効果はあるといわれていのは否定しないですが、ただ単に既得権になっているよねー。JRのみ沿線のお年寄りは使えないし。逆に敬老パスのお年寄り向けに生き残っているようなJRとの平行路線(四郎丸線の南仙台駅以北、高砂駅以西の45号線系統)があったりします。駅間の長いJRを補てんするバスの役割はあるけどね。
途中で、三井アウトレットパークの前を。ここでは、フェリーターミナル行きのバスが満員近い感じで通過。GWだから苫小牧行きのお客さんが多かったのかな。いつもガラガラだからちょっとびっくり。

コボスタで観覧車が注目されているけど、5分で400円よりは15分で500円の方がお得?といっても野球場de観覧車という貴重性・話題性には勝てない。でも高さ50mで悪くない観覧車。水族館で家族連れがこのエリアに増えている好影響があるようですね。

P5050233

もうこの時点で、疲れまくり。下の子歩かない。。。

帰りは駅まで20分近くかかりました。

でも、歩けないこともない距離でした。松島海岸だったら中野栄から電車で20分の駅前。

時間距離は変わらないってことか。電車の運賃は仙台駅から200円と410円なので、半額にはなっていますが。

| | コメント (0)

2016年5月 7日 (土)

近場でGW その(3)アクセス向上!八木山動物公園



GWももうすぐ終わりますが、というか個人的にはとっくに終わっているような感があります。


3日でしたが、近場を攻めて区内の八木山動物公園へ。

こっちも2年ぶり位かな。

P5033144



当然、地下鉄東西線で



 思い立って気まぐれで、子供連れて行ってきました。今年から地下鉄東西線終点駅直結となり、渋滞解消!なんてなるわけがなだろうなと思っていたので、クルマの駐車場待ちで余計なストレス感じたくないし、地下鉄駅改札で動物公園の割引券(大人100円、子供無料)を配っているとのことで、当然地下鉄で行ってきました。

この割引券、地下鉄駅で配布と聞いていたので、長町から仙台駅で東西線乗り換えで八木山動物公園駅まで行きました。乗り換え時間含めて正味25分。でも長町駅からだとバスの選択肢もあるなぁと思いながらも、バスでもこの割引券を配っていたらしいと後で聞くことに。


地下鉄だと一日乗車券が大人620円なので、片道310円。バスだと直通で320円でほとんど変わらないし。まぁ、東西線の利用促進に寄与するのもいいかと。


仙台駅で南北線から乗り換えて東西線ホームへ。時間は14時過ぎでしたが、いつもよりは心持ち人が多いような。
3分ほど待って、八木山動物公園行が来ました。各車両席が埋まり、立ち客もいることからすると車両に50人。4両で200人程度。これでもそれなりに混雑している感がありましたが、定員と比較すると、それでも定員388人からすると50%程度の乗車率になってしまうというのが、いかに詰め込みが効かないミニ地下鉄というのを実感。


東北大でのセンター試験や2次試験で積み残しがあったというのも、明らかに南北線と比べて詰め込めない。詰め込むには、車両数を増やすしかなく、同じミニ地下鉄の大江戸線は8両ですが、仙台の東西線では5両が限界。それでも、定員は南北線の4両で576人に及ばず490人。東西線の現在の利用状況からするとまだまだ増結は遠い未来。。。というか南北線の6両化のように、実現はしない可能性が高いですね。

車内は、ベビーカーの赤ちゃん連れなど、午後の時間でも明らかに動物園に向かうであろう人たちが多く。地下鉄のような交通機関があると、思い立ってすぐに、渋滞を気にせずに行くことができ、効果は大きいですね。

八木山動物公園駅へ

明らかに人が多く、改札口の前では、仙台市の職員が割引券を配ってました。

ところでこの場所で配るのってどうなの?と思ったのは、クルマ利用者でも地下鉄駅まで降りてこればもらえるこの割引券。逆に改札内で配った方がいいんじゃない?と思ったり。

P5033152

また、「動物公園はこちら」と、誘導の先は、明らかに東門(旧正門)の方面に向かう、地上方面出入り口。

地下鉄駅利用者向けの立体駐車場屋上の入り口には誘導されず、外の1階のバスターミナルまでエスカレータ出て、そこからエレベータで屋上に向かいました。

確かに、地下2階の駅から屋上まで直通のエレベータの混雑を避けるためとはいえ、この案内はないよなぁと。東門だと5分は歩くよ。

八木山の再整備に向けて

屋上のてっぺん広場からの西多賀方面の眺め。改めて、こんな場所に地下鉄引いたんだなぁと。どこに行くにもアップダウンあり。でも八木山のような都心部から近い住宅地群の再整備に、地下鉄がかなりのインパクトになる。

P4242775

地下鉄駅徒歩圏の戸建てを探すにも、結構庭が確保できない土地が120平米前後の物件が南北線沿い及び東西線でも東側では多いので、八木山が結構穴場になる。でも徒歩5分でも坂や階段覚悟になりますが、徒歩15~20分の八木山南や松ヶ丘、青山方面など100円バスを使える立地で、ちらほらと戸建ての建売が出ています。

都市計画道路が3本一気に開通し(「長町八木山線」「折立郡山線」「川内旗立線(ひより台大橋」)車でのアクセスが劇的に改善したということも、かなりのプラスポイント。正直地下鉄が出来ただけでは厳しかったと思う。

この条件であれば、長町のモール方面へのアクセスも悪くないし、富谷のニュータウンを選ぶよりは買いかもね。

正直、仙台都心部勤務であれば、富谷を選ぶのってどうなの?と。市制施行を控えているとはいえ、今後の開発余地も小さく、一気に若い世代が入居したということは、八木山のおかれている状況に30年後に直面することに。近くでも、泉区の古い団地が直面している状況(山の寺、松陵、鶴が丘、泉ビレジなど)が参考になります。

町長がぶち上げているLRTとやらは、実現性ゼロだし、地下鉄の開通で息を吹き返した八木山みたいなことにはなりえない。利府もそうだけど。JR沿線が信頼されれば、鉄道沿線への健全な住宅地の展開がなされたんでしょうが、その点JR東日本のやる気のなさが本当に罪深い(札仙広福という地方中枢都市で比較しても)。震災復興に対する余力には感謝しますが。

地下鉄東西線 開業日レポート(2)八木山動物公園駅へ(H27/12/13)

富谷町長選に思う(2015/2/11)

動物公園内へ

割引券を提示し、大人100円、子供無料で入場。西門から入りました。

P5033072

園内は当然にぎわっていながらも、イモ洗い状態ではなく、それほどストレスなく見て回れました。

P5033073

適当にカメラの練習を兼ねて、取ってみました。

フラミンゴ。

P5033080

カバ。なかなか顔を見せてくれません。

P5033075

キリン。さすがに華がありますね。子供も一番キリンを見たがってました。


P5033100

シマウマ。遠い場所にいたので、これは望遠で。

P5033097

ゾウは、その日は屋内にいたので、5分位並んで入りました。

P5033110


サル。先日は、ここから脱走したの?

P5033122


ライオン。これも望遠で。

P5033134



スマトラトラ。お昼寝中?

P5033139



ついでにベニーランドの入り口をのぞいてみました。

中に入ったのは小学校の遠足以来なし。子供は入りたがったけど、夕方から大人千円、子供5百円の入場料を払う気はない。動物園で疲れ切ったし。子供連れは体力勝負です。

P5033146

クルマでも近い場所ではありますが、地下鉄が出来たというのは、仙台市外や県外客にとっても大きいのではと、改めて思いました。

子供連れだとクルマにはなってしまいますが、両方選択肢ができることを前向きにとらえられれば。ベニーランドは、せっかくの眺望や立地条件の改善を活かし、施設のリニューアルを進めてほしいなー。

| | コメント (3)

2016年5月 6日 (金)

近場でGW その(2)蔵王のすいせん祭り

先日、みやぎ蔵王のえぼしスキー場にて、すいせん祭りに行ってきました。

一度行ってみたいと思っていたので、どんなもんかなーと。

P4302883


自宅付近から蔵王は下道でも1時間ちょいですが、さすがGW。グーグルマップを見ると朝の9時頃で286の渋滞が始まっていたので、長町ICから高速で、村田ICまで一気にワープ。

2年前のみちのく公園行きでの大渋滞が頭をよぎり。あとで調べたらその日はARABAKIやってたのね。寄り付かなくてよかった。

宮城蔵王へ

さて、目的地のえぼしスキー場に、スキー目的で行ったのはいつのころかと思ったら、実に14年前でした。

観光客で混み合っている遠刈田温泉を抜け、457号からことりはうすをかすめて、結構奥まで行くんだったと思い出し。

風が強い中、目的地までジャスト1時間程度で到着。

続々と車が到着します。確か協力金が1人520円だったかな。

懐かしいゴンドラハウス。これこれ。

P4302950_2

上のゲレンデまですいせんが咲いていると思っていたけど、ゴンドラハウスの真正面のゲレンデ付近のみでした。それでも見ごたえはあります。

真正面には、残雪が残る蔵王山が。

P4302911

なんと、桜も見ごろ!

すいせんとのコントラストも見事です。

P4302848

P4302859

風の強い日ながらも、ちょうどすいせん畑の辺りはゴンドラハウスとの間で谷になっているからか、それほど風に悩まされることはなく、ラッキー。でも駐車場はすごい風でした。


違う種類のすいせんも。名前は忘れました。

P4302888

P4302845

蔵王酪農センターへ

2時間ほど滞在し、蔵王酪農センターへ移動。チーズを購入。こっちは確か6年ぶり。

Img_0730

Img_0731

低温殺菌牛乳やチーズ飲料、ヨーグルトなどが50~100円で飲める他、様々な味のクリームチーズの試食(クラッカー付き)もあり、気前よくチーズを開けてくれるので、大勢の人だかりであっという間になくなっていくチーズたち。

ついつい玉コンにも手を出してしまう。えぼしでも食べたばかりなのに。あの手軽な山形版ファーストフードは偉大です。

エコーラインの罠

さて、山形蔵王に抜けようと、当然エコーラインを選択。10年ぶり位のワインディングロードを進んでいると、意外に交通量も少なく、対向車線のクルマもほとんどなし。不思議だねーと言っていたら、なんか高原ホテル過ぎたあたりで路面が白くなっているような。。。

P4302963


凍結?でも幸いにもまだスタッドレス履いてるから楽勝!と思って進むと、賽の磧ゲートのところで、何と通行止めマークが!!

つーか、エコーライン入り口に、何も案内なかったんですが

戻った時に大鳥居付近を確認したけど、やっぱ何も案内ないよ!普通「山形側には抜けられません」とか表示すべきだよなー。でも、前日の天気予報では、積雪通行止めの可能性についてコメントしていたとか。。。開通後の通行止めは本当に盲点でした。

P4302966


仕方なく、457に戻り、笹谷峠の山形道一部経由で286で山形県庁付近を通過し、西蔵王高原ラインへ。噴火注意報の時期の観光客激減の影響で一時無料化になっていたっけと思っていたら、この4月から完全に無料化になっていました。

やけに遠回りして、へとへとになり宿へ到着しました。

| | コメント (0)

2016年5月 5日 (木)

近場でGW その(1)山元でいちご狩り

昨年はGWながら仕事でどこにも行けず、家族からブーイングだったので、今年は(自主)出勤日はあれども何とか調整して、ちょこちょこと出かけています。

山元でイチゴ狩り

子どもがイチゴ大好きになってきたので、仙台いちごのメッカ、山元町の山元いちご農園に。

P4292805

常磐道で山元IC近く。仙台から30分ほどで行くことができます。


何も考えずに、適当に場所を決めました。


行ってみたら、常磐線の移設先の高架橋の真横。

P4292831

この線路にまもなく試運転で電車が通ることに。長かったようなあっという間なような。


実は、個人的にいちご狩りは初めて。


ブドウ狩りやサクランボ狩りは山形で体験したことがあるけど、一人1500円という価格にちょっと割高感を感じてました。


普通、400円位のいちご1パックを一人で食べれば、もうそれだけで満足感。というか満腹でもういいやとなってしまうので、1500円というと、4パック分相当。そこまで元を取ることはできないし、食べ放題といってもお得感がなく。


とはいえ、子ども達に体験させるのが目的という大義名分が立ち、震災後に復活したこのいちご園に。


大人1500円(GW頃まで)は他のいちご園も同価格帯のようで、あまり考えずに行ったら、小学生の子供も同料金で、ちょっとショック!


子供料金については、いちご園によって、年齢の区切りが異なるようで、3人分で4500円はちょっと高いなぁ。下の子供は何とかセーフで無料でしたが。GRAのICHIGO WORLDだったら、9歳以下は半額以下の700円で済んだのか~。調べて行けば良かった。

巨大ハウス群

ハウスが立ち並び、昔のカマボコ型のビニールハウスイチゴ園のイメージではありません。


それも、震災後での壊滅的な被害から復活を果たし、塩害などの影響を受けないために、水耕栽培中心で再開したところが多いという話は聞いていましたが、こんなに大規模化されていたんですね。

P4292818

このいちご園は練乳がサービス。

確かに、いちごばっかり食べてると飽きるもんなぁ。

いちご狩りのイメージって、真っ赤ないちごがずらっと並んでいて、取り放題!!というのを想像していましたが、お客さんが多いためか、いちごの生育が間に合わず?結構赤い食べごろのイチゴを探すのが大変。

イメージとしてはこんな感じ↓

P4292816

メインの通路沿いは、やはり先約に食べられてしまい、あまり収穫なし。

うーんと思いながら、子供たちは背が低いのをいいことに、結構食べごろのを探し出しています。


そこで、メイン以外の通路を腰をかがめながら、下から見上げるような感じで再度攻めると、それなりにポツポツと熟れたいちごを発見できました。

中サイズのいちごをおそらく20~30個位食べたところで、30分の時間が過ぎつつあり、あっという間。子供の世話をしながらだと、食べるばかりとはいかず、まぁこのくらいがちょうどよいかなと。


カフェ併設

帰りに、併設の売店兼カフェをのぞき見。

P4292830

カフェのメニューはこんな感じ。いちごカレー?うーん。

P4292827

もういちごはいいやという感じだったのと、カフェも大盛況だったので、がっつり系の食堂へ行こうと、ここでは、いちごのお土産のみを購入。不揃いサイズだと250円×4パックで1000円。これは市価よりも安いかな。


立派なスーパーで並んでいるようなものだと、1パック400円程度。


しばらくいちごはいいかなという感じでしたが、復活したいちご園にちょっと貢献できたので良かったかなーと。

大盛況すぎて。。。

なお、このいちご園は大盛況でいちごの生育が追い付かず、臨時休業や早めに閉園の場合もあるとか(GW中)。

いちご狩り用の10以上のハウスを順番に回しているような感じでしたが、それでも間に合わないとは嬉しい悩み?

なお、GRAの「ICHIGO WORLD」 も同じような状況みたいで、5日は整理券制だとか。

工業製品のような水耕栽培といえども、GWに向けて作り置きする訳にも行かないしね。

| | コメント (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »