« PUBLIC.COFFEE&BARへ | トップページ | 遅ればせながら仙台駅東口レポ(1) »

2016年4月 2日 (土)

鳥の海スマートインターへ

3月19日に利用開始した、常磐道の鳥の海スマートインター(亘理町)を翌日に利用しました。

P3202399

もともと亘理ICで降りるつもりが、行先が急きょ変わり、亘理の荒浜になったので、使ってみようかと、試しに。

亘理ICからは5分ほど。早いといえば早いけど、翌日の河北新聞では鳥の海に行くのに”2分”短縮とのことで、下道が信号がほとんどないこともあり、時短効果はないに等しいんですけどね。

鳥の海ICの場所は、県道仙台塩釜線沿いではなく、県道相馬亘理線沿いで、PA併設なので、中途半端な場所に感じます。まぁしょうがないけど。

先行して供用開始していた、鳥の海PAに接続する形で、震災後に併設が決まりましたが、もともと、個人的にはこの場所に「亘理IC」が出来た方が良かったと思っていました。

現在の亘理ICは、場所は6号線の阿武隈橋の近く。岩沼寄りで実質逢隈ICみたいなもので、6号線との接続が良いとはいえ、亘理の中心部には遠回り。


常磐道のルートが決まっておらず、田んぼを潰す平野案と角田寄りの山沿い案で両にらみできる場所に東部道路の終点の亘理ICが設置されたという経緯があり。亘理で田んぼを潰すことに反対意見があったのと、角田からラブコールがあったとか。

でも、常磐道が町のど真ん中を田んぼを潰し建設されたおかげで、亘理町の津波被害が軽減されたのは、本当に良かった。山を崩して自然破壊して、走りにくいルートにすることはない。

鳥の海PAとスマートインター

上下線併設でこじんまりとしたPAです。

本線から降りた後が、平面交差ありでちょっとおっかない。

トイレと自販機のみのシンプルな設備。高速を降りれば鳥の海に「きずなぽーとわたり」があるとはいえ。福島県の南相馬鹿島SA以北の常磐道・東部道路・北部道路・三陸道では、まともなSAがありません。新設された利府の春日PA位でしょうか。その点は、有料道路方式も組み合わされて作られた仙台近郊区間の成り立ちの故。

P3202397


P3202401

あと、ちょっとした案内版があります。

P3202398


インター部分も、平面交差があり、ここもおっかない。開通直後で自分みたいに試しに使うクルマが多かったので、危なっかしく感じただけかもしれません。普段はそれほど利用者が多くないでしょうね。


P3202395

P3202393


それも、仙台方面からは有料道路の東部道路の料金に加えて、常磐道の初乗り?料金がプラスされ、料金体系が異なる道路の乗り継ぎとなるため、割高感を感じます

一応休日ETC割で確か長町ICから650円。亘理ICまでだと420円なので、プラス230円。平日だとプラス300円程度で行く場所によりますが、微妙です。

逆に、いわきや相馬など、南側への利用は常磐道のみなので、料金的なデメリットはありません。

亘理町としては、鳥の海の観光振興・復興を見据えて、あえて鳥の海という名称をPAとスマートインターにつけたのでしょうから、震災でダメージを受け、日帰り温泉のみ復活している「わたり温泉鳥の海」のレストラン、宿泊施設を含めた全面再開を目指し、その起爆剤にしたいところ。

|

« PUBLIC.COFFEE&BARへ | トップページ | 遅ればせながら仙台駅東口レポ(1) »

県政」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

交通」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« PUBLIC.COFFEE&BARへ | トップページ | 遅ればせながら仙台駅東口レポ(1) »