« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月10日 (土)

楽天 来季に向けて

今シーズンは、デーブ新監督でいろいろと危惧されたスタートでしたが、交流戦までは何とか可能性を残しながら、けが人の多さ、夏の田代コーチの退団でチームがバラバラになり、春先ダントツ最下位だったオリックスにも自滅的な9月の連敗でむざむざと抜かれ、2年連続の最下位に収まりました。

楽天11年目にして、初めてスタジアムに行かずのシーズン。

まぁ、仕事のせいというのが第一ながらも、デーブの試合を見に行く気が全く起こらなかったというのも。コーチとしては嫌いではなかったけど、監督の器ではなかった。

そんなんで、あまりコメントする資格がないとは思いながら。

現場介入の是非

とにかく、この無駄に終わったかに思われたシーズンで、三木谷オーナーの現場介入も含め、有形無形の様々なダメージがあったように思われます。

とはいえ、これもオーナーのチームへの愛というところはあり、やめてほしいが、カネは出してくれるのだから、何とも全否定はし難い。

改めて分かったのは、オーナーの権限が強すぎるだけに、オーナーへのイエスマンだけではこの球団は回らないこと。

日本一のシーズンには、立花社長は散々持ち上げられたけど、この2年間は影が薄い。オーナーに抜擢されたということもあり、またカネはそれなりに使っていて成績が振るわないとなると、確かにオーナーに頭が上がらんだろうな。

それに、デーブなんて、オーナーのごり押し就任で、謝罪から始まる、最悪の就任会見でしたからね。

今シーズン最終盤から、良い流れと思ったのは、前監督の星野SAが9月に副会長に就任したこと。それに、新監督が言わずと知れた近鉄・日ハムでリーグ優勝に導いた梨田氏。

立花社長は、オーナーに逆らえないけど、星野・梨田のコンビであれば、オーナーも越権行為の現場介入は少なくなるだろうし、

まぁ、梨田新監督は近鉄最後の監督という意味では、近鉄の流れを汲んでいる楽天としては、悪くないチョイス。まぁ、近鉄時代の成績はあまりふるわないながらも、日ハムでは実績を残しているので、本人も言うようにコーチに基本的に任せるだろうから、良いコーチが集められるか次第。

例の現場介入騒ぎで、コーチも警戒しているだろうから、池山が戻ってくるのはうれしいことだけど、橋上コーチが1年で退団だし、ちょっと気になります。

ドラフト

仙台育英の平沢で行くという報道がありました。楽天初の野手のドラフト1位。そういえばそうか。

地元出身の大型野手というのは、喉から手が出るほど欲しい。競合はせいぜい2、3球団だろうけど、良い方向性かなと。投手の佐藤君に行くのかなと思っていただけに。

ソフトバンクのような、九州重視路線は良いお手本ですが、これまでは大谷や雄星、由規など、注目されすぎて競合が多かったり、大谷はメジャー云々もあり、著名な東北の選手はあまり獲得できていませんでしたが、銀次の存在が岩手県のファン開拓にかなりの影響があったことや、秋田でも後藤の加入が好影響を与えているなど、2年前の日本一効果は大きいながらも、より東北の選手を重視する方が。

なぜかソフトバンクが東北の選手を重点的に獲得しているというのが悔しい。また、ヤクルトも東北出身が多いのは八重樫スカウトの存在も大きいところ。

スタジアム

 左翼席後方の公園化は微妙だけど、天然芝化は賭けながらも、差別化にはなり得る。これで現球場の簡易ドーム化は(もともと可能性は低くなっていたけど)、完全になくなった。

でもそれはそれで、良い方向かなぁと。

ドームの話は、広域防災拠点次第だし、あるとしても動き始めるのは早くて5年後。それに楽天がある程度出してくれないと無理な話なので、あまり期待はしない。ただ現球場の(ネット裏の)老朽化もあるから、何らかの動きはあるはず。

関連記事

コボスタ 来季より天然芝化! (10/3)

広域防災拠点 事業化へ前進  (H26/1/24)

宮城野原防災拠点構想とドーム球場 (H25/6/4)

| | コメント (0)

2015年10月 5日 (月)

地下鉄東西線のダイヤ決定

先日、東西線開業まであと2か月近くの仙台駅周辺の状況をレポートしましたが、その際、遊びで東西線の仙台駅発の時刻表を作り、UPしてましたが、先週末、ダイヤの概要が発表されました。

正式には開業1か月前の11月6日に公表とのことです。

地下鉄東西線のダイヤ決定

 2015年12月に開業する仙台市地下鉄東西線のダイヤが決まりました。平日は1日150本と地下鉄南北線より約1割少ない本数で運行されます。
 仙台市交通局の計画によりますと地下鉄東西線の運行本数は平日が150本、土日祝日が135本で利用者数の予測などからいずれも地下鉄南北線よりも約1割少なくなります。また平日の始発時刻は南北線と同じ午前5時35分、朝のラッシュ時は5分間隔、夕方のラッシュ時は6分間隔で運行されます。一方、仙台駅を出る最終列車の出発時刻は、月曜~木曜は午後11時59分、金曜日は深夜0時11分といずれも南北線と同じとなっています。
 仙台市交通局では時刻表を11月6日から南北線の駅などで配布することにしています。

(TBCより引用 2015 年 10 月 02 日 19:20)

1)本数

 試運転の既報から、平日150往復は予想できていたのですが、休日は135往復と、平日の9割の本数。それでも十分です。

不確定な部分は、この平日150往復は、金曜夜の増発1本分を含めているのかどうか?

自分の予想時刻表は、”含めて”150往復として作っているので、ご了承を。

(10/9追記:

10/8朝日新聞報道で、”含めず”150往復とのことだったので、多少修正しています)

 運転間隔も、かなり前に情報として出ていますが、

 朝ラッシュ時 5分間隔(南北線は3~4分間隔)

 夕ラッシュ時 6分間隔(南北線は5.5分間隔)

 平日昼間や休日ほぼ終日 7分半間隔(南北線は7分間隔)

と、東西線は60分周期でのパターン化が望める運行間隔です。

予想時刻表を再掲(多少ミス部分を修正)。                                                                           

仙台駅(荒井駅行) 平日[予想]  毎時
    本数
5 47                       1
6 07 23 37 49 57               5
7 05 13 21 29 35 40 45 50 55       9
8 00 05 10 15 20 25 30 35 40 45 50 56 12
9 02 08 14 20 26 32 38 45 53       9
10 00 08 15 23 30 38 45 53         8
11 00 08 15 23 30 38 45 53         8
12 00 08 15 23 30 38 45 53         8
13 00 08 15 23 30 38 45 53         8
14 00 08 15 23 30 38 45 53         8
15 00 08 15 23 30 38 45 53         8
16 00 08 15 23 30 38 45 53         8
17 00 06 12 18 24 30 36 42 48 54     10
18 00 06 12 18 24 30 36 42 48 54     10
19 00 06 12 18 24 30 36 42 48 54     10
20 00 06 12 18 24 30 38 45 53       9
21 00 08 15 23 30 38 46 54         8
22 02 10 20 31 42 54             6
23 06 18 31 45 59               5
24   11(金のみ)                   (1)
150本
仙台駅(八木山動物公園駅行) 平日[予想]  毎時
    本数
5 49                       1
6 03 16 23 30 38 45 53           7
7 00 05 10 15 20 25 30 35 40 45 50 55 12
8 00 05 10 15 20 26 32 38 44 50 56   11
9 02 08 15 23 30 38 45 53         8
10 00 08 15 23 30 38 45 53         8
11 00 08 15 23 30 38 45 53         8
12 00 08 15 23 30 38 45 53         8
13 00 08 15 23 30 38 45 53         8
14 00 08 15 23 30 38 45 53         8
15 00 08 15 23 30 38 45 53         8
16 00 08 15 23 30 36 42 48 54       9
17 00 06 12 18 24 30 36 42 48 54     10
18 00 06 12 18 24 30 36 42 48 54     10
19 00 06 12 18 24 30 36 42 48 54     10
20 00 08 15 23 30 38 45 53         8
21 00 09 18 27 36 45 54           7
22 04 16 28 41 54               5
23 07 20 33 46 59               5
24  11(金のみ)                     (1)
150本

仙台駅発がなるべく00分、30分発になる方が、覚えやすく利用しやすいので、それを前提に作っています。

南北線もいっそのことであれば、東西線と昼と夕ラッシュ時の運行間隔を合わせた方が、(わずかに減便にはなれども)使い勝手が良くなるのではないかと思います。30秒間隔を伸ばすだけなので、体感的にはほとんど変わらないし。

そのわずかな減便分を、深夜帯の間隔を狭める(10分間隔に)してくれるとうれしい。

2)運行時間

始発駅ベースで、5時35分発、仙台駅ベースで23時59分発で合わせるとのことで、

これも予想通り。

仙台駅で、新幹線の6時過ぎの始発に間に合うように設定されています。

まぁ、昔は6時4分のやまびこ始発が東京に8時24分と最も早く到着する新幹線でしたが、現在は、6時36分発のはやぶさが8時7分着と東京駅に最も早く到着となり、5時台の地下鉄に無理に乗る必要性はなくなっており、存在意義は小さくなっている面も

新幹線の乗り継ぎが関係ないからか、札幌市地下鉄では始発駅6時からの運行の反面、夜は始発駅24時が最終で、仙台と比較すると、30分ほど運行時間が後ろに延びています。

深夜も、通常やまびこ最終の到着が23時47分で、最終到着に合わせています。

南北線開通当初は、確か新幹線の最終に接続せず、23時半過ぎ発が終電でした。

そこから考えると、金曜日の増発も含めて東西線は最初から便利に利用できます。

なお、金曜日のみの最終やまびこが23時52分着ですが、JR駅からロフト付近地下通路経由での近道が完成するので、荷物がなければ23時59分に間に合いそう。

JRは、4方面(本線南北、仙石、仙山)が24時2分発で、新幹線最終から間に合いますが、それに地下鉄4方面の23時59分発と合わせて、利府線、常磐線、空港線以外の8方面は仙台駅発ほぼ24時前後に終電となります。

3)南北線⇔東西線の乗り換えは

公式には、

①両駅間を乗換時間待ちを含めて5分程度で乗り換え

②南北線と東西線の発車を交互にし、乗換の待ち時間を少なく

的なことが公表されています。

ただし、少なくとも現在の南北線は、仙台駅での南北両方向の発車時刻は揃えていません。

東西線はどうなるかはわかりませんが、60分毎のパターンダイヤになるので、やろうと思えば可能。ただし、両方向の電車が同時にホームに発着すると、乗降客でホームや乗り換え通路が混雑するので、多少発着時間をずらして、荒井行と動物公園行を交互に発車させる可能性も高いです。

なので、①も②については、あまり期待できないかと。スムーズに乗り換えできるかどうかは時の運になりそう。朝は両路線とも頻繁に出ているから、ロスは小さいと思いますが。

少なくとも、終電間際で定禅寺通付近から

 勾当台公園駅→(仙台駅経由)東西線

に乗り換えようとする場合は、

23時44分発→23時47分着→(乗換) 23時59分発となり、

仙台駅で乗換時間を合わせても12分のロスになるんで、よっぽど、一番町アーケードを突っ切って、東西線の青葉通一番町駅に向かっても変わらないかな(荒井行は23時57分発、動物公園行は24時1分発)。

広瀬通に近い国分町通であれば、迷いなく青葉通一番町に向かうだろうけど、酔っ払っていたりすると、どの駅に向かえば良いかが難しいな。

なお、追加で、土日祝日の仙台駅発時刻表イメージも作ってみました。

昼間と22時以降の時間帯は平日と同じで、朝夕ラッシュ時の本数を7.5分間隔にするとこんな感じです。当然この通りにはなりませんが、イメージが分かれば。

                                                                                                                                           
仙台駅(荒井駅行) 土日祝日[予想]  毎時
    本数
5 47                       1
6 07 23 37 49 57               5
7 06 14 23 30 38 45 53           7
8 00 08 15 23 30 38 45 53         8
9 00 08 15 23 30 38 45 53         8
10 00 08 15 23 30 38 45 53         8
11 00 08 15 23 30 38 45 53         8
12 00 08 15 23 30 38 45 53         8
13 00 08 15 23 30 38 45 53         8
14 00 08 15 23 30 38 45 53         8
15 00 08 15 23 30 38 45 53         8
16 00 08 15 23 30 38 45 53         8
17 00 08 15 23 30 38 45 53         8
18 00 08 15 23 30 38 45 53         8
19 00 08 15 23 30 38 45 53         8
20 00 08 16 24 32 40 48 56         8
21 04 12 20 28 36 44 52           7
22 00 10 20 31 42 54             6
23 06 18 31 45 59               5
135
                                                                                                               
仙台駅(八木山動物公園駅行) 土日祝日[予想]  毎時
    本数
5 49                       1
6 03 16 29 42 50               5
7 00 08 15 23 30 38 45 53         8
8 00 08 15 23 30 38 45 53         8
9 02 08 15 23 30 38 45 53         8
10 00 08 15 23 30 38 45 53         8
11 00 08 15 23 30 38 45 53         8
12 00 08 15 23 30 38 45 53         8
13 00 08 15 23 30 38 45 53         8
14 00 08 15 23 30 38 45 53         8
15 00 08 15 23 30 38 45 53         8
16 00 08 15 23 30 38 45 53         8
17 00 08 15 23 30 38 45 53         8
18 00 08 15 23 30 38 45 53         8
19 00 08 15 23 30 38 45 53         8
20 00 08 16 24 32 42 52         7
21 02 12 22 32 42 52             6
22 04 16 28 41 54               5
23 07 20 33 46 59               5
135本

(追記 10/9)

多少情報が具体的なので、追記しました。なお、運行間隔を示す時間帯は、基準が始発駅か、仙台駅かで変わってくるので、未確定要素ではあります。

12月開業の地下鉄東西線、ダイヤを発表 仙台市

仙台市は6日、12月6日に開業する地下鉄東西線運行ダイヤを明らかにした。始発と終電の時間は地下鉄南北線と同じで、始発は西端の八木山動物公園駅、東端の荒井駅をともに午前5時35分に出発する。仙台駅を出る終電は、午後11時59分発になる。

 通勤、通学ラッシュとなる平日午前7~8時台は、5分間隔で運行する。午前9時~午後3時台は7分半間隔、午後4~8時台は6分間隔で、計150往復を走らせる。金曜日は終電を1往復増便する。休日は、早朝と深夜以外は7分半間隔で、計135往復を運行する。

 東西線は、市内の13駅13・9キロを26分で結び、初乗り運賃は200円。時刻表は、11月6日から南北線の各駅などで配られる。(10/8 朝日)

| | コメント (0)

2015年10月 3日 (土)

コボスタ 来季より天然芝化!

1日に明らかになったこのニュース。

期待させながらも、芝生の定着が難しく断念との話だったけど、本当にやるんだ!

また、30億の球場への投資とのことで、これで楽天があの”宮城球場”に投じた金額は100億近くになるのでは。下手したら3万人収容規模の球場1つが新設できる金額。それをどう考えるかですが、毎年のように変化があるというのは、ファンにとっても目新しさを楽しむことができるので、こういうのもありなのかな。

コボスタ宮城30億円大改修 内外野天然芝、世界に誇れるBPに

総額30億円の大改修だ!楽天が本拠地で開幕を迎える2016年シーズンに向け、今オフにコボスタ宮城の大規模な改修工事をすることが30日、分かった。最大の目玉はメジャーで主流となっている内外野の天然芝化。その他にも左中間に「公園席」を設置し、観客動員数も3万人を超える見込みだ。11月下旬に着工予定で、ボールパーク化をさらに進める。梨田昌孝氏(62)が監督に就任する来季は球場、首脳陣ともにリニューアルし、2年連続Bクラスから巻き返す。
(途中略)

 今回の改修では天然芝の他にも左中間席の後方にパドレスの本拠地であるペトコ・パークを手本とした広大な敷地の「公園席」を設置する予定。収容人数は3万人以上(現在は最大2万8451人)となる見込みだ。また中堅のスコアボードも全面改修される。総工費約30億円の大改修は、11月下旬にも着工される。(スポニチ10/1より引用)

M_sponichispngoo201510010097

とうとう天然芝化

 散々ぶち上げながら、断念とのことで、屋根なし球場での中止の確率が上がる可能性や、稼働率の問題もあり、なかなか難しいのかなとは思っていました。

個人的には、別に大リーグ風”ボールパーク”信者でもないし、身の程知らずのドームクレクレ派でもないので、人工芝であってもやむを得ないというか現実的かなとは思っていました。

現在の仙台での観客動員力、チームの実力からは、公称2万8千人強(実質最大2万6千人)という観客動員は十分だし、球団の球場投資や観客動員の営業努力状況からすると、文句を言うのはおこがましいと。

でも、これ以上の球場の差別化を考えると、天然芝化というのは最大級の取り組み。

ドーム球場が4球団のパリーグで唯一の天然芝本拠地となります。

楽天野球団にとっても、中止のリスクが増すことと、観客動員の増とのバランスからすると、一種の賭け。

というのは、仙台人の性格からすると、天然芝に価値をあまり感じない。基準は東京他の大都市なので、ドーム絶賛という人が多い。広島のように自然に天然芝が受け入れられるような素地もなく、マスコミや他チームファンからの賞賛でやっとその価値に気づくということが予想されるなーと。

 楽天も、この土台はボロボロでいつまで使えるかわからないこの球場にさらに30億投資とのことで、感謝感謝。

とはいえ、10年後には、バックネット裏の部分は根本的な改良・改修が必要かと。外周部分にボールパーク養成ギブスをはめているけど、バックネット裏は築65年というのは変わらない。それをどうするのかな。そのほかの内外野スタンドは新築なので、最も客単価が高いネット裏が一番ボロイという矛盾。でも宮城球場の記憶を呼び起こさせる一角なので、この部分をうまく延命させられないのかな。

外野左翼の公園化と3万人以上収容へ

これは面白い取り組みだと思います。公園化で、子供連れとかも飽きたときに公園で遊ばせたりという自由度が高まるので。野球の3~4時間ゲームというのは本当に長い。子どもは飽きてDSというよりは、どんな公園ができるかわからんけど、暇つぶしにもいいのかな。

ただ、わざわざ30000人収容としてぶち上げる内容かは?

冷静に考えると、1500人収容の仮設スタンドを撤去すると、公称27,000人弱に減。

その跡地に整備する公園風芝生席に3000人収容すれば、3万人越えになる。。。??

3千人収容スタンドというのは、H26シーズンに左翼外野側に整備されたバイバーシート他の部分と同規模。

それが、公園・芝生席に収容できる訳はない。公園部分は5千平米超とのことで、まぁまぁ広いけど、どのような形態になるのかはわからないから、何とも言えんな。」

それに、現在でも試合途中での退場・再入場の仕組みから、子供が飽きた場合は外にでることも可能だから、わざわざ公園を球場内に整備しなくともと。

まともに試合が見える席としては逆に収容人員が減ると思った方が良いでしょうね。

でも、現在の観客動員からすると、ちょうど良い改修ではあるかなと。

その他

 電光掲示板の改修とのことで、縦10m×横25mであれば、現在の掲示板から置き換えになる迫力のあるビジョンになります。

コボビジョンと呼ばれる右翼席後ろの巨大ビジョンもあり、必要性あるの?とは思いますが、10年ひと昔だし、ヤフオクドームのビジョンの迫力をまねるような感じかな。

天然芝でボールパーク化の一方、球場のゲームセンター化?が進みます。

なお、約2か月後の12月6日に、球場のもう一つの最寄駅になる、東西線薬師堂駅が開業します。

来季からは、

1)仙台駅からシャトルバス(5分)

2)仙台駅から徒歩(20分)

3)JR仙石線宮城野原駅(電車5分+徒歩5分)

に加え、

4)地下鉄東西線薬師堂駅(電車5分+徒歩10分)

で、東西線沿線居住者はもちろん、地下鉄南北線沿線利用者からすると、運賃も安くなり選択肢が広がることに。

夜間帯でも21時台は10分おきの運行が予想されるので、仙石線よりはましに。

臨時列車を出してくれればうれしいけど、地下鉄が独占のユアスタの試合でも臨時を出さない仙台市交通局だから、東西線では望み薄。仙石線宮城野原駅とか仙台駅(徒歩・シャトルバス)に分散するし。

札幌の札幌ドーム最寄の東豊線では、臨時列車を増発して乗降客の増加につなげているようですが。

来春は、ホーム開幕が改装後の球場のお披露目となります。

いろんな意味で楽しみです。

| | コメント (8)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »