« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月25日 (土)

仙石東北ライン ダイヤ正式発表

木曜日に発表された、5月30日に仙石線全線再開とともに運行開始する仙石東北ライン。

期待させといて、がっかりパターンだなぁと思っていたら、案の定。

自分が予想したパターンダイヤにはなっておらず、分かりにくいお得意のランダムダイヤ。

それに、特別快速の仙台石巻間52分が、記録用でほとんど使い物にならない時間帯というのは周知のとおりですが、朝ラッシュ時に、石巻から仙台までの運行がたった1本のみ。

それも、現在の石巻線・本線経由のノンストップ快速のスジを利用するので、ほとんど石巻駅からの利便性は変わらない(もちろん、矢本や蛇田などの途中駅利用者にとってはそれでも待ちに待った開通ですが)。

6時35分石巻駅発で7時35分に仙台駅着って早すぎる!

次の仙石東北ラインが石巻駅8時11分発って、当然通勤通学には使い物にならない。

全線仙石線経由(ややこしい)だと6時48分発というのがあるけど、あおば通駅に到着するのが8時20分!仙石東北ラインの陰に隠れて、仙石線経由はやけにスピードダウンしているような。

1時間半かけて30もの駅を各駅停車の仙石線あおば通行きを使うっていうのは苦行でしかない(座れれば良い睡眠時間になるけど)。

そうすると、6時35分発の快速に乗客は集中することに。実際震災後の人口移動で、石巻や東松島市から仙台方面への通勤通学客がどの程度まで落ち込んでいるかにもよりますが、途中駅からは座れるのか?

逆の仙台→石巻通勤は改善に

震災前は6時半頃仙台発の快速が7時40分頃着で早すぎ。6時40分頃の各停が8時10分頃着と、何とも微妙な時間帯でした。現在も直通快速は同じような感じなのですが、

 6時26分仙台発で7時半石巻着(片道64分)

 7時24分仙台発で8時18分石巻着(片道54分!)

と石巻駅付近の職場であれば、7時24分発でなんとか間に合うことになり、体感的に1時間近くは短縮になります。

対象になる人は少ないにせよ、こっちは劇的な開通効果が見込めます。

多賀城・本塩釜からは改悪

当初は全然仙石線経由の快速も残すとJRからのコメントもありましたが、結果的に快速は全部が仙石東北ライン経由となり、多賀城駅や本塩釜駅は全て各停になりました。

このこと自体は分かりやすさや、仙台駅近郊の利便性向上(快速の時間帯に通過駅で30分待ちが解消される)ので、歓迎でしたが、ただ、石巻方面との利便性の低下を最小限にするためには、高城町駅での仙石東北ライン⇔仙石線(本塩釜方面)との乗り換え時間が5分以内であればと思っていました。

やはり、JRがそんな乗客の利便性を考えるはずもなく、高城町で10分程度の待ち時間があたりまえという、配慮のないダイヤになっています。

それだったら、「文句があるんだったら、乗り換えのない石巻行各駅停車を使え」と言わんばかり。確かに各停がほとんど存在価値がなくなりそうなので、乗客の分散のためにはやむを得ないんですが。

Img_8334

確かに、(何の制約もなさそうな)岩切駅で利府方面との乗り継ぎ区間電車の待ち時間が10分程度というダイヤを組んでいるJR東日本からしたら、問題とも感じないのでしょう。

政令市とはいえ、(首都圏と比べると)競争がない地方都市に対する扱いと考えると、こんなものかと納得するしかなのですが。

夜間帯は

従来の仙石線快速と比べると、1時間毎で20時台までの運行というのは変わらないまでも、所要時間は5分程度の短縮にはなっています。

それをどう捉えるかです。

21時台以降は、30もの駅を1時間20~30分かけて帰るしかない。これも震災前と同じとはいえ、あまりにも改善感がない。

終電は22時50分あおば通発。石巻駅に到着が0時10分と相変わらずの拷問です

高速バスとの競合

震災後は、石巻と仙台間のメインの公共交通機関として大活躍だった宮交の三陸道経由の高速バス。最近は三陸道が大部分が片側2車線化され、渋滞に巻き込まれることも少なくなり、残るボトルネックの1車線区間が残る利府JCT-仙台港北ICもあと1年程度で4車線化が完成するので高速バスとしては競争力強化となり、本来大歓迎のはず。

しかし、仙石線全線開業&仙石東北ラインの開業で、特に通勤通学客が電車に戻ることが予想されるほか、そもそも現在のバス運転手不足の解消のため、あえてこの石巻行高速バスを大幅減便させ、運転手を他の路線に振り向けるという可能性も高いです。

この石巻への高速バス。東部道路の仙台東IC経由になり、大分改善されたとはいえ、ICから都心まで一般道で2~30分以上かかり、定時性が確保できないネックがあります。

よって、この情勢では、無理に真正面からJRに競争はしないと。

もちろん宮交が一部請け負っていたJR仙石線代行バスがなくなるため、運転手不足も多少解消されますが、JRとの共存関係が成り立っていた状況もあり、ここは1時間1本程度までは大幅に減便になるかと思っています。

何か、正直喜んで良いのかがわからないです。

複雑な気持ち

もちろん、東北線方面(岩切・塩釜方面)から石巻への直通の電車が走るということは大きいと思いますが、それも1日14本のみ。だったら、松島駅と高城町駅を接続線部分に統合させて、鹿島台・小牛田⇔塩釜・多賀城 の乗り換えも容易にしたりという方がよっぽど良かった。

と言いながらも、トータルとして多少は良くなる面もあるので、開通したら割引切符も出るようなので、乗ってみたいとは思います。

ちょっと感じたのは、仙石東北ラインとしては、松島~東松島の閑散駅(手樽~東名)をすべて通過する形にしたのは、将来的にこれらの駅に全て停まる仙石線各駅停車を減便させて、逆にこれらの駅を全て通過する仙石東北ラインを増発する形も考えられるのでは。

上記の閑散駅のうち、東名は野蒜北部の集団移転先となり、利用客は見込めますが、その他の駅は、ほとんど利用者もおらず、仙山線の西仙台ハイランド駅のように廃止したいのがやまやまながらも、利用客がわずかでもいるからには廃止はできない。でこれらの駅のために所要時間もかかる。

その代わりに仙石線のネックだった、これらの閑散駅対策として、「仙石東北ライン」の快速が運行されたのかとも思いました。

仙石東北ライン・仙石線時刻表

時間があればもう少し考察してみたいですが。。。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2015年4月20日 (月)

あすと長町の近況(H27.4)

週末のうちにまとめて記事を書いておきます。

オーヴォ情報の他について。

ツルハあすと長町店(山一ビル)

16日(木)にツルハあすと長町店が、ヨークタウン大通り向かい、ワールドの復興住宅の北側にオープンしています。まだ行けていませんが、広告を見る限りではかなり気合が入っています。これは工事中の写真。

Img_8559

Img_8751

なおツルハは、生協太子堂店の敷地内と、同じ生協長町店近くの旧農協跡地(建て替え中の松本小児科北側:上写真)にも最近オープンさせているので、ドミナント化とはいえ、ちょっとやりすぎ。最近はヨークや生協もこれまでは考えられない戦略で集中出店を図っていますが、このツルハはさらにコンビニ並みの立地戦略かと。

あすと長町中央公園

地区随一の広さを誇る公園が3月にオープンしています。

イチョウの葉型の街区丸々を使った贅沢な感がある大規模公園です。

丘で高低の変化をつけたり、芝生広場、子どもの遊具の広場、バスケットコートなど、周りの単なる児童向け公園とは一線を画した形です。

Img_8622

場内は様々な桜が植えられているとのことですが、自分が行った3月時点では当然咲いておらず、そもそもかなり若木を植えている印象で、花見ができるのはこの街が熟成する段階まで待たなくてはという感じです。

Img_8615

遊具自体は、周辺の近隣向け児童公園とそれほど変わらないけど、付近の地面はゴム製のクッション材が敷き詰められており、雨の後でも影響はないし、もちろん足への負担が小さく、工夫されています。

Img_8616

芝生広場は、まだ養生中で入れず。かなりの広さです。ペット対策も講じているようですが、飼い主にはマナーを守ってほしいもの。

Img_8618

これはバスケットコート。結構人気があります。なかなかないですからねぇ。ただ、フェンスが低くボールがフェンスを越えてしまうこともあり、ちょっと大変。

Img_8617

公園の北側には、右はナイスの分譲、左はワールドの復興公営住宅で、大規模公園を前に非常に環境が良いながらも、ワールドの方は、野村とのJVで目の前に24階建ての大規模マンションが建つため、眺望が望めるのはあと1~2年のみです。

公園には駐車場がないため、外周の区画道路には結構な数の路駐が見受けられました。行ったときにはナイスのマンションの引っ越し時期に重なり、支障も出ており、対策が必要だなぁと。

仙台PIT

ホームページによると、来春(H28春)にオープンが延期になったとのこと。

また、さりげなく規模も1200人規模と2割縮小されました。

これでも仙台では最大のライブハウスですが、旧ゼップが1500名規模(全国最小)だったので、それを満たせないというのは、ライブハウスツアーの面からも規模が小さいとうまく読んでこれるかなという懸念も。

またプリプリ側の1000名規模のライブハウスとの関係も未だ明らかになっておらず、一本化される可能性があるのかどうか。現地看板は以前のものです。

Img_8547

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月19日 (日)

オーヴォ仙台公演間もなく!

今日は休息日でグダグダ家にいましたが、これではまずいと思い、夕方ゼビオ方面に散歩に出かけました。

23日に開幕するシルクドゥソレイユのオーヴォ仙台公演。福岡公演が5日に終わり、そこからテントはあっという間に建ちました。

Img_8747

某運送業会社が所有しているはずの土地だけでは足りず、杜の広場側にエントランステントが完全にはみ出ており、杜の広場のタイル敷きの部分の半分以上がオーヴォ用に使用されています。

当初、あすと長町開催と聞いて、この場所は狭すぎるので無理と判断していたけど、このように杜の広場部分を臨機応変に貸し出すなど、広場を管理している仙台市はけっこう融通が利くようです。

一方、ゼビアリでのイベント開催に影響があるのではと。

今日は、89ersのホーム最終2連戦で、夕方からブースターが集まってきていました。

Img_8743

しかし、オーヴォのエントランステントが広場の半分以上を使っており、bjリーグなどのスポーツイベントでは問題ないけど、ライブなど、列整理が必要なイベントでは、杜の広場がほぼ使用できないのは厳しいかと。

Img_8748

ゼビアリのイベントカレンダーを見る限りでは、オーヴォ開催の1か月半の間は、小規模な音楽イベント以外は、催事の使用予定なし(公表してないイベントがあるのかもしれませんが)。ゼビアリにとっても、ライブなどでの使用に制約がある時期で、お気の毒な面も。

その辺はうまく調整ができていると思いたいですが、広場も含めて活用した(いい意味での)融通さの裏には犠牲になっていることもあるのかと。

と気になる点を書いてしまいましたが、もちろんこの1か月半のロングラン公演として、満席だと1公演3千人近くの観客が集まるこのイベント。長町商店街を含めて周辺の飲食店などには特需とも言える経済効果を生み出すでしょうし、この辺に継続的な活気が生み出されます。

アクセスについて

ただ、現市立病院予定地の敷地を利用した前回、前々回とは異なり、あすと長町の都市開発が急激に進展し、駐車場は今回確保せずに、周辺の民間駐車場頼みという状況。

公共交通機関の便は、ゼビアリと同様JR・地下鉄の両長町駅から徒歩5分であり、2800名定員という規模を考えると、ゼビアリイベントよりも1回あたりは小規模だから対応はしやすい面があります。

しかし、催しの性質から車で家族で見に来るという割合は多いと思われ、駐車場の需要は通常ライブに比べると高い。

周辺駐車場について

昨年のIKEAオープンを機に、一気に変わったあすと長町の駐車場環境。

過去記事

 IKEA仙台 周辺の民間駐車場(コインパーキング)(H26/7/13

長町駅東口には、平面で2か所の比較的大きめのリパーク(長町駅正面、イオンタウン予定地が1日700円)があります。ここが一番確実かな。

※最近コインパーキングの価格設定がころころ変わるので、一応現時点のものということをご留意下さい。実際利用する時はネット等でご確認を。

一方、ヨークタウンはIKEA対策で違法駐車への対応を厳しくとってきて、無料時間の短縮などを図りました。

同様に、最近ゼビオあすと長町店の駐車場料金体系が一気に変わっているので、注意して下さい。

ゼビアリでのイベント時には、屋上まで満車になっており、リパークのコインパーキングとしての管理のため、一般車もウエルカム状態でしたが、さすがにイベント時には店舗利用者、グランスポールのジム利用者に影響が生じたのでしょう。ヨークタウンまで厳しくはないにせよ、店舗利用者以外の利用料金を無料時間超過分は30分500円とし、イベント利用者を排除する方向(またはイベント利用者にも買い物してもらう)に変えてきました。

Img_8755

400台程度の収容で、イベント時に力を発揮していたこのゼビオ長町店の駐車場ですが、ここがあてにできないとなると、上述の駅前の平面リパーク2か所が中心となります。

また、オーヴォ北側のSHIPS駐車場も、以前は駐車場に余裕があり12時間600円で外部利用も排除していませんでしたが、オーヴォを前に「施設利用者以外の駐車お断り」に方針を変更してきました

Img_8761

当然市立病院駐車場も対策を講じてくるでしょう。

そうすると、なるべく車での来場を避ける方が得策かと思いますが、そうはいかない方で周辺の駐車場が満車になってしまった場合は、太子堂駅周辺に点在している1日4~500円という格安の平面コインパーキングや、商店街側の小規模コインパーキングなどを探すなどが必要になると思われます。

いずれにせよ、この1か月半は長町周辺は良い意味(賑わい)でも悪い意味(渋滞)でもホットな時期になりそうです。

| | コメント (4)

2015年4月18日 (土)

仙台パルコ新館の建築概要

前回の記事から10日が過ぎようとしているので、1週間から10日に一度更新という目標を立てたからにはと、パソコンに向かってみました。この繁忙期がいつまで続くか読めないので、しばらくこんなペースです。 昨日仙台市のHPで見つけたのが、仙台パルコ新館の大規模小売店舗立地法上の届け出内容。

概要

○地上10階地下2階

○店舗面積9,891㎡、他シネコン4,771㎡

○物販店舗は1~5階

○シネコンは6~9階

○10階はイベント広場?

○地下1~2階は、駐車場、駐輪場やバックヤード

とのことです。店舗面積が思ったより小さいなぁと思ったら、

立地法では店舗面積のみの届け出となり、シネコンは別扱いなので、

合わせると15,000㎡弱と、それなりの床面積になります。

店舗内容はまだ未定とはいえ、イメージはつかめてきました。

残念なのは。。。

届け出内容を見ていて、残念に思ったのは、店舗が地上部分のみで、地下部分はバックヤードとしての利用。といっても既存の地下鉄南北線、出入口工事中の地下鉄東西線の仙台駅コンコースから、店舗地下部分に直結させるのが前提と思っていたら、接続はされずに、一度地下鉄出入口でツタヤ付近の地上に出て、1階から入る形になること。

Images

当然、JR仙台駅方面からは、ペデストリアンデッキ経由で2階から入る形ですが、せっかくの地下鉄2路線に接する良好な条件の商業開発で、さらに地下の工事も行うのであれば、地下に店舗を設けない場合でも、エスカレータやエレベータでの接続でスムーズに地上店舗に、雨にぬれずに入れる形にすると思っていました。

地下に店舗がなくとも、長町南のモールとララガーデンは、エスカレータで店舗1階に接続する形をとっているので、あえてこのような不便な形をとるのはちょっと意外というか残念です。

一方、藤崎は

大々的に17日改装オープンしたのは、藤崎本館地下2階の「マイキッチン」。

地下鉄東西線の駅が目の前に設置されるのに、出入口の設置を渋り続け、直前に角の簡易な暫定の新館の地下で、駅と直結される形になりましたが、その新館地下経由で、地下鉄駅から本館への入口となる地下食料品売り場の改装が行われました。

Img_8736

これまでせっかくの地下鉄駅への直結通路及び出入口の設置を渋っていた理由が全く分かりませんが、何はともあれ12月の開業及び駅設置に向けて、順調に進んでいます。

ライバル(三越伊勢丹で同グループにはなりましたが)の三越仙台店は、定禅寺館(旧141)も含めて地下食料品売り場はいつもかなりの賑わい。当然勾当台公園駅に直結しているが故の賑わいというのもあります。

帰り際にふらっと買っていける利便性は、特に地下鉄で通勤している忙しい奥さん方には強い味方。

食料品売り場としては、一応さくらの百貨店も地下鉄仙台駅コンコースから地下2階経由でつながっています。

ヤマダLABI(旧十字屋)も、イービーンズも同様。

地下街がないとよく言われる仙台。エスパル地下部分とか下手な地下街よりも立派な場所もあるので、別に個人的にはこだわってないですが、その代わりせっかくの地下鉄駅に隣接している商業施設は、直接地下部分から入れるようにすることが、地下鉄側と商業施設側でwin-winの関係を築くことができると思います。

もしかしたら市交通局との協議中なのかもしれないし、図面をよく見ると、店舗の東側に仮設換気口とか換気口予定地と記載されている部分もあり、この部分がちょっと気になる。今後の動きを期待して見守っていきます。

参考

仙台市大店立地法HP仙台パルコ新館届け出図面

| | コメント (0)

2015年4月 8日 (水)

エアアジア・ジャパン 仙台空港就航へ

これだけというのも申し訳ないので、最近のトピックで何かあったかなと思いだしてみると、

すぐに浮かんだのは、日本市場に再参入するエアアジア・ジャパンの仙台就航発表。

この件は、裏情報で数か月前に準備中であることを聞いていました。

エアアジアが拠点を置く中部国際空港(セントレア)と結ぶ路線となり、秋以降の就航が予定されています。

仙台と名古屋は、近年でこそトヨタ関係のつながりも深くなっていますが、だからこの路線ができるわけではない。既存路線はANA及びIBEXのバスみたいな小型機しか飛んでおらず、本数は1~3時間に1本で7往復では、座席供給数は限られる。というかほとんど存在感がない。

一方新幹線では、のぞみの「名古屋ー東京」と、はやぶさの「仙台ー東京」はともに1時間半強であり、特にのぞみは10分に1本なので、乗り継ぎがあるとはいえ、うまくいけば、3時間半を切り、新幹線が断然競争力を持っています。なので、直前予約が多いビジネス客は当然ほとんど新幹線利用。

セントレアの遠さも理由の一つ。名鉄のアクセス鉄道の本数は(仙台空港と比べると)そこそこあるけど、40分位はかかりやっぱり遠く感じた。

LCCとしての就航目的

しかし、LCCとしてエアアジアが就航するとなると、また話は違ってくる。

現在は新幹線だと片道2万円で、飛行機だと直前で3万とかあまり競争にならない。時間も変わらないし、空港に行く手間を考えるとメリットは小さい。

一番のターゲットは観光客。航空料金が片道5000~1万円であれば、名古屋自体への需要の他、三重県の伊勢志摩、北陸方面に縦断して高山・白川郷などという周辺の観光地は魅力的であり、かなりの掘り起しが見込めます。当然、中部インで関空アウトという周遊コースもあり得る。

逆もまた然り。名古屋周辺からの東北への観光需要も、震災後で原発事故の後遺症もありながらも、ある程度は見込めます。

東北からだと、新幹線も直通ではなく、車でも遠いので、相互になかなか行きづらかったエリアへの心理的な壁がかなり取り払われます。

そうすると、ANAとIBEXが細々と運行している既存路線にかなり深刻な影響が出てくるというのは、レガシーの伊丹とLCCの関空でうまく棲み分けしている大阪と違って、名古屋はほぼ遠いセントレアのみに集約したため。

でも乗客からすると、大歓迎の話。

ただ、本数については、1日2往復程度からの開始が予想され、夜間駐機もないので、日帰りにはちょっと滞在時間が短い感じになりそう。

仙台空港は、ピーチの拠点化(夜間駐機)が2017年夏までに実現とのことですが、同様に村井知事からアプローチしていたエアアジアの拠点化も有力と言われています。

両者が拠点化で競争すれば、利用者にとっても料金面での競争も期待でき、スカイマーク撤退で利用者の一時的な減が予想される仙台空港の再浮上に向けて、来年の運営民営化も見据えて、いろいろと楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早くも新年度

ご無沙汰しております。20日近くも空いてしまいました。

怒涛の年度末と年度初めを過ごしており、とても更新できるような状況ではなく、その状況は当分続きそうです。1週間から10日に1回程度の更新を目標に細々とやっていきます。

それか、単発的にtwitterで情報をUPするとか。

そんな感じです。あしからず。

| | コメント (2)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »