« 仙台空港国内線 H26年の利用好調(2) | トップページ | あすと長町の近況(H27.1) »

2015年1月10日 (土)

ベガルタ2015シーズンの展望

早くも開幕2か月を切りました。本当にサッカーはオフシーズンが短い!とはいっても3月4月は仕事が繁忙期なので、シーズン当初はなかなか行けなさそうです。また嫁の冷たい視線を浴びながらは行きづらい。

大幅な選手の入れ替わり

30歳前後の主力選手が次々と引退・引抜きでの移籍し、これまでのテグを中心としたファミリーとして移籍を留まられせてきた反動が一気に出た感が。

まぁ、心配ではあるが、出て行ったのがレギュラーでは各ポジション1名程度なので、なんとかなる。

赤嶺は惜しいけど、太田は年もあってあの走力を武器とするプレースタイルにキレがなくなってきたところ。得意のクロスから得点を呼び込むことも今年は少なくなり、そろそろ厳しいかなと思っていたので、欧州移籍(結果的には奥州移籍)を名目に飛び出した古巣磐田に戻るというのは悪い話ではないかな。

角田もまだまだ戦力になるけど、監督とうまく行っていなさそうで一時期ベンチ扱いだったし、富田とのコンビがいつまで続くかということを考えると、若手にチャンスを与えられるので、これも仕方ないかと。川崎に移籍とのことで、敵にして戦いたくないですが。

DFも広大は近年サブ扱いで、本人的にも常時出場できるチームを求めるのは分かるし、引き留めもできなかったんだろうな。

あと、お疲れ様の柳沢は、チームがこれまで引退を引き留めていたということを知り、ちょっと申し訳ない気分に。コーチとして残ってほしかったけど、さすが鹿島からのオファーがあれば断れないかと。鹿島は功労者に対しての処遇もさすが。

なお、武藤は前の記事で感想は書いているので、ここではノーコメント。

これで、一気に若返りが図れることになり、チームが生まれ変わる良いチャンス。

J1昇格した松本から復帰するFW山本、J2長崎から復帰する奥埜は期待できるし、そのほか、いきなりまとまって加入発表がったので、あまり動向を追えていない(というか知らない選手が多い)けど、まだ聞いたことがある大宮の金久保や磐田からの金園はもうひと頑張りできる選手だし、ナベ監督の手腕に期待。

藤村や二見などの、これまで所属していた期待の若手達も、ポジションを奪うチャンスをうまく生かして欲しいな。

席割の変更

 あと、全然知らずにビックリしたのが、サポ自ことサポーター自由席の分割。バック側とゴール裏に分かれることになりましたが、ここは声の大きいコア軍団に対してよく断行したなぁと。半分は英断だと思います。あれだけの見やすいエリアが自由席と同じ料金というのはやっぱりおかしい。自分もそのエリアで見ていますが、500円UPはやむを得ないとは思う。これで席割としては2002年の最初の昇格年と同じ感じになりました。

Gold4

ただ、それをやるんだったら、ゴール裏のサポ自は自由席南と同じ水準に2500円にすべきかと。もともと、バック側ゾーン席と統合にあたり、もともとのゴール裏料金から多少上げた結果、見やすさでは同条件の自由南との価格差200円になっているので、これでは単なる便乗値上げだよなぁと。

これが、集客にはマイナスだろうけど、収入面ではプラスになるので我慢します。なお、特等席を占領し続けていたコア軍団がどこに陣取ることになるのかが気になる。

暗黙の了解やパワーバランスで成り立っていたサポ自内の陣取り合戦が、どう変わるか。当初は大混乱だろうなぁ。

Gold_price

開幕戦はホーム山形戦

まさかの昇格だった山形と、開幕戦から対決です。山形相手というのは盛り上がるだろうけど、それより腹が立つのは、またまたホーム開幕(ということは、アウェイで最終戦)が4年連続ということ。この不公平感。Jリーグ当局は話題性優先というけれど、何を考えているんだろう。

雪で悩まされる可能性の高い3月初旬に無理にホーム開幕をされるのは苦痛。それにアウェイ最終戦は3年連続で負けで相性も悪いので嫌すぎる。

ベガルタにとっては、ホーム開幕であれば、別に山形でなくともほぼ満員に近い入りにはなるので、この時期に東北ダービーを持ってこられても、集客的には全くメリットはない。

逆に例年入りの悪い4月あたりにホームのダービーを持ってきてもらった方が良かった。

チームが望んだとも思えない。逆に山形としては例年1,2節は雪の影響があるからアウェイが続いて第3節でやっとホーム開幕になるので、仙台でアウェイ開幕戦だと、選手の移動も短くサポーターは遠くまで遠征しなくても良いという意味でメリットはあるだろうけど。

これで、今年も宮スタ(ひとめぼれスタ)開催がなくなったとみて良いのは朗報です。

山形相手で集客が見込めるとはいえ、3月に宮スタで開幕なんてアホなことはしないし、山形戦で使わなければ浦和戦でも使うわけがない。それは良かった。

なお、アウェイの山形戦の際には、3月に開業する新最寄駅「天童南駅」も使えます。

スタジアムまで徒歩15分位で行けるようだし、駅前のイオンモール天童の視察も兼ねて電車で行くのもありかと思ったり。あの大駐車場から車で抜け出すのは非常に苦痛なので。電車の本数は1時間に1本レベルなので、臨時が出るかどうかも分かりませんが。

|

« 仙台空港国内線 H26年の利用好調(2) | トップページ | あすと長町の近況(H27.1) »

ベガルタ」カテゴリの記事

県政」カテゴリの記事

交通」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 仙台空港国内線 H26年の利用好調(2) | トップページ | あすと長町の近況(H27.1) »