« 東急ハンズ仙台出店へ | トップページ | 10周年 »

2014年10月 4日 (土)

あすと長町にライブハウス「仙台PIT」開設へ

いろいろ噂には聞いていましたが、あすと長町にZEPP復活!ではなく、意外な形で大型ライブハウスが誕生するようです。

震災復興プロジェクトの一環で、東京の豊洲と、東北の被災3県に1か所ずつライブハウスを整備し、一番大きな豊洲での公演収益を東北の3か所の運営費に回したり、別の復興支援活動の実施、豊洲公演のパブリックビューイングを行うなど、4か所のライブハウスの有機的な連携を視野に入れた構想が進んでいます。

東日本大震災の復興支援活動団体「一般社団法人チームスマイル」は、東北三県と東京に、復興支援活動の拠点となる、新たなライブ専用シアター「PIT(ピット)」を開設、運営します。エンタテインメントを通じた、東日本大震災の復興支援活動を続ける「一般社団法人チームスマイル」(所在地:東京都渋谷区、代表理事:矢内廣)は、2014年10月から2015年秋にかけて、東北三県と東京の計4か所に、ライブエンタテインメント専用シアター『チームスマイル・PIT(ピット)』を開設、運営します。

チームスマイルの活動は、被災地におけるエンタテインメントを通しての「こころの復興」と、支援活動の「継続性」を確保することを目的としています。そのための拠点となる『チームスマイル・PIT』は、福島県いわき市(2015年春オープン予定)、宮城県仙台市(2015年春オープン予定)、岩手県釜石市(2015年秋オープン予定)と、東京都江東区豊洲(2014年10月オープン)の4か所に開設されます。

PIT』は、『Power Into Tohoku!』から名付けました。エンタテインメントの力を東北に。その思いをつなげていくために、チームスマイルは着実にその活動を続けてまいります。

チームスマイル・仙台PITの概要

名称 チームスマイル・仙台PIT
所在地 宮城県仙台市太白区あすと長町
開業時期 2015年春~夏を予定
収容人数 約1,500名(スタンディング)
アクセス JR東北本線長町駅より徒歩5分

運営会社のHP

1500人のスタンディングとのことで、まさしく閉鎖された仙台駅東口にあったZEPPと同規模。いわきと釜石のは200人着席の施設であるのに比べ、仙台のはかなり大きな施設になります。

ZEPPの後釜のライブハウスがなかなか整備されず、RENSAなどの中規模ライブハウスに利用が集中するなど、大型ライブハウス待望論が出ているので、その恰好の受け皿になります。とはいえ、仙台駅近くだったZEPPと比べると、アクセスは当然劣る。

また、ライブを誘致してくる力、ネットワークがどれほどあるかというのも未知数ながらも、期待しています。でも、施設規模が違うながらも、ゼビアリとちょっとバッティングしてしまうかな。その点はちょっと心配。ライブハウスの方がイベント開催経費が格段に安いだけに。

立地場所はどこに?

開業は来年度の前半とのことで、土地は当然決まっているのでしょうが、JR長町駅から徒歩5分の土地というと、かなり限られます。長町駅からゼビアリの距離と同じ位。

それにライブハウスとしてペイするためには、10年以上の借地期間を設定して土地を借りる必要があります。今後のあすと長町の土地利用を見越し、貸してくれるような地権者かどうかという点も。

北側から見てみると、

①ゼビオあすと長町店の北側(杜の広場隣接地)

北側にはこの土地位しかありません。ちょうど長町駅から徒歩5分。ただし、来春はまさしくシルク・ドゥ・ソレイユの「オーヴォ」が開催され、仮設の仙台ビックトップが設置されるので、ちょうどオープン予定時期がバッティングするから、難しいかな。

 ライブハウスの必要面積はそれほど大きくないし、あそこの土地の一部で間に合うのであれば、ゼビアリみたいに杜の広場をウェイティングの列整理の場所にも使えるから適地ではあります。。。ただし、周りが市立病院とグリーンライフ(高齢者住宅)なので、その点ではいろいろと難しい。

②ヤマザワ予定地(13街区)、イオンタウンの土地(12,17街区)

ヤマザワの土地は、駅から徒歩1分なので当てはまらないのですが、この計画も進まないので、さまざまな活用の可能性は否定できない。

イオンタウンも同様に表立った動きが見えません。ヤマザワとお互いけん制し合っているのか、マンションや復興住宅が出そろった時期に照準を合わせているのか。イオンタウンの12街区と17街区は駅から徒歩5分程度ではありますが、あるとしたら17街区の方か。

でもともに、自社の事業のために土地をわざわざ購入しているので、10年以上の借地は可能性低し。自社事業に組み込んでということであればありえます。

③大通りの東側(マックと復興公営住宅に囲まれたあたり)

 マックと建設中ガソリンスタンド?に挟まれた激安コインパーキングとして利用中の土地。

もしくは、角の山一地所が持っている土地(ヨークの東側)あたりまでが徒歩5分の限界ですが、ここも自社の事業計画があるでしょう。

この東側にまもなく分譲される元仮設住宅(グループホーム)の保留地があります。ここは残り少ない保留地なので黙っても売れる状況だし、URがあえて定期借地権で貸す必要はない。それにここまで来ると徒歩5分の範囲からは外れます。

④ヨークベニマルとコーナンに挟まれた土地

 ここも、JR長町駅からちょうどギリギリ5分程度。IIJ(インターネットイニシアティブ)が取得した保留地がある他、地権者の換地と思われる土地もあります。IIJは、このチームスマイルの枠組みにも入っているし、土地条件としては最もありえそうです。なぜIIJがこの場所に土地を取得?と思っていましたが、なんとなく繋がっているかも。

まぁ、JR長町駅から徒歩5分という公表された条件で考えてみましたが、どこにできるか楽しみに正式発表を待ってみます。  

(追記)

ヨークタウン南側の土地に確定

ぴあからのプレスリリースがありました。 あすと長町2丁目とのことで、上の④のヨークタウン南側に確定。 高架の新幹線や在来線からも視認性の高い土地です。周辺はヨークタウンとホームセンター、パチンコと郊外型の店舗が立ち並び、ちょっとライブハウスが立地する場所としては殺風景という感も。ライブ後に立ち寄れるような飲食施設とかも周辺になく、長町駅前の森民ビルあたりの飲食店(ラーメン店、居酒屋)には恩恵がありそうです。

大きな地図で見る

旧ZEPP仙台のDUCCAとまでいかなくとも、飲食施設が併設された2階建て施設とかであれば面白いんだけど、いかんせん駅前ではなく、駅徒歩5分の場所。ヨークタウンもコーナンも、線路沿いの通りは完全に搬入用バックヤードというか裏通り。うまくヨークタウン側との連続性を確保すれば、ライブ時以外でも飲食店は成り立つかなぁと思いますが、それほどライブでの活用頻度は旧ZEPPでさえ毎日埋まっているわけではなかったし、この立地だと週1~2の活用がせいぜいというところで、飲食店は単独だとちょっと難しいかな。アサヒビールも絡んでいるので、面白い+αを期待したいところ。

一番近い住宅は、線路を挟んで西側の復興公営住宅(植木組で建設中)だし、線路を挟んでいることで、騒音問題はそれほどなさそう(よっぽど電車の音の方がうるさい)。

Img_7559

(11/15追記)

仙台経済界11-12月号記事によると、着工は業者不足の関係で年明けにとのことで、春のオープンは無理で、早くて夏かと。土地はやはりIIJの取得した保留地を定期借地権で長期賃貸です。

 

過去記事

ZEPP仙台閉鎖から丸2年(H26/7/1)

|

« 東急ハンズ仙台出店へ | トップページ | 10周年 »

仙台いろいろ」カテゴリの記事

あすと長町」カテゴリの記事

震災」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見させていただいております。私はこの計画はゼップの復活かと思い込んでいたのですが、違うのですね。場所はIKEA隣接のヨークの南側の土地のようです。

投稿: ターキー | 2014年10月 4日 (土) 03時34分

>ターキーさん
早速コメントありがとうございます。承認制なので、確認が遅れてすみません。

場所は、やはりヨークタウン南側の土地ですか。賛同企業のIIJの土地がある時点で有力とは思ってました。わざわざ購入した土地を復興支援とはいえライブハウス向けに貸すというのはすごいですね。
周辺住人がいないので、騒音問題はあまりなさそうだし適地かも。

実質的にZEPPの代わりになる可能性はあるでしょう。同規模の施設が出来ても共倒れになるし。当初ZEPPに参画していたアサヒビール他、ぴあ等そうそうたる企業も入ってます。

投稿: S-Watcher! | 2014年10月 4日 (土) 07時52分

はじめまして。
ライブハウス新設の話題があり、おじゃましました。
Zepp規模のものができるんですね。
仙台駅直結でホール?って話もあったのですが、どうなったのか・・・。
自宅からZeppが近かったし、思い出もたくさんあったので、Zeppツアーなどあったら、仙台は飛ばされないでほしいです。

投稿: こん | 2014年10月 5日 (日) 15時58分

>こん さん
こんばんは。
仙台駅直結のホール構想は全てなくなっています。
新ヨドバシ内の劇場計画、JR再開発ビルの中の多目的ホール構想とありましたが、全白紙に。もともとZEPPのような音楽ホールの復活はあり得ませんでした。

ZEPPグループのライブハウスではないですが、ぴあが音頭をとっているので、期待して良いのではないかとおもっています。
なおさら、ZEPP仙台再開に向けての動きが気になりますが、ホンネとしては仙台PITが(ZEPPグループと)うまく連携してやったほうが、仙台のマーケットで共倒れにならずに良いのではと思ってます。

投稿: S-Watcher! | 2014年10月 5日 (日) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東急ハンズ仙台出店へ | トップページ | 10周年 »