« 仙台ヨドバシ新ビルも16年春オープン! | トップページ | あすと長町の復興公営住宅 他 »

2014年6月25日 (水)

茂庭にアニメテーマパーク「WARASCO」

夕方のニュースのテレビ欄のタイトルで気になっていましたが、初耳のニュースで驚きました。

太白区にアニメなどのテーマパーク建設へ

太白区茂庭地区に、アニメやゲームのキャラクターを集めたテーマパークを建設する計画が発表されました。2016年の開業を目指すこの施設は、年間100万人の動員と70億円以上の売り上げを見込んでいるということです。25日、建設計画が発表された「WARASCO」は、東北道の仙台南インターから約1キロの場所に計画されている、東北初のテーマパーク型大規模集客施設です。アニメや漫画などの人気キャラクターをテーマにした体験型のパビリオンや、イベントスペースとなる施設が計画されていて、来場客数は年間100万人、売り上げは70億円を見込んでいます。事業は、東京の設計コンサルティング会社「創コンサルティング」が中心となり進めていて、テーマとするキャラクターは、来年春に発表予定としています。創コンサルティングの佐々木茂社長は、「仙台・東北に元気を与える、起爆剤になりたいというのが本音です。」と話していました。現在、建設予定地では、土地区画整理事業による造成工事が進んでいて、パビリオンは、来年4月、建設工事に着手し、2016年のゴールデンウィークまでの開業を目指しているということです(6/25仙台放送)

仙台南ICから286号を秋保方面に走ったところで、仙台宮城ICからの県道と交差する地点付近なのでしょうが、茂庭の区画整理地の中に3.6haの土地を確保して、これまた仙台駅付近の大規模開発やヨドバシと同様の2016年春にオープン予定とのこと。

この区画整理は住居機能は入れずにすべてが業務用の活用と聞いていました。茂庭台も含めた周辺住宅地・集落の生活をカバーするスーパーやホームセンターの出店が想定されていましたが、その一角を活用したテーマパークとは驚き。

大きな地図で見る

この場所自体は、当初聞いた時には、「何故?」と思うような、車での来場前提の場所ではありますが、東北道仙台南ICと観光地である秋保温泉の中継地というアドバンテージも持っています。仙台駅前からも車で30分くらいで行ける場所。

しかし、このようなテーマパークはコンテンツ次第なので、現時点では何とも言えないというか。

もう土地はないですが、仙台港背後地のあたりだと、アウトレットや水族館、松島観光等との相乗効果があるので良かったのではと思ったり。まぁ、茂庭だと土地代がべらぼうに安いので、それでかなり初期投資分を抑えることはできます。

ネーミングが「WARASCO」とのことで、当然子供の意ですが、みちのく公園のわらすこ広場をイメージしてしまいました。集客を考えると、もうちょっと子供たちや親にとって魅力的なネーミングにした方が良いのかなと。

あまりこの段階で、あーだこーだいうのも良くないので、具体的な計画が出てくるのを待つとします。

(早速追記)

河北の記事が出ていましたので、フォローします。多少具体的な内容が。

(抜粋)計画によると、キャラクターパビリオン棟2棟とセンター棟(いずれも3階)からなり、延べ床面積は1棟当たり6000~1万平方メートル。
 メーンのキャラクターパビリオン棟では、アニメやマンガの世界観を再現。大画面を使った体感ミニゲームなどのアトラクションや原画の展示、関連商品のショップも展開する。人気アニメの「ポケットモンスター」や「エヴァンゲリオン」など5~10程度のキャラクター展示に向け協議を進めている。
 センター棟には飲食店のほか、コスプレや撮影会、ヒーローショーなどを開くイベントスペースを設ける。(6/25河北)

それなりにメジャーどころのアニメキャラも使えるように協議中とのこと。そうすると女の子向けだとプリキュアあたりもあり得るのかな?子どもにとっては楽しみな施設ですね。

|

« 仙台ヨドバシ新ビルも16年春オープン! | トップページ | あすと長町の復興公営住宅 他 »

市政」カテゴリの記事

交通」カテゴリの記事

まちづくり」カテゴリの記事

仙台いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 仙台ヨドバシ新ビルも16年春オープン! | トップページ | あすと長町の復興公営住宅 他 »