2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ベガルタ 外国人監督は鬼門 | トップページ | 県内日帰り温泉めぐり その2 »

2014年4月12日 (土)

県内日帰り温泉めぐり その1

日帰り温泉好きながらも、ずっといけなかったので、最近立て続けに県内の日帰り温泉を巡ってきました。

仙台からだと、よく秋保とかは行きますが、ちょっと飽き気味。県北も含めて何か所か回ってきたところを。

(1)作並 ゆづくしSalon 一の坊

言わずと知れた一の坊。日帰り温泉としてのサービスとしては、知っている限りではここが一番と思っています。

何度行っても飽きない。10時から22時まで、温泉旅館の日帰り入浴としてはなかなかない滞在時間の長さ。休日は1500円(4月からは1600円)ですが、このサービスを考えると、全然高くない。

日帰り専用のコインロッカーがあり、バスタオルと浴衣がついているので、離れた露天風呂に行くのも、わざわざジーパンとかをはかずに浴衣を着て移動できるのは楽。

内湯も、雰囲気たっぷりで、丸太の湯枕に頭をまかせてゆっくり浸かるのが最高です。

露天風呂は、有名な「広瀬川源流風呂」は、滝や川の流れの音を聞きながらぼーっと過ごすことができ、ほかにも、「鹿のぞきの湯」も寝湯があり、ここも同じく時間を忘れてゆっくりできます。

この写真は、内湯と露天風呂を結ぶ廊下・階段です。非常に幻想的で日常を忘れることができます。

Img_6222

Img_6223

温泉としてのグレードの高さ、雰囲気の良さももちろんですが、震災後にサービスがグレードアップし、休憩スペースとして一階のサロンでは、快適なカフェ顔負けのいろんな席を選べゆっくりすることができます。コーヒー他フリードリンクサービスと、時間帯によってはおまんじゅうなどのおやつサービスもあります。また、お庭を眺めながらのマッサージ機の利用も自由。

またサロンでのグラスビールは当然有料ながらも、280円と良心的な価格。さらにおつまみとして玉コンや大根の煮物のサービスもあったり、一日いても飽きません。読書をしながらゆっくり過ごすには最適です。

Img_6228

なお、仙山線で行ったので、風呂上りのビールを楽しむことができましたが、作並駅へは送迎バスが18時ころまであるので、安心です。

Img_6221_2

昼食も2階のかまど家でラーメンや牛タン定食など、種類はそれほど多くないながらも、値段的に納得できるメニューが並び、昼食や夕食もここでとることができます。

そんな記事を書いていたら、また行きたくなってきました。昼食やビールを含めても一人3000円以内で一日ゆっくりできるというのは、個人的にはコスパ高し!

なお、系列の松島一の坊の日帰り温泉も時間は12~15時と作並に比べると短いながらも、そっちも大好きです。ラウンジでのフリードリンクと5階の展望露天風呂からの松島湾の眺めは最高。仙台市内から1時間圏内でこんな充実した日帰り温泉があるというのはうれしいところです。

続編では、県北のほうの温泉をとりあげます。

« ベガルタ 外国人監督は鬼門 | トップページ | 県内日帰り温泉めぐり その2 »

旅行」カテゴリの記事

仙台いろいろ」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

こんにちは^^
いつも楽しみに拝見しています。

私事ですが、作並の一の坊は初めての一人旅で訪れた宿です。
静かな環境の中で至福のひと時を過ごして参りました。
以来、一の坊グループの宿は我が家のお気に入りです。
家族旅行では高嶺の花の宿、だいこんの花は友達と3人で行く予定です。

ほかの方もコメントされてますが、長く続けていかれるように無理はなさらないでくださいね。写真が入っているとイメージし易くありがたいです。
今回の記事で、日帰り温泉もゆっくりできることが分かりましたので、仙台に引っ越したら挑戦…?してみたいと思います。

>>A・Aさん

いつも来訪ありがとうございます。(レスが遅れてすみません)
一の坊いいですよねぇ。温泉だけでなく、焼肉の和火一もお気に入りです。
泊まってみたいながらも、いつも日帰りで楽しませてもらっていますが、だいこんの花に宿泊ですか!うらやましいです。うちは近くのゆと森倶楽部が精いっぱいかも。

また、いろいろとお気遣いありがとうございます。義務感でやっているわけではないので、週1程度のペースで続けていきたいと思っています。
またご来訪お待ちしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ベガルタ 外国人監督は鬼門 | トップページ | 県内日帰り温泉めぐり その2 »