« 24日は楽天優勝パレード! | トップページ | 地下鉄東西線 駅名最終案決定 »

2013年11月22日 (金)

消費税UPによる地下鉄・バスの値上げ

予想はされていたこの値上げですが、正式に発表になりました。

仙台市、地下鉄・バス値上げ 消費税引き上げ転嫁 来年4月

 仙台市は19日、来年4月の消費税率の8%への引き上げに伴う公共料金の改定額を発表した。市地下鉄の運賃は初乗り区間が据え置かれ、他の区間は一律10円の値上げ。市バスの運賃は190円以上の区間で10~30円の上乗せとなる。水道などは課税前の料金に、8%の税率をそのまま加算する。市は来月、料金改定案を市議会に提出する(11/20河北)

20131120m1888

地下鉄の運賃は


地下鉄の方は、意外にも初乗り料金は据え置きになり、全国一の地下鉄初乗り運賃というのは免れました。結果的に、良く使われる3区までの運賃帯が

200円→250円→300円

というように、50円刻みで分かりやすくはなりましたが、ドル箱の仙台⇔泉中央 が含まれる3区が300円の大台に乗ったというのは感覚的に痛く感じるところか。

 それに、JRと競合する北仙台⇔仙台⇔長町 も250円とのことで、JRが仮に値上げして190円になっても、割高感が増す感が。

いずれ、消費前が10%に上がるタイミングと、東西線の開業がほぼ同時になりますので、この綺麗な50円刻みは短い運命で、初乗りが210円以上になるのは確実。東西線の初乗りは220円で収支が試算されているという話もあるので、一気に220円になる可能性も。

そうすると、いくらなんでも2区で260~270円というのは、せいぜい10分も乗らないのに高すぎて、利用抑制に働いてしまうのではと心配です。

 

 通勤定期は別に会社支給だから懐は痛まないですが、学生定期を含む通常の利用者には痛く感じます。まぁジョイカードでの利用時は実質1割引きですし、いちいち払うわけではないのでそれほど値上げは意識せずに済むという考え方も。

 

 気になるのは、よく休日のベガルタの試合に行くときに使っている休日一日乗車券。600円から値上げになるか?

(12/28追記)

地下鉄一日乗車券は、平日が820→840円、休日が600円→620円へ値上げ。

その他定期も含めて値上げだから已むをえませんが。

市バスについては

さすがに100円パック他、180円以下の運賃帯は据え置き、190円以上が主に10円UPとのことです。ほとんどの利用者に当てはまると思われる520円までは10円UPなので、それほど影響は感じないかな。

消費税については、すべてのものにかかってくるので、やむを得ないですね。

今後続く消費税UPを考えると、JR東日本が適用する予定のICカードによる一円単位の課金の方が不公平感を感じずに済むのかな。切符との二重運賃で分かりにくくはなるけど。

 

|

« 24日は楽天優勝パレード! | トップページ | 地下鉄東西線 駅名最終案決定 »

交通」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 24日は楽天優勝パレード! | トップページ | 地下鉄東西線 駅名最終案決定 »