« 恒例の14’仙台商圏特集号 | トップページ | 仙台水族館着工 »

2013年11月30日 (土)

JR東 仙台近郊区間新設

意外なニュースでした。

JR東、岩手と山形でスイカ導入へ 一部駅で来年4月

JR東日本仙台支社は29日、カード型IC乗車券「Suica(スイカ)」が使える駅を2014年4月に東北線、仙山線、磐越西線など5在来線で計11駅増やすと発表した。岩手、山形両県では初めての導入となる。

 利用可能となる駅は表の通り。従来の面的に広げる手法ではなく、乗降客数や観光客の利便性を考慮した。
 各駅には対応する自動改札機や簡易改札機を設置する。スイカの発売や払い戻し、再発行はできないが、作並を除く10駅ではチャージ(入金)が可能。
 これに伴い、仙台圏を中心に岩手、宮城、山形、福島4県を走る10在来線に14年4月、「仙台近郊区間」を新設する。当日限りで途中下車はできないが、最安の経路で運賃を計算する。全国のJRで導入は5カ所目。
 JR東は首都圏や新潟でも、スイカ対応駅を計22カ所増やす。(11/30河北)

スイカ利用駅の拡大については、山形や山寺、会津若松、鳴子温泉など、観光客の利用が多い駅に、飛び地で拡大とのことで、これは良い取組だと思います。消費税UPを控え、あまり利用者に値上げを意識させないためには、スイカの利便性UPを進めているのかなと思いました。

 

 スイカ利用駅の拡大よりは、後者の「仙台近郊区間の拡大」のニュースの方が驚きでした。

 平成27年度に予定されている仙石線の全線復旧に合わせた、仙石線-東北線の連絡線が開業すると、石巻からは東北線経由or仙石線経由の両方の選択肢ができる反面、微妙に距離が東北線経由の方が短くなるので、「どっちで乗っても短い距離で運賃計算」の制度を、開業時に導入するのではと思っていましたが、H26年4月からという早めの時期に、隣県の山形・福島を含めた、「近郊区間」制度の導入を図るとは意外でした。

JR東日本仙台支社プレスリリース(PDF)

 やはりスイカの普及に合わせて、複数のルートがあっても、車掌等や駅員が経由地を確認するのが煩雑になることからの合理化の面もあります。

 

 石巻からは、現在朝晩のノンストップ快速以外は、石巻線で小牛田経由で乗ると、スイカは利用不可で、実際の乗った距離の切符を買わなければいけない(1280円)ですが、来春からはスイカが使えるようになり、切符でも820円で行けるようになります。

 

 仙石線全線開業までの不便を多少は改善することになります。

大回り140円旅行が可能に

また、この制度で一番大きいのは、乗車ルートに重複がなければ、最短距離の運賃で算出する制度を利用した、首都圏や関西圏では有名な、隣駅までの初乗り切符での大回り乗車が可能になることでしょうか。

 

 例えば、仙台→福島→山形→北仙台 のルートで、180円で小旅行を楽しむことができるようになります。

 また、仙台→小牛田→石巻→榴ヶ岡とかだと、140円で行けます。

 

 とはいえ、仙台近郊以外は1~3時間に一本のローカル線の集まりだし、乗継も良いとは言えず、改札から出ることはできないのに、駅の中で乗継時間をつぶす施設はほとんどなく、実際にやる人はあまりいないでしょう。温泉が改札内にある駅があればいいんですが。

|

« 恒例の14’仙台商圏特集号 | トップページ | 仙台水族館着工 »

交通」カテゴリの記事

コメント

JRが大都市近郊区間を仙台圏に導入する意図が分からなかったのですが、SENDAI Watcher!さんのこのエントリーのおかげで分かりました。
ありがとうございます。

この制度に不慣れな自分としては、どうせなら気仙沼線や大船渡線も含めてしまって、仙台近郊区間には宮城県全域のJR線が含まれる状態にしてくれれば覚えやすかったのに、と思ってしまいます。
途中にBRTがあるため、無理なんでしょうか?

投稿: Tom | 2013年12月 1日 (日) 03時26分

>>Tomさん
こんにちは。近郊区間設置の目的は、あくまでも自分の予想です。
BRT区間は微妙に運賃体系も鉄道と異なりますし、改札外に出てバスに乗り換えだと、不正乗車を判別し辛かったりで、気仙沼線まで近郊エリアに入れるのは厳しいのでしょう(その点では、全線再開までの一時的ですが、代行バス区間を含む仙石線も同じ課題がありそうです)。


なお、こっそりと、新幹線との平行区間の在来線運賃を値上げ(仙台ー古川等)していたり、マイナスの制度変更もしています。値上げを意識させないように古川駅にスイカを導入するのかと勘ぐってしまいます。

投稿: S-Watcher! | 2013年12月 1日 (日) 15時21分

いつも拝見しています。

今回の近郊区間で、つばさ停車駅にすでにある簡易機は流用できないのですかね?
Suica(乗車料金)のみでつばさ自由席に潜り込まれるリスクを回避したのでしょうか?

あと、仙台-山形はバスが主流の現在、実は市内駅の北山形・羽前千歳が仙山線には重要だったり・・・
まあ、いずれ充実してくるのでしょうが。

投稿: 元仙台人・現山形人 | 2013年12月 1日 (日) 22時59分

>>元仙台人•現山形人さん
いつもありがとうございます。
つばさ停車駅の簡易機というのは初耳でした。今回はあくまでも、現在のスイカエリアからの利便性を高めるのが目的で、割り切った取り組みなんでしょう。

投稿: S-Watcher! | 2013年12月 3日 (火) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 恒例の14’仙台商圏特集号 | トップページ | 仙台水族館着工 »