« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月29日 (日)

泉中央にて

ユアスタではマリノス戦

楽天の優勝の陰に隠れているベガルタですが、昨年と立場が逆転してしまった感が。

今日はユアスタで2週間ぶりのホームゲームがあり、相手が首位で中村俊輔の存在感がクローズアップされている横浜F・マリノス相手ということもあり、1万8千人弱の大入りでした。結果は0-0の引き分けでしたが、マリノスが首位にいるのが分かるような良い動きに翻弄され、何とか抑えきったという感じ。ベガルタはチャンスらしいチャンスもあまりなかった。

 それにしても、マリノスはおっさん軍団とは思えない、最後まで運動量が落ちないというのは凄い。俊輔はテクニックや判断がずば抜けていて、また視野が広い!第二の円熟期というのに納得されられました。マスコミは現日本代表選手しか取り上げないから、一般人は過去の海外出戻り選手としか思ってない方も多いけど。

 それに、ドゥトラは40歳とは思えない動き。今日の試合はマッチアップした太田が完全に抑えられ、いつものような攻め上りからのクロスはほとんどなかった。結果は引き分けで残念だったけど、まぁしょうがないか。

初アリオ仙台泉

Img_4925

試合後に、GWにオープンしながらも5か月たって初めて行きました。いやー、イメージ変わりましたね。これまでは隣のセルバの専門店街の魅力と比較して、上層階は典型的なGMSの売り場で行こうとも思えないフロアでしたが、専門店としてはロフト、アカ本、西武の小型店などが新規に出店し、2階のペデからの入口すぐには手ごろな価格帯のフードコート(モス、幸楽苑、餃子の王将、丸亀製麺、ドトール、サーティーワンとか)があり、良く集めたぁなと思いました。

Img_4923

Img_4922_7

テナント構成としては、長町のララガーデンとけっこう被っています。ロフト、赤ホンが目立ちますが、小型百貨店もvie藤崎に対してアリオには西武(藤崎小型店は駅ビルswingにあります)。

アリオにしては小型店ではありますが、意外に魅力ある商業施設として再生してきました。

 テナントとして入る企業にしても、仙台の南北の副都心駅前商業施設を抑えておけばというところがあったのでしょうが、これで泉中央駅前としてもセルバと合わせてバランス良い感じになりました。

 一方、これまではヨーカドー上層階の魅力のなさから、セルバはいつも賑わっている感じでしたが、アリオの専門店街も充実しているので、お互いに家主は同じながらも、それぞれの差別化と融合が必要に。

いつも賑わっているセルバの本屋が結構閑散としていましたが、やはり、アリオとセルバの上階同士をつなぐ現在工事中の通路の完成が待たれるところ。客層は同じなので、わざわざ下に降りることなく2つの商業施設をハシゴできれば、モールとララガーデンの関係のように、相乗効果を発揮できると思います。

 まぁ、ここはヨーカドーとしては閉店予定だったのが、震災後の売上増で閉店撤回となり、さらにアリオとしてリニューアルされた経緯というのは周知のとおりですが、もし予定通り契約期間満了で閉店になっていたとしても、セルバのような専門店ビルとして再出発だったので、結果的にはあまり変わっていないとも言えます。

ターミナル駅前型として、2つの商業施設のバランスの良さと存在感は、本当に泉中央の魅力を高めています。

 なお、ベガルタの街である泉中央の両店でも優勝セールをやっていたので、楽天の応援歌がエンドレスで流れていたのは不思議な感が。

続きを読む "泉中央にて"

| | コメント (4)

2013年9月28日 (土)

楽天 パリーグ初優勝

1か月近く空いてしまいましたが、その間に楽天は順調にマジックを減らし、とうとう優勝を決めました。その瞬間は自宅のテレビで見てましたが、Kスタ行けばよかったぁ。

田中のラストの締めは感動的でした。 まぁ、優勝の背景について詳しくはここで語る必要はないですが、2005の初年度シーズンの首位に51.5ゲーム差の圧倒的な独走最下位を考えると、本当に感慨深い。

 仙台では、優勝前は盛り上がりに欠けるというか、あまりにも独走すぎて盛り上がるタイミングがなかった感がありました。自分の周りでも元からのファン以外は話題になることもなく、結構淡々としている印象がありました。2009年のCS初進出を迎える時の方がシチュエーション的に盛り上がっていたなぁと思っていたけど、優勝で一気に爆発したのかな。マスコミでもものすごい取り上げられようで、昨日からは周りも結構話題が楽天の優勝一色に。

 

  街中では、優勝セールに盛り上がっていました。

Img_4916_2

Img_4917_3

CSのファイナルステージは10月17日からで、あと約20日ありますが、全試合Kスタ開催で、いくら仮設席を増設したとはいえ、公称2万5千人収容(実質2.4万?)なのでチケット争奪戦
がものすごいことになることが確実。CSへの期待感で街がホットになりますね。自分もなんとかして確保したいところ。

 

 

続きを読む "楽天 パリーグ初優勝"

| | コメント (0)

2013年9月 1日 (日)

読書の秋(仙台書店事情)

まだ暑い日が続いていますが、朝晩の風がすっかり秋めいてきました。もう9月で読書の秋の季節です。



仙台では、かつて隆盛を誇っていた地元資本の書店が、10年前位から相次いで倒産や閉店し、一時期一番町などのアーケード街から書店がほとんど消えました。仙台駅前でも同様で、ジュンク堂や丸善などの超大型書店への寡占かが進みました。

名掛丁:ブックス鳳



クリスロード:宝文堂(本店、ダイエー内)



ブランどーむ:高山書店



サンモール:丸善(アエルへ移転)



一番町4丁目:丸善(141の三越転貸に伴い閉店)



仙台駅前:アイエ書店、協同書店(現マツキヨ)

最近の動き



ここ数年、大手資本を中心に、新たな出店の動きが続いており、駅前は経営統合した丸善&ジュンク堂の勢力拡大の動きで、現在は、ジュンク堂(E-BEANS、TRビル、ロフト店)&アエル丸善と、品ぞろえの多寡はあっても同じような雰囲気。場所も便利だし、なんでもそろうけど、ちょっと広くて探すのが大変だったりということも。





 一方、アーケード沿いなどでは、丸善&ジュンク堂以外の出店が続いており、ダイエー最上階の旧ベスト電器のラシーネ、三越141館の地下2階に石巻資本のヤマト屋書店、その他、じわじわと勢力を広げてきているあゆみブックスは、広瀬通、青葉通に続いて、震災で閉店していた一番町も復活させており、中心部の書店環境は大分好転しています。





 個人的には、あゆみブックスの品ぞろえ。特に広瀬通店のがツボ。それほど広い面積ではないものの、書店の一押しがはっきり押し出されていて、ついつい買ってしまうことも。





 ヤマト屋も、こういう地下鉄直結という分かりやすく客の利便性を考慮した出店というのは、うれしいところ。ヤマト屋は、フォレオ宮の杜店をみても、センスも良く地元資本とは思えないところがあり。





 一番のツボはビレバンで、ロフト行くとついつい寄ってしまいます。フォーラスのは最上階で行きにくいし、周りの女性向けの店を横目に一番奥だから、なかなか足が伸びない。







続きを読む "読書の秋(仙台書店事情)"

| | コメント (8)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »