« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月31日 (土)

楽天 優勝への道

一時は、田中の開幕16連勝新記録(8/16)の後に、西武ドームでの2連続サヨナラ負けのショックからか、投打のバランスが崩れ5連敗したときにはどうなるかと思いましたが、その後8/23に田中の開幕18連勝で連敗を止めると、Kスタでまさか2位ロッテに三タテをかまし、その後の適地オリックス3連戦でも、初戦を落としながらも2勝1敗勝ち越しで、5連敗前の水準の貯金20に復帰。

 

 ゲーム差も5.5で、先日初点灯したマジックも、順調に減らし25に。

 

連敗は付き物

 優勝慣れしていないチームが、優勝が目前になると、プレッシャーで大型連敗を喫することがある(92年野村ヤクルトでの初優勝時、8月には独走していたけど、9月に9連敗をし、10月にも2位阪神に並ばれそうになりながらも、辛うじて逃げきったということも)けど、楽天にとっては、この前の5連敗を乗り越えたから、もう大丈夫と信じたい。

 

  ただ、打線は復調し、AJが大振りを捨ててヒットマンに変身し、打率も上向き(それでも2割3分台だが)だったり、銀次、マギー、舛田の好調は続いていたり、一安心ながらも、投手陣にはやはり不安が。

投手陣の不安

  田中は安心してみていられるけど、昨日は大量援護でギアが入らなかったのか、交番前の6,7回はらしくない投球で3失点。その後を受けた半袖小山も片山もピリッとせず。特に、小山はどうしたの?って感じ。今年の前半は勝ち継投の柱だったのに。

 

 なので、9回5点差でも全く安心できず、金刃に託してノーアウト1,2塁になった時には18日の西武戦が頭をよぎりましたが、なんとか抑えられ、田中の連勝も伸ばすことが。

 星野監督は投手出身だからか、ノムみたいに左右の相性で一人一殺のバタバタの継投をせず、基本的に投手陣を信頼し、結果的に傷口を広げることはたまにあっても、リベンジの機会を与えるから、投手にとってはやりやすいんだろうなと感じます。

 特に、ラズナーの離脱で、勝ち試合用の中継ぎ陣(青山‐長谷部‐斉藤隆)に負担がかかっているから、彼らを出さずに済んだのは大きいかな。

 

 打線の好調で陰に隠れているけど、先発陣の不調(美馬、辛島、レイも微妙。他ダックの2軍落ち)も不安要素。もう一波乱あるのではないかと。。。安心はできません。

 

続きを読む "楽天 優勝への道"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月26日 (月)

IKEA仙台の立地法申請

今月1日に着工し、大きなニュースとなっているIKEA仙台ですが、仙台市の大店立地法ホームページに、申請概要がUPされてました。

1 届出の概要
(1) 大規模小売店舗の名称及び所在地
(仮称)IKEA仙台
仙台市太白区あすと長町二丁目1-2
     (途中略)
(4) 大規模小売店舗の新設をする日

平成26 年9 月1 日
(5) 大規模小売店舗内の店舗面積の合計
20,000 平方メートル
(6) 大規模小売店舗の施設の配置に関する事項
ア駐車場の位置及び収容台数
合計666 台
3階駐車場298 台
屋上駐車場368 台

詳しくはこのページに図面を含めたリンクがあります。PDFファイルかつ大容量のデータが多いので、パソコンで見ることをお勧めします。

 予想通り、来年の9月1日開店の予定です。ちょうど一年後ですね。

 駐車場及び動線について

 駐車場は3階と屋上。駐車場へ上るスロープへの入口は、線路側かつ西側の区画道路から。駐車場からの出口は、南側かつヨークベニマル側。

そうすると、南部道路の長町ICかつ4号バイパスから今春開通した長町八木山線を西進orあすと長町大通り線を北上した方が比較的スムーズに駐車場の入口が設置される西側の区画道路に入れます。

 一方、286号線かつ太白区役所・モール側からはこの区画道路に直接右折できないので、TSUTAYAとやまやの方からあすと長町大通り線に大きく迂回を強いられることになります(線路沿いの区画道路を南側からは右折禁止で入れない)

 また、駐車場台数は666台とのことで、既報よりもさらに少ないような。立地法資料を読み込むと、家具店は通常店舗よりも駐車場台数が少なくても良く、既存店の実績から必要台数を算出することができるようで、本社のある船橋店の実績から、この台数を算出したようです。

 とはいえ、IKEAは通常の家具店(T社やN社、O社)とは桁違いの集客力を誇っているので、この台数では厳しいよなぁと思います。それに、船橋店と比べて店舗面積は85%なのに、駐車場が1/3しかないのは? 駅からの距離もほぼ同じて参考になると説明してるのに。 まぁ、狭い敷地面積のなかで、店舗面積をなるべく確保するようにしたら、駐車場台数にしわ寄せがいったのかも。

続きを読む "IKEA仙台の立地法申請"

| | コメント (3)

2013年8月24日 (土)

八木山の将来 その3(頑張っている商店街)

みたび、八木山特集。

高齢化が進んだ、古い住宅造成地の集合体である八木山。大規模な造成技術がない時代や、旧法に基づく昭和30年代からの造成地が広がり、地形の急峻さや、道路の未整備により、ある意味島みたいな一体でありましたが、第1回目のとおり、道路整備が地下鉄開業のタイミングを目標に進んでおり、徐々に変わりつつある八木山です。

そういった、外とのアクセスが良くないこと、高齢化が進んでいること、地形が急峻で自転車が機能しない(特に青山セブンからの心臓破りの坂は、クルマで通っても悲鳴を上げそうな位)ことから、バス通りを中心に、小規模な商店街が残っています。

 

 前回で多少言及した、八木山香澄町~八木山神社前商店街と、緑ヶ丘のバス通りの商店街が、今でも残っているところです。

 

香澄町は

緑ヶ丘は

 共通するのは、

1)尾根部分に狭いながらも幹線道路が通っていること。幹線道路の脇の谷部分に住宅が張り付いていること。

2)バス通りであること。特に香澄町は本数が多い。

3)これは偶然でしょうが、サンマリ(スーパー)とツルハ(ドラッグストア)が揃っていること。

 

 1)ですが、八木山の古くからの造成地は、地形が急峻で、特に車に乗れない高齢者は、自転車で遠出もしづらく、近くでの買い物需要が高いと感じています。

 なので、自宅付近からちょっと上がったところの商店街で最低限の買い物を済ませることができるのは便利な面があり、個人商店を中心に最盛期と比べたらかなり衰退していながらも、現在まで商店街機能が残っている面があるのでしょう。

 

 車を運転できる世代にとっても、香澄町や緑ヶ丘から286西多賀・鈎取のロードサイドショップや、長町南のモールへは道路が整備されておらず、行きづらいという面もあり。

 

 2)ですが、バス通りの利点として、バス停があるのは当然ですが、乗っている時に車窓から店の存在を認知できることが大きいです。また、この辺のバス通りは道幅が狭いため、道の向こう側にわたるのも簡単だし、商店街の一体感が高いこともあります。

 

 それは、市内でも例えば荒町、宮町、南光台四条通、西多賀(旧286号)などは、バスが比較的頻繁に通る片側1車線の狭い幹線道路で、衰退しながらも商店街機能がある程度生きているのと共通しています。

 一方、長町商店街は、かつては一体がかなりの賑わいでしたが、モールの影響は当然ありさらに震災でのダメージが大きかったのは事実ですが、それ以前に市電の廃止と地下鉄への移行により、長町駅と長町一丁目駅の点を中心として商店が残り、両駅から多少離れた中間部(サンカトゥール商店街)の商店街の活気がなくなってしまっていたというのは事実です。

 また、片側2車線の幹線道路であり、向こう側にわたるにもなかなか変わらない押しボタン信号経由しかなく渡り辛いということもあり、商店街のヒューマンスケールさが感じられないというデメリットも感じています。

3)については、スーパーとドラッグストアの組み合わせにより、ある意味身の回りの大部分の買い物が済むというのは、郊外型スーパーのテナントミックスを見ても分かります。この2つの業態があるからこそ、個人商店を加えて辛うじてこれらの商店街が生き残っているということも感じます。

 

 また、郵便局、クリニック、コンビニなども沿道に点在し、意外と利便性は高いです。

こういった一時代前のよきところが残っており、八木山の魅力でもあります。

続きを読む "八木山の将来 その3(頑張っている商店街)"

| | コメント (0)

2013年8月20日 (火)

八木山の将来 その2(地下鉄は来るけれど)

八木山編、続きです。

地下鉄東西線の活用

 これらの道路整備も、現在進められている地下鉄東西線の平成27年度開業を見越したものであることは間違いなく、現在駐車場ビルを含めた工事が行われている(仮称)動物公園駅を中心としたアクセス改善のためであります。

 当然、バス路線も再編され、動物公園駅から

1)長町南駅とを結び、両地下鉄駅へのアクセス路線(長町八木山線•芦の口経由)

2)ひより台・山田自由が丘方面へのフィーダー路線(川内旗立線•八木山南経由)

が新規に誕生し、1)については、現在の西多賀中や西多賀商店街経由の路線からある程度本数がシフトすることになるでしょう。

2)も、現在の長町南駅行きの路線からある程度シフトすることになるでしょうが、2)の路線は宮交なので、すんなり動物公園駅を発着点にしてくれるかが疑問です。都心直行で地下鉄と対抗するような形になるかもしれません。

 

地下鉄はできるけど。。。

 駅ができる場所は、八木山のてっぺんに近い市民センター付近。傾斜地であり無理なく徒歩でアクセスできるエリアは極端に狭いです。高齢化が進んでいるので、既存住民にとってなおさら駅まで歩きは厳しいのでは。

 加えて、反対方向は自然保護の対象となっている青葉山からつながる緑地帯。ここを開発できないというのは、何か政治的な理由があるのでしょうか。そこに立地している某学校の存在も無視できないのか。ちょっともったいなさすぎる。

この立地条件は、南北線の旭ヶ丘駅(西側が台原森林公園)に似ていますが、違うのは、東側に広がる南光台・鶴ケ谷の住宅地からは、旭ヶ丘駅が最寄になりますが、動物公園駅の場合は、反対を下って行けば南北線の長町南駅にもアクセスできること。

 

 わざわざ、バスに乗って地下鉄駅に向かうかというと、これまでは最寄バス停から時間はかかっても都心へ直通できたエリア。運賃のUPとともに、かなりの乗継抵抗が生じることが予想されます。

 特に、緑ヶ丘線は、これまでも都心直行路線はかなりの遠回りをしていたので、動物公園駅‐長町南・長町駅を結ぶ小型バスでの運行にシフトすると予想しています(現在の恵和町線の延伸)

 

 それに、東西線に乗り継げば仙台駅まで13分といっても、目的地は仙台駅周辺とは限らず、勾当台公園周辺にということであれば、長町南駅までバスに乗って南北線に乗り継いだ方が便利となり、東西線を積極的に利用できる範囲は極端に狭い

 

 また、地下鉄の恩恵を受けない、向山、八木山緑町・香澄町エリアのバス通りは、これまでバスが数珠つなぎで来ることも珍しくないほどの高頻度運航で、1時間あたり昼間でも10本以上は運行していますが、八木山南団地からと緑ヶ丘線の分がなくなるだけで、本数は半減します。青葉城址循環も残るかどうか。もしくは、仙台駅と動物公園間はある程度は残すのでしょうが、減便は避けられないでしょう。

 沿線には東北工大、TBC、城南・向山の両高校と、大口利用の施設が多く、神社前バス停付近は銀行、スーパー、飲み屋、ドラッグストアなどを含めた商店街が形成されており、沿線人口も結構あるので、この区間の減便は結構影響が大きいと思えます。

 うち、東北工大は地下鉄駅まで歩ける場所ではありますが、これまで目の前にバス停を利用できたのに、バスが減便されたからといって地下鉄駅まで10分かけて歩くかと言うのは微妙。市交通局の学生向けのフリーパスは、バスのみだと月5千円ですが、地下鉄も利用できるタイプは現在月1万円。そうすると、少なくなったバスに乗客が集中し、増便を強いられる可能性も高いのではと思ったり。

 

 なので、素直に地下鉄駅の開業を喜ぶことができるのは、動物公園駅至近の人以外は、橋ができて行き来できるひより台・山田自由が丘方面の住民の方だけということになりかねないのが悲しいところ。

動物公園駅付近の方でも、仙台駅までの運賃は現行料金体系でも290円になり、現在のバス料金250円or290円と比べても安くなるわけではありません。消費前UPに伴う値上げもありますが、それとは別に初乗り220円に値上げという噂もあり、そうなったら南北線利用者にとっても痛いです。

 

 

続きを読む "八木山の将来 その2(地下鉄は来るけれど)"

| | コメント (0)

2013年8月19日 (月)

八木山の将来 その1(進む道路整備)

 仙台市民にとって、憩いの場所である動物公園で有名な八木山。また隣接地には市民であれば知らないものはいないベニーランドもあり、レジャースポットとして有名です。

 ただし、これまで仙台市中心部からほど近いエリアの割には、急峻な地形もあり、アクセスには難があり、現在住宅地としては、あまり選ばれないエリアとなっています。ほぼ山一面の住宅地開発は90年代までに終了し、新規開発もほとんど止まっているのも理由ですが、冬はバスが坂を上れなくなり、歩いたほうが早いと言われる大渋滞は風物詩ですし、震災では緑ヶ丘の被害がかなり喧伝され、イメージダウンにもなりました。

 周辺のどこから行っても、片側1車線で歩道もあまり整備されていない山道のような”一応幹線道路”を経由しないとアクセスできず、またそういう狭い道がバス通りになっており走りづらく、距離の近さの割には心理的に遠いイメージはあります。

中途半端な都市計画道路

 八木山動物公園と日赤病院・八木山南団地を結ぶ川内旗立線、その中間点の市民センター付近から、急坂を下って移転したみやぎ生協付近までの長町八木山線と、T字状で2本の片側2車線歩道付の立派な都市計画道路が80年代までに区画整理事業に伴い整備されています。孤立した都市計画道路なので、車も少なく走りやすいです。

Img_4735_2

 しかし、接続する道路が、上述の貧弱な道路だったり、八木山南から、ひより台に向かう川内旗立線の橋は長年建設が凍結され、最近やっと地下鉄東西線の建設に合わせて(仮称)動物公園駅へのアクセス道路として整備が進められていますが、ひより台から先は既存の道路に接続で、橋が完成しても幹線道路としては未成のまま。

 

 動物公園交差点から都心側も、香澄町や向山を通る急こう配の道や、八木山橋経由で青葉城址付近を通る山道で、トンネル等で川内に抜ける川内旗立線も事業化は遠いようで、市中心部方面への道路事情の悪さは変わりません。

 

 

続きを読む "八木山の将来 その1(進む道路整備)"

| | コメント (0)

2013年8月11日 (日)

Kスタに仮設スタンド2000席設置!?

続けてスポーツネタ。

首位を快走する楽天ですが、日本シリーズの可能性が高まるにつれて、各種マスコミでたたかれ始めているKスタの収容人員について、こんなウルトラCを考えていたとは。

Kスタ、2000席増設へ 楽天球団、仮設席CSに備え

プロ野球東北楽天を運営する楽天野球団が、本拠地の日本製紙クリネックススタジアム宮城(仙台市宮城野区)の座席数を、現在の2万3451席から2000席程度増やし、2万5000席超とすることが10日、分かった。9月の主催試合から使用できる見込み。チームはパ・リーグ首位と好調で、チケットの完売が相次いでいることや、クライマックスシリーズ(CS)、日本シリーズに備える狙いがある。
 球場関係者などによると、増設するのは三塁側外野寄りの上段部分と、左翼外野席の「楽天山」と呼ばれる芝生席後方の2カ所。いずれも仮設の臨時席とする予定で、近く工事を始める。総工費は約4000万円。
 今季は4年ぶり2度目のCS進出、さらに初優勝へ期待が高まっている。ファンの関心も高く、10日現在でチケット完売が7度と、昨季通算の5度を上回った。今後も多くの来場者が予想されるため、球場所有者である宮城県などの協力を得てシーズン中の増設に踏み切る。
 Kスタ宮城の観客席数をめぐっては、日本シリーズ開催時の収入減を懸念する日本プロ野球機構(NPB)が、球団に対し2万8000席に増やすよう求めてきた経緯がある。
 日本シリーズの開催場所やチケット価格については、NPBに決定権がある。球団としては最大限の努力を示すことで、日本シリーズに進出した場合、Kスタ宮城で試合が開催できるよう理解を得たい考えとみられる(8/11河北:点線部分が増設部)。

Ksta

マスコミ等を使ってNPBがけん制しているKスタ収容人員問題について、楽天野球団や宮城県側が迅速に?対応策を出してきました。

 

つーか仮設で2千席を増設で、定員を2万5千人超にするとのことですが、前々から考えて設計もしていたのでしょうね。さすがと言うか。そうでなければ9月からの利用は無理だし。このスピード感凄すぎる!

NPBからの分配金を減少させられることを考えると、仮設スタンド設置費4000万円の投資は、9月からの観客動員増とCSの入場料収入増を考えると十分ペイ可能。

(客単価1500円とすると、仮に1試合満員になれば300万円。すくなくとも土日祝の6,7試合+優勝決定試合、最終戦、CS最大5試合を考えると、15試合分位は満員可能性あり。CSは客単価も高いし、勝算はあるのでしょう)

 

 

続きを読む "Kスタに仮設スタンド2000席設置!?"

| | コメント (0)

2013年8月10日 (土)

仙台のスポーツ 夏真っ盛り!

首位快走楽天のKスタ!

昨日はKスタにて、もはやマー君と呼ぶのが失礼な感のある、エース田中将大の日本新記録開幕16連勝がかかった試合で、超満員の2万1,320人。マー君も期待通りの見事なピッチングをみせてくれました。

今日は土曜だけにさらに上回る2万1,427人。流石に相手のエース摂津を攻略できませんでしたが、2位ロッテとは相変わらず6.5ゲーム差でまだまだ余裕です。

巻き返しベガルタのユアスタ!

 また、同時間帯開催のユアスタのベガルタ鹿島戦は、今季最高の1万8千人弱でこちらも柳沢が古巣相手に決めるゴールもあり2-1逆転勝ちで今季初の3連勝。

 首位を走る楽天に負けじと?いつもは苦手の夏で連勝をかましており、遅い夏真っ盛りの仙台、七夕の賑わいは終わりましたが、スポーツは大賑わい、大盛り上がりです。

 

 今年は、夏でも満員には程遠い1万人台前半の観客動員の試合が続いていましたので、お盆前の鹿島戦とはいえ、この盛り上がりは一安心。

 昔はJ2時代でも夏は鹿島戦位の観客数が当たり前だったのに、J1慣れと昨年の好成績の反動、チケットの高さ、一見さんへのハードルの高さとかいろいろありますが、フロントも危機感を感じており、企画チケットでなど、工夫はしていながらも、サポ自でさえ2600円(+発券手数料105円)、指定席だと安くても1人4000円超というのは、気軽に行けるレベルを超えてるなぁと改めて感じます。気軽に知り合いを誘えない状況はまずいよね。

 年チケ組+サポ自の常連は来ていても、一般客はネームバリューのあるチーム(今回のような鹿島、名古屋、浦和、J2落ちたけど以前はG大阪、ダービーの山形など、カードを選別する傾向がますます増しているような。そういう自分も外せない用件がありスマホでスカパー観戦でしたが(^^;)

 

その他のスポーツも

 なお、本日は甲子園で仙台育英も6-1から大逆転負けかと思いきゃ、やり返して11-10大逆転勝ちというものすごい試合。

 来週水曜の14日は、あの宮城スタジアムでサッカー日本代表‐南米王者ウルグアイ戦があり、こちらも”あの”スタジアムにも関わらずチケットが完売。

 それも、過去の宮スタ親善試合のような、「たまに宮スタを使えと言われるから、どうでもよいアリバイづくりの金儲け親善試合やっとけ」ではなく、結構両チームフルメンバーになりそうで、宮スタで代表戦が行われるのもトーゴ戦以来で久々だし、一応喜ばしいところ。これまでの秋の平日ナイター開催と異なり、平日ながらお盆休みでの開催というのも、早々チケット完売の理由でもありますが、

続きを読む "仙台のスポーツ 夏真っ盛り!"

| | コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »