« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月30日 (火)

IKEA仙台起工式&概要発表

日曜日にあすと長町のIKEA予定地に起工式用テントを確認していましたが、29日(月)に行われたようで、IKEAホームページ上でも情報が載っていました。

IKEA仙台 2014年秋オープン!

いよいよ大型店が仙台にやってきます!
7月29日(月)、スウェーデン駐日大使ラ―シュ・ヴァリエ大使と仙台市都市整備局局長 小島博仁様ご列席のもと、
太白区長町のあすと長町にてイケアの大型店舗の起工式がとりおこなわれました。
いよいよ8月1日からストアの建設が始まります。お楽しみに!

「IKEA仙台」概要

ストア所在地 仙台市太白区長町(JR長町駅前)
ストア面積 28,855m2
売場面積 16,723m2
商品点数 約7,500点
レストラン席数 約460席
駐車場収容台数 700台
従業員数 約250名(予定)

http://www.ikea.com/ms/ja_JP/campaigns/sendai/index.html

8月1日から本格着工とのことですが、売り場は1~2階。店舗面積は予想より小さい16,723平米。これまで最少の福岡新宮店の半分強よりも一回り小さいようで、ちょっと物足りない感がありますが、敷地面積の狭さから妥当な線なのかも。IKEAの場合は、持ち帰り用倉庫部分で結構面積を確保しなければならないし。やはり、広島と同じように中規模店フォーマットなのかな。

 

 また、駐車場が700台とのことで、テレビ報道を見る限りでは3階と屋上部分。これも予想よりも少なめ。周辺道路への影響も含み心配になります。オープン当初は臨時駐車場必須ながらも、周辺の空き地でもヤマザワはそろそろ着工するだろうし、駅正面のコインパーキングも現時点でも週末はただでさえ混雑しているから、あてにすることは厳しいです。

 ただ、東側のイオンタウン&住不予定地(着工時期未定)の最大約2.7haが臨時駐車場として使用できれば大分違うんですが、来年の話だからどうなるか。

 JR&地下鉄長町駅の目の前だし、オープン当初に下見に行く際には電車や自転車等で行った方が良さそうですね。

 いずれにせよ、土地取得の発表から1年ちょっとで、ようやく待ちに待った大型店(ミニショップではなく)が着工!来秋のオープンに向けてワクワクしてきます。

 なお、泉パークタウンのミニショップは大型店オープン前の来春に閉めるとのこと。そりゃもともと期間限定だし、残す意味ないしね。

続きを読む "IKEA仙台起工式&概要発表"

| | コメント (7)

2013年7月29日 (月)

ヨークベニマル 怒涛の進出

26日(金)に、太子堂駅前にヨークベニマル太子堂店がオープンしました。雨の中かなりの賑わいだったようで、700m北側のあすと長町店と2店体制で激戦区で勝ち抜くつもりのようです。

 

 今回開店の太子堂店は、複合店ヨークタウン形式のあすと長町店とは異なり、平屋の単独店。とはいえ、SUBWAYや不二家をインストアテナントとして入れていたり、銘店街で牛タンの利久(の土産物売り場)を入れたり、差別化のための工夫が見られます。

 

 なにより、ヨークベニマルでは珍しい駅前立地タイプ。もちろん駐車場も確保しているので、周辺のイオン・ビッグ、対抗して改装したウジエスーパー等との競合にも十分対抗出来る店です。太子堂駅周辺の住民は本当に便利になりましたね。カワチもあるし、コンビニもセブン+ローソン×2で、普段の生活にとっては同じあすと長町の長町駅周辺よりも充実している面があり。クリニックも多数立地しているし。

続きを読む "ヨークベニマル 怒涛の進出"

| | コメント (2)

2013年7月28日 (日)

好調イーグルス 50勝一番乗り!

オールスター明けで後半戦に突入しましたが、イーグルスの勢いが止まりません。

金曜は二位ロッテ相手に、マー君の連勝が止まるかと思ったら、9回裏の逆転サヨナラ劇で見事無傷の14連勝を飾り、その勢いそのままに昨日の土曜日も大雨の中見事な快勝で、2位、3位とのゲーム差が何と4に広がってしまいました。夢のような展開です。

 

 東北の梅雨はまだ明けず、夏らしくない涼しいはっきりしない日々が続いていますが、イーグルスは初の優勝に向けて爆走中です。交流戦の優勝こそは逃しましたが、それが良い薬になっているのか、勝っても油断することなく、特に星野監督のコメントは相変わらずツンデレで面白い。

そいえば、スポルたんで歴代監督の田尾&野村コンビのインタビューがあり、ノムは「こんなに大型補強したら当然の成績とか言っていましたが、ジョーンズ&マギーの陰に昨年から辛抱強く使った若手の台頭があるわけで、投手陣も当時は岩隈&マー君、永井で今よりも整っていたのに、相変わらずのコメントだなぁと思ったり。

 

 この週末の試合は、悪天候にも関わらず、金土連続で2万人越えの大入り!金曜はマー君の登板&二位ロッテとの大一番 のためにしても、土曜日はナイター&大雨で試合終盤で結構スカスカに見えたのに2万人?と思ったら、実は夏季の東北地方の試合限定で着用してる「TOHOKU GREEN]のユニフォームを全員にプレゼントのためというのもあったようで、大差で勝利の試合展開で、早めに帰った観客も多かったのか。

Uni

このプレゼントは、来週火の盛岡、水の秋田遠征でも行われるようで、特に火曜日の盛岡開催は、すでにチケットが完売しています。西武戦なので、当然菊池雄星効果が大きいのでしょうが、地元出身目下首位打者の銀次の活躍&チームの好調ぶりも寄与してる?ソフトバンクを見習って東北一円でのファン獲得を目指す取り組みは、地道なものになりますが、一番はチームが強くなることで、子供たちにとってあこがれのチームになることなのでしょう。

続きを読む "好調イーグルス 50勝一番乗り!"

| | コメント (0)

2013年7月20日 (土)

東西線全線トンネル貫通&一番町駅周辺の動き

長年の紆余曲折がありながらも、とうとう全線トンネルが貫通し、記念式典が行われました。開業まではあと2年余ですが、広瀬川の橋梁もほぼ完成していますし、動物公園駅周辺など地上部の大規模な工事も進み、だんだんとイメージが湧いてきています。

仙台市地下鉄東西線13.9キロ貫通 沿線開発の加速課題

2015年開業予定の仙台市地下鉄東西線が17日、本格着工から7年を経て、「動物公園」-「荒井駅」の13.9キロが全線貫通した。土木工事にほぼめどがつき、間近に迫った開業に向けて沿線開発の加速が今後の課題となる。
 青葉区の「一番町駅」地下1階であった貫通式には、市や工事関係者約200人が出席。スイッチを押して地下3階を走るトンネルを除幕し、鏡開きで貫通を祝った。
 南北線と十字の交通軸を形成することになる東西線は、震災後の百万都市発展のけん引役とされる。佐藤正昭市議会議長は「東西線は南北線と一体となり、バス、JRと結びついて交通体系の骨格となる」とあいさつで強調した。
 期待の一方で、開業後の採算性に対する市民の不安はいまだに根強い。市は昨年、東西線の1日当たりの利用者予測を開業許可時(03年)より33%少ない8万人に下方修正。沿線開発は思うように進まず、実際の乗客はさらに減る懸念もある。
 市は6月、沿線のにぎわい創出を目指し「東西線フル活用プラン」を発表。今月16日には官民連携組織「市民応援部」を発足させるなど、てこ入れに躍起だ。奥山恵美子市長は「応援部の発足式では東西線に抱く夢を多く聞いた。沿線まちづくりをしっかり進めたい」と語った/(7/18河北)。

一番町駅で式典を行ったとのことですが、その一番町駅は南側が現時点で唯一の東西線駅直結開発で、再開発ビル内に駅の入口も設置され、上層階は分譲マンションで即日完売。3階までは商業施設を誘致とのことで、西側の東急エクセルホテル跡地で分譲中の大規模マンションとともに、居住する住民の増加が図られ、沈滞気味のサンモールへの起爆剤となるか?

Img_4641

一方、駅の北側は言わずと知れた地元デパート藤崎。角には7年前から藤崎の別館扱いでルイ・ヴィトンが入居しており、暫定店舗とは思わせない華やかさを誇っていましたが、とうとう16日に閉店で、同じ藤崎の一番町館へ移転オープンしていました。

Img_4640

この一番町駅の北側出入り口は、東西線13駅で唯一出入口の場所が決まっていませんでした。過去にはクラックスの出店の際には敷地の狭さもあり断られたとのことで、そうすると藤崎が協力するしかないのに、これまでなぜか首を縦に振らず、ちゅうぶらりんな状態が続いていました。

1

仙台市交通局ホームページより引用

 なお、本館と一体活用のため、上記のルイ・ヴィトンの暫定店舗の他、周辺の小規模地を買収と言う話も以前ありましたが、その動きは残念ながらまだありません。

 とはいえ、今回ヴィトンが一番町館へ移転したので、そうすると、ようやくヴィトン跡に一番町駅の出入口の設置交渉がまとまったのであれば、めでたい話です。

続きを読む "東西線全線トンネル貫通&一番町駅周辺の動き"

| | コメント (2)

2013年7月14日 (日)

続 あすと長町に新マンション計画 &長町南に77BK新支店

いろいろとあり、更新の間があきましたが、さすがに2週もパスするのは。。。なので、前記事の補足中心ですみません。

 

 あすと長町に新マンション計画(6/29)

で取り上げた、ゼビオ東側の大和ハウス工業のマンション計画ですが、現地看板を見ると、やはりタワーではなく、高さは33m。11階建てでの比較的横長マンションのようです。東隣のサンハイツよりは多少低い高さで、東西に細長い良好な敷地条件を生かし、南面向きを多く配置するために無理に高さを積み上げるようなことはしない模様。

 ただ、南側は国土交通省河川国道事務所が建設中で、6階建てとはいえオフィスで高さとしてはそれなりに(高さ30m近く)あるので、敷地中央部の住戸については、8階付近以下は眺望は期待できなくなるかな。

 この河川国道事務所の建物の影響を受けないようにするには、東側(サンハイツ側)、北側(VW側)に寄せるしかないですが、近隣商業地域なので、北側への日影を考慮すると、意外に配置が難しいようです。

 まぁ、こんなことは関係なく、立地条件は抜群ですから、人気を集めるでしょう。現地建築看板が設置されたことからすると、意外に早めに分譲開始なのかも。泉中央駅前のプレミストも完売のようですし、次のタマとして。

(7/15追記)

大和マンション予定地の斜め向かいのヤマザワは、公表されている昨期末の有価証券報告書によると、H25.9着工、H26.2オープン予定とあります。年商20億を想定しているとのことですが、ドラッグストア以外のテナント併設などの見通しは不明ながら、工期の短さ、土地以外の投資額が9億弱という情報からすると、スーパー+ドラッグストアのみかも。周辺住民期待の商業/施設で、早くオープンして欲しいものです。

(8/11追記)

 (仮称)プレミストあすと長町として、今秋着工。完成は2015年春を予定しているとのことです。戸数は121戸。

 マンション業界で、物件のネーミングで気になるというか、姿勢が表れていると感じるのは、一つのブランド名を長年使用しているか、コロコロ変えるかの違い。

 例えば、ライオンズやナイス、住友不動産(シティハウス)、三井(パークホームズ)、三菱(パークハウス)は一貫したブランド名・会社名を使用しており、安心感がありますが、野村不動産は以前はコープ野村だったのが、今はプラウド(変えてからは10年経つようですが)。オハナという意味不明なブランド名も首都圏では使っています。。大和はもっところころ変えていて、ネオハイツ、D’クラディア、D'グラフォート(太子堂駅近くにあります)aie(鹿野)やプレミスト数年毎?に変わっているような。中古で流通するときのことを考えると、前者のような一貫したブランド名の方が自分としては安心感があります。名前だけといえばそうなのですが、目先をころころ変えられているような感じがあり。

 なお、17街区南側のイオンタウン・住友不動産予定地と思われる敷地も、ヨークタウンから見たらなにやら仮囲いがされ、地盤調査かもしれませんが、何らかの準備工事が始まりそうな気配があります。

 南側は住友不動産持分でしょうし、共同開発社のイオンタウン計画待ちかと思ったら、意外に分譲は早めに開始するのかも。仮囲いされている部分は、17街区保留地で売却された部分1.2haの半分程度でしょうか。仮に住友不動産部分がこの部分ということであれば、約0.6haで、400戸程度のボリュームも可能に。

 まぁ競合他社も多いし、一気に売りに出すとは思えないので、段階的な計画になるでしょう。建築費の高騰もあり、強気すぎてもねぇ。長町で4,000万円近辺は買う方にとっても厳しい。当然うちではムリだなぁ。この価格帯であれば、少し離れてでも戸建検討したくなります。

(7/28追記) 近くを通った時に見てみたら、仮囲いは文化財調査でした^^; やっぱ住不はイオンと同時進行のようです

 (12/28追記)下記記事でフォローしています。400戸規模タワーでH26年事業化とのこと。この時の仮囲いの範囲がそのまま住不の事業地だった模様。

続  あすと長町近辺の分譲マンション動向(H25/12/26)

 

続きを読む "続 あすと長町に新マンション計画 &長町南に77BK新支店"

| | コメント (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »