« 89ers 2013シーズンの日程決まる | トップページ | 続 あすと長町に新マンション計画 &長町南に77BK新支店 »

2013年6月29日 (土)

あすと長町に新マンション計画

今日は(土曜日)は、ゼビオアリーナでのバスケ日本代表の試合に合わせて、杜の広場でマルシェ的なイベントがあるとのことだったので、あすと長町のゼビオに買い物にいったついでに、のぞきに行ってきました。今回の試合自体は集客的には控え目な印象でしたが、アリーナの催し物に合わせてこういったイベントは良いなと思いました。

Img_4524

Img_4525

さて、ついでに周りを散歩したところ、先日記事にした、あすと長町フォルクスワーゲン新店舗の工事が、レクサス南側で始まりました。敷地的にはレクサスよりもやや大きい印象がありますが、つくりとしてはショールームと整備工場で同じような感じなのでしょうが。

Img_4520

その南側に、新たな大きな看板があると思ったら、マンション予定地の看板でした。それも、大和ハウスの。なお、ゼビオ店舗の大通りを挟んで東側になります。

Img_4521

 

大きな地図で見る

大和ハウスは、あすと長町内でも店舗開発関係で積極的にかかわっていますが、マンションということでは、太子堂駅東側のタワーマンションに続いて地区内2箇所目です

 広さから言うと、3000平米はありそうな感じなので、そうすると100戸は超えるボリュームは可能。近隣商業地域で容積率は300%。高さ制限は大通り側のみ45m制限ですが、あまり上に積むメリットもないので、高さ制限どおりの14~15階建の建物で、タワー型ではなくいわゆる普通のマンションになると予想。

 

 今までのあすと内のマンションの中では、最も立地条件が良いところを抑えてきた印象です。JR&地下鉄長町駅から4〜5分程度で、最近建築が始まった中央公園北側の「ナイスパークフロンテージあすと長町」計画の徒歩9~10分程度と比べると半分程度。また南側は国土交通省の事務所を挟んでイオンタウンの計画が、交差点向かいにはヤマザワの計画と、買い物の利便性も高くなるし、イオンタウンと共同で進めている17街区の住友不動産の計画よりも立地条件は上。

 

 そのほか、ナイス西側にはワールドアイシティの分譲マンション計画(復興公営住宅とのコラボ)も計画もありますし、イケア(そういえば、こっちも着工準備中で、工事中の囲いができていました)やイオンの計画が出揃った時期に、堰を切ったようにマンション計画が次々と出てきています。

 

 一時期の小鶴新田状態というか、購入を狙っている方にとっては、大手から中堅、新興デベまで競争になり、いろいろ比較できていい状態になりそう。でもどこも建設費の高騰から価格的には3LDKが2千万円台中〜後半から開始となりそうで、確実に相場は体感的に4〜500万程度上がってるので、消費税の増税時期とのからみもありちょっと悩みどころかも。

これで、イケア(16街区)、イオンタウン+住友(17街区)より北側のあすと長町では、ゼビオ北側の現在工事用駐車場として利用されているところ以外は、ほぼ全て本格的な活用方針が決まったことになります。駅前の14街区は当初の計画(大規模歯科医院)のはずが、現在リパークとして暫定活用中で、ここは流動的ですが。

 

 震災前のほとんど空き地状態からすると、郊外型商業施設が多いとはいえ、オセロの白黒が逆になったように、急激に土地活用が進んでおり改めてビックリです。

 

 そう考えると、ちょうど一年前、昨年6月の旧清算事業団保有地3画地(13,14,16街区)の入札で、イケア他が落札した時期が潮目だったのかも。

参考記事:良いニュースと悪いニュース(あすと長町)   (H24.6.13)

|

« 89ers 2013シーズンの日程決まる | トップページ | 続 あすと長町に新マンション計画 &長町南に77BK新支店 »

あすと長町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 89ers 2013シーズンの日程決まる | トップページ | 続 あすと長町に新マンション計画 &長町南に77BK新支店 »