« 災害公営住宅整備について(3)&あすと長町内の動き | トップページ | 仙台港水族館予定地の特区認定 »

2013年4月 8日 (月)

松島水族館へ

先日、念願の松島水族館へ行ってきました。

前回行ったのはいつの日か?おそらく小学生のころと思われるので、何十年ぶり。

覚えているのは、モノレールみたいなのに乗ったことくらいで、魚を見た記憶はすっかり抜け落ちていますが、あと1年半で仙台港への実質移転のために閉鎖が予定されているので、子どもを連れて行ってきました。

P1040984

そうそう!この入口だー。懐かしい。大人1400円に子供350円。この古さと内容を考えると微妙かな。男鹿水族館GAOは確か割引券で大人900円位だったし、沖縄の美ら海と変わらないような入場料。

その日はあいにくの天気で、客入りはどうなの?と思ってたけど、

P1040925

 意外に、それなりに賑わっていました。天気も悪かったし、一応屋根付きの全天候型の、当時としては最新鋭の作りが寄与している感が。なかなか侮れないぞ。

 

 相変わらず、モノレールなどの遊具もありました。まだ動いていることに感動。こういったミニ遊園地的なものは、新水族館では設置されないでしょうね。

P1040935_2 

中には、フードコートもあるし、うどんとかカレーとかおなじみのメニューが並んでおり、値段もこのような場所にしてはまぁまぁ。ほか、入口近くにはホタテとかの貝類の炭火焼きコーナーがあり、フードコートのメニューと合わせて食している観光客もいました。

P1040920
 

 目玉?のアシカショー。たまたまやっていましたが、観客席も満員近く。大人気!

中の展示スペースに入ってみました。やはり古さと水槽の小ささは否めないかも。

P1040947_2

それでも、いろいろ工夫してやっているのが分かりました。クラゲの展示とか、水槽が小さくても結構楽しめるし、サンゴなども色鮮やかで見入ってしまいました。

P1040975

 震災時には津波で浸水してしまい、ポンプが水没したため、必死のスタッフの努力にもかかわらず、マンボウが死んでしまったり(後に、他の水族館から寄贈されたものが現在展示されています)、管内がそれなりのダメージを受けましたが、1か月ちょっとの4月下旬に再オープンにこぎつけたストーリーを、回遊コースの最後の方で展示していましたが、ちょっと感動してしまいました。

P1040971

 確かにこの設備では、将来的に厳しいし、根本的に建て直すしかないのはやむを得ないですが、宮城人の心の中に住んでいる子どもの頃の記憶としては、エンド―チェーンの屋上、八木山動物公園やベニーランドと並んで、松島水族館があります。だんだんと無くなっていくのはやっぱりさびしいかなーと思いました。

 

 改めて実感したのは、やはり宮城の観光地としては一等地である松島に立地することから、ふらりと立ち寄る観光客の多さ。遊覧船広場の近くかつ松島海岸駅前という好立地もあるし。これは仙台港ではあまり期待できない。新しい近代的な水族館というのに期待もあるけど。車での利用者にとってはインター横で利便性は高いし、駐車料金も無料か?松島水族館は一番近くの県営駐車場が最初の1H300円で、その後は30分100円。観光地だからしょうがないけど、ちょっと高いなーと。

 

 その松島自体も、肌寒い観光オフシーズンにしては、それなりに賑わっていた感がありました。4月から6月まで、ディスティネーションキャンペーンを県・市・JRで実施していますが、その効果があるのでしょうか。

松島海岸駅

 子連れで車で行ったので、駅は使いませんでしたが、駐車場に向かう帰りにふらっと海岸駅を通りました。

P1040989

代行バスの発着場所にもなっていますが、電車本数の少なさもあり、通った時には人はまばらでした。でも、駅前の飲食店街には、16時位の時間帯でもぱらぱらとお客さんが。

P1040990_2

以前は空き店舗だらけで、観光地の駅前景観云々の話があり、確か町が店舗誘致に力を入れて、7,8年前からこの状態ですが、何とか踏ん張っているようですね。焼きがきを食べられる店とか魅力。ただ、ちょっと先日当たりかけたので、今回は遠慮したけど。

 

 松島の玄関口としては、やはりこの海岸駅。松島駅や高城町駅は地元向けの感が。

その海岸駅も、2年後の仙石線⇔本線乗り入れで、玄関口としての役割が低下する見込みであり、活性化を図る必要があると思います。そうすると、そもそも本線の駅設置という町の策定した構想を実現して欲しいなぁと。本線線路部分と仙石線の現海岸駅との高低差とかは承知の上で。本線直通化が図られれば、本線駅の設置は絶望的ではありますが。

|

« 災害公営住宅整備について(3)&あすと長町内の動き | トップページ | 仙台港水族館予定地の特区認定 »

市政」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

震災」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです!
とうとう行って来たのですね!
私も何十年かぶりに水族館に行ったときには、ほとんど同じような感想を持ちました。
あのミニ遊園地がなくなるのはホントさみしいですね!

投稿: コータ | 2013年4月13日 (土) 19時33分

>>コータさん
 忙しい時期でしたが、気分転換を兼ねて何とか行ってきました!
正直、あの遊具類は現役であることに驚いてしまいます。
ここは震災を何とか乗り切った水族館ということもあるし、
何かとひいき目に見てしまいますね。

仙台港の水族館にスタッフや魚の一部は移ると聞いていますし、
引き続き運営主体や場所は変わっても頑張って欲しいです。

投稿: S-Watcher! | 2013年4月13日 (土) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松島水族館へ:

« 災害公営住宅整備について(3)&あすと長町内の動き | トップページ | 仙台港水族館予定地の特区認定 »