2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ベガルタ開幕戦 | トップページ | 災害公営住宅整備について(1) »

2013年3月 6日 (水)

東京オリンピック誘致騒ぎ&中央と地方の関係

 今日で、IOCのオリンピック候補地の視察が終了したようです。テレビニュースでは、2020オリンピック誘致に向けた東京側のもてなしや、視察団の動向など、お祭り騒ぎが続いていました。初日は某都知事がヘタクソな棒読み英語であいさつしていてマジ興ざめ。安倍総理の突然のアカペラの歌(1964東京オリンピック開催時に歌われたもの)はサプライズで良かったと思いますが。経済も上向きで総理ノリノリ過ぎ。  

 今回のマスコミのバカ騒ぎがPRになったのか、都民の五輪支持率が70%になったとこっちも浮かれムードの報道ですが、そもそも東京で開催することに、いまいち共感が持てないのは、結局震災後被災地となった地域からみた「中央」と「周辺」のあからさまな関係がより一層浮き彫りになったこと。

 震災報道にしても、結局東京は自分たちのことしか考えていないというあきらめ感。   それを象徴してるのが、某都知事。勝手にサッカーの予選会場にあの宮スタを使うとか言い出し、「被災地開催」というハクをつけて、国民の支持率が低いのに焦り、招致に大義を見い出したいだけなのがミエミエ。誰も頼んでいませんって。たった1試合だけでしょうに。  昨年末の仙台での東京五輪招致イベントで、招待状も出してないのに、「何で仙台市では出席しないんだ!熱意がない」みたいなことを曰っていたけど、何言ってんの?って感じ。仙台市の幹部も「ハァ?」っていう反応だったし。別に宮スタは利府町だし、仙台市関係ないじゃん。宮城県の幹部は出てたんだから別にねぇ。  

某新都知事

 道路公団民営化の時には、存在感を発揮していましたが、単に今は成り上がりの勘違い人間にしか見えない。 石原前知事という”虎の威を借る狐”でしかない。  そもそも都知事選で史上最高の票を集めたことで勘違いしているけど、たまたま石原が後継指名してくれて他の候補者がすごすごと撤退したことと、衆院選と同日選で投票率が上がったことで他力的にそうなっただけなのに、当選した直後から、態度が激変して感じが悪い。これだったら、まだ石原の方がよかったと思えるくらい。  東京都に対しては、震災後いろいろと積極的に支援してくれた感謝の気持ちがありましたが。。。

東京について

  個人的に、東京周辺には友達もいるし、都市としての魅力は言うまでもないから、当然東京自体は嫌いではないんだけど、「何でも東京に」という考えには何か違うよなぁと思ってしまいます。  

 まぁ、昔みたいに地方が中央(東京)を一方的に崇拝する関係ではなくなり、うまく利用すれば良い的な考え方になりつつありますが、結局経済面でも収奪され、情報面でもマスコミを中心とする東京発の自己満足的な情報の垂れ流しにはうんざりします。首都圏というキー局の営業エリアで4000万人と全人口の1/3を占めているとはいえ、残りの2/3に対しての配慮はないよなぁと、毎年繰り返される東京の大雪大混乱の実況中継とかね。

  その構造に異を唱えても、現時点ではどうしようもないのは承知の上で、この先進国らしからぬ首都圏一極集中構造は、やはり不健全だなと。  

 まぁ、国土が細長く、その中央に東京がある時点で、新幹線をはじめとする交通網は東京起点の流れが強すぎ、東京以外の都市の横のつながりが脆弱であるところと比較し、ドイツやアメリカのような都市間の網の目のネットワーク(首都に経済が集中せず、それ以外の都市相互を結ぶ流れが比較的存在する)の健全さを感じるところ。

 道州制について

   この構造を打破するためには村井知事が震災前から推し進めている道州制が切り札だとは思っていながらも、結局政財官が東京に集中し、他の地方がおこぼれにあずかるようなピラミッド構造は変わらないだろうから、地域(道州)ごとの経済力の格差が大きくなり、北海道や東北、四国は厳しいのは当然ながらも、関西でさえうまく行くかわからない。

 それ以前に、東京に利権をもつ官僚が地方に権限を渡すとは思えない。単に弱小県の合併となり、こんなはずではなかったとなる可能性が高いし、震災後の東北で考えても、復興の命綱を国に握られている現在、放射能で苦しむ福島の位置づけも含めて、東北がバラバラになっている現在、そんな気運はしぼんでいるし、また州都選定でもめるだろうから、厳しいのは十分承知。

 とはいえ、このまま国におんぶに抱っこの東北が永遠に続くのも、どうなの?とは思う。関西や九州みたいに道州制を見据えながら戦略的に一歩一歩取り組みを進めているところもあるし、北海道もそうだけど、東北も中央に頼るだけの地域づくりでは未来が見えてこない。

ILCの誘致活動

 現在、日本での建設が決定的と言われている次世代大型加速器「国際リニアコライダー」(ILC)のプロジェクトについても、東北では岩手県の北上山地への誘致に向けてようやく気運が盛り上がってきたところですが、ライバルの九州脊振山地(福岡・佐賀)に勝てる気がしない。政治力とか戦略でも、自民党が支配し、再度注目を浴びている実力者麻生のおひざ元福岡・佐賀と、民主党と終わった小沢一派が跋扈する岩手県では勝負が決まったようなもの。

  震災復興の起爆剤にという意味合いを持たせてどの程度勝負できるかという感じだけど、世界中から訪れる科学者が滞在する都市としても、仮に昔の筑波研究学園都市の小型版のような殺伐とした街を人工的に整備するとしても、魅力に欠ける。仙台は母都市というには遠すぎる。そうすると、悔しながら適度な距離に福岡市が存在する脊振山地の強みを感じるところ。

 また、放射能問題も、外国人にとっては大きいところかも。一方九州はPM2.5の影響も大きくなっているから、どっちもどっちという状況ではあるが。

 北上山地が勝てるとしたら、震災復興を旗印にオール東北でどれだけ誘致活動に団結できるか。もちろん、宮城・仙台としても隣県のプロジェクトと冷めた目で見ずに、協力的な姿勢を示せるか。

 そうすると、道州制の話にもつながってくるけど、仮に東北州を立ち上げるとしても、州都は必ず仙台にということではまずまとまらないのは目に見えてくるし、その場合、盛岡市や北上市などでもアリかもしれない。勿論都市インフラや既存の国の合同庁舎などの有効活用から、最低限の投資で進めるには当然仙台なのだろうけど。 東北新幹線沿いは、郡山‐福島‐仙台とバランスよく50,60km(高速道路で1時間弱程度の距離)それなりの規模の都市が連なっているのに、仙台以北は盛岡まで180kmの間小都市しか存在せず(合併して10万を超えた大崎市、一関市、花巻市はありますが)、一関や北上近辺の拠点都市が一回り大きくなれば、東北全域に対しプラスの効果を与えることになると個人的には思っています。まぁ小沢の拠点に近いのは無視するとして。  

  東京が地方に対して配慮が足りないという構図は、東北の中で仙台が他県に対して配慮が足りないというのと重なってしまいます。仙台人としてそこに目をつぶることはできないし、何でも仙台というのではなく、うまく役割分担をしてお互いに幸せな関係を築ければいいですね。

« ベガルタ開幕戦 | トップページ | 災害公営住宅整備について(1) »

県政」カテゴリの記事

市政」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事

東北」カテゴリの記事

交通」カテゴリの記事

他都市比較」カテゴリの記事

仙台いろいろ」カテゴリの記事

震災」カテゴリの記事

コメント

福島県中通り地方が放射能汚染地帯になったことは東北と東京のあいだに「かべ」が
できたといえ、心理的な影響はおおきいとおもいます。土地の評価が暴落していて避難者が続出しているのをみると、ちかい将来中通り地方が放棄される可能性がないとはいえないでしょう。そうなると会津地方に迂回ルートが建設されるまでのあいだ東北は事実上陸の孤島になり東京との距離感は決定的になるでしょう。そこまでいかなくても東北地方は東京の「植民地」から脱却しなければなりません。

その点において岩手県は国際リニアコライダーを誘致すべきではないとおもいます。むつ小川原開発など箱物にたよってきた東北の大型開発そのものだからです。建設や運営に地元がかかわる余地はすくないはずで、富が地元に蓄積されず東北の「植民地経済」をかえるものにはならないでしょう。

>一関や北上近辺の拠点都市が一回り大きくなれば、東北全域に対しプラスの効果を与えるこ
>とになると個人的には思っています。

わたしとしては八戸市に東北第2の都市になってほしいとおもいます。東北有数の道路インフラのよさは魅力的ですし。

あと、「東日本大震災」というネーミングも東北が最大の被災地であるというイメージがつたわってこないのですよね。東北地方太平洋沖地震という正式名称がないがしろにされていることも感心しないのですが。

>Piichanさん

 当初の「東北地方太平洋沖地震」が、いつのまに「東日本大震災」にすり替えられたのは、東北人としては不本意な気持ちがありますね。高速道路無料化でもちゃっかり水戸以北の常磐道が入っていたり。当時の国交相の選挙区というのもありましたが。
中央にとっても電力不足や放射能被害もあり、原発事故の被害者だということをアピールするためのものだったのでしょう。もちろん千葉の沿岸部でも津波被害があったり、浦安でも液状化被害があったり、首都圏でも被害はありましたが。
一方、オリンピック誘致では、「東京は放射線量は少ない」というアピールをしているのはご都合主義で滑稽なような。
 
ILCについては、迷惑施設であるむつ小川原とは違うと個人的には思います。
ただ、誘致はよほどの努力がないと厳しいでしょうね。
 なお、 東北第二の都市は、札幌と仙台との中間点の青森県内(青森市でも八戸市でも)にあると確かにバランスは良いですね。一関や北上あたりにというのは、今よりも一回り大きな都市があればという位の気持ちです。

東北地方太平洋沖地震は地震の名称
その東北地方太平洋沖地震によって引き起こされた災害の名称が東日本大震災です

すり替えられてませんよ

関東大震災は大正関東地震によって引き起こされた災害
阪神淡路大震災は兵庫県南部地震によって引き起こされた災害です

地震そのものについては東北地方太平洋沖地震と言うべきですが
地震による被害、津波、原発事故についてなら東日本大震災と呼ぶのは当然のことではないてしょうか

返信が遅れました

”地震名”と”大震災”の違いなど、言わんとしていることは分かりますが、
大震災の名前の決め方に”政府・中央”の意向が入っているということなのでは。
阪神・淡路大震災のネーミングについても、そもそも”阪神”の定義について異論がありますし、
誰もが納得するものにはならないのでしょう。

真面目な意見

我欲五輪はもういらない

五輪開催する資金とか資材とかあるならば東北の被災地に回して欲しいものです。

アスリートをサポートする為に国の予算を回す事は否定しないどころか一向に構わないが五輪招致とは関係無いでしょう。

>>我欲都民さん
 コメントありがとうございます。
決定が来月に迫っていますが、あの知事の妄言もあったし、
東京優勢とは言われていますが、どうなることやら。

まぁ、決まれば東京に公共投資を進めるいい口実になり、喜ぶ人は多いのでしょうね。
東京に権力と金の大部分が集まっている以上、そんなことを言っても無駄なのは承知の上で、地方民として、これ以上の首都圏集中を進めるプロジェクトには複雑な気持ちです。日本人なのだから東京を応援しろと言われかねませんので、決まれば応援はしますが。

はっきり言って、東京が何らかの事情で無くなってしまえば地方は全て活性化しますね。
1/3が関東だとは知りませんでした

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ベガルタ開幕戦 | トップページ | 災害公営住宅整備について(1) »