« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月10日 (日)

災害公営住宅整備について(2)

前回の続きですが、仙台市では現在整備中のもの以外でも、市が直接整備することのマンパワーの限界もあるので、買い取りの手法も用いて提案受け付けにて、買い取りで整備しようとしています。

 

買取災害公営住宅事業者を公募/1月18日から提案受付/仙台市

 仙台市は、買取方式による災害公営住宅整備事業者選定の公募型プロポーザルを公告した。提案書は2013年1月18日から2月15日まで都市整備局市営住宅課で受け付ける。3月中旬に事業候補者を選定、同月下旬に協定を締結し、事業に着手する。建物の引き渡し期限は15年3月末としている。
 (途中略)
 基本条件は、土地面積が1000㎡以上、建物戸数は30戸以上。間取りは2K(専有面積約35㎡)と3K(同約50㎡)、4K(同65㎡)がそれぞれ全体の3割、4DK(同75㎡)は1割とする。買取価格は市公有財産価格審議会の答申をもとに設定するが、1戸当たりの上限価格は建物が1600万円、土地を含む場合は2300万円に設定している。
 このほか、付帯施設として集会施設(1戸当たり1㎡で算出)、駐車スペース、自転車置き場が必要となる。事業範囲は、用地の確保・造成と建物の設計施工、市への譲渡など。
 募集地域と戸数は、地下鉄南北線北部(泉中央~台原駅)が100-200戸。JR線東部1(東照宮~陸前原ノ町駅)は200-480戸、同2(陸前高砂~福田町駅)は120-240戸。地下鉄東西線東部(荒井~薬師堂駅)は260-660戸。南北線南部(河原町~富沢駅)は190-390戸となる(建設通信新聞24/12/21引用)。

このエリアも、地下鉄南北線、東西線、仙石線沿線という、仙台では便利な鉄道路線沿いであり、特に地下鉄沿線の未利用地の活用の掘り起しと地下鉄利用者の増加につなげようという考え方です。

 

 条件は、土地含みで2300万円/戸 と、最近の建築価格の上昇を踏まえると余裕のある条件ではないですが、面積の狭い少人数向けの世帯用も含めての一戸当たり平均額なので、非現実的な条件ではない。

 

続きを読む "災害公営住宅整備について(2)"

| | コメント (0)

災害公営住宅整備について(1)

震災からまもなく2年が経過します。

あふれんばかりの震災回顧報道が始まり、震災を風化させない意味では積極的にやって欲しい反面、興味本位の報道は被災者の心をえぐることになるので、複雑な気分。

さて、大部分の被災者は現在仮設住宅(プレハブ、民間アパート借り上げ)に住んでいますが、当初の2年間の期間がさらに1年間延長され、さらにもう1年延長という話もあります。

 被災された方は高齢者が多く、自前での住宅再建は難しい方も多いでしょうし、災害公営住宅に頼る割合は高いながらも、災害公営住宅の建設は遅れに遅れていて、今春第一号が山元町の新山下駅予定地付近に30戸弱完成しますが、全ての完成はまだまだ先で、仮設住宅からの退去はなかなか進みません。

 ジレンマとしては、特に石巻以北では、仮設住宅用地に使えそうな平地の確保に奔走したため、仮設住宅がなくならないと災害公営住宅の用地が確保できないというところが。

 特に気仙沼は被災しなかった平地が少なかったので大変です。

仙台市では

 市内の被災者だけでなく、県内の沿岸部および福島県からもかなりの被災者が仮設住宅に集まってきており、災害公営住宅の建設ボリュームもかなりのもの。

 

 単なる被災者向けの住宅であれば、元の住居の近くに確保したいところですが、仙台市は先を見据えて、戦略的な配置及び確保手法を用いています。

 

 それも、コンパクトシティの考え方に沿って、これを機会に鉄道沿線への人口集約を図っています。それは集団移転地も含めて。事業費は復興増税などで国から手当されるので、ケチる必要がないためか。賢いやり方だと思う。

仙台市の復興公営住宅整備計画(PDF)

地下鉄東西線沿線への誘導

 市内で最も被害が大きかった荒浜・深沼地区からの移転先としては、地下鉄東西線終点の荒井駅周辺の区画整理地にかなりのボリュームの復興公営住宅(仙台市での呼び方)及び移転先の宅地を確保しています。移転スケジュールはもう3年後に開通する地下鉄のスケジュールとばっちり一致し、またこれから始まる区画整理事業地(荒井西・荒井東・荒井南)もあり、災い転じて福となすような状況です。

 

 被災者の中でも子供がいる世帯は、通勤や教育環境及び再度の津波の危険性を考えると、なるべく便利な場所に移転したいという気持ちを持つ方は多いですし。高齢者でも病院通いとかを考えると、同じ考えの人も多い。

荒井東区画整理事業地では、第一期で197戸(H25年度)、第二期で100戸。そのほかの荒井駅周辺で240戸と、ここだけで500戸以上の供給がなされます。

 そのほかにも、東西線沿線では、六丁の目駅及び卸町駅周辺でH26年度までで約200戸の整備が予定されています。

続きを読む "災害公営住宅整備について(1)"

| | コメント (2)

2013年3月 6日 (水)

東京オリンピック誘致騒ぎ&中央と地方の関係

 今日で、IOCのオリンピック候補地の視察が終了したようです。テレビニュースでは、2020オリンピック誘致に向けた東京側のもてなしや、視察団の動向など、お祭り騒ぎが続いていました。初日は某都知事がヘタクソな棒読み英語であいさつしていてマジ興ざめ。安倍総理の突然のアカペラの歌(1964東京オリンピック開催時に歌われたもの)はサプライズで良かったと思いますが。経済も上向きで総理ノリノリ過ぎ。  

 今回のマスコミのバカ騒ぎがPRになったのか、都民の五輪支持率が70%になったとこっちも浮かれムードの報道ですが、そもそも東京で開催することに、いまいち共感が持てないのは、結局震災後被災地となった地域からみた「中央」と「周辺」のあからさまな関係がより一層浮き彫りになったこと。

 震災報道にしても、結局東京は自分たちのことしか考えていないというあきらめ感。   それを象徴してるのが、某都知事。勝手にサッカーの予選会場にあの宮スタを使うとか言い出し、「被災地開催」というハクをつけて、国民の支持率が低いのに焦り、招致に大義を見い出したいだけなのがミエミエ。誰も頼んでいませんって。たった1試合だけでしょうに。  昨年末の仙台での東京五輪招致イベントで、招待状も出してないのに、「何で仙台市では出席しないんだ!熱意がない」みたいなことを曰っていたけど、何言ってんの?って感じ。仙台市の幹部も「ハァ?」っていう反応だったし。別に宮スタは利府町だし、仙台市関係ないじゃん。宮城県の幹部は出てたんだから別にねぇ。  

某新都知事

 道路公団民営化の時には、存在感を発揮していましたが、単に今は成り上がりの勘違い人間にしか見えない。 石原前知事という”虎の威を借る狐”でしかない。  そもそも都知事選で史上最高の票を集めたことで勘違いしているけど、たまたま石原が後継指名してくれて他の候補者がすごすごと撤退したことと、衆院選と同日選で投票率が上がったことで他力的にそうなっただけなのに、当選した直後から、態度が激変して感じが悪い。これだったら、まだ石原の方がよかったと思えるくらい。  東京都に対しては、震災後いろいろと積極的に支援してくれた感謝の気持ちがありましたが。。。

続きを読む "東京オリンピック誘致騒ぎ&中央と地方の関係"

| | コメント (8)

2013年3月 4日 (月)

ベガルタ開幕戦

試合前の強風+試合中の吹雪で、体感は氷点下の中、テレビ観戦の誘惑に負けながらもなんとか開幕甲府戦行ってきましたが、1万6千人強という観客数は、この時期のホーム開幕&当日の天気からすると、健闘したほうかと。

 

 昨年は同じくホームで開幕でしたが、大震災から1年の日を前にしての鹿島戦だったし、気合いの入り方が違ったけど、今年はJ2時代からのお友達の甲府だし、仙台が格上的な扱いをされ(昨年の成績からすると当然だけど)、非常にいずい気分だったし。

 

 また、火曜日にACLホームもあったし、開幕にぶつけるパワーが分散されたような。

試合の感想

 気候も寒かったけど、試合内容も寒かった。昨年の開幕に感じた鹿島を圧倒した躍動感はなく、逆に再々昇格の甲府の勢いに押されまくった試合。かなり研究されているのも感じた。とはいいながらも、広大のヘッドで先制したときには、ベガルタのJ1開幕戦の良いジンクス(これまで4勝1分け、未だ無失点)は続くのかと思ったけど、凡ミスで同点にされてからは、再度の勝ち越しの雰囲気は全くなく、最後まで甲府におされて、引き分け上等みたいな試合に。

 まぁ、DFとボランチでけが人が相次ぎ、6人中4人が新加入+昨年のサブだし、なによりも角田の欠場は痛かった。最終ラインと前線が完全に分断されていたし、初めて育成補償金かけてベルディから獲得した期待の選手左サイドの和田が完全に穴になっていたし。

 

 和田はボランチの選手でしょうと思うが、両サイドは現在かなり手薄だし、若手をいろいろとチャレンジさせていかないと、ACLもあるし、今年はしょうがない。 若手育成のためには、温かく見守ることも必要かと。 あと、交代で出たは新人の蜂須賀は前評判通りのプレイを見せてくれました。 なお、前目の選手達はACLからの連戦組も多いし寒さもあり動きが悪かったけど、徐々に新加入選手はヘベルチやディオゴとかもまだ見ていないし、辛抱のシーズンになりそうですが、信じて暖かく見守るつもり

| | コメント (0)

2013年3月 2日 (土)

3月16日JRダイヤ改正(悪?)

恒例のJR春のダイヤ改正があり、力を入れている新幹線では、はやぶさの320km/h運転や、秋田行き「スーパーこまち」の登場など、目玉があります。はやぶさはいまだにかっこ良いとは思えない(ピンクが気持ち悪い)けど、スーパーこまちの方は素直にいいデザインだなぁと思います。それに「こまち」という定着した名前を猫の目のように変えなかったのも良い。

 

 一方、在来線では、津波被害を受けて運休が続いていた石巻線 渡波‐浦宿(女川駅の一駅手前)間と、常磐線の亘理―浜吉田間の、約2年ぶりの運行再開が大きなニュースです。

石巻線

  正直、浦宿を女川駅に改称して、それで終わりでもいいんじゃない?と思ってしまいますが。ここに関しては、浦宿まで復旧してくれただけでも御の字だと感じます。先がつながっていない盲腸線だし。

常磐線

 こっちは、もともとは上野まで続く幹線だったのだし、今は原発事故や津波被害でところどころ途切れていますが、少しでも早い復旧を望んでいます。相馬や南相馬というそれなりの都市からの仙台への鉄道が途切れている状態は好ましくない。

 今回の復旧区間は1駅のみで亘理町内の区間になりますが、浜吉田駅は山元町からもほど近い駅で、だいぶ山元町民としても駅が近くなった印象かと思います。もちろん、内陸ルート完成までは最低4年かかるとのことで、土地の買収も一筋縄にはいかなそうなので、不安要素ありありですが。

 

 それにしても、仙台駅で「浜吉田行」の表示が見られるというのも、「いったいどこ行き?」という混乱が当初は生じそうです。亘理行のように慣れるとは思いますが。

 

 なお、亘理駅のターミナル効果は2年で終了し、あと4年間は小駅の浜吉田がターミナルとなることが確定です。最近の新聞記事でも、山元町の人口減が止まらず、特に鉄道が生きている亘理町への流出が目立っているとのことでしたが、浜吉田駅周辺へ移り住む動きもあるようです。

 浜吉田駅周辺は、津波浸水被害のため、山下駅西側周辺のように家は残っていながらも鉄道の不通で人口流出が目立っていましたが、電車の起終点ということであれば必ず朝でも座れるし、被害を受けた住宅で売りに出ているところも多いので、そこを安く買うor借りて、山元町から移り住むという動きが進むか?

 

 亘理駅周辺は津波被害が辛うじて及ばす、同じ町内の荒浜地区及び山元町や福島からの移住者で、土地および中古住宅等不動産の物件不足が続いている状況だったので、この終着駅でなくなることが、多少は需給が緩和するかと。

 

 今回の改正で、朝9時代に下り1本の増発とのことですが、震災以前と比較すると、まだまだ不便なまま。さらに、震災以前より約50分繰り上げられた仙台からの終電が、さらに6分早くなり、仙台発22時34分発となるようです。だんだん利府線の終電の早さに近づいているような。。。

 亘理駅利用者にとっては、始発駅ではなくなるし、終電も早くなるし踏んだり蹴ったりの改悪か。始発駅でなくなるのはしょうがないにしても。

 なお、代行バスは予想通り亘理駅発着が継続となり、浜吉田駅を経由せず6号線直行となるため山元町役場方面からは10分程度短縮になるようです。ただ、亘理駅が始発でなくなるので、その点では着席可能性が低くなるのは、亘理駅利用者と同じ。

他に気づいた点(ダイヤ改悪)

 仙石線は上下1本ずつ朝に増発があるようです。

  ただし、本線上り(名取を除く)ですが、仙台発16時台で、空港線快速を挟むため以前は24分待ち(18分‐42分)の時間帯だったのが、さらに改悪となり、30分待ち(13分‐43分)となります。

 

 また、上記の常磐線終電時間変更がらみですが、以前は18分待ちでまぁまぁだった仙台駅発22時台(8分発‐26分発)も改悪となり、25分待ち(9分発‐34分発)となります。以前の22時26分発の本線がなぜか常磐線と交換で22時41分発となり、利用者の利便性を考慮したとは思えない変更です。

 

 もう慣れっこのダイヤ改正という名の改悪だし、減車に次ぐ減車により夕方以降は4両編成の電車を中心に混み込みだというのに、さらに車両を減らす(8両→6両、6両→4両)とか。何考えてんの?東口開発もいいけど、着工前に本業のサービス水準を落としてどうすんだか。再開発は鉄道利用者増やすためじゃないの?

JR東日本仙台支社 ダイヤ改正概要(PDF)

 

 

 

 

| | コメント (0)

ベガルタ リーグ戦開幕

先日2月26日に、記念すべきACL初戦のブリーラム戦をホーム”仙台スタジアム”で迎え、惜しくも引き分けスタートだったベガルタですが、早くも中3日で、J1リーグのホーム開幕戦を”ユアスタ”で迎えます。

 

 先日は平日夜だし、行けなかったけど、明日は意地でも行ってきます。寒いのでテレビ観戦というのも頭によぎったけど。

 

 これまでのJ1での5シーズンは、開幕5試合分の計25試合で2試合しか負けていないという、春に強いベガルタでしたが、今年はACLの強行日程もあるし、これまではノーマーク故に弱者の戦術がとれましたが、さすがに昨年の2位の成績もあるし、かなりマークされるなかでこれまでのように春先の強さが見せられるか?

 

 それに、相手の甲府というのも曲者。昨年の鹿島、一昨年の広島のように、格上対策を講じてということにはならず、10年以上前から切磋琢磨してきた古くからのライバルながらも、J2からの昇格チーム。昨年J2で大活躍したダヴィは鹿島に強奪されたとはいえ、昇格チーム相手というのは、ちょっと嫌な予感がする(2005開幕のJ2昇格徳島戦とか)。

 

 また、第2節は、よりによってアウェイ鹿島戦。その甲府から強奪したダヴィも、復帰したセレーゾ監督もいるし、昨年初めて二ケタ順位に沈んだ鹿島では決してない。前評判も優勝候補に挙げられているし、こっちは挑戦者の気分で臨めばいいか。

 

 まぁ、テグのことだから、うまく選手を引き締めて開幕に臨んでくれるでしょうが、ちょっとけが人が目立つのが気になる。角田のケガの情報も入ってきたけど、情報戦であることを祈るところ。

 それにしても、サッカーは3か月しかオフシーズンがないというのは、やっぱり選手にとって過酷だねぇ。自分としても楽しみ反面、もう開幕?という気持ちも。ベガルタ三昧の季節が始まります。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長町駅東口周辺 近況

駐車場情報に引き続き、長町駅東口周辺街区の状況を。

12街区

まず、一番変化中の12街区、国土交通省仙台河川国道事務所建設地。

Img_3933

Img_3924

 6階建ての計画なので、現時点で半分くらいの高さまでになっています。順調に工事が進んでいるようで、完成は年末から年明けにかけてでしょうし、その後現庁舎からの引っ越しもあるけど、公機関の庁舎だから稼働は26年度始めに間に合えばOKでしょう。

 

 数百人の就業人口が増えることになり、周辺の飲食店には好影響が出るでしょうね。これまでは、4号バイパス沿いの車通勤前提の場所に庁舎はありましたが、移転先は便利になる反面職員用駐車場はそれほど見込めないので、公共交通機関の利用が前提となりますが、それでも車でないと通勤できない職員向けの月極め駐車場需要も周辺に発生するかと思われます。現在は、駅前のJR関連会社の駐車場位ですが。

 なお、同じ12街区のイオンタウンは、当然ながらまだ動きは見えません。

続きを読む "長町駅東口周辺 近況"

| | コメント (0)

2013年3月 1日 (金)

長町駅東口周辺 駐車場事情

 長町駅を利用する方は既に気付いているでしょうが、東口駅前広場真正面の14街区(大規模歯科医院云々の計画の土地)で、こんな看板が出て、すでに今秋から工事が始まっています。

Img_3931

 この駅前に青空駐車場ですか。。。という気持ちですが、北側の14街区ではヤマザワ、長町八木山線を挟んだ16街区では来春のIKEAオープンを控えており、当分開発計画が進まないのであれば、駅前の土地は空き地よりはコインパーキングで有効活用してもらった方が良いのかも。200台収容であれば、この街区の半分強の面積で十分なので、あとの半分近くは更地のまま活用策を探るのかと予想。

 

 それに、料金設定次第では、都心部へ用がある人向けのパークアンドライド駐車場として活用できないかな。JR駅までは徒歩1分、地下鉄まででも徒歩3分程度だし。

 立地条件からすると、100円/30分なのでしょうが、ゼビオのリパーク等周辺コインパーキングとの競合を考えると100円/60分か? 長町駅西口及び商店街周辺は、これまで100円/30分が相場でしたが、泉中央並みの100円/60分に価格破壊が進みそうです。

 工事中の写真を何枚か。

Img_3926  Img_3930_5

続きを読む "長町駅東口周辺 駐車場事情"

| | コメント (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »