2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 大野田スタバはドライブスルー? | トップページ | 長町駅東口周辺 駐車場事情 »

2013年2月24日 (日)

89ers ピアスHC解任

突然のニュースでビックリでしたが、最下位相手に連敗、かつホーム4連敗では仕方ない。というかもう手遅れ感ありありなのが残念。

bj仙台 ピアスHCを解任 成績不振が理由

 男子プロバスケットボール、bjリーグ仙台を運営する仙台スポーツリンクは23日、成績不振を理由にロバート・ピアスヘッドコーチ(HC)を解任した。
 ピアス氏は東日本大震災の影響で活動を停止していたチームの復活に伴い2011年7月、HCに就任。チームは昨季、東地区6位でプレーオフ(6位以内)に進んだが、今季は22日現在、13勝21敗と大きく負け越し、8位と低迷していた。
 仙台市青葉体育館で21、22日に行われたホーム戦で、最下位の埼玉に連敗。球団はプレーオフ進出に向け、チームの立て直しが急務と判断したとみられる。
 ピアス氏は球団を通し「仙台にはHCを務める機会を与えていただいたことに感謝する。残りのシーズン、ベストを尽くして頑張ってほしい」とのコメントを出した。
 今季の残り18試合は、間橋健生ゼネラルマネジャー兼アシスタントコーチがHC代行として指揮を執る。(2/23河北)

 

 前の浜口HDがbj参入から6年間の長期政権だっただけに、途中解任っているのがちょっと意外感あり。ベガルタは震災をバネにして飛躍しましたが、89ersは震災の影響でリーグ戦途中撤退、チーム解散を強いられ、初代HDも泣く泣く契約解除で、bj参戦からの歴史と流れが途切れてしまったのが痛かった。

 

 やはり、野球やサッカーとは運営規模も観客も違うし、脆弱な基盤というのは本当に気の毒でした。bj自体もJBLとの統合もお流れになり、日本バスケ界における位置づけも中途半端で、そのような状況ながらも、あんなすばらしいゼビオアリーナがホームアリーナとして整備してもらいながらも、その素晴らしいアリーナを今シーズンはホームゲームの1/3しか使えないことになり、さらにゼビアリでは4試合全敗という期待を裏切る成績。

 

 今シーズン感じることは、開幕の浜松戦では勝利といいスタートを切りながら、浜松との2試合目及び3,4試合目のゼビアリ開幕カードと、3試合連続で惜しい試合を落として、すっかり流れを手放してしまったような感が。その後も、今月のゼビアリの富山戦でも楽勝ムードの試合をまさかの大逆転で落としてしまったり、チームがうまくいっていないのだろうなと思っていました。

 

 今シーズンは、そのゼビアリでのプレーオフはほぼ絶望的ではありますが、チームはまだまだ続いていきます。来シーズンに向けて、建て直して行ってほしいと思います。

« 大野田スタバはドライブスルー? | トップページ | 長町駅東口周辺 駐車場事情 »

89ers」カテゴリの記事

あすと長町」カテゴリの記事

震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大野田スタバはドライブスルー? | トップページ | 長町駅東口周辺 駐車場事情 »