« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月25日 (火)

あすと長町にイオンタウン進出

昼間に聞いたニュースの続報を。

12/8の記事で公募については取り上げていましたが、

あすと長町の長町駅前で最後の大規模保留地が落札され、土地利用が決まりました。

あすと長町の12街区、17街区の公募でイオンタウンと住友不動産が50億500万円で落札したとのこと。

正確には、12街区の約1.5haの方をイオンタウンが31億弱、

17街区の約1.2haの方を、イオンタウンと住友不動産が19億強で落札。

6月に行われた旧清算事業団の所有地処分では、ほぼ公募最低価格での落札でしたが、今回は38億の最低価格に対して50億強の落札ですから、イケア効果と残り少ない大規模画地というのもあったのでしょう。それでも開発当初に想定されていた単価からすると、かなり安いような。商業地域で600%の容積率なのに、坪70万円弱というのは。それでもヤマザワが買った13街区の土地は坪40万円程度なので、それよりはかなりましです。

 

 そうはいっても、応札者は2者のみとのことで、ライバルはいたようですが、このあすと長町がおかれている状況を表しているということか。結局は郊外型商業施設の集積する街になってしまっているので、高い土地代をかけて容積率を目いっぱい活用した事業を行うには立地条件が微妙で採算性が見込めないというのが悲しいところ。

 でも、これでめぼしい土地は全て活用の方向性が決まり、徐々に希少価値が高まるでしょう。たたき売りみたいに売られた長町駅前の大規模地も、イケアやイオンなどの立地による集客力の高まりで、将来性のある土地に化けることが見込める。

 

続きを読む "あすと長町にイオンタウン進出"

| | コメント (0)

2012年12月 8日 (土)

あすと長町 最後の一等地の落札はどこに?

仙台経済界の冬の恒例増刊の「仙台商圏」にも、あすと長町については特段目新しい情報はありませんでしたが、実は先月からURの保留地の公募が行われていた、あすと長町12街区南側と17街区東側には注目したいところ。

12街区南側は長町東口の真正面。大通り線を超えたところの1.5ha。街区の北側は国土交通省の仙台河川国道事務所が建築中ですが、南側は道路条件も良く、商業立地にはもってこい。惜しむらくは国交省事務所がほかの場所に移転場所を確保していれば、街区の周りを一周する道路に囲まれたさらに最高の接道条件になっていたのですが、現在の条件でも、

 

 西側:あすと長町大通り線(50m)

 南側:長町八木山線(40m)

 東側:あすと長町環状線(16m)

に囲まれ、さらに長町八木山線は年度内には仙台バイパス方面への接続工事が完了し、バイパスからのアクセスが劇的に改善されます。このタイミングでの満を持しての公募のようでした。


大きな地図で見る

 この12街区と抱き合わせのように、長町八木山線を挟んで南側の17街区(マックや医療モールの東側)の1.2haも併せた2.7haでの一括公募が実施されていましたが、URのサイトを見る限りでは、公募終了となっていたので、購入者がいたのでは!?。両街区で最低価格38億円という価格設定だったのですが、あすと長町の長町駅近辺では最後の大型保留地であり、URでは両街区を合わせて活用する事業者を求めていたようです。

 

 抱き合わせとはいえ、両街区の間には幅40mの長町八木山線を挟んでおり、デッキの整備でもしない限りは一体活用は厳しいのではと思いますが。

 

 近隣では、イケアが1年半後にはオープン予定(H26.春)であり、俄然あすと長町への注目が集まっているようで、地味に保留地も売却が進みつつある最近。

 

 6月に落札が行われた長町駅前の旧国鉄清算事業団所有地(イケアはともかく、駅の真正面がヤマザワと歯医者。。。)のように、あまり期待しすぎても裏切られるといやなので、あまり期待はしないでおこうと思いますが、あすと長町への魅力UP&住民誘致を推進するためには、単なる郊外型商業施設やスーパーだけでなく、モール・ララガーデンに少しでも対抗(補完?)するSC的なものは必要だと思っています。1000億円規模の再開発地のメイン駅前付近にふさわしい土地利用を!

続きを読む "あすと長町 最後の一等地の落札はどこに?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月 2日 (日)

ベガルタ今シーズン終了

 夢を見せてくれた今シーズンでしたが、先週の新潟戦で降格寸前の相手の気迫にやられ、優勝を逃したショックが大きいせいか、今日の最終戦はアウェイで信じられない大敗で今シーズンを締めくくってくれました。初のACLとか2位に躍進した高揚感を感じさせてくれるどころか、最後の5試合は3分け2敗という後味の悪い成績で終了。うーん。優勝もなくなったし、体調が優れずに味スタ行きを取りやめたことが吉とでてしまい、複雑な気分(-_-;)

 下手に2位が決まってしまっていたのが影響したんでしょうか。モチベーションが低い消化試合といったって、こんな無気力試合はないよなぁ。まぁ、今年は天皇杯もさっさと敗退したので、もうあすからオフシーズンです。来季は開幕前の2月末にACLが始まるので、早めに休んで来季に備えて欲しいです。本当にフロント、監督、選手たちはお疲れ様でした。

 

 もちろん、来季に向けて、現メンバーの残留(13、20除く)を望みたいところ。特に赤嶺とウイルソンは。ちょっと赤嶺は嫌な予感ありあり。関口は残って欲しいが、出場機会が減っているからどうなるか?ACLもあるから選手層は厚くしなければならないので、なるべくマイナスは避けたい。そうはいっても、関山峠の向こうからレンタルバックで元13番復帰だけはやめてね。

 

 来年はガンバ他が降格した分、上がってくるのが甲府、湘南、大分。湘南と大分は厳しい戦いになると思うが、そうはいっても今年の鳥栖のようにあっと言わせるチームに化ける可能性もある。ベガルタもACLの負担もあるし、一歩間違えるとガンバのように低空飛行という可能性もあるから油断はできないですね。。まぁベガルタは自チームが強豪と勘違いできるチームではないので、テグも戦術を練ってくるでしょう。

 

 あとは今年の戦いを思い起こしながら、長いストーブリーグを一喜一憂しながら過ごすこととします。それにしても、アウェイ鹿島戦の戦い方が悔やんでも悔やみきれない!あそこで自分から運を手放してしまったも同然だしねぇ。。。

| | コメント (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »