« 長町駅前落札地続報 | トップページ | 広瀬河畔通(国道4号)の拡幅整備 »

2012年8月 7日 (火)

地下鉄東西線の需要予測について

先月末に河北一面に取り上げられていた記事でしたが、なかなか時間がなく記事にできなかったので、忘れないうちに。

仙台市地下鉄東西線利用者、予測3割減 1日8万人に修正

 仙台市は25日、2015年度開業を目指し建設を進める市地下鉄東西線(動物公園-荒井駅、全長14.4キロ)について、1日当たりの利用者を当初予測の11万9000人から3割減の8万人に下方修正した事業の再評価結果を公表した。予測修正に伴い、単年度黒字の達成は、1年遅れの開業10年目(24年)、累積欠損の解消は4年遅れの24年目(38年)になった。

 市は03年、国の鉄道事業許可を受けた際、開業時の人口を107万6000人と見込んで需要を予測した。今回は、少子高齢化の進展を考慮し、推計人口を105万1000人に修正した。
 全13駅沿線の推計人口は、当初の35万3000人から8.6%減の32万2000人に減少。動物公園駅(太白区)を整備する八木山地区の人口減が特に進むと予想した。
 一方、東日本大震災で被災した市東部沿岸地区の住民の多くが荒井駅(若林区)周辺に移転し、利用しやすくなるとして、荒井地区の利用者数は数百人増と見込んだ。
 景気低迷によるビジネスマンらの移動距離の減少など社会情勢の変化も考慮し、利用者数の減少を算定した。
 事業費は経費節減を実現する新技術導入などで437億円圧縮し、2298億円と見込んだ。事業効果を計る国の基準に「快適性」「定時性」など新たな指標が加わったことで、費用と効果の比率「費用便益比」は1.62から1.59の微減にとどまった。
 市交通局東西線建設本部管理部の鈴木昭部長は「社会情勢の変化に基づき算定した結果で、当初の見込みが甘かったとは思わない。事業効果を高めるため、人件費抑制などに努める」と話した。
 再評価は前年度中に行う予定だったが、震災の影響でずれ込んだ。結果は8月9日に開かれる市公共事業再評価監視委員会で示し、同月中に国へ報告する。(7/26河北

 

 先日、市博物館のインカ帝国展とメディアテークをハシゴした際、国際センター駅付近、西公園を散歩しながら行ったけど、広瀬川の橋梁工事や駅部工事も着々と進んでいて、期待感が湧きました。この辺は、仙商とスポーツセンター跡地を活用したコンベンション施設の構想も消えていないようで、国際センターや東北大と連携した一大集客拠点に化けることが、東西線の利用者増には欠かせない。

 そいえば、昨日七夕花火がありましたが、一年に一日とはいえ、東西線が開業したら川内キャンパス側へのアクセスが良くなるため、花火の鑑賞場所も広がったり、混雑緩和に役立つかもね。

8万人という利用客予測について

 まぁ市として出せる見直し結果としてはこんなもんでしょう。自分は無条件の東西線賛成派ではないし、8万人という数が開業当初から達成されるかというと、厳しいだろうとは思うが、もう3年で開業するのだから、できるだけ有効活用してほしい派。

 現南北線の全線利用客15万人(乗車のみ)及び各駅利用客からすると、おおざっぱな一日あたり利用客(乗車客)は予測できるかと。あくまでも勝手な予想です。

 動物公園   5000人(バス乗継含み)

 青葉山     2000人

 川内        1500人

 国際センター 1500人

 西公園     5000人

 一番町     8000人

 仙台     15000人

 新寺       3000人

 連坊       1500人

 薬師堂     4000人(バス乗継含み)

 卸町       5000人

 六丁の目    3000人

 荒井       5000人(バス乗継含み)

あくまでも東西線だけで乗降が完結する場合の開業5年後の固めの予想。開業当初はもうちょっと厳しいかも。

単純に足し合わせると、約6万人になるけど、これに加えて南北線からの乗り換えが1万~1.5万人程度と見込むと7~7.5万人。南北線からの乗り換え分はあまり増収にはならないんだけど、一応利用者には含まれる。

 一方、ひより台や人来田などからのバス乗継利用客が動物公園駅にシフトすれば、その分長町南駅の利用客は減ることになります。

 鍵は、大学生(東北大、宮教大、東北工大)の利用増。特に東北大学生は4~6年かけて地下鉄沿線の住居選択も増えていき、徐々に地下鉄通学にシフトしていくだろうし、現在学都仙台フリーパスという破格のフリー定期券で公共交通機関への誘導を図っているけど、こちらは長期戦になるかと。東北大は学内(川内キャンパス⇔青葉山キャンパス)の連絡バスも検討を進めるなど、地下鉄駅を降りてからの足の確保も考えているようで。あと自家用車禁止措置など、どれだけ利用促進の取り組みを進められるか。東西線は東北大のためにつくったようなものだから、職員・学生の利用促進頼みますよ!

 一方、高校生は半分以上は自転車通学(特に男子は8割)なので、坂が多い八木山からの通学と、沿線の女子高向けしか期待できないでしょうね。

 Imgconstsendaiew02_2

他都市のリニア地下鉄との比較

なお、反対派が同じくリニア地下鉄での失敗例を挙げて、神戸市の海岸線、福岡市の七隈線は需要予測の半分以下の4,5万人しか使わなかったという乱暴な主張をしていましたが。。。

 神戸市海岸線(三宮・花時計前⇔新長田):

 ・大震災で沿線から利用者が流出し、そもそも復興公共事業。

 ・ターミナルの三宮で既存路線との接続が悪く、地下街を挟んで乗り換えを強いられる(地図)。 

 ・中心部の三宮から西方向しか行けない

 ・終点の新長田は市営地下鉄西神・山手線の駅で、遠回りのセカンドルート (この駅での乗り換え需要はある程度見込めても、全線を通しての利用者は見込めない)  

00japanese_2

福岡市七隈線(天神南⇔橋本): 

・こっちも、都心の天神から一方向(南西側)しか行けない 

・天神南で地下鉄既存路線(空港線)へ乗り換えようにも、改札外の地下街を5分歩かされる 

(新幹線の博多駅、福岡空港へも乗り換えが不便) 

・沿線は西鉄バスの牙城。地下鉄に対抗してバスで天神や博多駅まで直通させており、地下鉄への利用者転移がなかなか進まない。地下鉄も路線が大きく遠回り。

Routemap_2

との理由があり、そのまま仙台の東西線に当てはまるわけではない。少なくとも、

・東部と西部から仙台駅への需要、および仙台駅を超えての相互需要がある。(当然、中心駅の仙台駅に乗り換えなしで行ける)

・既存路線の南北線とは仙台駅でクロスしており、乗り換えで改札外を歩かされることはない。南北線との乗り換え需要もそれなりに見込める。JR仙台駅からの乗り換えも改善される。

・既存バスを運行しているのは、同じ事業体の市交通局で、地下鉄開業後はバスを地下鉄の最寄駅へ結節させたり、路線と平行するバスは廃止など、福岡のようなバスVS地下鉄の無用な競争は起こらない

というような、比較の2都市とのいい意味での違いはある。

オンブズマン考

このニュースを最初に見たのは地元民放の夕方のニュースでしたが、したり顔のオンブズマンが”そらみたことか”とコメントしているのを見聞きし、非常に違和感を感じました。

 もう工事は大分進んでいて、あとは開業後に活用されるための方策を考える時期なのに、この方々を含めた反対派(※オンブズマンのほか、LRT推進派の残党etc)の一部は”中止を含めた見直しを”なんてことを未だに言っているのには、ちょっと。。。

 確かに、収支見通しには不安があるにせよ、もう半分を超える1000億以上の事業費を投入しているのに、それを無駄にはできないよな。

 裁判で負けたけど、費用対効果が1.0を下回るとしきりに主張しており、当初、他都市の事例からリニア地下鉄が190億/km でできる訳がない、300億はかかると言っておりながら、建設業過当競争の時期で入札価格の低下が起こり、400億ほど節減。170億以下/km になっていることについては、全く無視を決め込んでいるしね。(手抜き工事の可能性が。。。という反論は聞いたことがあるような)

 また、震災後は「利用客としてを見込んでいた沿岸部が津波で被災して、利用者がそっくりいなくなった」という主張についても、幸いにも生き残った被災者の方々は荒井駅周辺を中心に移転してくることから、一概に利用客にマイナスということはできないかなとと

 自分たちの意見が正しいと思い込み、最初の主張をオウム返しのように繰り返し、結果的に「東西線事業が失敗すること」を心から望んでいるような状態になっているのは、思想として健全ではない。市民のためのオンブズマンになっているのか?というとちょっと乖離がみられ、残念です。

民主主義の幻想

 本当に改めて最近思うのは、民主主義の「議論して落としどころに落ち着く」というのは、幻想だということ。インターネットが当たり前の存在になって10年ほど経ちますが、自分の興味があることの情報収集は格段に楽になりました。しかし、掲示板上だけでなく、リアルな世界でも、自分が信じたい(自分に都合が良い)思想をぶつけ合っているところを見聞きし、不毛な無力感を感じることが多い。政治が最たるものなのだけど、「原発再稼働派」vs「廃炉派」もそうだし、「がれき搬入反対」vs「賛成派」も同様。お互いを尊重し、多様なバランスの良い考えを持ち続けていきたいものだと思いますが。。。

|

« 長町駅前落札地続報 | トップページ | 広瀬河畔通(国道4号)の拡幅整備 »

市政」カテゴリの記事

交通」カテゴリの記事

まちづくり」カテゴリの記事

商業」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

東西線の駅の予測は朝日新聞に掲載されていました。


東西線は韓国からトンネルに設置するコンクリートの枠を輸入して
経費を削減しているとのことです。
http://www.secorp.co.jp/introducing_korean_makers/index.html

投稿: | 2012年8月19日 (日) 13時41分

すんません。コメントが遅くなりました。
朝日に駅ごとの乗車数予測が載ってたんですね。
教えていただいて感謝です。
探してみてみましたが、青葉山駅の利用者数が前回予測の倍以上になっていて???
一方川内駅、国際センター駅が予想通りワースト1,2を独占していました。

南北線で一番少ない愛宕橋駅並みの乗車数が予想される駅がごろごろしていて、やっぱ厳しいですね。

投稿: S-Watcher! | 2012年8月30日 (木) 23時05分

>オンブズマン考
成田空港とにていますよね。

投稿: Piichan | 2013年2月 5日 (火) 22時43分

>Piichanさん
ともに、 意固地になってしまい考えを変えられないという点は似ているかもしれませんね。反対することが目的化してしまっているし。

投稿: S-Watcher! | 2013年2月11日 (月) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長町駅前落札地続報 | トップページ | 広瀬河畔通(国道4号)の拡幅整備 »