« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月21日 (土)

長町駅前落札地続報

長町駅前の先月に落札された3区画のうち、イケア以外の2区画の落札者が明らかになりましたが、その一報を聞いて、落胆のあまり記事にする気も失せていましたが、一応触れないと。

 ゼビオやスポーツパークから、長町副都心環状線を挟んで南側の13街区がヤマザワが落札とのことです。太白区内では、近隣の長町南や袋原に店舗を構えていますが、いまいち印象は薄い。ウジエのように安いわけでもなく、ヨークのように魚の陳列・品ぞろえが売りというような特徴はあるのか?。うーん、わからん。地味。

場所再掲

スーパーとしては

 とにかく、あすとの再開発地区内では、ヨークに続いて2店舗目のスーパーということになります。現在のヨークは車利用者にはもちろん、長町駅利用者でも特に太子堂駅や仮設住宅側の利用者にとっては帰り際に使える立地ですが、八本松側(北や東側)にとってはかなり遠回りになっていました。

 一方13街区にヤマザワが出店するとなると、JR長町駅利用者はもちろん地下鉄長町駅利用者にとっても駅前至近の商業施設となります。古くからのサンハイツや最近のくら寿司近隣マンション群の最寄のスーパーとなり、それなりに利用価値はありますね。西口の旧市街地側の住民にとっても、OKスーパーが建て替え準備中なので、場所によってはモールよりも近い最寄りのスーパーになります。

 いくらヤマザワが地味な印象でも、近さ・行きやすさは何事にも代えがたい。さすがに激戦区への出店でしょうから、ヨーク、西友、ウジエ(一応モリヤも)への対抗上気合いを入れてくるでしょう。

続きを読む "長町駅前落札地続報"

| | コメント (0)

2012年7月13日 (金)

ZEPP仙台の行方

7月1日をもって、閉鎖されたZEPP仙台。当初10年間を予定した暫定施設ながら、仙台駅東口の駅とほぼ直結した至便な立地。あんまり便利すぎて、東京からの出演者はそのまま終了後日帰りで新幹線に乗れてしまうほど(客も)。全国のZEPPというかライブハウスでこんな便利な立地のものは思い浮かびません。

 

Mp_map_01

 

 

 

 もともと2001年の国体に合わせてホテルを建設するはずの土地でしたが、不況とかいろいろあって、当分の間経済情勢を見ながら暫定活用するという方針になったからこその、あの土地へのZEPPの立地でした。なので至便な立地過ぎて、やはり当初方針通り約10年の期間を経て、2年間の延長はあったものの、これ以上の延長はなしということで、閉鎖に至ることに。

 

 自分も、4,5回は行ったことがあり、立地の便利さはもちろん、全国のZEPPの中で最も小さい1500人収容というサイズ(最大のZEPP東京は2700人)が、却って見る側からすると丁度良い距離で、本当に無くなるのは惜しいと思います。ZEPPの全国ネットワークがあるからこその大物ツアーの一環で有名どころがよく使ってくれたし。今後ここの後釜となる受け皿のハコはどこになるのか?

スポンサーリンク

続きを読む "ZEPP仙台の行方"

| | コメント (5)

2012年7月11日 (水)

長町一丁目駅の新出入口着工

 2年後の平成26年夏にあすと長町に移転する仙台市立病院。移転計画の中にもありましたが、最寄りの地下鉄長町一丁目駅に市立病院口となる新出入り口が着工されます。

 現在は、JRだと仙台駅から徒歩10分程度ながらも、地下鉄だと五橋駅からほぼ直結、多数の系統のバスも目の前を通り、交通利便性は大変高いところです。

 一方、あすと長町の移転地は、地下鉄の長町一丁目が最寄駅。比較的近いとはいえ、現在の北東側出入口では遠回りを余儀なくされ、改札口から5分では着けないでしょうし、エスカレーターも途中までしかなかったり。高齢者も多く利用することを考えるとちょっと厳しかったところ。バスもどの程度目の前を経由するかが未定で、地下鉄からのアクセス向上が必須でした。

Nagaichi_map

 

続きを読む "長町一丁目駅の新出入口着工"

| | コメント (0)

2012年7月10日 (火)

イケア発表その後&あすと長町の動き

 衝撃のイケアのあすと長町進出発表から間もなく一か月ですが、続報はなし。イケアが進出するヨーク北側の16街区、駅前の13,14街区ともに、売却案内の看板も白く塗りつぶされていますが、特に長町駅東口正面の13,14街区は、購入先の情報は全く漏れてきません。ガード固いな。

 最初に情報として出ていたTBC情報だと、スーパーを中心とする大規模商業施設とのことでしたが、イケアがこれに当てはまるかというと疑問だし、13,14街区の方でスーパーを核店舗とする商業施設が進出するということでしょうか?

 イケアについては、あすと長町へ来てほしいと前から思っていながらも、用意できる土地がイケア標準の半分サイズしかないため、自動的に規模縮小を強いられることを考えると、やはり荒井などの仙台市東部なのかなと思っていました。高速道からのアクセスも長町はやや劣るところがあり。なのでうれしい反面、規模縮小への不安も。予定地の横はよく通りますが、デカいような狭いような。。。あすと長町にいるとスケール感が狂わされます。

 とはいえ、首都圏以北で唯一のイケアになるので、ネームバリューと集客力は抜群で、これを見越して周辺の店舗進出も進むことは確実。そう考えると、道路向かいのマクドナルドはベストな位置に進出したなぁと改めて感じます。

 福岡の新宮町に進出したイケア周辺では鹿児島本線に設置した新駅(新宮中央駅)前に飲食店を含め続々と店舗が集まっており、分譲マンションも複数建設され、完売が続いているとのこと。同じ地方中枢都市でも福岡の方が当然格上ながらも、この新宮町は博多駅から電車で20分も離れた場所。長町はイケア以外の開発計画もあり、都心部からも近く開発促進へのいい起爆剤になるのではと思います。

 ところで、イケアの進出地って本当に立地分析して出店したの?というところもあるように感じます。横浜の港北や大阪の鶴浜などは、インターからは近いとはいえ、駅から離れた場所。たまたま土地の売り物があってトップダウン的に決めてしまったような感も。大阪も陸の孤島的な湾岸部の某ホームセンター進出予定が撤回された場所とのことですし。福岡の新宮も福岡市と北九州市の間のベッドタウン。両都市の客を狙うという戦略的な面も感じますが、でもアピール性からすると?な立地。九州からすると北に寄り過ぎ。駅前立地もあればインター立地もありで、あまり明確なポリシーを感じない。

 だから、今回の長町も新幹線乗客へのアピールとか、駅前の土地がたまたま入札にかけられたとか、復興需要の取り込みからすぐに着手できる場所を求めたいう偶然的な要素が強いのかなと感じました。

 

続きを読む "イケア発表その後&あすと長町の動き"

| | コメント (2)

2012年7月 3日 (火)

防潮堤整備と地方分権の矛盾

震災から1年ちょっと経過してるけど、現時点で仙台はもちろん県の内陸部で日常生活を送っている限りでは震災のことはそれほど意識せずに生活できている現状がありますが、たまに沿岸部(閖上とか空港の方)を通ると、突如震災の爪痕が現れて「ハッとして」現実に戻されます。

 県も知事も、復興に向けて復興交付金を中心とした予算を分捕り、一生懸命頑張っています。そのためには、ある程度決め打ちというか、細かいところには目をつぶって、目標に向かってまい進しなければという面があるのはわかりますが、最近気になるニュースが2つほど。

唐桑の話

1つは、気仙沼市唐桑町の舞根(もうね)地区に計画されていた、津波から集落を守る防波堤について、地元から不要論が出て気仙沼市もこの方針を認めたのに、県側が杓子定規に防波堤の建設を押し付けようとしていること。

舞根復興ポータルサイト

この集落は、高台移転が決定し、集落跡には守るものはないこと、海と共生しながら生きてきたこの地区にそぐわないこと、巨大な防波堤を作れば、仮にまた津波が来た時にすぐに気付かずに被害にあってしまう可能性があることなど、この地区特有の事情があり、それであれば、わざわざ貴重な復興予算を使わずとも、他の用途に回せばと思うのですが、県は頑なです。

 普段は、国の押し付けに文句言っていて、「地方分権」を掲げている知事なのに、この件に関しては、全く正反対。国のことを文句言えません。理由はわかりませんが、例外を認めず一律の整備基準を掲げ、防波堤の建設にかかる予算をなるべく確保しようという戦略なのか、まんべんなく防波堤を整備し、なるべく来る津波に備えて被害軽減を図ろうとしているという面はありながらも、それに固執するのはどうなのか。

 現在、県内は復旧・復興に向けての建設需要が集中し、工事業者・資材の取り合い、建設費の高騰に各方面で悩まされています。このような状況であれば、少なくとも地元が望まないような”ムダ”な事業に金と貴重な人工・資材を投入する必要はあるのか?と疑問に感じます。津波対策といっても、場所や集落によって地形も成り立ちも異なるのだから。

続きを読む "防潮堤整備と地方分権の矛盾"

| | コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »