« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月24日 (木)

鉄道の内陸移設(1)

震災以来、宮城県内を中心とした沿岸部のJR在来線のうち、津波被害にあった気仙沼線の柳津以北、石巻線の渡波以東、仙石線の陸前小野―高城町間、常磐線の亘理―相馬間のが相変わらず再開できずにいます。

相思相愛(?)の気仙沼線

 気仙沼線は、JRが持ち出してきたBRT(バス高速輸送システム?)による仮復旧を気仙沼市も承諾することになり、待ってましたとJRは線路を引きはがしにかかりました。

 ここはJRが鉄道で復旧させるわけがない。JR的にはうまく鉄道から撤退できる方便を認めてもらったようなもの。気仙沼市のホンネは、東北新幹線乗り換えでの大船渡線ルートが生きているため、対東京の交通機関は影響ないし、対仙台でも震災前から片道たった2往復しかないし、往復5千円もかかる快速南三陸よりも、安くて本数の多い高速バスに流れていた状況だったし、三陸道の全通が確約された今、どうせ復旧してもやる気のないJRに期待するよりも、三陸道経由の高速バスで仙台まで2時間半であれば無理に鉄道復旧に血眼上げる必要はないだろうな。

 もちろん市民に対する建前としては、「鉄道での復旧を確約させた」と言ってますが、気仙沼市長の震災当初のホンネからすると、したたかに進めていると感じます。

 もっとも、鉄道が復旧せずに快速南三陸がなくなる影響が大きいのは途中駅であって、同じ気仙沼市内でも階上や本吉、南三陸町の歌津・志津川など。

 ただ、途中駅を抱える自治体でも三陸道の延長と高速バスの利便性アップの恩恵には預かれるためか、南三陸町や登米市はBRT化の仮復旧に比較的早くから賛成していました。BRTは実際には使えない代物になるのは前に書いた通りで、気になるのは、鉄道で復旧済の柳津―前谷地間の扱い。JR的には一緒に廃線→バス化を図りたいだろうが、区間が中途半端。個人的には、志津川まで鉄道を復旧させて、あとはBRT化というのが、コスト的にも生き残った部分を生かす意味でもいいかなと思う。

 仮に、今まで全く話は出ていませんが、第三セクターでの受け入れ→三陸鉄道と同様に国費で復旧というウルトラCにした場合でも、三セクであれば気仙沼線部分の運賃が1.5倍になり、対仙台での高速バスに対する競争力が全くなく、早々に経営困難に陥いることが予想されるので、誰もこういう声を上げないんだろうね。国は初期投資には補助してくれてもランニングコストまでは面倒見てくれない。

 せっかく100年の悲願が叶い、30年前に全通した気仙沼線。自分も一時期沿線に住んだことがあり、このまま廃止というのは悲しい気分ですが、止むを得ないのだろうなぁ。

続きを読む "鉄道の内陸移設(1)"

| | コメント (1)

2012年5月20日 (日)

好調な両チーム

昨日は、ユアスタへ。

苦手のグランパス相手。ホームでは勝ったことがなく、昨年も先制しながらもオウンゴールで引き分けで勝ち点を取るのが精いっぱいだったり、過去には0-3や0-4での大虐殺劇も食らっているので、今季は首位といってもやっぱり安心できない気持ちが。

 やっぱり、リャンの調子が戻ってきたのはうれしい!

P1010078_2

また、結果論として4-0の大勝だったけど、後半終了間際の鎌田のゴール寸前クリアがなければ2-1もしくは2-2で終わっていたかもしれないし、グランパスも前半途中のダニルソンの負傷退場がなければというのもあるし、思わぬ結果となった印象。関口と上本のケガという情報もあるし、浮かれてられない。

 1か月前のFC東京戦と同じスコアだけど、あの時の満足感には及ばない。グランパスサポにとっては、バス囲みするほどのショックというのは分かる。バス囲みと言えばベガルタの専売特許だったのにねぇ。ちょっと前までお得意さんで、かつJ2でくすぶっていたチームに4-0はショックだよなぁ。

観客動員雑感

 もちろん、選手一人一人があきらめずにボールを追っているちょっとの積み重ねがこの首位というポジションに表れている感が。個人の実力ではトップクラスはいなくとも、チームで統一した戦術で戦えば結果は出せるというのが今のJ1なのかと。昇格組の鳥栖の健闘を見ても。日本代表の人気はあれども、ちょっとでも注目されると「海外挑戦」と囃し立てられ、国内で活躍してもいまいち注目されない。J1では個人で客を呼べる選手がいないというのも苦しいところ。

 震災以降、各チームとも観客動員に苦戦しているようで、トップクラスだった浦和や新潟はチームの迷走もあり、中堅クラスでも1万人割れの試合が珍しくない状況。さて我がベガルタは成績については文句なしでありながら、観客動員はいまいち苦戦中。確かに今季は開幕の鹿島戦、次の大宮戦もピンポイントで雪にたたられ、4月の2試合も寒さが残り、5月になっても清水戦は雷と雹と、お天道様を恨みたくなる状況。

 やっと、昨日の試合は気持ちの良い天気で、相手は代表級がわんさかいるグランパスなれど、1.6万人というのは寂しさを感じる。この週末は運動会ラッシュということで、多少子連れ組の動員に影響あったのかもしれないけど、それでもナイターだしね。P1010068

 まぁ、あれだけの災害からまだ1年ちょっとしか経ってない時期だし、スポーツ観戦どころではないという方も多いでしょうが。

楽天も好調

 ベガルタにかまけてあんまり見てませんでしたが、エースのマー君と、抑えのラズナーがいなくなったのちに、この好調ぶり。あっという間に借金返済&3位とは。若手の抜擢がうまくいっていて、皆やりがい持ってやっているのが伝わってきます。

 星野も相変わらず手放しでは喜ばないけど、理想が高いとみるべきか。投手出身監督だけあって、投手陣のやりくりはさすが。釜田や美馬、戸村など、うまく先発でチャンスを与えて、あとは盤石の中継ぎ陣で試合を作ってというのは、見ていて安心できます。

 打線も、フェルナンデスが勝負強い打撃をみせているし、うまく接戦を拾っている感が。阿部や銀次、捕手の小山など、いつの間にかに使われている選手も、チャンスをつかんで定着しているし。交流戦も3勝1敗と好調な滑り出し。火曜日からは、久々のKスタで中日戦。タケシの凱旋試合となるか?それも楽しみ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

ゼビオにアウトレット店&89ers雑感

昨日散歩してたら、あすと長町ゼビオで募集中だった広場側のテナントスペースに、ゼビオ自身がアウトレット店を開店させていました。

Img_2354

Img_2356

Img_2365

大きさはそれほど大きくなかったけど、シューズや鞄などがそれなりに並んでました。店内には一瞬入っただけだったので、子連れということもあり、まともには観察できず。

 広場側の角地でもあり、結構目立つ場所だから、空きスペースよりはひとまず自社で活用することにしたのでしょうね。

89ersとゼビオアリーナ

 Img_2366

 昨日は、89ersの練習場であるハレオドームの辺りにやたら人がいるなぁと思ったら、89ersのブースター感謝祭をやっていたようです。このあたりも、着々とスポーツを切り口にした賑わいのある一角になってきました。89ers自身は震災後初のシーズンを、苦戦しながらもなんとかプレーオフに進出できる6位で終えました。今週末は秋田と敵地で東北ダービーです(岩手もありますが)。

 隣に建設中のアリーナは、震災がなければこの春にオープン予定で、89ersの今シーズンのプレーオフに合わせてという話でした。惜しくもホーム開催権は獲得できませんでしたが、このGWにプレーオフとしてアリーナのオープンが重なっていれば、ホーム開催権をかけて終盤の戦いは熱いものになっていたんだろうなと。

 いずれにしても、翌シーズンとなる今秋には、このアリーナはオープンします。

youtubeのアリーナ紹介CG動画

 この動画を見ると、胸がわくわくします。89ersの試合は生で1回しか見に行ったことがありませんが、こんなに近くに専用アリーナができるということであれば、当然行ってみたくなります。ベガルタ(かつてのブランメル)の転機は、仙スタ(現 ユアスタ)のオープンでした。10年前のJ1初昇格も、このスタジアムでの盛り上がりがかなりの後押しとなりました。89ersの所属するbjリーグは、実業団中心のJBLとの統合も先送りとなり、リーグの先行きは不透明な部分がありますが、この立派なハコものを得たチームは、今後とも頑張ってくれるものと信じています。

泉中央のベガルタ(ユアスタ)

宮城野原の楽天(Kスタ)

あすと長町の89ers(ゼビオアリーナ)

と、在仙3大プロスポーツは、アクセスの良い場所に(全て駅から徒歩数分)、丁度良いサイズの専用のハコを持つことになりました。成績はベガルタ以外はちょっと苦戦していますが、スポーツ好きの市民にとっては、本当に恵まれていることを実感。

| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »