2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 今年も終わり&来年の動向 | トップページ | 愛子観光が空港バスから撤退 »

2008年1月19日 (土)

閖上朝市&美田園、鳥の海

ゆりあげ朝市初体験

閖上の朝市に初めて行きました。確かに安い!カニが4杯で1000円とか、ウニが500円とか。週末・祝日のみとはいえ、県内各地にある一般向けの水産物市場と比べ、品揃えも良く、魅力いっぱいでした。野菜もスーパー価格と同じで倍の量だったり価格が2/3で、かなりお得感がありました。有名らしいキムチ水餃子はスルーしましたが、クリームコロッケを食べたらとろとろでカニの味がしっかりし、「普段食べているものは何なの?」状態。まぁ、この時期は寒くて朝起きるのがかなり難儀ですが、自宅から20分程度でいけるし、今後もたまに行こうかなと思えるものでした。

 

わたり温泉鳥の海

 すぐ帰るのも何だったんで、亘理方面にドライブ。鳥の海では2月にオープンするという「わたり温泉鳥の海」の工事がほぼ終わり、外溝とかの工事をしているところでした。

Img602_2

ここは、老朽化した保養センターの改築ですが、数年前に宮城県の海岸部では珍しい温泉も出て、既存の浴場や新たに作った木造平屋の新浴場で暫定的に温泉を使っていたようで、改築にあわせて本格的に温泉の活用を打ち出してきたようです。

 従来は太平洋が近くとも眺望面では期待はできませんでしたが、今度の浴場は5階の展望風呂で、かなり眺望は期待できるのではないかと。泉質自体は特に特徴はなかった記憶がありますが(過去に1度入ったことが)、はらこ飯、ほっき飯など、四季にあわせて食することができる名物料理もあり、周辺に温泉はほぼ皆無であるので、そこそこ繁盛するでしょう。亘理町としての建設費が10億以上かかり、日帰り温泉も以前の500円から800円に値上がりするようですが、この辺では民間の宿泊施設も少なく競合にはならないだろうし、これまで影の薄かった県南部の観光拠点として、秋の仙台・宮城DCも控え、成功して欲しいと思います。

美田園近況

 帰りにホームセンターに寄るべく、美田園のビバホームへ。2回目だけど、相変わらずデカイ。

Img605

駐車場はさらにデカイ!午前中なので、ガラガラでしたが。

Img608

 

店は出来ても、賑わい感はまったくないこのエリア。一応駅前なんですが。。。

Img606

ついでにその美田園駅にもよってみましたが、午前中とはいえ、到着した電車から降りた客は4名。一応降りる客がいる分だけ進歩しているのでしょうが、乗るために集まってくる客は皆無。実験中というミヤコーバスによる地区周回バスが無人で発車していきました。10時半に電車が到着するのに、バスの発車時間も同時で待たずに無人で発車ってどうよ?まぁここからわざわざバスには乗る人はいないと思うが。

Img612

その実験バスの時刻表は以下の通り。

Img614

仙台方面へ使うことを考えると、JR+アクセス線+バスの3重初乗り運賃を払うことはかなり割高感があり、利用者はかなり限られ、恒常的な運行は難しいだろうな。

駅裏には、ホットハウスの賃貸オフィスが完成し、一部テナントも入居してました。

Img610

銀行はエアリに77と荘内銀行のインストアブランチがありますが、銀行の単独支店は初めて。住宅ローンの獲得を目指してなのでしょうが、この辺であまりなじみのない岩手銀行の進出です。東部道路寄りでは、かなり戸建ても立ち並んできており、新たな建築も進んでいました。とはいえ、既入居区画でも人の気配がしない。駅周辺の住宅地ですが、車での移動が前提のようで。

区画分譲では常に抽選になるほど人気とのことですが、現地ではそんな感じをあまり実感できません。宅地も全体が埋まるのはまだまだだし、だてもん市場やフットサルコートなどの様々な施設が出来てくる春以降にようやく活気を感じることが出来るのでしょうか。イオンがありいつも賑わっている関下エリアとの格差は続きそうです。

« 今年も終わり&来年の動向 | トップページ | 愛子観光が空港バスから撤退 »

まちづくり」カテゴリの記事

商業」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 閖上朝市&美田園、鳥の海:

« 今年も終わり&来年の動向 | トップページ | 愛子観光が空港バスから撤退 »