« 香港便開設へ名乗り | トップページ | 空港アクセス競争&りんくうタウン観察 »

2007年6月17日 (日)

ドラリオン

仕事とか旅行とかで、殆どいじりもしなかったのだが、久しぶりに。

今日、あすと長町のドラリオンに行ってきました。

近所でせっかくやるのだからと、3月頃にチケットを取っていたので。歩いて10分位で行けるのでとゆっくりしてたら、開演30分前に。開場に着いたら、かなりの人。仮設のテントながらもそれなりに立派な感じ。エントランスホールも、飲食ブースやグッズブースも十分だし、トイレもそれなりに準備されているし。

 見たのはS席で、ちょうど横からだったけど、これでも一人9,000円。高い!SS席は11,500なのだが、円形の会場の半分以上がSS席って。。。今日はほぼ満員の入り。2800人収容ということだけど、意外にコンパクトな会場。後ろの方だったけど、見やすかった。

 感想は人並みですが、さすが世界最高レベルのエンターテイメント集団だけありました。トランポリンを使って壁面を歩く演技とか、超人的で以前上海で見たことがある中国雑技団にも負けずとも劣らないインパクト。チケット代は高かったけど、それだけの価値はあると思う。公演も約半分を過ぎ、7月8日までとのこと。週末はほぼチケット売り切れだけど、平日はまだ買えるみたい。

 さて、まだ道路だけで殆ど原野のあすと長町に1公演あたり2~3000人が集まるイベントですが、車で来る人はそれほど多くなく(1600円という駐車場代もあるのだろうが)、殆どが地下鉄の一丁目駅方面に歩いていってました。まだ一般開放されてないJR高架下の歩行者通路が人であふれかえっていたけど、地元商店街が期待する波及効果というのは殆ど皆無でしょうね。みんな地下鉄直行。というのも夕方の部で7時過ぎに終わったけどスーパーやコンビニ位しか店開けてないし。もしかしたら長町駅近辺の飲み屋とかには多少好影響はあるのかもしれませんが。

 そいえば、たまに1丁目の駅で外国人の方を見かけますが、ドラリオンの出演者?ビックトップの方から駅との間も中国系と北米系の方が数人で連れ立って歩いていることから目立ちますが、おそらく中心部のホテルに滞在して地下鉄で移動しているのでしょう。あまりにも普通の人っぽくて、演技のすごさとのギャップに驚いてしまいます。最初は裏方?と思っていたが、結構な人数だし。タクシー移動ではないんですかね。

|

« 香港便開設へ名乗り | トップページ | 空港アクセス競争&りんくうタウン観察 »

あすと長町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラリオン:

« 香港便開設へ名乗り | トップページ | 空港アクセス競争&りんくうタウン観察 »