« 今更だが、テレ東 | トップページ | 香港便開設へ名乗り »

2007年5月31日 (木)

東西線入札で再び。。。

その地下鉄東西線ですが、低価格入札乱発で、今回も決定保留続出とか。

仙台駅と薬師堂、卸町駅工区での入札とのことですが、談合で高止まりしている公共事業も叩き、逆に低価格だと「安かろう、悪かろう」と叩くマスゴミ。某市民団体の言うことを鵜呑みにしているかのように。

 もちろん、価格と質の適度なバランスが大事だけど、高値入札したからって手抜き工事はこれまでゴマンとある。今回の入札結果は前回よりはマシな札入れ水準だったようだし、工事費が安くなり税金の余分な支出が抑えられる可能性が高まったんだから、この点に関しては素直に評価すればいいのにね。もちろん、トータルとしての最終評価は完成するまでは出せませんが。しっかり、工事が行われるように、監視システムを整備するという方が現実的。ケチばっかりつけるよりは。

 東西線自体の計画のずさんさとかは確かにあるが、まだ粘着している方々もいます。手段に過ぎないものが目標に置き換わってしまったかのように。動き始めたものをいまさら止めようとするのは遅すぎる。出来ることを前提として、前向きに考えた方がいい時期になっているのでは。東西線関連といえば、駅前の日通P・Eビーンズ付近の再開発についても、大詰めという情報が入ってきていますし。

|

« 今更だが、テレ東 | トップページ | 香港便開設へ名乗り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東西線入札で再び。。。:

« 今更だが、テレ東 | トップページ | 香港便開設へ名乗り »