« 山形線高速バス値上げ | トップページ | ボルジェス退団&中原復帰 »

2006年12月13日 (水)

続 アクセス鉄道情報他



 もう開業まで100日を切って、運賃も発表され、進出事業者決定状況も順調で、ここにきて順調です。


1年前の段階では、ゴネ地権者のせいで18年度内開業は絶望とも聞いていたし、


空港発着便も伸び悩み、区画整理への進出事業者も中々厳しい状況だっただけに。


運賃は、理想の空港利用者からある程度頂戴し、途中駅利用者は安くという設定。


それに、今回の運賃設定の核心は、空港から直接仙台駅に行って630円なのに対し、臨空都市開発の核となり、だてもん市場やホテルが立地する美田園駅で一度降りても、仙台駅まで650円(210円+440円)でたった20円しか上がらないところなど、かなり政策的な運賃設定がなされたと考えられます。一方DC(ダイヤモンドシティ)が位置する杜せきのした駅で途中下車した場合は700円(300円+400円)と70円も高くなることを考えると。DCへは黙っていても途中下車客がいるだろうということか。


定期便の動向


 村井知事が必死になって、香港とか台北に対して復活・増便の働きかけをしている他、ウメがタイへ遊びに行ったついでにお願いしていますが、海外便については原油高でもあり、厳しい模様。台北便が期間限定で週3便に戻るとのことで、香港線も定期チャーター便が就航していますが、いづれも鉄道開業までの話。国内線についてもANAの神戸線が就航早々撤退との話ですし、どうなることやら。長期的な展望でも現在の大阪便に次いで2番目の利用者・本数である千歳便は、北海道新幹線の開業で利用者数は半減の可能性もあるし、そういうリスクも盛り込んでいるのでしょうか。もちろん、仙台-千歳便は両方が鉄道で都心と結ばれるので、ある程度新幹線に対しても競争力を保てるので、航空便が無くなった東京-仙台、新潟、花巻のようなことはなく、半分以上は残るでしょうが。


 まぁ、空港利用客だけでなく、途中駅利用者も見込んでいるために、空港利用者数の伸び悩みをある程度緩和できているので、その点は幸運だと思います。



 こういう都合の悪い話は、どこでも知らん顔する傾向があり、
容量がパンクすると昔から言い続けて新空港を作りたがって
いる福岡空港なんて、九州新幹線の開業で同じ九州内の
鹿児島便が存亡の危機だったり、宮崎便も同様。
また、新幹線があるのに大阪便が互角に戦っているのは
都心から地下鉄で直結している立地条件が寄与しているのに、
もしも都心から遠い海上空港になった場合、大阪便の利用者が激減すること
間違いなしなのに、また今年3月に開業した新北九州空港の影響とかも
全く考慮せずに、右肩上がりの需要予測を行って、「新空港、新空港」
言い続けているのには、寒気さえ感じます。
福岡の強みはあの都心から近い空港の存在が大きいのに。

土建・開発王国である福岡も、自民系の土建市長を破って民主党系の市長が
就任したので、多少まともな方向に変わっていくのでしょうが。


ワンマン化と編成について


 ところで、空港鉄道については、ワンマン化についての異論が河北新報や議会などでいろいろと取り上げられています。朝夕6両で、昼間などそれ以外は2両編成との既報がありますが、朝夕を6両にする必要があるのかと感じます。当分は4両でも十分だと。ワンマン化にあたって、車両には安全面の配慮がされているとのことですが、6両は長すぎる気がします。であれば、4両であればなんとか可能では。


JR分も合わせて合計7編成(14両)しか保有していないのだから、短編成化して少しでも本数を多くした方が有効ではないか。


 確かに、現在の朝夕の本線は阿武隈急行乗り入れが4両編成以外はほぼ6両編成以上ですが、空港鉄道乗り入れということは、混雑するJR部分は名取駅と南仙台駅のみ。長町駅は地下鉄利用者の方が多いし、朝は降りる高校生が主で乗る人はそれほど多くはない。


 例えば、朝の南仙台駅は6~9両の車両が次々と到着するのに中々乗り切れずにホームに人があふれているとはいいますが、乗り切れずに特に混雑するのは岩沼よりも南(白石・山下以南)からくる本線・常磐線の電車。岩沼始発は6両編成ですが、十分に乗り切れる状態でそれほどギュウギュウ詰めの状態ではなかったという記憶があります。


 ということであれば、朝の空港線内は当初はガラガラでしょうし、名取や南仙台からの利用客が乗り込んでも4両で十分に感じます。太子堂駅も当分は利用者は多くないでしょうし。なおさら、夕方のラッシュ時は4両で十分で、夕方発の飛行機が集中する時間帯であるし、本数を少しでも増やす方向の方が好ましい。


 空港線開業にあたり、仙台駅から名取駅までの信号システムを改良し、増発が可能なシステムを導入したと聞いています。7時台も今時間あたり11本ありますが、最高10分開いているところもあるし、4分間隔にすれば時間あたり最高15本まで可能(参考:名取駅発時刻表)。朝夕の利用が多い時間帯だからこそ、昼間だけでなく、朝夕も1時間あたり3本を維持して欲しいもの。


|

« 山形線高速バス値上げ | トップページ | ボルジェス退団&中原復帰 »

県政」カテゴリの記事

交通」カテゴリの記事

他都市比較」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続 アクセス鉄道情報他:

« 山形線高速バス値上げ | トップページ | ボルジェス退団&中原復帰 »