« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月27日 (日)

泉ヶ岳をなめんなよ!



 最近山に登ってなかったので、トレーニングがてらに、泉ヶ岳に登ってきました。


恥ずかしながら、スキー場を含めて泉ヶ岳に行ったことがなかったし。


まぁ、2年前に登ったのが栗駒山で楽勝で登れたから、それよりも断然低いしリハビリにはちょうどいいかと思ったけど、意外にそこそこハードでした。殆ど他の登山者がいなかったので、なんか落ち着かなく、「最近クマ出没してるしなー」とか考えたら自然と早足になってしまい、オーバーペースで登っていたら、途中で足が痛くなってきてしまい休み休みなんとか頂上まで登りました。水神コースを登ったのですが、ネット上のガイドでは標準130分。現地の案内では標準100分と書いてあるところ、70分で着いてしまいました。それにしても、下は晴れていたのに、途中で通り雨はあるは、曇りで周りは見えないは、それ以前にひたすら林の中を進む感じで、登っていての楽しさはあまり感じられず。頂上も殆ど眺望もなしで、15分ほど休憩してさっさと降りて温泉にでも入ろうと思い、帰りは楽そうな滑降コースで下山しようと思ったら、途中で間違ってかもしかコースに入ってしまったようで、足場はしっかりしてないわ、急だし、ゲレンデに出たと思ったらそこは湿原みたいなところで、その先に登りがあったりで、足の踏ん張りの利かない状態では、非常に辛い下山でした。やっぱり登る時に無理するのはよくないというのを痛感。いろんな意味で泉ヶ岳をなめてはいけない。



泉ヶ岳登山コース


スパ泉ヶ岳へ


 下山してちょうど良くバスがあったので、10分ほど下に下りて日帰り温泉のスパ泉ヶ岳へ。まぁ、こざっぱりした良い温泉でした。休憩所の大広間が無料で、簡単な軽食もあり。痛んだ足と体を休めて、真昼間からビールを飲んでいい気持ちになりながら近く休憩し、2時間後の次のバスで泉中央に戻りました。


バス問題


なぜバスかというと、夏休み限定で、「夏休み遊ぼうキップ」という一日バス地下鉄乗り放題で千円の切符があったから。GWにも似たようなのが出ていて使いましたが、現在のバスの不便さ、運賃の高さを考えると普段の運賃を払ってこようとは思えない(通常運賃は往復2千円以上)。他に乗っている人は、その切符利用または高齢者パスで、まともに運賃払って乗っている人はほぼ皆無。この現状は最近のバス問題の根深さを象徴しています。そのような切符を発売しても、数人程度しか乗っていないというのも。


最近河北の夕刊で「バスの行く先」という特集をやっています。


アンケートに自由回答があり、そこを読むと、市民の視点でのバスの改善方向性が見えてきます。


市交通局や宮交の方はもちろん目を通しているのだろうし、実際の施策に生かさないと、バスがさらに見放されるぞ。



ポンペイの輝き-古代ローマ都市 最後の日-


 下山してまだ時間があったので、仙台市博物館でポンペイの特別展を見てきました。


とにかく大人気で、仙台駅からの行きのバスも夕方近くだったのにずらっと並んでいて、中に入っても人だかりで全然マイペースで見ることができず、足が痛かったのと、展示が前回のアンコールワット展と比べて単調(殆どが出土した宝石類や遺品の展示)だったこともあり、1時間程度で切り上げて帰ってきました。2000年も前にそのような発達した都市文明を築いていたというのには驚きです。それが2000年近くの月日を経てわれわれの目の前に現れたというのも。



 今回は、東京展の次で仙台開催のようで(その次が福岡、大阪)。最近回ってくるこのような特別展は全国主要都市での開催が前提になっているものが多いようで、仙台にいながら近くで気軽に見ることができるというのは幸せなことだと思います。下手すると回ってくるのに1年以上先になってしまうこともあるようですが、それでも歴史的な遺産などの展示だから、別にタイムラグは気にならない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

ひさしぶりだぁ



 仕事はそんなに忙しくないが、暑くてだるくて、ネタもなくてプチ放置してましたが、


復活です。


 blogといえば、あの名blog!が閉鎖とのことで。。。かなり残念です。身の危険を感じたようですが、別にユーモアセンスを交えて露骨な批判ではなかったからセーフの領域だと思いますが。


確かに、こういうのって警察とかが本気になれば身元を明らかにすることなんて簡単だからなぁ。


お疲れ様でした。


 うめにっき 最後の挨拶


| | コメント (0) | トラックバック (0)

驚きもなく



 流れを変えることはできませんでした。今日も。


ジンクス的なことには滅法弱い。というか意識しすぎなのか?


厚別不勝神話は継続。それも10人の相手に。北海道での不勝神話は津波が打破したが、


昔の満員の面影もない7000人台しか入らない厚別に、何を意識するのか?やっぱり魔物ですかぃ。


とうとう、今年初の3失点です。


 とにかく、今年の試合良い意味での”サプライズ”がありません。もちろん、津波式の選手チョイスのサプライズは論外ですが。



前半に先制→大量点勝ち。
前半に先制される→追いつくのが精一杯。大抵無様な負け。
前半0-0→たいてい引き分けに持ち込まれるor0-1で惜敗

まぁ、今日は前半先制されるも、後半チアゴのゴールで同点に追いつきました。


それでも、その後はチャンスあっても生かせず、曽田の退場で相手が一人少なくなっても


逆転の予感はなかった。1-1で終わりそうだなぁと思っていたが、まさかここから2点取られるとは思わなかった。


 昔のベガルタは、弱くても、試合終了まで結果が分からないというスペクタクルな感覚がいつもあって、


負けそうだと思っても、遠く首都圏からでも駆けつけたものだ。今は地下鉄含めて30分ちょいなのに、何のワクワク感もないし、ちょっと用事があると「今度でいいや」と思っている自分がいる。



 そいえば、サンタナの選手起用については、ある意味混乱しているように思えます。


今季前半の頑なに固定メンバーの時代には、様々な選手を使えばいいとは思っていたが、最近は確かに、様々な選手を使っています。それはいい方向に行っていると思うが、それにしても、一度のポカで高桑を干し、”小針”はないだろうよ。


もう、俺はあいつを許せません。もちろん腐らずにこの2年半頑張ってきたことは認めますが、あの忌々しい記憶は消えない。



 確かに、高桑も年だし、若手を使うという単純な考えで、小針スタメン、萩原サブにしているのかもしれないが、


これでは高桑にあまりにもかわいそう。


 そいえば、あの珍プレー試合以来、ユアスタに行っていません。


別に見捨てたわけではなく、行ってもいいかなと思う日に、別件の用が入ってしまってという場合が多いのだが、


水曜日の横浜FC戦も何もなければ行くんだけど、職場の飲み会があるし、その前の水戸戦も外せない飲み会、その前の鳥栖戦は確か遠方から来客で、「フルスタ連れてけ!」と言われたので、ユアスタを捨ててフルスタへ(その試合は山崎の感動的な逆転満塁ホームラン)。


 9月9日の柏戦には必ず行くと思います。終戦記念日になるかもしれないし。日程表をみたら、実は来週山形で東北ダービーなのね。気が向いたら行くかもしれませんが。



 10年も見てきたんだから、見捨てることはできないし、見捨てる気もないんだが、なんだろう?この気持ちは。


やけにガックリだよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと5勝!



 こっちも、ベガルタ以上にgdgdなのだが、まぁ、仕方ない。見ててストレスたまる試合が多いのは当たり前で、たまに勝つとうれしい。


 前述の山崎の逆転満塁ホームランもありましたが、8月に入ってもなかなか勝てません。昨日は2ヶ月ぶり!の連勝で、今日もリードしてますが、とにかく、選手一人ひとりに目標を意識させ、来年以降に向けて頑張って欲しいものです。とにかく今年の目標は45勝。残り試合を1勝2敗ペースで達成できる数字だし、田尾楽天との違いを感じさせ、今後につなげるためには、この目標は必須と思います。


(追記)


なんとか逃げ切って5-3で勝利。2度目の3連勝です。これであと4勝で昨年を越えるぞ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼畑住宅地開発

 仙台近郊の住宅地についてですが、この中で今後活力を維持できる地区はどの程度あるのでしょう。

というのも、ご存知の通り、高度経済成長期に開発された郊外住宅団地が軒並み人口減と高齢化に悩み、バスや店舗の減少、小中学校の児童・生徒数の激減、コミュニティの崩壊など、ありとあらゆる問題が生じています。

 

 数は少なくなってきましたが、現在入居が進んでいる超郊外型の住宅団地(住吉台、紫山、ガーデンシティなど)についても、15~20年程度経過すれば、既存の住宅団地と同じ問題が生じてくるでしょう。仙台圏の人口が頭打ちな昨今、車でしかアクセスできないような超郊外に住宅団地を新規開発するというのは、公共投資の不効率性から即刻やめるべきなのでしょうが、まだ、住吉台南側の虹の杜団地のように新規の開発を認めたりしています。

北側に仙台圏の遠い団地の代名詞であり、
苦戦しながらもなんとか売り切ろうとしている”住吉台”、
南側が仙台近郊団地の中で見捨てられつつあり、
地価下落率上位の常連になった”みやぎ台”
であり、アクセス道路の不十分さから販売しても絶対に売れ残り、
名取の愛島台状態になるのは明らかであるのに、
土地を所有していた開発主体が造成を強行したという経緯があります。

 開発主体が利権がらみで自治体側としても不許可に出来なかったという
噂を聞いたことがあり、様々な団体(プロ市民が目立っていた)が
反対活動を行ってきました。結果的に、開発主体が破綻し、
造成途上で打ち捨てられたという先見性のないひどい状態で放置されています。

先行き不透明の超郊外団地 

 これは開発途上で失敗したひどすぎる例ですが、それ以外でも、上述の愛島台、ハーモニータウン、利府葉山など、分譲は行っているものの、破綻済または先行きが危ぶまれる超郊外物件も多数あります。

 また、現在は順調に分譲が進んでいると思われる、富谷のガーデンシティについては、一気に売れるご時勢でなないことを自覚し、必然的に分譲時期をずらしているせいか、それほどひどい住民層の偏りにはならないとは思いますが、それでも、20年後には問題が顕在化してくるでしょう。

小中学校問題

 開発業者の破綻により、小中学校の建設がもはや不可能になった愛島台のように、開発しても団地内に学校が整備されないような例が多くなっています。錦が丘も最近は健闘しているものの、仙台市がNT内に新設学校をつくりまくって、現在児童生徒数の減少に苦労してきたことに懲りて、広瀬小から分離する(仮称)広瀬第二小についてもNT外の愛子駅近辺に作ることが確定しています。

 また、将監殿(将監NT)のように、隣接する将監団地の学校を利用する前提で、小中学校を整備しない例もあります。

泉PTの紫山も隣接の寺岡の学校を当面は利用するようで、学校用地を確保しているのに活用されない恐れもあります。まぁ、こういう判断こそ健全だと思いますが。

 古くからの小中学校の活用のため、「今後整備するNTに学校は新設しない!」と宣言でもすれば、超郊外団地への流出を抑える一番の特効薬になるだろうけど、さすがにそれは無理だろうから、なるべく既存の学校が有効活用できるように自治体としてコントロールすることが必要だと感じます。

都心近郊の団地

 比較的都心部に近い鶴ヶ谷、中山(北環以南)、八木山などの団地群でも高齢化が進み、てこ入れが必要な状態です。地元デベを中心に乱開発の積み上げで生まれた八木山、中山などは自業自得な面がありますが、仙台市が新住事業として対象地の全面買収をして作り上げ、質の高いインフラを持つ鶴ヶ谷団地でさえも、最盛期の1.8万人に対して、現在は1.3万人程度にまで減少しているとのことです。鶴ヶ谷は市営・公団の公営住宅が林立しており、そのため住民の入れ替わりが多少激しいことで高齢化を和らげている面、地下鉄駅乗り継ぎ、仙台駅直行という複数系統のバスが郊外にしては比較的高頻度で運行されている点から、恵まれている方だとは思いますが、それでも、40年前に分譲された戸建て地帯の更新はうまくいっていません。子供世帯は独立し首都圏に行ってしまうか、仙台に残っても利便性の高い場所のマンション、または、超郊外のNTに独立して家を求めるというのは珍しくもない構図です。周りをみても、実家を継いで2世帯とかで住んでいる人は本当に珍しい。これは鶴ヶ谷だけでなく普遍的な問題ですが。

 こういうところで、バスも除々に不便になって、団地内の店もなくなって、残るのは高齢者のみ。子どもの数も激減で小中学校も統廃合の危機というお決まりのパターンを歩んでいるところが多いです。

 それでも、仙台市の人口はかなり増加率は鈍化しつつも微増であり、この人口の受け皿を整備する必要があります。もちろん、超郊外型の団地ではなく。

 駅近接型であれば、敷地の集約等で集合住宅が立地したりし、住民層の入れ替えが起こるなど、新陳代謝が起こる余地がありますが、駅から遠い古びたイメージの団地では、新住民が寄り付くには厳しい状態です。これらの都心部に近い古びた団地群をなんとかしなければ、

近い将来に非常に大きな都市問題になることが必至です。

 その点、鶴ヶ谷も良好なインフラを生かして、再生は十分可能です。そのためには、東仙台駅方面とのアクセスの整備などがあればと思います。

また、八木山はインフラはめちゃくちゃでしたが、地下鉄の開業と、長町、ひより台方面とを結ぶ都市計画道路の開業によるバス路線の再編によりある程度は再生可能でしょう。青山・緑ヶ丘のエリアは地形的に厳しいですが。中山の団地群はそれよりも難しいけど、都市計画道路仙台大衡線の開業によるバスの利便性アップで、多少はいい効果が現れるかもしれません。

難しいのは、仙台泉線以西の小規模乱開発住宅地の集積地帯の
ようなエリア。こういうところはバス路線も団地内まで来ないし、
団地内の店も消滅の危機。さらに厄介なのは、
地形がありえないくらいに急峻で、そういうところを無理やり開発した
エリアだから、高齢化社会には一番弱い。
さらに、子ども世代も家を継ぐわけもなく、新しい住民も絶対入ってこない。
再開発も無理。このような負の都市ストックをどうしていけばいいのだろうか?

鉄道沿線の区画整理地

 仙台駅周辺の再開発、仙石線新駅の前で急成長中の小鶴新田、来月長町駅が新駅に移行するあすと長町、現在区画整理が大規模に進行中の富沢駅近辺などにより、5万人規模の新規の住宅需要は十分吸収できます。さらに、2015年度以降は先日着工した東西線の沿線もありますね。

 今後、仙台で住宅を求める場合には、あえて鉄道駅から遠く離れたバス便・車依存型の住宅を3千万円をかけて購入する意味があるのでしょうか。将来的には資産価値も暴落し、それを購入することで、環境破壊の一翼を担うという面もあります。現路線に加えて東西線や空港線など鉄道沿線の住宅供給も増え、これらの区画整理には商業施設の整備が行われ、車をそれほど使わずとも生活できる可能性が高いです。もちろん高齢になってからも。


現在の鉄道沿線の再生

 とはいえ、現在仙台の鉄道沿線がそれほど好まれていないのは、価格の高さの割には、地下鉄・仙石線以外は電車の本数が少なく不便なこと、駅周辺で用が済ませられず、駅から離れた幹線道路沿いに商業施設が集積している状況から、駅近辺のメリットをあまり感じることができないことも理由のひとつです。あと子どもの教育レベルを憂慮してというのもあるのでしょう。地元民が集まっているところよりはNTの方が意識が高いと。

 上記の団地群だけでなく、もちろん鉄道沿線の住宅地も高齢化が進み、住民の入れ替えや機能更新がなかなか進んでいません。それでも戸建て跡地へのアパート建設や、分譲マンション建設により、ある程度若年層の流入は起こっています。

 最近の動きとして、大手メーカーM社や、地元のS社など、都心部や鉄道沿線などをターゲットに土地の面積を抑えた50坪程度の戸建てを5~10軒供給するという小規模開発の動きが出ています。もちろん周辺の街並みや住民は古いままですが、3千万円前半という分譲マンションとそれほど変わらない価格で利便性の高い場所に戸建てが購入できるメリットはあります。

 こういう小規模開発は、都市計画的にはミニ開発と呼ばれ、
乱開発の代名詞的なレッテルを貼られた時代がありました。
しかし首都圏などの大都市圏と仙台のような地方都市では様相が異なり、
東京のミニ開発は土地30坪で広い方で20坪以下のものも珍しくなく、
非常に住環境が劣悪なのに対し、仙台のミニ開発は狭くとも土地が30坪程度で、
40~50坪が標準ですので、住環境的にもそれほど問題はないかと感じます。
既に住宅が張り付いているところの空き地を有効活用ということで、
マンションを好まない層をこのような利便性の高い戸建てに誘導することが、
これ以上の郊外開発を抑える意味でも必要なのかと思います。

駅前広場の整備

8月はじめに取り上げた、旭ヶ丘駅前のスーパー整備のように政策的に整備されるものもあれば、住民の増加で自然発生的に駅前近隣の店舗が立地するということもあります。

 また、ここ10年前位から、現在も続いている流れとして、

仙台圏の自治体が積極的にJR駅の駅前広場を整備しています。

これによって、バス路線の結節が実現したところもあり、駅周辺の拠点化の第一歩になっています。

もちろん、駅利用者の増加と本数の増加が実現することが理想ですが、少子化高齢化による鉄道利用者の減少が始まっていて、整備する時期として多少遅かったという面もありますが、もちろんやったほうがいい。

東北本線:
 整備済:利府駅、国府多賀城駅、岩切駅、南仙台駅西口、
     名取駅西口、館腰駅、槻木駅、船岡駅、大河原駅
 整備中:長町駅東西口、太子堂駅、南仙台駅東口、名取駅東口、岩沼駅(着手決定)

仙石線:整備済:陸前原ノ町、小鶴新田駅北口、陸前高砂駅南口 など
    整備中:多賀城駅北口

仙山線:整備済:愛子駅、陸前落合駅
常磐線:整備済:逢隈駅、亘理駅東西口、浜吉田駅
空港線:全駅整備中
 加えて
南北線:富沢駅(整備中)

 これを見ると、現在整備している駅が終了すれば、仙台駅以南のJR線沿い(通勤圏内)は殆どの駅で駅前広場が整備されることになります。バス路線の縮小が続く現在、それを少しでも食い止めることができれば。まぁJR線沿線の駅前広場はバスよりは、送り迎えの車に活用されるところが多いですが。

南仙台駅東口のように、四郎丸方面からのバス接続が望まれるところがあったり、駅利用環境としては向上するでしょう。

駅近辺のスーパーとしては、名取駅と南仙台駅の西口近くに立地しており、このように駅近辺の買い物環境の向上が望まれるところです。

 これらの方向性により、仙台の都市構造がすこしでも車依存度が低下し、コンパクトなエコロジーな街になって欲しいと思います。

相変わらず取りとめのない文章だなぁ。。。これ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

旭ヶ丘駅前のスーパーはモリヤに

 

 

昨年末に取り上げた、旭ヶ丘駅前への食品スーパー誘致運動ですが、事業者が決定したようです。


市有地貸付の落札者が決定しました



事業者の「オオイリアルエステート」はどのような会社か分かりませんが、テナントは予想外のモリヤということで決定しました。モリヤは近隣の台原にもあるけど、徒歩20分の距離なので競合はせずに補完的な関係と判断したのでしょう。このような食品スーパーは徒歩10分圏という足元商圏を対象としているので。


 

 当初は立体駐車場のみの予定だったのが、地元から市への陳情を受けて、食品スーパーも導入することになったようです。一応あのバカ市長にも聞く耳があるんだ。


この点については評価します。まぁ100点満点で10点から15点に評価が上がったようなもので、相変わらず赤点なのは変わらないですが。



 

 事業用定期借地権で20年。スーパー撤退の場合でも同業種の誘致により期間内はスーパー運営を義務付けることが条件になっているとのことで、近隣住民にとって当分の間は頼りになる存在になるでしょう。


近隣には、中堅マンションデベが分譲マンションを建設中だし、生活する上での機能が保たれることで、周辺の老朽化した住宅団地の更新の一助になれば。



 

 公的主体があまりに関わりすぎるのもどうか?ですが、今回の件は、市は土地を貸すだけ、事業主体は民間であり、リスクも民間が負う形になるので問題はないでしょう。



 

 片や、駅前からスーパーが消えたところが。。。


長町一丁目駅前の唯一のスーパーだったサンライフが7月20日で閉店してました。


11時まで開いていたのに、品揃えは最悪で棚は空っぽ。生鮮の品揃えはまぁまぁだったけど価格が高く、惣菜も微妙。何のとりえもなく、殆ど使いませんでした。さっさと閉店して他の店が入った方がいいと思っていたら、閉店時間もこの半年でいつの間にか23時→21時→20時と次々と短縮され、酒類の扱いも中止になり、そしてとうとう閉店です。


周辺の99円ショップに負けたという話もありますが、99円ショップに負けるスーパーってどういうこと?



 

 周辺の人口はかなりあり、今後も再開発で増えるでしょうから、やり方が悪かったのだと思いますが、早めに後継テナントが入って欲しいと思います。


モールの影響云々の話はないと思う。こういう食品スーパーはデイリーユースで最も近くの店を使うもの。この辺の住人が毎日モールに行くとは思えず、まともなモリヤ級のスーパーがあれば、周辺住民も助かることに。周辺では、モール近くのOKスーパー、長町駅東のサンマリなど、モールの影響を感じさせずに健闘しているスーパーが多いし。

|

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »