« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月24日 (土)

学院跡地に森トラスト180mビル



仙経とかで情報は出ていたけど、森トラストの学院跡地再開発について、さらに具体的な情報が出てきました。



 仙台市青葉区一番町の東北学院中学・高校跡地を取得した大手デベロッパー、森トラスト(東京)の吉田武専務は23日、跡地に建設する複合ビルを地上40階規模、高さ約180メートルとする構想を明らかにした。実現すれば、東北では最も高いビルとなる。跡地に併せて建設する住宅棟も地上30階(約100メートル)を目指すという。仙台市での講演などで述べた(6/24河北)。



 実現すれば、札幌のJRタワーを超え、関東以北で最高の約180mになるとのことです。このオフィス棟には今まで仙台に無かった外資系高級ホテルを入れる交渉中とのこと。これで外国からの来賓を招いたり、国際会議を行うのに多少プラスになるはずと思いたいですが、客室中心で、宴会場などコンベンション機能は重視しないようなので、どれだけのものができるかが見もの。


 東二番丁を挟んだ同じ高層ビル複合開発である、SS30とならんで、ツインビルのような様相を示すことになりそう。今沈滞気味のSS30にとって、需要をさらに奪われることになるのか、エリアとしての底上げ効果でプラスになるのかが気になる。


 隣接の住宅棟も100m超えの30階規模とのことで、100mを超えるのは環境アセス条例が始まってからは住宅で初めてでは。


現在近隣で計画・販売されている三菱地所や住友不動産の物件も含めて、20階超のタワーマンションが3棟近接して建設されることになります。そういえば、アパも30階だっけ?そうすると4棟か。


 そうなると、せっかくのタワーマンションを買っても眺望を相互に阻害しあうことになり、満足度が得られるのか?という疑問も生じます。近隣には森トラストの180mタワーに、アンテナ込みで173mのSS30と、花京院並の密度で超高層ビルが集積することになる。花京院のシティタワーみたいに、周辺の高層ビルに囲まれていまいち存在感がないようなことになるのでは。まぁ、都心のタワーの利点である立地面の利便性については問題なしだし、高層ビルに囲まれて住むというのは「都会に住んでる」という実感を感じることはできるでしょう。



 ただ、自分が住むとしたらちょっといやだな。
仙台市の環境アセス条例は100m超えの計画に対して1年間のアセスを義務付けており、
以前は厳しいなと思っていたけど、100m超えというのはやはり周辺環境への影響が大きく、
それだけの責任は負っていると思う。
ヒューマンスケールな規模は超越してしまうし、まちの連続性という意味でも。
みなとみらいやお台場みたいな街をイメージすればわかるけど、
隣のビルや街区に行くのに苦労するような街は歩いていて楽しくない。

 これらが全て完成すると、花京院周辺の変化と合わせて、都心部の景観という面ではだいぶ変化が見られるでしょう。


 都心の再開発については促進するべきだとは思っています。今回の五橋周辺のタワーマンションの集積で、合計で2~3,000人規模の人口増が局地的に発生することになり、そうすると、最寄の食料品などの買い物需要が一気に発生することになるし、都心部商店街などにもプラスの影響が。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

長町高架化9月18日開業



今日の河北で公になりました。以前の話では9月23日前後と聞いていたので、1週間程度早まったようです。



仙台市の副都心づくり「あすと長町土地区画整理事業」(太白区)の一環として、高架化されるJR東北線の新「長町駅」が9月18日に開業することが9日、分かった。廃止される地上線跡地には、駅西口広場や都市計画道路が整備される。JR東日本が近く発表する。


 高架化されるのは、新「長町駅」を中間地点とする南仙台―仙台駅間の東北新幹線と並行する約2.5キロ。橋の最大高は約5メートルで新幹線高架橋とほぼ同じ。景観に配慮し橋げたの間隔も新幹線高架橋に合わせた。事業費は約170億円(6/10河北)。



 もう殆ど効果部分は完成し、新長町駅も駅舎部分もほぼ出来上がっています。


あと3ヶ月ちょいなんですね。前も言ったけど、いつ電車が走ってもおかしくないくらい。


上の記事では、”廃止される地上線跡地には、駅西口広場や・・・”とあるけど、それ東口広場やんと思ったが、まぁ、バスターミナルを含めた交通拠点が出来上がるということで、待ちどおしい。


大通り線も着々と工事しているけど、あとは周辺に何が立地するか。


駅と道路と広場だけ(+多少のマンション)では寂しすぎる!




 人気ブログランキング(東北地域情報)へ  


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

久々の一点差勝利



 相手の徳島は開幕戦の雪辱のため、かなり意気込んで乗り込んできたけど、なんとか勝ち点3をあげて、2位浮上!


 こういう勝ち方ができるようになれば、チームとしてひと安心。


とはいえ、あのキャプテン。やっぱ去年からの確変は終了だな。


こっちの方はみてらんない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今度はシルクロード展



 先週のアンコールワット展に続いて、今日は多賀城の歴博にシルクロード展を見に行ってきました。


「まだ再来週まである」なんて思っていると、直前になってあせりそうで、ふと今日の昼に思い立って出かけました。車で行くのが面倒で、電車で行ったけど、国府多賀城駅の真横っていうのはやっぱり便利。大駐車場も完備されているし、ここのように電車でも車でも選べるのが理想だなぁと思ったり。


 電車も約20分おきだから、まぁそれほどストレス感じずに使えるかなーと。あと仙台駅から片道230円ってのはやっぱ安い!どうしても地下鉄と比較してしまう。



 で、中に入って、「意外に混んでる!」4月中旬からアンコールワットとほぼ同時に始まったこのシルクロード展。入場者数はシルクロードが半分程度であんま入ってないイメージがあったけど、この前のアンコールワットの最終日よりも混んでる感じが。展示物も意外に多かったし、人の多さもあってマイペースで見ることもできず途中で疲れが。1時間20分くらいかけて全部見てきました。貴重な国外初公開という国宝級の展示物がたっぷりあって充実してたけど、先週のと比べるとちょっと印象が薄いかもと思った。2週連続で同じような特別展を見たというのもあるかもしれないが。



 それにしても、この歴博。アクセスは新しい県の施設にしては超例外的にいいんだけど、こんなに立派に作る必要もあったのか?という感想も。なんだか、宮スタ、宮城大学、歴博、図書館とこの10年間に出来たハコモノが、県が財政再建団体に転落しそうになっている原因だとか。


| | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »