« 香港線復活に向けて | トップページ | 高速バス新路線続々 »

2006年2月 1日 (水)

ユアスタ仙台



 一日遅れですが。


昨日の昼のニュースで知りましたが、予想ではアイリスオーヤマか、カメイあたりかなと思っていたんで、ユアテックというのはかなり意外。でも地元でカネを出せそうな会社ということで考えると、確かに納得なんだけど。電力系で設備屋だから、あんまり名前を売るメリットがないんじゃないかな?という気もするけど、新たな展開を考えているのでしょうか?


 さて、契約金額は7千万円/年 とのことで、全国を対象とするフルスタの約1/3。試合数もちょうど1/3だから、そんなもんなんでしょうが、思ったより高かったなとの印象。さて、電力系といえば、東北電力は管内の新潟や山形に配慮して、ベガルタへの支援に及び腰との印象でしたが、ユアテックも新潟を含めて事業を行っているのに、仙台にカネを出してくれたのはうれしいこと。なんか表向きカネを出せない電力の身代わり的な出来レースのにおいがプンプンしますが、まぁそれはいいでしょう。



 「ユアテックスタジアム仙台」。。。「フルキャストスタジアム宮城」の二番煎じのような名前ですが、フルスタが定着しているのだから、それよりは衝撃はないかも。


まぁ、フルスタは、前のボロ宮城球場とは全く別のものに生まれ変わったから、命名権にも違和感を感じないのに対して、仙スタ=ユアスタは、全く同じもの。味スタと同じ。慣れるまでちょっとかかりそうです。個人的には。まぁ、いいニュースではあります。


|

« 香港線復活に向けて | トップページ | 高速バス新路線続々 »

ベガルタ」カテゴリの記事

市政」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユアスタ仙台:

« 香港線復活に向けて | トップページ | 高速バス新路線続々 »