« 盛り上がりませんね | トップページ | ベガルタに関わるな! »

2006年1月13日 (金)

一方、謙虚な知事



 市長と知事、仲がいいといわれていますが、村井知事は非常に物分りがいいようで。


これまで一部反対派が吼えていただけの、県立高校共学化問題ですが、ようやく全面推進でおちつきました。


 まぁ、そもそも自分の持論ではなく、無理やり自民党基地外先輩議員に押し付けられただけの”エセ理念”ですので、「教育委員会&県議会ありがとう」状態だと思いますが。


あとは、学区制撤廃よろしくね。自分も経験したけど、南学区の体たらくはなんとかしないと。刺激が必要だよ。


 とにかく、行政としては、”継続性”も必要。自分が首長として就任したからって、大統領と勘違いして、好き勝手にかき回すっていうのは、最悪。その点、村井知事は常識的です。浅野さん退任から3ヶ月近く経ちますが、予想外に村井知事については好印象です。


 勾当台通を挟んで、向こう側が最悪だから、良く見えるのかもしれませんが。


 まぁ、仙台市民かつ宮城県民の私ですので、微妙ですけど。


 人気ブログランキング(東北地域情報・サッカー・野球)へ  


|

« 盛り上がりませんね | トップページ | ベガルタに関わるな! »

県政」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一方、謙虚な知事:

« 盛り上がりませんね | トップページ | ベガルタに関わるな! »