« 一方、謙虚な知事 | トップページ | 山形駅前&雪国プチ体験 »

2006年1月18日 (水)

ベガルタに関わるな!



また梅か!


 梅が、ベガルタのホームタウン協議会会長への就任に難色を示しているようです。


いろいろ文句をつけているようだけど、それだったら村井さんが就任すれば?とはいかないようで。市主導の組織だからねぇ。


 梅は、結局いろいろいちゃもんつけて、自分の存在感を示そうとしているんだけど、それが的外れで混乱を招いているだけというのを気付いていない、困ったチャン。


 まぁ、ベガルタに何の愛もない非人格者につとまる役職ではないんで、これはこれで大歓迎です。前任は、ホームゲームであれば自主的に必ず仙スタに来ていた藤井おじいちゃんですが、サポにも歓迎されてました。梅は仙スタに来たことあるのか?



 市からの予算削減については、その流れだろうなぁとは思うけど、本音は”嫌い”だから予算を減らしているだけでしょ。その言い訳として「プロスポーツに行政は過度に関わらない」と言っているだけだと感じます。 


 これで、もしベガルタがJ1に上がっても、仙スタ拡張はもうないだろうな。


これも残念。


(追記)


 今日の河北を見たら、いやいや会長に就任するようですね。


どうでもいいけど。ホーム開幕戦とか、仙スタでのサポの反応が気になります。




プロスポーツへの行政のかかわり 


 楽天もベガルタも、89ersもプロスポーツとしてはまだひよっ子。税金を多少でも投入しているからこそ、その使い道に注目が集まり、結果的に賛否両論の注目を集めているところもあると思う。アメリカでは・・・という言い方は嫌いだけど、あっちではプロスポーツに使う球場を税金で整備することにコンセンサスが得られていたり、そのために目的税を作る自治体もあるとか。まぁ、単なる一企業ではなく、市民の意識を統合し、都市への愛着・帰属意識を確認する重要な役割を果たすだけでなく、選手や観戦者(サポーター、ブースター、応援団)の移動などで、その都市に有形無形の経済効果も与えるもので、それを無視して単に「プロスポーツは自立すべき」というのはどうでしょうか?



 確かに、仙台市は仙スタを整備したのだから、それだけでもベガルタにとっては最高のプレゼントを受けているともいえますが、それは藤井おじいちゃん時代の話。梅としてどう関わろうとしているのかが問われています。


一方、楽天は


 楽天も、「仙台規模の都市にとってはプロ野球は無理」といわれていた中で新規参入してくれたわけであって、宮城県が有形無形のサポートを続けています。現時点では経営面や観客動員面では健闘しているけど、長く仙台にいついてくれるためには、現在のサポートは必要なものだと感じる。



ライブドア(笑)


 そいえば、楽天と新規参入を争ったライブドアですが、やっぱり化けの皮がはがれてきましたね。ザマーミロ。



 俺の中では狼少年。口だけで、自分が儲けられないことは一切やらない。アドバルーン揚げているだけ。自分は一貫してライブドアはあまり信用してないんで、この帰結はやっぱりって感じ。しょっぱなの2004年9月16日のドでかいアドバルーンだけは感謝してるけど。



 新球団も、高崎競馬も、ベガルタ出資も口だけで何一つやっていない。


これで、やっと目が覚める仙台人もいるでしょう。昨年末に、未だ「ライブドアがよかった。だから楽天応援しない」と言っている貴重な人に出会ったことを思い出した。


|

« 一方、謙虚な知事 | トップページ | 山形駅前&雪国プチ体験 »

ベガルタ」カテゴリの記事

市政」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベガルタに関わるな!:

« 一方、謙虚な知事 | トップページ | 山形駅前&雪国プチ体験 »