« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月25日 (日)

4連続完封



 下位相手とはいえ、3連勝。2-0の試合が3試合続いています。


それも、バロン、シュエンクのそろい踏み。遅すぎるけどねぇ。


山形戦を含めると4試合連続の完封。辛うじて3位争いに踏みとどまっているところ。


あんまり期待はしないけど、去年のように10月はじめに終戦ということは少なくともなさそう。


 昨日は、久々の仙スタに行くつもりだったのに、旅行疲れからか昼寝したら寝坊。。。


チケットは買ってなかったからいいものの、いい試合だっただけにちょっと悔しい。


試行錯誤しながらの選手の入れ替えが功を奏したような感が。以前出れなかった選手も腐らずに出番を待った結果か。洋介とか財、菅井とか。それを考えると選手層は薄いわけではない。


 洋介も、去年はリャンよりも目立っていたのに、今年の状況はさびしいものがあったけど、ここにきて脅威のスタミナを武器に右サイドに定着。中盤はあまり気味だから、このポジションで今後も活躍してくれれば。リャンは調子落としてるけど、ベガルタの将来を左右する選手。菅井もここにきての復活と、多少は楽しみが増えたかな。


今年の途中補強をけちって、来年に回すという考え方はフロントにしてはGOOD JOB。


富沢の代わりという考え方もあったけど、なんとかカバーできている状況だし、無駄金垂れ流すことはすべきではない。累積赤字もあるし。



 観客動員は、久々のデーゲームのためか、1.4万人程度。


楽天最終3連戦にかぶったとはいえ、自動昇格絶望という状況のためか。



 福岡もあいかわらずしぶとく、引き分けに持ち込んだため、勝ち点差は11に縮まったけど、福岡が落ちてくることを期待するのは無理でしょう。去年もこの時期驚異的な追い上げで3位をゲットした福岡ですから。



 3位の入れ替え戦狙いというのも、モチベーションとしては微妙。


去年の福岡の例を見ているし、昇格は非現実的に思えてしまう。


生殺し状態。


入れ替え戦での昇格がベガルタらしく一番盛り上がるから、それもいいんだけど。


札幌は、やっぱりもろさが。ベガルタと一緒。負け数の多さが物語る。山形はなかなか負けないし、しぶといが、フロントの「J1に上がって欲しくない」という姿勢が選手にも伝わってくるだろうし、そうすると最大のライバルは甲府か。暗黒の1999年シーズンを思い出すと甲府と昇格を争うというのは信じられないが。その甲府戦には必ず行く予定。2ヶ月ぶりの仙スタだ。



 とにかく、今年のこの成績で、まだ昇格うんぬんを論じることができるのは幸せなことだよな~


| | コメント (0) | トラックバック (0)

一場の意地



 惜しくも完封を逃したけど、この前ダルビッシュに馬鹿にされた悔しさをはらした。


来年は頼むよ。今日はフルスタ最終戦に行く予定だったけど、この雨(10時現在)。


おそらく中止だろうな。うちの妻を初フルスタ体験させようと思ったのに。


大入り確実だから、楽天が無理してやる可能性は残っているけど、ホームページにはいまのところ情報なし。



 (後日追加)


 最終戦は、試合開始に近づくにつれ、雨も小降りになり、4回位からは雨も止んだ。


さすが人工芝。あれだけの雨が降ったのに試合を開催できるのは。旧宮城球場の雑草だったら、問答無用で中止決定だろうが。



 試合は楽しみました。途中で足湯を初体験♪並んでたけど、一度入ったら時間制限もなし。スカパーでの試合中継を流していて、ちょうど逆転のシーンのところだったんでその回が終わるまでゆっくり楽しみました。ところで、中継は2秒くらい遅いのな。球場から大歓声が上がって、「なにっ!」とテレビを注目するとタイムリーヒット。。。くらいのタイミングのズレ。



 試合は、岩隈の2桁勝利も消え、中継ぎ大炎上を目の当たりにした点は今年を象徴する試合だったのかも。ただ、ロペスの1点差に迫るホームランはワクワクしたし、行って良かった試合でした。田尾コールもしてきたし。



 それにしても4時間半の試合は長い。



 そいえば、今日の河北から。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

田尾監督交代へ。。。



 やっぱりそうなるのか。県民の世論を見極めている状況だったけど、物凄く複雑。


あと1年はやらせるべきだとは思うが。たった1年で田尾監督の交代を支持する人はほとんどいないはずなのに、ここは楽天流というか。三木谷にしてはここまでよく我慢したともいえるけど。


 河北の記事中には、




一方、最近になりファンからも監督交代を望む声が球団に多く寄せられるようになった。




とあるけど、これは河北と球団の情報操作だろうな。監督交代ありきで、球団と結託してファンも交代を支持しているという情報を意図的に流しているだけ。


 東北人は、強ければいいというそんな考え方で応援しているわけではない。もちろん強いに越したことはないけど、50年ぶりの新球団なんだし、気長に見守っていくつもりなのに、このように新球団の顔的な存在の田尾監督をポイ捨てするというのは、マイナス面が大きすぎる。今更「実績のある監督に」っていうのも。。。これまでの既存球団のイメージに凝り固まった、野村とか森なんて、楽天に合うはずがない。



 奥さんのReyさんも可哀想。せっかく仙台に来ていろいろな活動をしているのに、10月にも某所で講演会が予定されているのに、そのときの肩書きは”楽天元監督夫人?”


| | コメント (0) | トラックバック (0)

成田空港を利用して



 金曜日に帰国したわけですが、やっぱり成田は遠い。


先週の出発も昼間の11時発なのに8時半成田空港集合って。。。


都内のホテルを6時おきで、7時前のNEXで成田に向かったわけですが、都内から空港まで3千円超。約2000円のスカイライナーも検討したけど、朝だし乗り換えなしで行きたくて仕方なく選択。行く前から非常に疲れた。手続きもめちゃくちゃ混んでたし、やっぱり仙台空港が便利になればなぁと感じた。


 今回は都内で用事があって、そのまま出発したかったから往復成田利用だったけど、仙台発でも行ける場所(乗り継ぎありですが)。ただし、旅行代金の差額が10万近くあったためでもある。


 今後の海外旅行は仙台空港から行きたいところだけど、行き先が限られているし、成田発と比べて最低3万円は違う。そうすると成田に新幹線&NEXで往復する差額は出てしまう。


それでも、アクセスや手続きが楽な面を考えると、仙台空港を使うメリットはかなり感じる。



 ただし、行き先の選択肢が増えるためには、利用者を増やすことが必要。


鶏が先かタマゴが先かの話になってしまうけど、再来年の空港アクセス鉄道開業が少しでもプラスになってくれればとは思う。


 まずは、ホノルル便、香港、シンガポール便の復活とバンコク便の開設を、アクセス鉄道開業の時期に期待したいところだけど、本当に鉄道が18年の春に開業するのか?工事の進捗状況を見る限り、厳しいのではと思ってしまう。


 


人気ブログランキング(東北地域情報・サッカー・野球)へ  


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月19日 (月)

下位に連勝



 今、実は遠い南の島よりの更新。


こんなところからでもネットができるなんてすごい世の中です。


週末には帰仙予定。


 ベガルタは下位にはさすがに連勝したようですね。


これまたブラジル人ツートップの得点で。


一応3位山形まで勝ち点差6という微妙なところですが、


2位の福岡は今日も勝ったようで、勝ち点13は縮まらず。


 2位は無理だから、3位の入れ替え戦に出るベガルタというのも見てみたい。


しかし、すでに12敗を数え、この負けを引き分けに持ち込めないこのチーム状況からすると厳しいのは事実ですが。


 もしかしたら、ヴィッセルと楽天対決なんてことになったらと思ったけど、


あちらは再び最下位で問答無用でJ2行き。いまのままだと再びビックアイ?


勘弁してくれよ~。


なんて、取らぬ狸の皮算用をすることしか、楽しみがないですな。


仙台戻って元気が残っていたら、久しぶりに仙スタでも行って見るか。これを逃すと次は10月半ばだし。



人気ブログランキング(東北地域情報・サッカー・野球)へ 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月14日 (水)

楽天二軍が宮城へ

 6月に聞いた既報。それから音なしだったから、飛ばし記事かと思っていたが、3ヶ月たち、シーズン終了間近のこの時期に、やっと河北から報道されました。

 他の新聞では一切報道されていないこの記事だけど、河北だから本決まりでしょう。この件に関しては、これまでもなんどか長文書き連ねているからここでいろいろ書く気はないけど、選手のこと考えたらやっぱりね。。って感じ。

 山形の生活環境もあるけど、やはり一軍仙台と二軍山形の往復の困難さに尽きる。いくら隣の市でも最短1時間。二軍の若手なんかどっちに住んでいいか分からんよ。そうなると、一軍に上がりたかったら仙台になるのはしょうがない。

 それに、新人獲得ドラフトを前にして、「寮を仙台につくる」というのはアピールになる。二軍の山形に住むことになって、一軍あがっても長距離通勤というのは流石に避けられる。

 二軍の試合に仙台から行くんだったら、寮からみんなでバスに乗って、山形県野球場までは高速で行けるし、向こうはICから近いから1時間半で行ける。

6月の段階で予想したとおり、二軍試合の半分を山形で行うことで、山形への最低限の配慮を行った形です。将来的には、福島や盛岡でも二軍戦を月一程度行えるようになれば。

仙台からバスで行くことを考えると、そんなに山形と変わらないし。

 さて、寮と二軍練習場はどこにできるのか。なるべくフルスタの近くっていってるけど、JTはおそらく無理だろうし、名取のナスパも市民向けの利用が前提。そうすると、同じ名取のNTT球場が思い浮かぶ。あそこはあまり使われていないし。ただし、あそこはガキのころ親父に連れて行かれた覚えがあるけど、それから20年経つことを考えると、かなり老朽化してそう。

パークタウンも厳しいし、利府も町営だし。そうするとどこになるか。

これも楽しみ。

 過去日記
  ■[楽天][東北]楽天二軍が仙台移転?(6/5

人気ブログランキング(東北地域情報・サッカー・野球)へ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月13日 (火)

ジャズフェス



 日曜は1時間ほどですが、初ジャズフェス体験しました。


感想は、期待通り良かったっす。


びっくりしたのが、藤崎前の空中ステージ。


おおまちアーケードの上って、あんな構造になってたんだ。


アーケードの音響効果もあって、上手に聞こえた感じ。


 4時からは、定禅寺ビルの前でBRIGHT☆KIDSの演奏を聴きにいったけど、あまりの人で、分離帯のあたりから音楽だけ聴いてました。春のアラバキで大絶賛だったと聞いて、ちょっと興味を持ち聴きに行ったけど、


小学生とは思えない演奏。最近のSWING GIRLSから続くJAZZブームとは関係なく、以前から活動していたとのことで、これらを含むいろいろな人たちが思い思いの演奏や歌を繰り広げている様子は、仙台が誇れるものだと思います。


都心部でのイベント考


 ここ15年位で、仙台では都心部での大規模な集客イベントが増え、


春から秋にかけては月一位のペースで何かやっているというようになりました。


思いつくだけでも、



5月 青葉まつり
7月 すずめ踊り
8月 七夕(花火も)
9月 ジャズフェス
10月 みちのくよさこい
12月 光のページェント

 これらの半分は、言うまでもないが市民の手作りから始まったもので、


地方都市で大企業の支援を得られにくい分、やるきのある一部の市民の熱意がこれらのイベントや祭りを大きくし、支持を得てきたのでしょう。



 以前住んでいた横浜でも、月一位で関内やみなとみらいの都心部で大きなイベントやっていて、いつもにぎわっていたけど、お仕着せの感じがしたなぁと。


 文明開化の発祥の地で、「ミナトヨコハマ」といえばイメージが良すぎ。なんでもこじつけで「○○○発祥の地」というキャッチコピーとからめて、なんでもアリの感も。


条件が恵まれすぎて、大企業がなんぼでも金を出してくれる環境だからという面もあるのかなと。都市が大き過ぎ、人が多すぎて、市民手作りの動きやムーブメントというのが見えにくい都市だったなぁと感じます。



 それに比べると、仙台の程よく人が多く、程よくこじんまりとしたところが、居心地が良く感じる面はあるな。


 それに、定禅寺通の存在ってやっぱり大きいね。誇れる立派な都市装置です。


 


 来月は忙しさもひと段落なんで、よさこいはじっくりと見に行くぞ!



人気ブログランキング(東北地域情報・サッカー・野球)へ 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月11日 (日)

来年の夏はデーゲーム撤廃へ


 そりゃそうだろうな。


おじさんが多いこともあるけど、今年の8月の成績も悲惨なものだったし。今年の夏の気候が異常だったのは運が悪かったけど、夏は夜の試合の方がいいな。


 でも、来年変えたとたんに、冷夏だったりして。。。2年連続の猛暑でも珍しいのに。



楽天、夏休みのデーゲーム来季撤廃へ!選手も観客もヘロヘロ


楽天が来季から夏休み期間中のデーゲームを撤廃し、すべてナイターに切り替えることが明らかになった。名付けて『ナイター大作戦』。9日、米田純球団代表(42)は「選手もそうですが、まずはお客さんのためですね。暑い中での試合観戦は、見ている側としても大変です」と発言。すでにパ・リーグにも要望として伝達済みで、日程の調整に入っている(9/10サンスポ)



 ベガルタの観客動員状況をみても、春や秋の昼間の試合よりも、


ナイター期間(6-9月)の方が断然集客が良いのは事実。秋以降は成績次第だけど。


仙スタのナイターって劇場感が増すような気分に陥ることが多いし、結構好き。それに仙台では土曜日は仕事の人も多いから、ナイターであれば行ける人も多くなるでしょうし。


土曜休みの人にとっても、昼間を有効活用できるからナイターの方が都合が良い。


自分にとっても、昼過ぎから出かけるのは億劫。


また、ナイターだと酒も進むし、いいことだらけ。



 フルスタはアクセスも比較的良いし、この前の宮スタナイター地獄みたいなことはないし。


 ただ、仙台以外の客を集めるためには、デーゲームの方がいいのは当たり前。


東北各地への交通アクセスの改善が殆んど見られないので、その対策を講じないと、


せっかくの夏休みのドル箱期間だから、もったいない。


 6時開始だと、10時近くまで試合がかかることもザラだから、


せめて、日曜日は5時開始にするとか。別にテレビ生中継は殆んど皆無だし。



 ベガルタと試合時間がかぶることも多くだろうけど、まぁ同じ日に


なってしまえばハシゴする人は数%だから大きな問題ではないでしょう。


それ以前に、試合の日はかぶらないように調整して欲しい。


ベガルタ楽天両方の試合がかぶる週末もあれば、両方敵地での試合ということも多い。


来年はうまく調整して、楽天ファンが「たまには仙スタ」、ベガルタサポが「たまにはフルスタ」に行けるようになれば理想なんですが。



関連日記
[楽天]平日はナイター、週末はディゲーム(1/27)


[ベガルタ][楽天]二つのプロスポーツ(4/9)


 


| | コメント (0)

2005年9月10日 (土)

仙台-横浜 高速バス開業



個人的には、注目のニュース。


いつ出来てもおかしくないと言われてたけど、仙台-さいたま線に続いての首都圏方面高速バスの開業です。


 もっと早く開業してたら、しょっちゅう使ってたのになぁ。



JRバス東北(仙台市)は16日、仙台と横浜を結ぶ夜行高速バスの運行を始める。京浜急行バス(東京)と共同で、一日1往復を走らせる。定期的な仙台―横浜間の高速バス運行は初めて。


 上りは仙台駅を午後11時半に出発、午前6時に横浜駅に着く。下りは午後11時に横浜駅を発車し、午前5時半に仙台駅に到着する。長町駅前、品川バスターミナルでも乗降できる。


 料金は仙台駅・長町―横浜駅間が大人6500円、仙台駅・長町―品川間は6200円。往復は両区間とも1万1000円。いずれも小学生以下半額。3列独立シート型の車両を使用、定員は29人。予約制(9/10河北)。



 今日ヨドバシ行ったついでに東口の高速バスプラザで新幹線の切符を買いましたが(来週上京するので)、その時にかなり派手に宣伝してました。


 都心に乗り入れる東京駅、新宿駅行きの既存の高速バスが、本数増とシートの3列化などで競っている反面、2900円格安バス(あおばライナー)の存在もあり、かなり競争が激しくなってきましたが、ここで到着地での差別化が図られました。


 さいたま行きは、新幹線だったら大宮までたった1時間15分のところであり、また仙台からはさいたまは最終目的地にはならないところなので、微妙なところだけど、横浜行きは、新幹線で直通できないところであり、はやて乗り継ぎでも2時間半かかり、心理的には首都圏の中でもやや遠く感じていたところ。自分も住んでたときはバスでも新幹線使うときでも東京駅まで出るのがおっくうに感じてたから、あったらいいなと思ってました。



 夜行だから、朝時間潰すのはおっくうだけど、観光にも使えるし、


片道だとちょっと高めだけど、往復で1万1千円で東京便で往復よりも500円安い。


絶妙な価格設定です。



 そういえば、古川・泉中央-東京便もこの夏に運行開始しています。


古川だけでは需要として微妙なところなので、泉中央も経由して仙台北部の需要も拾おうというのはナイスなアイデア。


ネーミングが・・・というのは置いといて。。。


ここではあえて書きませんが。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

1ヶ月ぶりの。。。



 今日は流石に勝ったようですね。っていっても半分試合を忘れていて、


家の中で作業してたから9時のニュースで勝利を知りました。


 ブラジル人2トップが決めたようだけど、相手は水戸だからねぇ。


アウェイの勝利はいったいいつ以来?4月の草津戦以来だったりして。。。


と思って調べたら、6月の三ツ沢でも勝ってるんだ。それでも今シーズンアウェイ4勝目。


これって昇格を争うチームの成績とは思えない。


まぁ、もう争ってないか。3位で入れ替え戦の可能性はあるけど。


福岡と山形は引き分けが多いけど、先制された試合とかで”むざむざと”負けないというところが凄い。山形は2試合試合消化が少ないことを考えると、追い越せないだろう。



 まぁ、来週は流石に勝つと思いたい。相手は京都にぼこぼこにされた草津だし。


そういう試合に弱いのもベガルタだけどね。



人気ブログランキング(東北地域情報・サッカー・野球)へ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 9日 (金)

イーグルスストア



 こんなシーズンオフ間近な時期ですが、


仙台駅のイーグルスストアに寄ってみた。


 試合がない日にしては、それなりに人は入っていた。


10人位はいたかな。


店員は4人も要らないが。めっちゃ暇そうだったぞ。


 ちょっとイベントで使う、レプユニと公式応援歌CDを購入。


4500円なり。ベガルタのレプリカは1.1万だったことを考えると、めっちゃ安い。


ホームとビジター用の両方買っても7千円だからなー。


フルスタでレプリカ派が急に増えたのもわかる。


 それにしても、やっぱり絶好の立地です。今では仙台一の歩行者通行量を誇る東西自由通路入り口ですから。西口からフルスタへ向かう場所でもあるし。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーレ ベガルタ



 その前、広瀬通駅のところのオーレベガルタにも寄ったけど、


あの立地、本当に微妙。名川の影響力から、ガスサロンに併設となったのだろうが、


普通の人は行かない。というか行きづらいあの立地。


街中にベガルタショップができたのは良かったけど、やっぱり歩行者軸から完全に外れている場所だから、気軽にいけないのが悲しい。


行ったときも、6時半頃だったのに、客は自分以外1人。


品揃えも良くなく、目的のものも無かったので、速攻出てきました。



 ベガルタと楽天の資本力の差を見せ付けられた気がしました。


成績はどっちもどっちだけど。



人気ブログランキング(東北地域情報・サッカー・野球)へ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 4日 (日)

やけっぱちの抵抗



いやー、この手があったか。


蚊帳の外におかれていた仙台市ですが、


試合自体は手も足も出ないボロ負けで試合終了間際に、


油断した勝者に強烈なカウンターをお見舞いしたって感じ?



フルスタ第2期改修工事 仙台市、申請受理せず


 東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地、フルキャストスタジアム宮城(仙台市宮城野区)の第2期改修工事をめぐり、仙台市は2日、球団側が示した工事の許可申請を、関係者間の調整が済んでいないことを理由に受理しなかった。球団の室内練習場建設に伴い、同市が存続を求める陸上競技場の旧サブトラックが廃止される問題が背景にある。来シーズンをにらみ、工期のタイムリミットが迫る中、関係者には戸惑いが広がっている。


 球団は2日、観客席を増やすために必要な2期工事の許可申請を仙台市に提出しようとした。同市との事前協議では、10月着工に間に合わせるため、今月中旬の市建築審査会で審議する予定だった。ところが、市は「室内練習場が引き起こす問題が解決していない。今月の審査会では審査しない」と答え、球団側は申請を持ち帰った(9/3河北)。



 そいえば、建築確認って仙台市の権限だもんね。政令市だし。


県も市の対応が後手後手に回っていたのを尻目に着々と外堀を埋めてきたのに、


最後の最後で、市がこんなウルトラC級の仕返しをしてくるとは思っていなかったのでしょうが。県は仙台市よりも上という昔からの意識があるけど、仙台市にとっては政令市になって県と同格という意識があるから、この意識の差もあるのでしょうか。



 仙台市の言い分も分かるけど、一番可哀想なのはもちろん「楽天野球団」。


昨年以上の突貫工事を強要され、工費もかかり、気持ち的にも余裕がなくなり、また不信感を持つでしょう。楽天側で工費を負担するのに(その元手は地元ファンのがんばりで入場料収入が増えた分も多少はあり?)。


 昨年の突貫工事でできたスタンドは、一部が仕上げが荒いところが多々あります。


昨年のは仕方ないけど、今オフ作る部分は余裕をもってしっかり作って欲しい。


球場とかの施設は長く使うものだから、しわ寄せがここに来るのはちょっと。。。


 


 仙台市にとっては、「ここで何か存在感を示さなければ」ということでの対抗措置なんでしょうが、楽天側に迷惑をかけることは、楽天が仙台に居続けるサポートをするという今回の施設整備を邪魔することで、回りまわっては地元仙台にとってマイナスの結果を生む可能性がある。


 楽天側に迷惑をかけずに、自分達の主張を行うためには、


1)「旧サッカー場の広場へ、テニスコートを移転」することを主張


2)陸上競技場、及びサブトラック部分の賃借or買取


3)テニスコートの移転地を市有地から捻出し提供。


 のように、楽天に迷惑をかけない代替案を示すべきだと思うのですが、


仙台市も、新市長が登庁したばかりで政治的空白の期間だし、9月議会前ということで、


十分に対応できなかったのでしょうが、今回のやり方は疑問に思う。


県市のトップ会談で解決すべき事項なのですが、片やぺーぺー、片や退任前で微妙な立場ですので、どうなるのやら。落としどころを探ってほしいな。


| | トラックバック (0)

一場初勝利



 先週の試合で、西口の完全試合を阻止する気迫の好投をみせてくれたけど、


その投げっぷりはフロックではなかった。


2試合18イニングで2失点。最近一軍に上がっても中継ぎでピリッとしない結果だったけど、先週の試合で何かつかむものがあったのか。


 昨年の金銭授受問題、メジャー宣言、できちゃった婚、開幕7連敗と、叩く材料には事欠かず、うちの周りでも「一場なんかとらずに、ダルビッシュとった方がよかったべ」という声もチラホラ。精神的に問題なのかと思ってたけど、この悔しさをバネにしてくれたのか。



 8月はたった3勝だったのに、9月に入って涼しくなったらもう2勝かよ。


9月は監督も選手もクビをかけた戦いが待っているから、最下位確定したといっても、プレーオフ出場を争っているチームに一泡吹かせて欲しい。なめられっぱなしでは悔しいし。


そういえば、100敗回避ですね。まぁ一安心でもある。


 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

東宝までも閉館

 

まさか、ここも閉館かよ!ここが閉館とは中心部の映画環境としてはもう末期症状。


松竹から始まって、日之出、シネアート、東映ときて、最後の砦と思っていた東宝までもが。東宝は設備は古いけど、あれだけの大きな空間で見ることができるのは結構好きだったけどなぁ。


 

東宝の子会社で映画館経営の三和興行(東京)は2日、JR仙台駅西口の東宝仙台ビル(仙台市青葉区)で経営する劇場「仙台東宝」「仙台東宝2」の2館を、来年2月に閉館することを決めた。複合型映画館(シネマコンプレックス)進出による業績悪化が理由。市中心部で続く映画館閉館の大波は、シンボル的存在だった仙台東宝までものみ込んだ(9/3)。



 最初松竹が撤退したときには、「サンモールで場所が悪い」「松竹自体の経営難」とか理由をつけることができたけど、ここまで続くと、構造的に街中では従来型の映画館が成り立たなくなっているのか。面積もとるし、効率の悪さは否めない。もう街中では単館系以外の映画は見れないことに。 


これでは、山形や盛岡、福島よりも街中の映画環境が劣ることになるのでは。


他の大都市でもここまでひどいところはなさそう。


福岡とか札幌、横浜では、中心部でシネコンが豊富に出来て、従来型の古い映画館にとって変わっているところがあるけど、仙台では未だ中心部へのシネコン計画はなし。


エンタツ再開発で可能性はあるけど、シネコン入るかどうかは分からない。


映画は文化だと思う。街中での映画環境が良くなることを望むけど、


今後も地価負担の小さい郊外のシネコン計画は目白押し、泉中央や仙台港、名取で話が進んでいるし、先行きは暗いなぁ。


●参考記事
[商業][まちづくり]まちから映画館が消える(3/16)

p>

| | コメント (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »