« 暗黒の週末 | トップページ | 浅野知事退任! »

2005年8月16日 (火)

2日連続のJRストップ



大雨でストップ(月曜)


 昨日は親戚の墓参りのため、電車に乗ろうと思い、夕方仙台駅まで行ったら、「大雨でストップ!」そんなに降ってたか?後で聞いたら、南のほうは土砂降りだったようですが。


途中まで動くっていうんで、満員の電車に無理やり乗り込んだものの、全然動く気配なし。


「まもなく」っていつなんだよ。結局20分位待ってやっと発車しましたが、お盆とはいえ4~5本分の電車の客が1本に集中したためか、超満員。岩沼まで行って車で迎えに来てもらいました。


 岩沼仙台間はストップしていなくて、電車も仙台駅に止まっているんだったら、さっさと岩沼仙台間で折り返し運転すればいいだけの話。複線の設備持っているんだから、何の問題もないと思うのですが。単線だったら駅でのすれ違いとか調整が必要だけど、複線だし追い抜きがあるわけでもないし、岩沼駅には折り返しの設備もあるし。


 駅員も情報が与えられてなくて、聞かれたことに答えられないのは可哀想な面もあるけど、昔からほとんど改善がないというのは、組織的な問題なんだろうが。また、客の立場でのサービスではなく、「自分達(JR)は被害者だ」「雨(地震)なんだから我慢しろ」という傲慢さを感じるのは自分だけ?


各駅に、遅延・運休時の案内板が設置され、多少はましになりましたが、それでも「遅れています」「運休です」というありきたりの情報だけで、再開の見通しなどは一切アナウンスしないのは以前と変わらない。


 東京のようにすぐ他線への振替輸送が行えるような環境ではないことはわかっているけど、代替バスも出さず、再開見通しの案内もせず、代わりの交通機関を使ってもその補償もなく。自分の前で、「福島へは行けますか?」と質問していた人がいて、「無理ですね、新幹線でしか行けません」と駅員が答えてたけど、そういう時こそ新幹線で振替輸送すべきではと思うけど、泣き寝入りしあきらめた客が自腹で新幹線使うことを期待している、火事場泥棒的な対応だよね。


 雨や地震では仕方ないけど、車両故障とかJRの責任の時でも同じことをするもんだから。先日も珍しく新幹線が通勤時間に止まったとき、古川から通っている同僚が自腹で高速バスに乗ってきましたが、もちろん補償はなし。なんか釈然としない。


地震でストップ(火曜)


 今朝は、昨日のJRの運休に巻き込まれた上司とかと、文句言ってましたが、うちの回りではJRを擁護する意見を聞いたことがない。「またJRか」「いつもだから。。。」と、多少の非難とあきらめがあります。


 今日の地震でのストップは、JRも被害者だし、ある意味仕方ないですが、


それでも、地下鉄が地震から3時間で全線運転再開したのに、運転範囲の広さもあるとはいえ、再開まで6~8時間以上かかるとは。うちの親も巻き込まれたとのこと。


 市営地下鉄が短時間で運行再開できるのであれば、仙石線地下区間は大丈夫なはず。


あおば通-小鶴新田間とかで徐行で折り返し運転するとか、客のことを考えれば部分的にでも対処の仕方があるのではと思うけど、そうすると不公平感があるから、悪平等で全線ストップか。まぁ今日は仕方ないけどね。


意外に強いバス


 今日くらいの地震で、一番強かったのがバスというのは意外でした。


JRの運休で部分的には渋滞が発生してたけど、比較的ダイヤどおりにスムーズにバスは動いていたようで、今日休みの方々も、地震発生後バスで駆けつけてくれました。


 とにかく、巻き込まれた方、交通関係者の方、お疲れ様でした。


ただ、もうちょっとなんとかならんのか?



人気ブログランキング(東北地域情報・サッカー・野球)へ 


|

« 暗黒の週末 | トップページ | 浅野知事退任! »

交通」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2日連続のJRストップ:

« 暗黒の週末 | トップページ | 浅野知事退任! »