« 仙台でのスポーツ観戦 | トップページ | 仙台ナンバー決定 »

2005年7月24日 (日)

宮スタ代表戦決定


 ちょっと追加。9月7日19時20分から、宮スタでホンジュラス戦です。


スポーツ紙で出ていた情報や、仕事上での話から、臭いと思ってたけど、


やっぱり11月の寒い時期ではなく、ナイターでも平気な9月平日開催でした。


 当初有力視された11月16日であれば、アルゼンチン戦の可能性高しだったのですが、結局どうでも良い親善試合に。



 浅野知事もほっとしたでしょうね。一応宮スタで代表戦開けたから、有効活用してますってアピールにはなったでしょう。県民・国民にスタジアムの存在を思い出してもらえるでしょうし。


 それに、実は、知事の臨時記者会見もやってたのね。


http://www.pref.miyagi.jp/kohou/kaiken/index.htm


よほどうれしかったのか。


 宮スタの利用料収入UPにはなるだろうが、もしかしたらJFAへの誘致活動の中で、利用料の減免や、様々な条件をつけられたのではないか。今回は仙台港に駐車場を設け、パークアンドバスライドで宮スタまで客を運搬ということですが、これは金がかかるだけで収入はたかが知れているから(政策的な取り組み)、その持ち出し費用も馬鹿にならないよ。


これは、間違いなく受け入れ側の負担でしょうし。


 入場料収入はJFAにほぼそのまま入ると。スタジアム使用料もたかがしれているし、JFAはぼろもうけか。



 ただ、平日のナイター。テレビ中継の都合からやはり19時20分試合開始なので、客がはけるのが21時30分頃。以前のスマップライブも終わった時間が同じくらいで、シャトルバスが全く機能せず、全員乗り終わったのが23時30分という悲惨な話を聞いています。今の職場の人が「長町着いたのが日が変わって0時半だった」と言ってたなぁ。


 自分も客が入る試合では、W杯で1回、ベガルタで3回行ってるけど、行く度に嫌になる。もちろん今回も行きません。仕事でいけないし、行けても行かない。


座席のカビは今回も残っているのでしょうし。



参考日記


宮城スタジアムについて(10/3)




 まぁ、どうでも良い親善試合。国内組中心。ホンジュラスという対戦相手を考えると、集客は厳しいと思いますね。


 自分の予想は、3万2千人。平日のどうでも良い親善試合であれば、そんなもんでしょう。以前に埼玉スタで行われた平日開催どうでも良い試合は確か3万人しか埋まらなかったことがあった。都心から鉄道で直結している埼スタでもこんな惨状だから。


 そうするとシャトルバスは多少スムーズに動くでしょうが、収入面からかなり厳しいことに。そうすると、最後の宮スタ代表試合になるかもね。



 それに、代表フリークの間でも、あの「雨の宮スタ」の忌々しい思い出がよみがえる場所。ベガルタサポにとっても同じ。宮スタに行くんだったら、「テレビの方が良いや」になってしまうんじゃない?


|

« 仙台でのスポーツ観戦 | トップページ | 仙台ナンバー決定 »

スポーツ」カテゴリの記事

県政」カテゴリの記事