« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月31日 (日)

郊外大型店規制へ



 先週、日経にこんな記事がありました。


先日、関連する本を読んだばっかりなんで、タイムリーだなと。



商業施設や病院の郊外立地を規制・国交省など検討


 国土交通省と経済産業省は地方圏の中心市街地の荒廃に歯止めをかけるため、


大型商業施設や病院など公的施設の郊外立地を規制する検討に入った。


人口減少や急速な高齢化をにらみ、中心部への都市機能集積を促す。


与党も規制強化に前向きで、来年の通常国会で都市計画法、


中心市街地活性化法を改正する方針。流通大手の事業展開や、地価の動向にも影響を与えそうだ(7/25日経)。



 大店立地法施行から5年を経過し、人口10万人以下の都市の中心商店街はどこも壊滅的状態になっていいますが、この状況を踏まえて、大店立地法などの見直しで、中心市街地の強化と郊外への集客施設の立地規制に踏み込む姿勢をみせました。といっても、今更の感あり。もう廃業してしまった商店群は復活不可能だし、既に郊外に出てしまった公共施設や、超大型SCなどを規制したり、中心部へ再移転するのは無理だし。となると、SCについては、既に出たもの勝ちのような様相を見せてきます。その一番の利害関係者であるイオンはもうある程度の場所には立地してしまっているので、ライバルが出店不可能になれば、既存店の競争力を保つことになり、形だけの反対をしているように思えます。内心、「ウハウハ」してるかもね。



 また、本来であれば、郊外化を押さえる立場の自治体自らが、公立病院の移転ではそろって郊外へ移転させていて、それが小都市の中心市街地にとっては駄目押し的なダメージを与えているケースも多いです。


 県内では、白石、築館、大河原などがあります。古川も大崎市になった後に移転を考えているようですが、三本木の県用地(旧福祉施設群用地)の活用が出ているなど、”あっぺとっぺ”の対応をしています。広大な大崎市の基幹病院を考えているのであれば、古川の中心部か、駅東側あたりに建てるのが住民にとっても便利なはず。


高齢者にとっても、家族に送ってもらうか、数少ない病院行きのバスで行くよりも、街ナカの方がまだ行きやすい。


 地方小都市では、行政職員自身も車で通勤し、買物に行くことが当たり前になっているので、中心市街地の駐車場も狭い病院よりは、郊外のスーパー近くの広大な駐車場をもった病院の方が便利だし、入院患者がいる病院は現位置建替えができないので、新たな用地を取得する場合、郊外の農地を潰した方が事業費も抑えられるという考え方を持っているのが原因でしょう。中心市街地活性化を担当する職員はごく一部で、自治体組織全体では、「中心市街地なんてどうでもいい」という意識が大部分を占めていると推測します。



 もう中心市街地の再興には遅すぎるかもしれませんが、とはいえ、世の中のトレンドが中心市街地回帰のコンパクトシティに向くのであれば、中規模以上の都市の都心部にとっては、まだ復活するチャンスが。最近の地価の下落で中心部へのマンション立地が進んでいるし、高齢社会を迎えて人口の都心回帰が進んでいる地域もあります。


仙台はもちろん、盛岡や青森市、福島市、秋田市などでも、マンションの立地が進んでいるようです。特に、青森や盛岡などの雪国では、雪下ろしや雪かきをしなくてもいいというメリットが評価されているとか。青森市は、これ以上郊外に町が広がったら、除雪しきれないと、郊外への市街地拡大を規制していますが、こういう考え方が真っ当だと思う。結局「郊外の安い土地に家を建てて、車で便利な生活というのは、短期的にはメリットを感じますが、自分が歳とったときに苦しむのと、行政需要の増加で、最終的には住民につけが回ってきます。


最近のガソリン価格の高騰を見ていても、最安値の10年近く前から比べると1.5倍を超えています。そうすると、車を持つことのデメリットも大きくなってくるのでしょう。


自分も、さすがに最近車の使用を多少抑えるようになりました。使わないわけにはいきませんが。



 この法改正が、骨抜きにならずに、街づくり面から中心市街地の再興に寄与するようなものになることを望みます。


人気ブログランキング(東北地域情報・サッカー・野球)へ 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月30日 (土)

仙台ナンバー決定



 念願の仙台ナンバーのH16年度中の創設が決定しました。


ただ、落選したのが2箇所のみという、大盤振る舞い。


 昔の新産業都市とか、地方拠点都市と同じように、絞りきることができないのが政治家ってもんか。導入のためのシステム改修費用の予算不足で、当初は数箇所のはずが。


 ダメ元で記念受験した受験生が、定員枠拡大で思わぬ合格って感じのところも多い。というか、そういうところが半分占めてるって、逆に複雑だなぁ。


愛知県なんて、元々ナンバーが4つあるのに、加えて一宮、豊田、岡崎が全部決まるってどうかと。


 まぁ、納得いかないところもありますが、なにはともあれ仙台ナンバーが実現するってことで、楽しみでもあります。


導入の功罪


 導入範囲は、申請通り「仙台市内で登録する自動車類」のみ。


名取も、多賀城も、富谷も入りません。


ナンバー導入の目的・効果としては、


1.住民の仙台への愛着の向上


2.県外での動く広告塔としての役割


 がありますが、1の観点からすると、周辺市町村と差別化することによって、周辺市町村でなく仙台に住んでもらいたいという仙台市の意向を感じます。


また、周辺市町村への人口流出を少しでも抑える効果を狙ってるのかも。でもナンバー取得には裏技が多いし、仙台市内に住んでいて車を買って仙台ナンバーを取得したら、すぐ富谷に引っ越しても車の買い替えまでは仙台ナンバーのままでいられるとか。名義借りとかも横行するかも。



 2の観点からすると、仙台ナンバーの車の台数が多いほど、広告効果が発揮されるってことから、仙台市内のみとは言わず、仙台都市圏に対象を拡大すれば、対象台数が1.5倍程度になるという考え方もできる(そうすると、宮城ナンバーの対象台数がかなり激減)


 


 両方とも、自己満足的なもので、はっきりと分かる効果はないのでしょうが。


 やはり考えられるのが、新たな差別の発生。仙台市はそれが狙いなのでしょうが。


この前地下鉄乗ってたら、若者3人組がいて、いきなりそのうちの一人が「市長選誰に投票するかな~。あれ、おまえらもしかして関係ないの?黒川郡民?」とかって一人悦に入っているアホに遭遇。いまどきそんなことを言ってるやつが居るんだな。


 ここまで露骨ではなくても、「仙台ナンバー」>「宮城ナンバー」という流れはできてくるでしょう。


人気ブログランキング(東北地域情報・サッカー・野球)へ 


| | トラックバック (0)

2005年7月24日 (日)

週末の一日



 昨日は、週末としては久しぶりに街中に出かけました。


最近、車移動ばっかりだったからなぁ。


といっても、出かけたのは夕方からで、


最初にジュンク堂と丸善で、専門書探して、


それから予定してた大きな買い物をしました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼畑商業



 本屋では、探していた専門書が年刊かと思ってたら隔年刊で、発売から1年以上経っているものであることに気づき、5000円以上もするので、いったん購入は保留。


 結局、丸善で「大型店とまちづくり」という新書を購入。


 この本は、大店立地法が2000年から施行されてからの、日本の大型店出店の原則自由化により起こっている地域コミュニティの崩壊、大型店同士の仁義無き陣取り合戦、安易な撤退による治安の悪化、社会的コストを支払わないフリーライダーぶりに警鐘を鳴らしています。


筆者は、この大型店のやり方を”焼畑商業”と名づけています。
つまり、郊外の安い農地を使って、安普請の店舗を建設。ある程度の期間が経過して相対的な競争力がなくなったらリニューアルなんて面倒なことはせず、他の場所に安易に移転してしまう。残されたのは、広大な空き店舗と、疲弊し切った中心市街地。地元には何も残らない。その繰り返し。。。と

 その根拠として、あれだけ「大店法は経済障壁だ」と圧力をかけて、実質緩和に追い込んだアメリカでは、意外に大型店出店に対して規制する条例や、市民による反対運動が起こっていて、数多くの大型店の出店にストップをかけている事例が多いとのことです。

その事例が、事細かに紹介されていました。

 その大店法を骨抜きにしたアメリカから鳴り物入りで進出してきたウォルマートは西友を傘下におさめながらも、日本の商慣行の違いに苦しんでいるようです。その外資の進出におびえ、イオンはあのダイエーを彷彿させる終わりなき拡大路線を突き進んでいます。


 今、日本は先進国の中で、最も大型店出店が自由な国になっているとのことです。


ドイツなど、ヨーロッパの国々では、実質大型店の出店は凍結され、中心市街地で用が足せるようなコンパクトな街づくりが進んでいて、市民の支持も受けています。



  本当に、アメリカの傲慢さと日本の官僚のポリシーの無さで、日本の街がめちゃくちゃにされていることに憤慨。


 大店立地法施行とともに、「中心市街地活性化法」と「改正都市計画法」により、単なる規制緩和にはならないようにとの当初の説明でしたが、これらの法律が実効性がなく、


なんの歯止め策にもなっていません。


 ようやく最近、大店立地法の見直しが検討されているようですが、アメリカからのクレームを恐れて、見直しには及び腰とか。気づくのが遅すぎるし、もう今から見直しても、元には戻れないほどに商業環境が激変しています。



 誘致する行政側にとっても、
・税金で整備した道路が大型店の出店で渋滞し、さらなる道路の整備を求められる。
・中心市街地の社会的インフラが遊休化。
・固定資産税収入の減少。その大型店の一角の土地が多少上がったところで、本来相対的に高い中心市街地の地価が下落することで、トータルとしての税収の減少。

・社員を低賃金で長時間働かせる仕組みであり、いくら数千人の雇用を生み出すといったって、その社員に経済的な余裕はなく、地域への経済効果は薄い。税収も小さい。
・特にパートは、厚生年金の企業負担がない人が多いため、企業側にしては社会保険費用を免れることができる。その分、社会的なコスト負担が生じる。

・地域内の自治体間での出店調整が働かない仕組みであり、「自分の自治体だけおいしいところを」と思って大型店を誘致させても、隣の自治体が対抗してさらに大きな大型店が立地することが多々ある。その際に、片方が競争に負けて撤退したら、負の遺産しか残らない(中心市街地は壊滅しているだろうし)。

・自治体間の誘致合戦を見越して、複数自治体に税優遇措置をけしかけて、なるべく出店費用を安く上げようとする大型店側の策略が見抜けない。


 と、大型店出店でのデメリットの解説が詳しくありました。


この点で、最近決着が着いた、気になっていたニュースを


| | コメント (0) | トラックバック (0)

村田モール問題決着




モール計画白紙に 宮城・村田町、誘致断念を表明


--------------------------------------------------------------------------------


 清水建設(東京)などが宮城県村田町の東北自動車道村田インターチェンジ近くに整備を計画していた東北最大のアウトレットモールの建設は22日、計画を支援してきた町が「断念」を表明したため、白紙となった。


 佐藤洋治町長が22日の町議会などで「清水建設側から『受け入れが難しい所で商売は成り立ちにくい』という話が出た。やむなく断念せざるを得ない」と語った。



 特に産業が無い自治体は、こういう大型店側からの甘い誘いに”ほいほい”とのって、


希望的観測のもとに、優遇措置を連発して、罠にはまってしまうという例です。


県と住民がストップをかけたおかげで、カモられることはなくなりましたが。


 アウトレットモールであれば、直接中心市街地とバッティングする度合いも小さいでしょうが、広大なモール、アウトレット店だけでは埋められず、通常のショッピングセンターに入るような専門店も多数導入されるはずです。そうすると、近隣ではクルマで10分の大河原のフォルテと食い合いが予想されます。


 そのフォルテも、船岡のサンコアからクルマで5分の場所で、サンコアを負かしてきたところ。


 合併協議が最近まで行われていた、3町間で、大型店間の競争が行われる事態も想定されましたが、なんとか回避されました。


 そいえば、その船岡サンコアはジャスコが核店舗ですが、オープンから25年を経過した今、フォルテに劣勢なため、今では放置されつつあり、同じ船岡地区の別の場所にイオンがマックスバリューを数年前にオープンさせています。これも焼畑商業の一種なのでしょう。


| | トラックバック (0)

海と、土と。



 買い物終了後、前から行きたかった、クラックスの「海と、土と。」で食べてきました。


夜の時間帯は、大人食べ放題で2300円。時間無制限というのは良い。


土曜日の夜だから、満員というのも覚悟して行ったけど、半分位の入り。キムカツ等他の飲食店もそんなに混んでませんでした。オープン景気が落ち着いたのか、それとも駅から歩く立地だからなのか?


 ゴーヤチャンプルも、豚足も、サラダも、みんなおいしそうで、直径20センチ位の木製の皿で2つ分とって、食べ始めました。うまいうまいと食べてましたが、1時間経たずに急に胃が重くなってきて。。。脂っこい料理が多く、胃に負担がかかった模様。そうすると、結局全部食べきれず。最後は、グアバ茶、ゴーヤ茶など様々なお茶を飲み比べ(これもプラン内)2時間位で出てきました。あまりに腹いっぱいになりすぎたため、アルコールは1杯のみ(別料金)。元がとれたかは微妙。5,6人くらいでわいわい食べるのがいいかもね。



海と、土と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮スタ代表戦決定


 ちょっと追加。9月7日19時20分から、宮スタでホンジュラス戦です。


スポーツ紙で出ていた情報や、仕事上での話から、臭いと思ってたけど、


やっぱり11月の寒い時期ではなく、ナイターでも平気な9月平日開催でした。


 当初有力視された11月16日であれば、アルゼンチン戦の可能性高しだったのですが、結局どうでも良い親善試合に。



 浅野知事もほっとしたでしょうね。一応宮スタで代表戦開けたから、有効活用してますってアピールにはなったでしょう。県民・国民にスタジアムの存在を思い出してもらえるでしょうし。


 それに、実は、知事の臨時記者会見もやってたのね。


http://www.pref.miyagi.jp/kohou/kaiken/index.htm


よほどうれしかったのか。


 宮スタの利用料収入UPにはなるだろうが、もしかしたらJFAへの誘致活動の中で、利用料の減免や、様々な条件をつけられたのではないか。今回は仙台港に駐車場を設け、パークアンドバスライドで宮スタまで客を運搬ということですが、これは金がかかるだけで収入はたかが知れているから(政策的な取り組み)、その持ち出し費用も馬鹿にならないよ。


これは、間違いなく受け入れ側の負担でしょうし。


 入場料収入はJFAにほぼそのまま入ると。スタジアム使用料もたかがしれているし、JFAはぼろもうけか。



 ただ、平日のナイター。テレビ中継の都合からやはり19時20分試合開始なので、客がはけるのが21時30分頃。以前のスマップライブも終わった時間が同じくらいで、シャトルバスが全く機能せず、全員乗り終わったのが23時30分という悲惨な話を聞いています。今の職場の人が「長町着いたのが日が変わって0時半だった」と言ってたなぁ。


 自分も客が入る試合では、W杯で1回、ベガルタで3回行ってるけど、行く度に嫌になる。もちろん今回も行きません。仕事でいけないし、行けても行かない。


座席のカビは今回も残っているのでしょうし。



参考日記


宮城スタジアムについて(10/3)




 まぁ、どうでも良い親善試合。国内組中心。ホンジュラスという対戦相手を考えると、集客は厳しいと思いますね。


 自分の予想は、3万2千人。平日のどうでも良い親善試合であれば、そんなもんでしょう。以前に埼玉スタで行われた平日開催どうでも良い試合は確か3万人しか埋まらなかったことがあった。都心から鉄道で直結している埼スタでもこんな惨状だから。


 そうするとシャトルバスは多少スムーズに動くでしょうが、収入面からかなり厳しいことに。そうすると、最後の宮スタ代表試合になるかもね。



 それに、代表フリークの間でも、あの「雨の宮スタ」の忌々しい思い出がよみがえる場所。ベガルタサポにとっても同じ。宮スタに行くんだったら、「テレビの方が良いや」になってしまうんじゃない?


|

2005年7月18日 (月)

前半戦終了



 昨日の草津戦は、入り方こそ不安定だったものの、広大のゴールからは安心して見てられました。これで、広大も自信をつけてくれれば。広大はベガルタの将来を担う貴重な人材だからねぇ。同じ高卒でも、情実起用の富田とは違う。


若手の成長 


 昨日は蒸し暑い気候で、暑さに弱いベガルタの選手達がどうなるかと思ってたけど、数年前のメンバーとは違って、若手も多くなっているから、極端なヘバリはなくなっていて安心。


高卒新人が渡辺、2年目が萬代、関口、大卒2年目が梁と若手が普通に出れるチームっていうのは、シミカン時代には考えられないなー。他にも、高卒2年目で菅井、中原もいるし,


大卒2年目で洋介もいる。そいえば、洋介とか中原はケガでしょうか?最近見てないし。


前半戦雑感


 これで、4位でターンですが、1位京都から、2位福岡、3位札幌、4位仙台と、きれいにJ1経験の政令指定都市のチームが並ぶ形に。


京都は確定で、福岡が去年と同じように走りつつあるのが怖い。だから、8月初旬のホーム福岡戦では是非直接叩かねばならぬ。


 札幌は、昨年の緊縮若手路線がうまくいって、今年のこの躍進ぶり。取締役の情けない事件で逮捕と社長退陣、スポンサー撤退という自業自得の逆風とともに、日ハムに押されての観客動員の低迷が続いているなど、とりまく環境としてはかなり苦しんでいるのに、いつの間にかの急展開。仙台は2試合で2勝7得点無失点と、今年はカモにしているせいか、あまり脅威は感じてなかったけど、後半戦は水戸のデルリスを引き抜くとか。水戸も昇格戦線に残っているのに、この気前の良さ。というか、経営が厳しいのだろうが。



 仙台にとって成績・人気ともに超格上の存在だった札幌の復活ぶりには、


気になるところもありますが、ここには負けるわけにはいかない。


 とにかく、この2年連続の大混戦。仙台にとって実は2位の福岡よりも、下の水戸、湘南の方が勝ち点で近いことを忘れてはいけない。抜け出すには、去年の大宮のような連勝が必要。だからこれまでのような戦いぶりでは去年と同じ結末が見えている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワールドグランプリ閉幕



 日本は結局6チーム中5位の結果でしたが、今日の中国戦は惜しい戦いぶり。


でも、細かいところでミスが出て、その差が大きかったのか。


 最終戦は、菅山も出たけど、やっぱり存在感が違う。中国からもノーマークだったようだけど、すごい働きだった。大友愛は、サーブ恐怖症がまだ治っていないが、これは努力を重ねて克服するしかないのか。


仙台大会雑感


 当初は、楽に切符とれるでしょ。とか思ってたけど、ここまで盛り上がるとは思ってなかった。土曜日に仙台市体育館の前をクルマで通ったけど、いつもの閑散とした富沢とは別世界。当日券もあるわけもないし、ヤフオクで自由席が2万円とか。


 仙台だけでなく、他の地域からもかなり観客が集まったようで。ジャニオタも居たようだが。そいえば、ジャニといえば、国分町付近で騒ぎ起こしたバカもいたなぁ。でも、頑なに実名が報道されないというのも、ジャニの力の強さを感じるな。未成年といったって、有名人なんだから、その自覚がないやつを保護する必要あるのか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台でのスポーツ観戦



 とにかく、バレーに限らず、こういう世界規模の大会が年に1回でもあればいいなと思った。11月には宮スタで代表戦があるとのことだが、週末に開催する余地はないはずで、平日ナイター必死とのことですが、11月のくそ寒い時期の平日ナイターでしょうから、だったらまずいけないだろうな。6時前に仕事が終わって、宮スタ7時20分キックオフに間に合うわけがない。9月開催説も最近聞いたけど、どうなるのやら。


仙台でのスポーツ観戦人口


 仙スタでのベガルタ戦は、このバレーの影響は全くなかったようで。やっぱり客層が違うのか。しょせん、2つの会場合わせても3万人弱の観客だから、100万人の人口の仙台からしたら、たった3%だし。


 フルスタでの楽天戦と仙スタがかぶっても、マックス4万人の世界。仙台市の人口の4%仙台都市圏150万人としてもせいぜい3%。だから、楽天とベガルタが共存できないわけってないよな。名川は勝手に楽天を敵にしていたけど、それが杞憂になりそうです。


川渕が言うように、切磋琢磨のいい関係を築ければと。ただ、来年神戸が降格は必死のようなので、ベガルタがJ1に上がって神戸との直接対決を避けなければ。



 最近は、ベガルタがナイター開催になってから、水戸戦1.7万、京都戦1.8万、草津戦1.9万と大入りが続いてます。昼間開催時には、1.1~1.3万の入りが続いてたのに。やっぱ昼間よりも夜の方が行きやすいというのもあるのでしょう。


 


スタジアム観客席増設の話


 そうなると、今年の後半戦はJ1昇格争いで、かなりの盛り上がりが予想されます(昨年みたいに失速する可能性もありますが)。


この前の草津戦のようなカードでも満員になってしまうってことは、やっぱり仙スタのキャパシティーがもうちょっとあってもいいはず。で、昨年仙台市が検討していた観客席3~4千席増設し、2万数千人規模にするって件ですが、今年のオフには実行して欲しいです。もしJ1に昇格できなくても、J2でも観客が激減するような状況ではないというのが証明されただろうし。市長が変わるのが、どう影響するかが気になるけど。


 方や、フルスタも予定では内野席5千席の増設で、実質2万5千人規模のスタジアムになります(公称2万8千人)。ただ、今のフルスタでの盛り上がりを見て、三木谷が改修金額の追加をほのめかしてます。


 フルスタは、今年もオフシーズンで改修をやってしまうのでしょうし、仙スタも今オフにやって欲しいです。サッカーの方がシーズンオフの期間が短く2ヶ月しかないけど、なんとかやれないものか。


人気ブログランキング(東北地域情報・サッカー・野球)へ 


 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月16日 (土)

仕事で塩竈へ



 昨日は、仕事で塩竈に行きました。


暑い日でしたが、塩竈着いたら多少風が心地よい。


さすが港町。


夕方には仕事が終わり、本塩釜の駅前を歩きましたが、


「人いねー」。


 あのジャスコにも初めて入ってみたけど、1階の食料品売り場は大賑わい。


周辺人口結構あるからね。ただ、2階以上は閑散どころではなく、店員も見当たらず。


事実上、放置されてるような。。。


 来年の秋に駅の東側にマックスバリューとして再オープンさせるまでのあと1年の余命ですが、ここの跡地はどうなるのやら。他都市で撤退が相次いだ駅前多層階店舗とは異なり、イオンが土地と建物を所有しているという珍しい例(鶴岡、水沢は再開発ビル核店舗からの撤退)なので、簡単には撤退しないという理由があるようです。建物を壊してマンションになるのでしょうが。



 本塩釜の駅前は、線路も高架化され、駅前広場や道路も比較的整備されているけど、本当に元気がありません。夕方の時間帯だと、女子高生がまばらに歩いている位。


本塩釜の乗降客数は一日約6500人で、同じ仙石線の多賀城駅の1万4千人と比べても半分以下。本線の塩釜駅の7000人と比べても少ないようです。


 そもそも、塩竈の場合、仙石線の駅がきめ細かく設置されているので、利用客が競合しているのと、仙石線が仙台までの時間がかかりすぎるため、本線の塩釜駅に流れているとか。少ない利用者を奪い合う形になり、各駅前は元気ないですね。西塩釜駅も無人化されたし。


 


 ただ、駅周辺には面白い店も残っているようで、仙台周辺の他の市とは違って、塩竈の底力を感じます。とはいえ、6時ごろに入ろうとしたラーメン屋は、何と「さっき閉店しました」だと。夕食時に店開けないのはどういうことじゃ!一緒にいた塩竈在住の方は、「塩竈流の殿様商売だから」と。活力がない理由がここにも?


 


 これから進められる、港周辺の整備も含め、観光客誘致できる素材はあるわけですから、


塩竈にはがんばって欲しいです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

波に乗り切れず



 日曜の、前半戦の最終戦である草津戦は、かなり前売りが売れていて、満員必死とのこと。妻に頼んで昨日の16時頃にサポ自2枚購入済みだったけど、話によると夕方18時位にはロッピーで売り切れだったとか。危ない、危ない^^;


 日曜日は、地下鉄の反対側の終点富沢でのバレーもある日なのに、そっちの影響はないようです。という自分もチケットないので断念した派ですが。そもそも客層は違うか。


ちなみに、仙台市体育館のバレーの定員は約8500人だって。結構入るな~。


 草津相手ということで、「勝てる」と見込んでの大入りなのか?でもそういう日にすっきりと勝てないベガルタ。頼むよ~


 水曜の徳島戦は、いやな予感が的中した試合。


ただ、広大は初スタメンで頑張った。それに不調のバロンに萬代。


そこには不満はないが、突然の都並迷采配発動!


シルビーニョから松浦ってなんだよ!それに大柴から村上とか、交代するたびにバランスが悪くなっていく湘南戦の二の舞。辛うじて木谷のゴールで追いついたから良いものの、


奴はまともな交代ができないのか?


 ポジションが違う選手の交代のリスクを分かっていてやっているのかとあきれてしまいます。この前もラジオ3で聞いてたけど、ホント奴の采配はストレスがたまります。逆に京都戦は、その後中3日での試合が続くのに、後半40分まで交代せずとか。新人監督だから仕方ないとは思えない、醜い采配です。


 草津戦のスタメンは、萬代、広大と順当なところが入ってますが、サブのチョイスをもっと綿密に考えてくれ。松浦はいらない。シュエンクはどうなってるの?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフトバンク以外には



 普通に勝てるチームになっているのが怖い。


これで、交流戦明けは2位。5割を保っています。勝率も4月には考えられなかった3割突破!


5位浮上は難しいけど、どこまで5位との差を縮めることができるか。


5ゲーム差位まで行ってくれれば。


 それにしても、昨日は17安打で8点。13日のオリックス戦は春先の楽天状態でしたが、


一日で、打線好調の楽天が戻ってきました。山崎の神っぷりにはただただ驚き。


それに飯田の打率って、2割そこそこだと思っていたら、何と3割3分近くまで上がっている!メンバーは変わっても、近鉄いて前打線の魂は受け継いでいるのか。


 岩隈も、不調ながらやっと7勝目。最低目標の10勝には届きそうです。


でも、エースのくせに物足りないぞ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 9日 (土)

2位に勝ち点3差!



 いやー、思ってもない快勝でした。


ベガルタの背水の陣で京都戦の勝利というのは、


去年の9月にもあったなぁ。去年はその後失速したけど。



 奴のスタメンシャフル予告でやな予感がしてましたが、


後ろの方は、外されてた磯崎と直樹が復帰し、


連勝中のメンバーに戻ったせいか、守備は安定してました。


結局もとに戻っていい結果を出したってこと。


 FWの変更は別に文句はない。シュエンクも悪くないんだが、今週は平日開催もあるし、休ませるのもあり。今年はがんばっているのに出番がない萬代、関口とかを使う手もあるだろう。


 都並の問題点は、勝っているときに思いつきで守備の要の位置の選手を変えたり、やったことのないヒラメキフォーメーションを実行すること。加えて自分のお気に入りの選手をどさくさにまぎれて使おうとすること。


それに試合中の迷交代劇。これはやっぱり直らないんだろうが。



 かなり選手が消耗しているのが明らかなのに、後半40分になるまで誰も交代しようとせず、またずっとアップしていた萬代をさしおいてなぜ松浦?萬代腐るなよ。



 今日は、都並に対してかなり厳しい弾幕が出ていたようで。本人も今日の勝利にはホッとしているでしょ。




 今日のびっくりは、やっぱり梁の2ゴール。いつも驚くほどの運動量で、今年のベガルタのキーマン。


去年と比べて最も伸びた選手だけど、最近疲れからかやや精彩を欠いていたように


感じ、1試合位休養をとってもいいのかなと思ってました。


 それが、今日の大活躍。うちの妻も直樹ファンだったのが、最近は梁をお気に入り。


えらくご満悦でした。



 とにかく、水曜からは新加入チームと2連戦だし、今日の勝利は大きい!


順位が上のチームも示し合わせたように、勝ち点30に揃えてくれたおかげで、


次の試合勝てば4位か5位まで上がれる状況だし。


 雨にもかかわらず、1万8千人を超える観客数で、昼間のフルスタ宮城の1万6千人よりも多い観客が集まりました。昼間も夜も雨が降っていたのにもかかわらず、両方大入りでしたが、やっぱり仙スタサイコー。ほとんど雨を気にせずに観戦できるのは改めて再認識。フルスタでは先月のびしょ濡れになりながらの観戦経験があったから。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

泉中央のベガルタ渋滞



 今日は、出発前までは地下鉄で行く予定だったものの、


ドア開けたら雨に気づき。。。「やっぱ車にするか」と。


 八乙女あたりに停めて歩いていけばいいやと車で向かったものの、


黒松あたりから大渋滞。八乙女の以前止めたコインパーキングは場所を忘れてたどり着けず、結局泉中央エリアで探すことに。どこも案の定満車だったんで、いつものツタヤのとこの100円パーキングに。あそこは回転良いから、満車でも5分も待たないうちに入れることが多いし。


 しかし、結局渋滞はまってから停めるまで40分。。。


素直に地下鉄で行ってれば6時に泉中央駅に着いてたのに、結局飯を食う時間もなく、仙スタに向かいました。



 ぎりぎりだったため、席もなく、ゴール裏の最上段付近で立ち見することに。


そしたら、隣に池沼。。。ちらちらとこっちを覗き込むように見て「にたー」と。


そいつは、試合中もフラッグを振り超迷惑な奴。


 寒気がして、妻と「逃げるか」と目配せし、さっさと移動。


最終的には、L字中段に席を見つけ、安住の地に。



 帰りは、駐車場も混んでいるだろうと、ラーメン屋に行ったものの、”30分待ちです”と言われ、それならばと車を出してから食事にすることに。


 6時半から9時半ぎりぎりで300円で済み、ラッキーと思って車に戻ったものの、



車、動かねぇ。。。

かなり上の方に停めたせいか、20分近くたって10mしか動かず。


急にスムーズに動き始め、30分たって出口まで行けたけど、


「追加料金100円です」だと。「ふざけんな!何のための事前精算だ!」と思い、


「降りてくるのに30分もかかったんですけど」って文句言ったら、その100円はサービスしてくれた。


 ベガルタの試合では何度も使っている駐車場だが、ここまで出庫に時間がかかったのは初めて。


 快勝にもかかわらず、ちょい疲れが残りました。


楽しようと思ってクルマで行った自分が悪いのだが。



週末+ベガルタ+雨⇒泉中央には車で行かない

 というのを再認識した一日でした。


人気ブログランキング(東北地域情報・サッカー・野球)へ 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 8日 (金)

市長選と東西線



 地下鉄東西線が、仙台市長選のメイン争点になってきました。


「まったく、この時期に」という気持ちですが、まさしく着工を前にしての、


ここが最後の後戻りできるポイントなのでしょう。


 


 この件については、以前この場で詳しく書いてるので、今日はさらりと流しますが、


各候補者の主張について。菅間と鎌田のはマニフェストとは言いながら、結局従来型の公約集みたい。この二人が若手のホープで期待したいところだけど、マニフェストの中身の薄っぺらいところにはガッカリ。


菅間氏のマニフェスト



▼市職員の500人減員などで4年間で100億円のコスト削減
▼07年度までに区長公募制を導入
▼ガス、交通、水道の各局と市立病院の民営化に08年度までに着手
▼本年度から市職員の天下り禁止
▼本年度中に小学校区単位のコミュニティー防災組織を設立
▼地下鉄東西線の工事施行認可を取り下げ、ゼロベースで議論
▼松森ごみ焼却場を直ちに停止して連続監視装置を設置
▼07年度までに空き店舗を活用したコミュニティーハウスを開設
▼本年度中に緑の景観を守る基金を創設
▼06年度までに地域公共施設をNPOに管理委託

 東西線の工事施工認可取り下げとありますが、これをやったら見直し案も実現は不可能でしょう。それに、松森清掃工場の件、天下り禁止など無知な大衆に受けそうなポピュリスト風の公約集です。



一方、


鎌田さゆりのマニフェスト



▼地下鉄東西線の着工を2年前倒しせず、見直しに2年
▼若手職員で構成する行財政改革特命本部を時限的に設置
▼全公園の砂場浄化処理で「砂場の安心宣言」
▼副市長1人を特別危機管理監とする
▼病中・病後児保育サポートシステムを1年以内に構築、2年目実施
▼年間予算1%の使途を市民投票で決めるシステムを任期中に実施
▼仙台資格取得支援制度を2年以内に策定、3年目以降実施
▼3カ月以内に福祉施策再評価委員会を設置
▼音楽堂の再調査に200万円計上、4年以内に実現の具体策を決定
▼市役所のノー残業デーを週3日まで拡大し、年間10億円の経費節減

 東西線の見直しに2年とのことですが、多少の見直しで開業時期が遅れなければ別にいいと思うけど、実際のところ少しでも見直ししたら、申請関係ほぼ全部やり直しで、開業は大幅に遅れることが必死。それの重さを考えているのかどうか。



笑っちゃうのが、砂場の安心宣言。結局モラルのない愛犬家がいる限り、いたちごっこでしょ。それよりも重要なことはたくさんある。


 また、市役所のノー残業デーについても、「サービス残業をしろ」っていうことになるだけ。民主党派の自分にとっても、この公約集はかなり期待はずれ。


その他の候補


 とはいえ、梅原にも入れる気しない。生理的に受け付けないタイプ。


東西線に対しては「加速度的推進」と言っている、唯一の候補になりますが、


どうせ、同窓会への配慮だろ。母校の目の前に地下鉄の駅ができるんだもんな。ストップなんて言い出せるわけない。


 藤井市長から、事実上の後継指名がありましたが、そうすると、改革はしづらいところが出てくるでしょう。


 今の仙台市役所を見ると、黒船浅野の来襲でだいぶ変わりつつある宮城県庁と比べて、だいぶぬるさを感じます。市役所一家と言われる雰囲気を変えるためには、菅間や鎌田の方が良いのかもしれないが。



 あと、お笑いなのが、東西線反対運動を繰り広げてきた団体の方から立候補表明した小野寺氏。もとオンブズマン代表とのことですが、オンブズマンが市長になるんだ。ミイラとりがミイラになるみたい。かなり微妙な立候補です。


 この方も、東西線反対派が1人だけだったら、万が一の当選もありえたかもしれませんが、1人以外は見直しを掲げているので、当選はないでしょうが。



 自分にとっては、初の仙台市長選の投票になりますが、どいつもこいつも微妙。


あと20日あるからじっくり考えます。


人気ブログランキング(東北地域情報・サッカー・野球)へ 


| | トラックバック (0)

2005年7月 7日 (木)

どうしようもない馬鹿



死んでいいよこいつ。 



メンバー変更して臨んだ前節湘南戦で0-1と完敗。「バランスを悪くしたのは僕の責任だが、パフォーマンスの責任は選手にある。チームに活性化は必要」とさらなるシャッフルを予告した(7/7日刊スポーツ)。



 バランス悪くなったから、選手のパフォーマンスが悪くなったんだろ。


確かに、疲れを感じる選手もいるけど、こんなこと言ったら逆効果。


 やってられんな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

圧倒的な実力差



 やっぱりソフトバンクには勝てないね。先発があれだけ崩れたらどうしようもないが、あまりにも2級線をぶつけ過ぎ。勝ちに行ってないよ。


 そいえば、ケガでスタメン外れてた選手会長礒部が、オールスターのファン投票に選ばれました。意外だったのは、初の選出ということ。出られればいいですが。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドンキオープン




総合ディスカウントストアの「ドン・キホーテ」(東京)は7日、東北初出店となる「パウ仙台南店」を仙台市太白区中田にオープンする。全国で年20店のペースで新店を開設する計画で、「仙台南店を足掛かりに東北で今後、5から7店舗を開設したい」という(7/7河北)。 



今日の4号線はいつもより混んでたとか。


 あの位置って、バイパスからすごく入りづらいんだよなぁ。


電気店渋滞に加えて、ドンキ渋滞ですか。


週末は岩沼方面に出かける予定があるが、バイパス通るのはやめとこ。


落ち着いたら行ってみようかと。あの圧縮陳列は健在らしい。


 


人気ブログランキング(東北地域情報・サッカー・野球)へ 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 3日 (日)

逆転サヨナラ!



 昨日の試合は、最初テレビ見てて、途中で東口に車で用足しに行って、その間はラジオ聞いてました。あのベイ戦で一イニング4本被弾した山村とは思えない、粘り強い投球でしたが、じりじりと点差を広げられ、ストレスのたまる展開だったのに。


ラジオ中継


 ラジオはやっぱりTBCで聞いてたけど、途中で競馬中継になり、仕方なくじょんぱに変えました。じょんぱの実況ってTBC聞いてからだと、プロと高校生位の差を感じる。これでは試合展開が分からんよ。同じコミュニティFMでも、過去のロジャーのベガルタ実況並みに厳しい。それでも、5月始めに聞いた時よりはうまくなっていると思うよ。そのときは実況が点数把握してなかったもんね。じょんぱのスタジアムFMという取り組みは応援してますが。



 夜に聞いた、ラジオ3ベガルタ2005の聡君の実況位うまくなってくれればねぇ。


ただ、昨日は試合展開がグダグダだったせいか、普段の切れ味がなかったかもね。


 


まさか。。。


 5時くらいに帰ってきて、テレビつけたらまだ中継やってて、


「3点差だからどうせ負けだろうけど、最近の楽天は分からんからな~。」と思いながら、見てましたが、これが野球の醍醐味って奴だよなぁ。


 下位打線で相手の守護神を一気に打ち崩すこの展開。最後には、おじさん大島。


大島が出てきた時に、”打率2割未満”というのを知って、ゲッツーで試合終了というぬか喜び状態の28日オリックス戦(打者沖原)を思い出したが。。。打った瞬間小躍りしました。


 こういう粘り強い試合ができるようになれば、負けていても観客が”もしかしたら”と思えて、最後まで楽しめるし、だんだんいいチームに成長しています。


 目標は勝率3割!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷采配再び



 楽天の勝利気分良く、7時からのラジオ3アウェイ中継を聴いてましたが、試合開始時点から、リズムが悪いのがバレバレ。とにかくパスがつながらなく、聡君の「あ~、誰もいない」「あ~、短い」とかの絶叫が積み重なり、イライラ感が募り。。。


 失点は仕方ないが、また都並の迷采配で、点を取る気配を感じず。


都並も古巣相手で気負いがあったのか。でも選手には関係ないぞ。


何だよ、いきなりスリーバックって。ボランチの選手をコロコロ変更したり、


相手を欺く以前に選手も驚くような采配はしてはいけない。特に後半は連携が全然取れてなかった。


それに策のないバロンへの放り込みばっか。点が取れる気配は皆無。


 前節集中砲火食らった富田は、まぁ判断のよい気合の入ったパスカットがなんぼかあったようですが。右に左にポジション変えられてかわいそうというか。



 前節に快勝した湘南相手とは全然思えず。去年の7月10日頃にも、平塚で信じられないような負け方したっけな。来週は京都戦。チケット買ってしまったなぁ。ビールのみに行くか。


人気ブログランキング(東北地域情報・サッカー・野球)へ 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 1日 (金)

ワールドグランプリ



 今日は、昨日の飲みのせいか、体がだるく、


7時には帰ってきて、WGPのドミニカ戦を見てたけど、今日はヒヤヒヤさせる展開ながらも、ストレート勝ち。


某演出至上主義のテレビ局らしく、ジャニタレ出まくりで、そのへんは興ざめの感があるが、今回の大会は、日本代表の選手達の頑張りに圧倒されてます。余計な演出はいらないぞ。


WGPはこの前のブラジル戦から見始めたけど、


菅山すげーな。美人というだけでなく、あのプレーに対する気迫。


それに、目が美しい!存在感があって、透き通るような目。


今まで表舞台に出ていなかったのが不思議な位。



 びっくりしたのが岩沼出身ってこと。大友愛も仙台だし、


今の宮城での女子バレーの選手層の厚さを感じるな。



 WGPは、仙台市体育館で決勝ラウンドやるのは知っていたけど、


日本は無条件で決勝ラウンド進出できるって、さっき知った。


なーんだ。そうなら、予選を見る目が変わってきてしまう。


とにかく、日本代表は仙台に来るんだと、チケットぴあとかローソンチケットのサイトを覗いてみたけど、ほとんど完売です。たしかに、そんなにキャパが大きくなくて5000人規模だったと思うけど、地元選手の頑張りで興味を持った人が多いのか。


また、決勝大会が仙台で開催っていうのも、これまでなかったことだし。


 


 チケット完売って言われると、余計行きたくなるもの。実際は当日券とかありそうだけど。


スポーツ三昧


 そいえば、10日には、仙台ハーフマラソンがあるんですね。


今日地下鉄乗ってて気づいた。


9日、17日には仙スタでベガルタの試合もあるし、今月はスポーツ三昧の月になりそう。


 もちろん、イーグルスの試合も多数開催ですが、


今日は、仕事で車で出ていて、夕方職場に戻るときに45号走ってたら市役所発フルスタ行きのバスを初めて見ました。車内はガラガラで5,6人のみ。まぁ30分に一本しかないからというのもあるのか。


 雨も降ったり止んだりだったけど、結局中止で残念。


今日は、新庄、ダルビッシュのいる日ハム相手で、チケットもかなり売れてたのに、


あっさり中止にしたのは意外。6/10の広島戦のときはもっと雨降ってたぞ。


28日に振り替え試合らしいですが、そうすると25日から28日までフルスタ日ハム4連戦かよ。日ハム戦であれば平日再試合でも売れるとの魂胆でしょうが。



 で、土日の試合の天気は大丈夫そうですが、チケットは両試合とも完売。


今週末は家でテレビ観戦になりそう。


 意外にも、日ハムはフルスタ初登場(4月は福島県開催)というのもあるのだろうが。


それにしても、日ハムが人気チームというのは隔世の感がありますな。ただ、楽天はオープン戦から日ハムに未勝利で、なぜか相性が悪い。この週末で1勝はして欲しいもの。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台市中心部の交通量アップ




 楽天さまさま、駅前24.6%増加 歩行者通行量調査


 仙台商工会議所は25日、仙台市と共同で5月27、29の両日に実施した仙台市中心部商店街の歩行者通行量調査の結果(速報)をまとめた。プロ野球交流戦で、東北楽天ゴールデンイーグルスと阪神タイガースとの試合(デーゲーム)が行われた29日(日曜)の仙台駅前の通行量は、前年同時期に比べ24.6%も増加。中央通も5年ぶりにプラスに転じ、楽天効果が浮き彫りになった(6/26河北登録制 コンテンツ認証)。



 先週の話題ですが、やはり街にいろいろ集客施設があることで、相乗効果が現れるいい例。試合の時には1万5千人もの観客が集まるわけですから。特に週末のディゲームの後は、自然に街に繰り出す人は体感的にも多いですね。


それをどうビジネスにつなげていくかは、各店舗の腕の見せ所。


「楽天は地域密着の姿勢がない。経済効果は期待はずれ」なんて言っているところは、


自分の店の経営戦略や努力の欠如をPRしているようなもの。前向きに考えていい成果を上げているところは結構ありますから。


駅東西自由通路がトップ


 今回一気にトップになったのが、仙台駅の東西自由通路とのことですが、


あの通路、東口のペデデッキの整備に合わせて、倍の幅に拡幅するって話じゃなかったっけ?5年前位に聞いた話だったのに、多少化粧直ししただけで放置されてます。


まぁ、予定される東口周辺再開発に合わせての展開になるのでしょうか。


その原因


 この通行量の多さですが、そもそも東口の地上に改札がないからじゃねーの?


仙石線地下化でのコンコース延長、ゲーセンとモータウンカフェとかの暫定施設作った時に


普通はあの位置に東口改札作るよな。


 一応、仙石線地下化で、地下2階に改札はあるけれど、あういう無茶な動線を設定して、「あそこ使え」っていうのはJR東日本の客を客と思わない姿勢を感じる。


そもそも、エスパルに客を誘導したがための策略なんだろうが。


横浜の大船駅でも、同じようなことして駅利用者を遠回りさせ続けている会社だから。


(大船ルミネへの客誘導のために、改札口新設の要望を無視し続けた。最近ようやく新設が決定)



 在来線から東口に行くときには、西口改札から回るか、



地上1階ホーム↑⇒地上2階コンコース↓⇒地下2階改札↑⇒地上へ 

 延べ、6階分の移動!なぜ普通に2階のレベルに行かせてくれないのか?


そもそも、従来の地下コンコースから接続させれば、仙石線乗り換えの際、気分的に楽なはず。


 地下東口改札の方が距離的には近くても、上下移動を考えると大多数が西口の改札⇒2階東西自由通路を使うことが、あそこの通行量が増え続けている原因になっているのにねぇ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

交通ターミナル



 中心部の歩行者通行量が増えているという話題に関連して。



<「いつも渋滞」>


 ある土曜日の午後4時ごろ。仙台市青葉区の広瀬通にある宮城交通の高速バス停留所では、ひっきりなしにバスが停発車を繰り返していた。


 「この辺りはいつも渋滞になる。もっと便利な場所から乗り降りできたらいいのに」。秋田市に帰る友人を見送りに来たという仙台市泉区の女性(59)が顔をしかめた。


 東北の各都市や関東方面などを結ぶ路線の拠点となる停留所は、宮城交通のほか、数社が共同利用する。利用台数は一日、100台を超える。土日の夕方には歩道に100人近い利用者が並び、乗客を整理する若い社員も「事故でも起きたら大変」と緊張する(6/30河北)。



 楽天効果もあり、東北地方の各地とを結ぶ高速バスの拡充傾向は進んでいます。


最近にも、宮交が古川線の参入を表明したし、登米市の佐沼とを結ぶ路線も東日本急行に加えて宮交が共同運行し、便数も倍増するとか。


 しかし、あの高速バス”停留所”はなんとかならんものか。


宮交の資本力では、あれが精一杯なんだろうが、東北各地から野球観戦で来た客が愕然とするような発着所。


東口駅前広場整備で、バスターミナル作ったものの、ほとんど使われてないよな。


無理やり富士交通を誘導した位で。フルスタシャトルバスには使われてますが。


特に富士交通関係は、西口でも乗降できるから、あそこまで乗っている人ってよほどの暇人。下手したら渋滞で20分位無駄にすることもある。


X橋のところの道路改修が終わり、広瀬通に直結されない限りは、高速バス用にせっかく作ったバスプールも宝の持ち腐れになるでしょう。


そもそも、高速バス利用者は、楽天観戦者を除いて仙台駅西口に用がある人が多いんだから、それを無理やり東口に誘導するっていうのもおかしな話。あの2階東西自由通路を通って東口行くのはやたら疲れる。


地下自由通路はまだ人が少ないから楽だけど、結構階段の上り下りがあるし。



 再開発の際に、ビルの中にバスターミナルを組み込むまで行かなくても、


市は民間に対して文句言ってるだけでなくて、何らかの手助けは必要だとは思いますが。東北各地からヒトを呼ぶ観点から、高速バスの重要性は高まっているのに、あの状態を放置することは、あまりにも無策。


 仙台市は、口だけ「東北地方の中心都市」自任しながら、そのへんの意識は足りない。



 せめて、東口バスプールの有効活用のために、X橋をさっさと改修してくれ。



人気ブログランキング(東北地域情報・サッカー・野球)へ 


| | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »