2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ダブル快勝! | トップページ | 2連勝! »

2005年6月 5日 (日)

楽天二軍が仙台移転?

  ちょっと早すぎじゃないか?

 現時点では信憑性のある情報かわからないけど、今日のスポニチで報じられたそうです。やっぱり、一軍と二軍が離れていることの弊害が大きすぎて、フルスタから近いJT球場を買収して二軍用にすることも検討中とか。


 やっと気づいたか。。。っていうのが自分の感想だが、ここまで早いと山形が可哀想。別に宮城・仙台側が強奪した訳ではなくとも。

詳しくは、過去日記にて。

(12/2)

選手の通勤問題

 その前触れとして、山形県に、運動公園への寮建設の取りやめを要請してたし。あこや会館を臨時寮として使ってるけど、みんな仙台にマンションを借りてしまって山形住んでるのは一桁だとか。第一、仙台に家借りてないと、一軍に上がる気がないと思われそう。それに大都市生活に慣れている選手の家族の生活環境を考えると、山形では厳しいのでしょう(仙台でも十分ではないと思うが)。

 また、山形の寮に住んでる選手でも、フルスタの試合に出る場合は車で通勤だもんね。高速で往復3時間はきついよ。ナイター終わってシャワー浴びたら、出るのが23時位になりそう。山形着いたら日が変わってしまう。

 逆も、一軍上がるつもりで仙台に家借りた森谷は、残念ながらニ軍生活で、フルスタ近くの榴ヶ岡から山形に通勤してるとか。二軍の練習場までは片道2時間位かかってしまうのでは。都心横断して高速乗ることになるし。それに、関東ビジターの場合は、さらに山形から長時間のバス移動が加わったり。

それを考えると、やっぱり山形二軍は無茶がありすぎたもよう。

日ハムの場合

 日ハムの一軍札幌、二軍鎌ヶ谷というのは、ある意味地理的に離れている場所だし、二軍がイースタンのチームが集中している関東に位置することで、あまりデメリットは表面化していないようですが、山形からでは、仙台にも関東にも遠すぎて、選手にも負担がかかりすぎるということでしょう。

 また、ここまで一軍の選手を固めきれてなくて、頻繁に二軍と入れ替えを余儀なくされる状況だから、やはり一・二軍が近くにいないと、監督コーチも二軍の選手の状態を確認することもできない。

一軍室内練習場のおねだり

 ただ疑問として、つい先週末こんなニュースを聞いたばかり。ちょっと整合性がとれません。

室内練習場用地確保を 楽天、宮城県に要望

 プロ野球パ・リーグの東北楽天ゴールデンイーグルスを運営する楽天野球団(島田亨社長)は2日、宮城県に対し、宮城野原公園総合運動場(仙台市宮城野区)内にあるフルキャストスタジアム宮城の隣接地に室内練習場の用地を確保するよう要望した。

 島田社長が宮城県庁を訪れ、浅野史郎知事に要望書を手渡した。楽天球団は1軍の室内練習場として、東仙台球場(旧JT球場、宮城野区)の施設を利用しているが、使用期限が来年10月までで、その後の室内練習場は確保できていない。

 要望書では「試合前の移動時間を考慮すると球場と極めて近いことが必要。隣接することにより球場と一体的な運営も可能となる」としている。必要な面積は最低2500平方メートルとしており、球団は球場に隣接するテニスコート付近を想定しているとみられる(登録制 コンテンツ認証6/3河北)。

 二軍をJT球場に持ってきて、室内練習場も引き続き使うのであれば、フルスタ横にあえて室内練習場を県に作ってもらう(or用地だけ借りて楽天が建設?)必然性はないはず。

JT球場のところを一・二軍兼用で使えばいいし。


 それにJT球場と室内練習場を買収っていう話も、JT側で全面更地にして商業施設を導入するという既報を考えると、いまさらっていう感じもするし。球場と室内練習場を除いた土地で公募をかけて商業施設を誘致するという選択肢もあるでしょうが。


 また、選手補強費もケチっている楽天野球団が、大金を投じてJT球場を買収するというのも半信半疑。開幕前には、その買収費用を出せずに二軍山形の誘いに乗ったのに。

 

 三木谷君もフルスタに来なくなったし、J2降格しそうな神戸には新外人連れてくるのに。その状況で、ぽーんと気前良く追加投資をするとは思えない。

山形に失礼!

 なによりも、はしごをはずされた山形県の面子は丸つぶれです。寮と室内練習場の建設取りやめ要請の件で、楽天の撤退を懸念していたのが、現実になるということですから。

せっかく広域の仙山圏連携という動きが官民で盛り上がってきて、高速バスの増便など、流動も太くなってきている時期に、冷や水を浴びせるニュースになります。


 別に仙台側は悪くなくとも、山形側からみたら「また仙台に取られた!」という印象を持つことになるでしょう。空港アクセス鉄道への山形県の出資にも影響するかもしれません。(山形県側には選手の生活環境を思いやる余裕はないでしょうし)


 楽天の判断とはいえ、礼を欠く撤退の仕方では、悪印象を与えることに。二軍の試合は引き続き半分程度山形で行うとか、山形で盛り上がった機運をしぼませることにはならないように祈ります。


 といっても、決まったことではないので、続報を待ちますが。


« ダブル快勝! | トップページ | 2連勝! »

楽天」カテゴリの記事

東北」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ダブル快勝! | トップページ | 2連勝! »