« 調整遅れ。。。 | トップページ | 宮城県人口前年割れ、減少率過去最高 »

2005年2月14日 (月)

西塩釜駅無人化へ



 ついでに塩釜ネタでもうひとつ。



 宮城県塩釜市錦町にあるJR仙石線の西塩釜駅が、3月1日実施のダイヤ改正に合わせて無人化されることが、7日分かった。利用者の減少が著しいことなどが理由だが、地元では駅と周辺の防犯、環境面の悪化を懸念する声も出ている。


(中略)


 無人化の理由について仙台支社は「利用者が激減し、駅の収入も大きく減った。窓口で長距離切符を買う乗客も1日4人程度で、自動改札機をめぐるトラブルもないため」と説明している。


 西塩釜駅の一日の利用者は、1998年度の約2220人に対し、2003年度は約983人で、56%も減少した。「仙台までの所要時間が8分短い東北線の塩釜駅に利用者が流れた」と仙台支社はみている(登録制 コンテンツ認証2/8河北)。



 物凄い減りようですね。これでは無人化も仕方がない。やはり自動改札を導入したため、無人化しても問題ないと判断したということか。首都圏や関西の私鉄では、無人駅に自動改札というのは多少あり、カメラで監視しているから特に問題ないようです(柵乗り越えなどの一部の利用者には目をつぶって)。そもそも、西塩釜駅はこれまでも早朝と夜間は無人駅状態だったようなので、実質的には変わらないのか。



 この駅、昨年一度降りたことがあります。夕方だったのに、利用客は少なく、駅の場所もガケの横で駅前広場もなく、殺風景この上ない駅でした。降りても、目的地までどう行って良いか分からずに立ちつくしました(帰りは東北線塩釜駅利用)。


 各停しかとまらず、仙台駅まで30分近くかかります。利用客が急減とのことで、確かに近隣に快速が止まる本塩釜や、東北線塩釜駅があるため、利用客が流れたというのも確かにあるでしょうが、それだけではない気がします。


それは、近隣にあり同じく東北線塩釜駅と競合する下馬駅は利用者は横ばいで、本塩釜駅と同等の利用者を確保しているからです(周辺地図)。


(西塩釜・下馬両駅は朝夕の本数はかなりありますが、


昼間は30分おきに1時間2本しかありません。以前は昼でも1時間3本あったようで、最近減便されたようです。不便になりましたが、昼間時間帯なのであまり利用者数に影響はないでしょう)



 西塩釜駅の周辺には、塩釜市役所や病院、高校などがあり、


潜在的な利用者は少なくないと思いますが、やはり駅周辺の環境が悪すぎ。


せめてもう少し小奇麗にできないものかなと感じます。


塩釜市は財政危機だから余裕ないでしょうが。


|

« 調整遅れ。。。 | トップページ | 宮城県人口前年割れ、減少率過去最高 »

交通」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西塩釜駅無人化へ:

« 調整遅れ。。。 | トップページ | 宮城県人口前年割れ、減少率過去最高 »