2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 県立高校共学化について | トップページ | 仙台⇔山形 高速バス増便 »

2005年1月25日 (火)

山形県知事選



 みごとに現職で4選を狙った高橋知事が落ちました。


やはり、全国的に多選批判、高齢批判の流れがあり、山形県民も変化を望んだのでしょう。周辺県では、宮城の浅野、岩手の増田、秋田の寺田、新潟の泉田と、若手の県庁出身ではない外様改革派知事(一部改革倒れの方もいますが)が揃っており、福島も風前の灯火ですから、これは起こるべくして起こった結果なのでしょう。


 高橋知事は、昨年11月に、「楽天2軍山形誘致」をトップダウンで熱心に進め、


見事誘致に成功しました。彼は昔からモンテディオサポからは「野球バカ」として不評で、昔からよくいる野球親父のようです(某仙台大手銀行の頭取にも通じる匂い)。


 本人は、この二軍誘致を成功させ「4選は安泰」と思っていた節があったようですが、


県民にとっては、県野球場や、天童の運動公園改修に「ポン」と気前良く数億円を支出するような、土建行政に嫌気がさしたというマイナス面があり、二軍誘致は必ずしもプラスには働かなかったのか。


 知事は東北大出身で、仙台に対してはそれほど対抗意識はなかった印象で、


最近の仙山圏連携にも貢献していた印象があります。


新しい知事になって、この流れが途切れないことを祈りますが。


で、



23日投開票が行われた山形県知事選で、4選を目指した高橋和雄知事(74)が落選したのを受けて、「高橋知事の似顔絵入り観光ポスターをどうしようか」と関係者がささやきあっている(1/25河北)。




 そいえば、こんなポスター作るって昨年聞いたなぁ。


宮城・山形の両知事が仲良くポスターに似顔絵で納まっています。


剥がすのはもったいないから、別に使えばいいじゃんと思いますが、


使うも剥がすも新しい知事の考え一つで、方針が決まるからねぇ。


« 県立高校共学化について | トップページ | 仙台⇔山形 高速バス増便 »

楽天」カテゴリの記事

東北」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山形県知事選:

« 県立高校共学化について | トップページ | 仙台⇔山形 高速バス増便 »