2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

2019年6月18日 (火)

みちのく潮風トレイル ビジターセンターへ

久々の緊急地震速報でビックリ!日本海側で津波注意報とのことで,ちょっと心配です。

さて,名取市シリーズも最終回。かわまちテラスの後に,ふと思いついて,ゆりあげ朝市の横に整備されたトレイルセンターに寄ってみました。

P6091551-1

P6091549-1

先日,名取市文化会館で全線開通セレモニーがあったようで,その拠点施設になります。

 

 「みちのく潮風トレイル」全線開通 4県28市町村、全長1025キロの道つながる

東日本大震災で被災した青森県八戸市から福島県相馬市までの太平洋沿岸を結ぶ「みちのく潮風トレイル」が9日、全線開通し、4県28市町村にまたがる全長1025キロの道がつながった。宮城県名取市文化会館では記念式典が開かれ、沿線自治体の首長やトレッキング愛好者がコースの魅力や課題について語った。【滝沢一誠】

 自然の中を歩き、風景や土地ごとの文化を楽しむトレイルは近年、欧米を中心に盛んになり、日本でも各地で整備が進められている。みちのく潮風トレイルは「ロングトレイル」と呼ばれる長距離のトレイルの一つ。岩手県宮古市―山田町や宮城県石巻市―仙台市など計4区間、計272キロが新たに加わり、国内のロングトレイルでも最長級の全長1025キロの道が完成した。

 コースは舗装された道路だけでなく、登山道や船で渡る「海の道」など変化に富む。沿線には種差海岸(八戸市)や松川浦(相馬市)などの景勝地のほか、たろう観光ホテル(宮古市)、奇跡の一本松(岩手県陸前高田市)、旧荒浜小(仙台市)、千年希望の丘(宮城県岩沼市)といった震災遺構もあり、観光振興や震災伝承も期待される。

 式典には各市町村長など関係者や市民ら約650人が参加。原田義昭環境相は「多くの人が歩き、その歩みが復興につながることを期待している」とあいさつし、沿線自治体の首長と手を取り合って全線開通を宣言した。コース北端の小林真八戸市長は「28の市町村がコース磨き上げることで、すばらしい道になってほしい」と願った。

 式典後のパネルディスカッションではロングトレイルの愛好者らが登壇し、みちのく潮風トレイルの魅力や課題を語り合った。

 登壇者の一人、タレントのなすびさんは2016年、当時の開通区間約700キロを踏破。道行くところで差し入れをもらったり応援の横断幕を掲げてもらったりしたという経験から、「東北の人情とホスピタリティー(もてなし)に触れられるすばらしい道」と話した。

 一方、1000キロ以上にも及ぶ長距離の道の維持・管理についてはまだ手探りな点もある。コースの運営は名取市閖上の名取トレイルセンターが統括し、5カ所のサテライト施設と一緒に管理する。紀伊半島に広がる世界文化遺産の熊野古道に詳しい和歌山県の田辺市熊野ツーリズムビューローの多田稔子会長は「歩く人がいなくなった道はすぐに自然に返る」と話し、「これから管理が大変になるが、大事なのは地元の人々の協力だ」と強調した。

 また、コースの北端は青森県まで及ぶ一方、南は福島県北部の相馬市まで。東京電力福島第1原発事故の影響で、今も県南端のいわき市までの沿岸を歩くことはできない。式典に出席した相馬市の立谷秀清市長は「被災地を結ぶため、将来はこの道を南側まで結んでほしい」と話し、福島市出身のなすびさんも「トレイルが相馬で終わってしまうのは悔しい。何年かかるか分からないが、いつかいわきまで歩けるようになるのも夢ではない」と期待を示した(6/15毎日)。

 

 例のごとく,国の施設は無駄に立派ですねぇ。みちのく潮風トレイルの拠点センターとして整備するのは分かるにしても,南北1000kmのごく一部をカバーするのみで,シャワー室や着替えができる場所とのことですが,利用価値は??です。

P6091557-1

 中はカフェと紛うばかりの雰囲気の良さで,休憩所としては居心地が良さそうですが,そもそもこの潮風トレイルのルートは,”潮風”トレイルといいながらも一部自治体では山の中を歩かせたり,市町村毎にめいめいにルート設定しているので,つぎはぎルート感がありあり。

P6091552-1

スポンサーリンク

一応情報拠点として,エコツーリズム関連書籍などが閲覧できます。

P6091555-1

P6091556-1

 まぁ,ルート選定など,環境省が地元自治体や住民と協力しながら,ルート自体は既存の遊歩道などを中心にあまり予算をかけずに手作り的なルート発掘をしたようですので,トレイルセンターは一点豪華主義で,存在をアピールするためなのかなぁと。

 閖上のこの近辺は,サイクルスポーツセンターの再建に合わせて温泉が整備予定であったり,朝市,かわまちテラスと,都市近郊の健康的なレジャースポットが集積している上に,名取市にとっては国が勝手に作ってくれてラッキーな感じ。

 なお,宮城県が進めている「オルレ」ともまた関係なく整備されている感があるのは,「やっぱりねー」という感じ。

 せっかくルートを決めたからには,活用されてほしいですね。

 

2019年6月15日 (土)

JRの長町駅東口開発計画が明らかに 

あすと側のJR長町駅東口,三井不動産の28階建てパークタワーと高架下商業施設のtekuteに囲まれた,リパークの平面駐車場として活用されていたJR所有地ですが,建築看板が出ました(情報提供を頂いたので,確認に行きました)。

Img_7768

昨晩,目の前を通っていたのに,看板には気づいておらず,不覚!

集合住宅中心の開発に

JR子会社のHPに掲載されていたイメージパースは,低層部商業施設で上層部は立体駐車場というものでしたが,明らかにされた計画は住宅中心。。。

Img_7769

概要

地上12階地下1階で,集合住宅90戸+商業施設(規模不明ながら低層部1~2層でしょう)

建築面積:1522.48平米

延床面積:7123.01平米

着工:R1.9  完成R3.3

とのこと。正直な感想としては,残念!

ここに中途半端に住宅を入れる意味は?

おそらく南側に建物を寄せて,北側半分は平面駐車場(場合によっては2層式も)との計画になりそうですが,

そうすると,ワンフロア平均550平米。。。ということはないでしょうから,低層部はボリュームをとって2層分で最大3000平米,

3階以上は賃貸住宅(2LDK程度で,40~50平米/戸,1フロア9戸で4~500平米/階×10階,世帯用が想定される)この面積だと分譲はちょっとありえない。低層棟に商業施設を入れるとなると,管理も面倒だし。とはいえ,JR子会社で賃貸住宅の事業モデルがあるのかは分かりません。

そうすると,商業施設部分の実質面積は1500平米程度のtekuteよりも小規模になるのは確実で,やはり中途半端という感想に。

(追記)あすと長町地区計画によると,この街区は2階以下住宅建設不可とのことで,そうすると,商業施設部分をもう少し大きくしてほしいけど,90戸という住宅部分の戸数を考えると,仮に単身用として1戸30平米とすれば,

 1~2階商業施設 1500平米×2層=3000平米(実質店舗床面積はこの半分程度)

 3~12階住宅部分 400平米×10層=4000平米  計約7000平米  

であれば,そこそこ商業床が確保でき,北側に3層式の簡易式立体駐車場を建物3階(2階屋上)駐車場を設けてに接続させれば,駐車場は100台程度確保できます。立体駐車場を設ける場合,なるべく駅前広場から見えないようにとの地区計画上の制約もあるので,駐車場を減らさない形だと,このようなイメージに。

なお,地下1階というのが気になったけど,おそらく設備室とかだろうから考慮はしません。

スポンサーリンク

パークタワーとの関係

建物自体は南側に寄せて,高層部はスリムな形にして,なるべくパークタワーに対し日影の影響がでないようにするのが定石ですが,そうはいっても西側低層階を中心に多少の影響は出ます。商業地域で日照確保義務はないというのは,近隣で大問題になっているアソコと同根の問題ですが,JRグループと三井不動産という大企業同士の調整のもとに落ち着いた計画でしょうから,あんなにひどいことにはならないでしょうけど。

Img_7777

Img_7770

 

先日,販売がストップしていたパークタワーの西側低層階の販売が開始されたので,このJR所有地の計画が固まったのかと思っていましたが,ワイドスパンで4千万円程度,狭い部屋は3400万円程度と,抑え気味の価格というのは,JR開発の影響を加味してのこと。

Img_7779

パークタワーの低層商業棟

こちらは,現在モデルルームとして使われていますが,建物が完成して落ち着いた段階で,建物内モデルルームに移行するでしょうから,せいぜい年内の活用で,あとは当初から想定されていた商業棟としての活用が見込まれています。

Img_7778

前面道路に面しており,一般利用者向けと住民サービスを両立させるものとしては,コンビニやカフェ程度の導入が想定されますが,JR開発での導入テナントを見ながらの選定になるでしょうし,あんまり機能が被るものは避けて,うまく調整して欲しいもの。

キュリオス跡(イオンタウン予定地)

 Img_7780

  解体工事も終わり,元通りにする工事中ですが,またコインパーキングとしての活用なのか。また,敷地北側のガレージも再建するんでしょうかねー。まぁ,ここは期待しないでおきます。KHB予定地にできたリパークも長い活用にはならなそうだし,今回のJR開発地のリパークも閉鎖確定なので,あすと長町の駐車場不足解消のために,駐車場として活躍してもらいましょうか(投げやり)。

 

2019年6月14日 (金)

かわまちテラス閖上へ

牛タン弁当でお腹も満足したので,満を持してかわまちテラスに向かいました。

P6091518

南三陸さんさん商店街,ハマーレ歌津,シーパルピア女川と並び,県南では亘理鳥の海の荒浜にぎわい回廊商店街に続く復興商店街ですが,

30店舗近く入る規模はそこそこ大きく,閖上といえばゆりあげ港朝市ですが,日祝のみの朝市を補完する閖上の名物スポットになっています。

なお,商店街といっても,飲食が中心というのは,すぐ近くにスーパーのイトーチェーンが出店予定なので,ある意味競合しないような棲み分けを狙ったのか。まぁ,このご時世,小規模な物販店舗での出店は難しいでしょうし。下の写真はイトーチェーン出店予定地。

P6091525

スポンサーリンク

リバーサイドで海も見えます

 道路側と堤防に面した部分と基本2列になっており,階段等で結ばれています。

P6091544

堤防に面したところは,オープンカフェ見たいにテーブルが並んでいる店もあり,天気も良かったので,みな思い思いにこの気持ち良い空間を味わっていました。

P6091515

 

P6091543

まだオープンしていない区画も多少あります。

P6091524

狙いはかつ丼?

最も目立っている店は,閖上と言えばの浜やです。

P6091523

ここに行けば,外れはないでしょう。まぁ,長町やエスパルに加え,閖上では既に朝市メイプル館にもあるとはいえ,ようやく自前の本設の店を閖上にオープンさせることが。ここで食べる意味のあるお店です。

また,フードコートでは,ももやのカツ丼が人気です。限定提供で,早めに行かないと食べれないようです。当時の経営者は津波で亡くなっていて,当時の味を再現したというエピソードがあり。

P6091522

浜一番

P6091534

中野栄に暫定出店していましたが,閖上にお店だけ戻ってきたとのこと。行列ができていました。

P6091535

カレーラボラトリー 笑夢

P6091520

福島の有名店とか。今度食べてみたい。牛タン弁当の後なので,残念ながら食欲はありませんでしたが。どのお店も賑わっていて,こういう水を感じられる飲食店街は仙台近郊ではあまりないので,街中から30分ちょっとで来れるという距離感は受けそうです。

イチゴデザートのお店(ICHIBIKO)

P6091542  

ミガキイチゴのGRAがやっているっぽい。高めのお値段ですが,こんな行列でした。女性受けするお店は強い。

災害公営住宅

近くには,災害公営住宅が何棟か立ち並んでいます。川沿いで環境の良いところです。いろいろと閖上も現地再建にあたってもめにもめましたが,ようやく,街びらきを迎えることができました。土地の安さと仙台からの近さから被災者以外の転入もあるようで,せっかく再建された閖上の街がいつまでも賑わってほしいものです。

P6091512

 

 

 

 

«閖上の新名所